topimage

2019-08

だんだんと耐える力が衰える - 2019.08.05 Mon

あぢィ。いいたかァないけれどあぢィ。
書斎で30.9℃。生温い風が通っている。
この風が吹き抜けるうちはエアコン要らない。

なんか眠いな。7時に起きてきたからね。
ここんとこ朝型人間。といっても陽は電柱の上にある。
なので夜が早い。11時過ぎると眠くなる。

自分で珈琲注いで、ぼけぇぇ...............
南向きの窓から空をみあげていたら、アオサギが飛んでいった。
頭はまだ覚醒していない。

このクソ暑いのに負けず花がいくつか咲いている。
朝はベランダに陽が差し込まないので、新しいカメラもってきて、
いくつかの写真を撮っていると、おペケが起きてきた。

新しいカメラのシャッター音が、シャキッといい音。
これは、いいカメラだな。
買ってくれたおペケに感謝。ありがとう。

twitterで、ガーデンパークの向日葵が見頃とあった。
が、躊躇する。この暑さじゃねぇ。
ぶっ倒れるわ。あそこは日陰がないもの。

twitterでけっこう情報がみられるのだね。
ローカルアカウントをフォローしておくとつながってゆく。
オレのアカウントは2010年に登録して、いまフォロワーは171人。

むやみに増やしたってウザいだけ。
相互の情報が役立つアカウントだけつないでおけばいい。
@gombessa をよろしく。

 1984-a1_20190805092337bfe.jpg

この間の、目玉焼きの甘酢あんかけがヒントで、
ワカサギの唐揚げをしてくれぇ......... と頼んでおいた。
で、キッチンからお呼びがかかった。

甘酢の案配がこれでいいかという。
ちょっと酢が強かった。砂糖がドバドバとはいった。
そんなに? といったけれど、これがGJだった。

 ←click 

これはねぇ。オレのおひとりさま料理の十八番。
見事にオレ味を出してくれたから、美味しかったァ。
たくさん食べたねぇ。

1984-f1.jpg 19840f2.jpg

おペケがゴミ捨てにいってきて、ふゥ............ と溜息、
「おーい、大丈夫かァ」といったら、
「まだ、大丈夫ですゥ」という。

風は通っているが、生温い。
「いれようか?」
と、エアコンいれたよ。倒れてからでは遅いがな。

オレは、汗ッ搔きでもある。
相棒ごんたクンが、そばへ寄ると熱いというほどに、
ゴジラみたいな熱気吐いている。

その自覚はある。自分が分泌する体液のなかでは、
いちばん多いのが汗かもしれない。
案外と尿をしない人で、夜だって一度も起きない。

オレって、夜眠れないってことはないし、
起きたら5分でご飯食べられる。
だいたい、10分したら「てんちゃら........」書き始められる。

さすがに、この暑さが脳天炙り、キーボードに手をおいても、
なにひとつ言葉が浮かんできやしない。
ダメだこりゃァ。

 1984-a2.jpg

この眠る、という習性は、零細ボンビー出版社で身についたもの。
いまでも、この身体のどこかに染みついてる。
いつ、どこでも、眠ると決めたら眠ることができた。

人ってものは、すぐにラクチンに慣れる。
けれども、会得したものは身を助けるらしくて、
夜を徹して遊び、世を徹して仕事したのが、どこかに未だに残る。

が、眠るのも体力なんだ。
まだ、そうはなっていないが、眠りすぎると疲れるらしい。
それから疲れのバロメーターでもあるね。

古希超えたばかりのころは、
不死身のごんべなんて強がりいってたけれど、
そのあと帯状疱疹、足の免疫不全だとか、なんだりかんだりあった。

つまりは免疫不全、要するに基礎体力の減退といわれると、
強がりいっていても、納得せざるをえない。
ある意味で、くしゅんと青菜に塩だな。

さらに6年過ぎたからね。なんだりかんだり後期高齢者だからね。
あのな、おまえ。いつまでも体力過信しちゃいかんよ。
なんとかの冷や水だからな..................... と思い知らされる。

 1984-aa1_201908051045273ff.jpg

あのころは年齢的に,そういう過渡期にあったらしい。
だから、「ムリしちゃいけないんだぞ........ 」というアラームだと、
理解して悟らなきゃいかんのだ。

「一昨年までは、弱気吐かなった。去年もまだ...... 」っておペケがいう。
そうなのよ。だんだんと耐える力が衰える。
だからさ、頑張っちゃってはダメ。

前兆あったらムリしない。これすなわち往生。
おまえ、立派な爺ィなんだから往生こけぇ............... ってこと。
そのアラームが、めったやたらの眠気でもあるんだ。

食後1時間もすると定位置ソファーにすっぽり。
30分もしないうちに意識がどこかへいっちゃう。
こうして、うとろうとろ.............. してるのは天国だねぇ。

テレビ音声は、うたた寝の子守歌。
ヘンなモノで、静かになっちゃうと目が醒める。
テレビ切って「寝るわよ」とおペケがいなくなったら正気になる。

ま、眠れるうちが華だという。
寝坊助すてれんきょーに小すてれんきょー。
2人揃って、今日もぐーすかぴーのちゃんらんぽらん。

 19721-m1.jpg

釣り師は、包丁一式と砥石をもっている。
魚を釣ってきたら、まず調理のまえに、自分が納得いくまで,
包丁に砥石をかけるんだねぇ。自分のことはね。

それが「包丁研いでくださいね..........」と亡き人がいっても、
「うん、わかった」とはいうけれど、これなかなかやらない。
自分がやるとなると、よく研ぐのだな。

で、玉葱すぱァー、ニンジンすぱァー。胡瓜すぱァー。
ま、よく切れること、切れること。
孝行に気付いたときに女房はなし。

ごめんな.............. って、
いまごろになって詫びてもしゃーないね。
で、おペケはっていうと、自分で研ぐから頼まれたことがない。

まァ、オレは単身生活長かったから、
いうなれば、男一人食ってく工夫は、ベテラン中のベテラン。
イイ加減に食えりゃいいって、発想ならばのはなし。

イイ加減料理のレパートリ ィはけっこうもっている、
で、「ほう、なかなかやるじゃん.......」て、
うるさがたのオババ連中にいわしめるのだから、たいしたもんだ。

イイ加減にやって覚えたものだから、セオリーを知らない。
それで、ベテラン主婦の皆さんに「やるじゃん」といっていただけた。
なーに、型破りの意外性だけ。

これって「掟破りのイイ加減は、コロンブスの卵である」なんだな。
ある人がいった。「あんたに教わるとはねぇ」ってね。
「オレに教わっちゃ、主婦の沽券にかかわるのかぇ?」

よせばいいのに、そう憎まれ口いったら、しばらく訪問なかった。
口は災いの元であるってね。
ともあれ、最後の尾ほうは料理するのが愉しかった。

料理するのはキライじゃない。
でも、ほんとは、そんなに好きでもない。
やらずにすめば、どでーんと寝ていて、な〜〜んもしたくない。

さすがのおペケも、このクソ暑さに
昨日は「なにもしたくないィ」というのだ。
「いいよ。今日もできあいでぇ............ 」

これがあたりまえ。
したくなかったらしなくてもいい。
が、ややあって「やるゥ」とおペケが根性入れた。

「おーし、がんばれぇ」って、
オレはなにもしないけれど、エールだけ送っといて、
「笑点」観てたらいつの間にか眠ってた。

なんにもしないけれど、
そのかわり「美味かったァ」となんべんもいったからね。
かんべんな。

てなことで、どちらさまも暑さに気を付けて.......
ほなあした.................

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する