topimage

2019-08

いわゆるKYじゃダメだね - 2019.08.03 Sat

暑くたっていいじゃないか、夏だもの。
なんて強がりいってる余裕はないよ。ほんと暑い、クソ暑い。
この爺ィは24時間エアコンに保護されておりまする。

さて, 本日は3日。丘の上に往く。
あの広い墓地がねぇ、暑いんだァ、タイヘンだよ。
空は? 薄曇りだから、多少はいいかな。

夕方になって、北の方から黒い雲が広がってきて、
一雨きたら涼しくなるよ、っていってたが、降らなかった。
ゴロゴロと鳴ってたようだが、夕立はなかった。

おペケっていう人は、稲妻のギザギザが好きな人で、
「きゃァ、怖い」とはいわず、「あ、キレイ」というヘンな人。
気温は31.2℃。湿度は68%。

むかしから、怖いものは地震雷火事親爺っていう。
天候異変の怖いものっていうことだが、
親爺は大山嵐 (おおやまじ) のこと。これがなにかというと台風。

雷ってのは2番目なのだが、これが空を走りまわると、
なぜか不安になるのはたしかだ。
怨念や言霊に縛られて暮らしていたころはとくにね。

たとえば政変があったりして、
敗者の怨念が空を飛びまわるような捉え方をしていたらしい。
菅原道真が流されて憤死した。その怨念が都の空を毎夜飛んだという。

雷鳴が鳴り響き、都に疫病が流行った。
それで、神社を造って道真を慰霊するというか、封じるのだ。
この国の神社って、そういう怨念封じがけっこうある。

 1983-y3.jpg 1983-y1.jpg

韓国のホワイト国解除の閣議決定がされた。
あちらさんは大騒ぎであるけれど、
なすべきことをすればいいだけのはなし。

禁輸するわけじゃなし、
兵器にもなり得るから訳わからん行き先には、
出しませんっていうだけ。審査してのちだしますというだけ。

 韓国の文在寅大統領は2日午後に臨時閣議を開き、
 冒頭発言が異例の生中継で公開された。
 文氏は、日本の決定が「非常に無謀」だとして,
 「深い遺憾」を示した。

なるほど、「遺憾砲」がでたか。
対韓国での理不尽に対してこれまで、日本政府が、遺憾を連発してきた。
あちらからいわれてみると「遺憾砲」ってのはたいして効かないねぇ。

 1983-y2.jpg

毎朝似たような写真2枚撮って「朝フォト」 へ載せる。
珈琲とカメラもって4LDKをひとまわり。
なにかしらん被写体があるわけで、ま、そのうち眠気も醒める。

見慣れた風景だけれど、おなじ風景はない。
観る眼が新鮮であれば、なにかが目にとまる。これだ。
それほど力まないで、被写体みつけるって目を養ってるつもり。

おペケが、毎日、毎日、よく見つけるね。
そういってくれた。ありがと。
意識して撮ってはいない。ごく自然に撮ってる。

毎朝、自然体の訓練してる効果だろうか。
まだ、目が醒めていないから、これがホントの自然体か。
そうなら、うれしい。

 1982-y01.jpg

おペケも電子レンジ料理というものを、やっとするようになった。
オレは冷凍食品多用で生きてたようなところがあるから、
それほど抵抗はないし、かなり美味いとも思う。

で、昨日の料理は新レパートリー。
目玉焼きの甘酢あんかけ。それみてオレも閃いた。
今度これやるとき、ワカサギも買ってきてぇ。

ワカサギ唐揚げのまずあんかけだね。
オレ、これをけっこうやってたぞ。
絶対に美味いと思う。

 ←click 

新聞の料理ランでみたらしい。
半熟玉子がやややや柔らか過ぎた。が、ペケは成功の元。
次は美味しくなろうってあすなろみたいな。

 1982-y02.jpg

それで、いわゆるグルメ番組観ていると、
女性レポーターが、ひとくちごとに感嘆の声を上げる。
「わざとらしいね」とおペケがいい、オレも同感。

「はや過ぎるだろ」
もっと味わえや、ってツッコミ入れる。
うまいっていうタイミングがあるだろ、って思う。

そのタイミングでアクションするか?
ってわざとらしいと興醒めだねぇ。逆効果差わ。
味わいってものがあるはず。

大御所、イシちゃんの顔芸もハナについたしなァ。
バナナマン日村さんの食いっぷりはすばらしい。
彼のは美辞麗句はないが、ほんとうに美味いってのが伝わるね。

 1983-y03.jpg

なんでもクレーム入れる世の中って住みにくいね。
いいやすい世のなかだからって、どんどん社会が狭くなってゆく。
今朝、twitterにこんなツイがあった。

 警察官がコンビニにいるのを苦情、
 救急隊員が自販機でジュース買うのも苦情、
 自衛官は迷彩で歩いていて苦情。

 電車の運転士、水飲んで苦情。
 医者、飯食うのも苦情。
 クレーム入れる人たちは、何を考えているんですか?
 彼らを人間だと思っていないのですか?

情けない世の中だよねぇ。
オレは、あと10年くらいでいなくなるかもしれない。
その先の............... ま、やめとこと。

話題変えよう。
「ちょっと迷って........ 」
おひとりさまのときは、このフレーズがよくでてきた。

実際に迷うのじゃない。
「これ、どうしようか?」
「そうね、入れておけばいいんじゃない」

2人だとこの相互肯定があるから、決めやすいけれど、
自分に問うて、ちょっとだけ迷って、
「どうする?」って脳内会話があってから「そうだな」と決める。

この決めるまでの間のプロセスが、
ちょっと迷って.......... だったんだ。独り身の間だな。
会話はあるほうがいい。そう思う。

 自由とわがままの違いは、
 他人を妨げるかどうかである。  福沢諭吉

で、むかしから「夫婦は空気みたいなもん」だっていう。
たしかに阿吽の呼吸はできてくるから、
それはそれでいいかもしれない。

おペケとも4年なりに、それが出来あがっている。
でも、空気では駄目なんじゃないかって思う。
ほんとうに。大事なもの失って気がついたオレがいうんだ。

お互いの存在を認めあい、
慈しみ合わなくてはいけない。
とくにシニア以降は、そうなんだと思うよ。

かけがえのない歳月なんだよ。
わたしたちにとっては.......... とおペケ。
今日を一緒にいられることを大事にしなきゃァ。

空気みたいなもん。でいいかもしれないが、
お相手の空気読めなきゃダメだねぇ。
案外と世間には、わけわかめのおとっつあんは多い。

まさかの定年離婚、あるいは熟年離婚ってヤツ。
三行半をつきつけられて、
どーしてだ? オレが何をしたッ? って慌てたって、もう遅い。

それがなぜか、わからんお人だから、そうなるのだ。
いつまでも、いままでのままでいようとするから、そうなるゥ。
なにも感じなかったら、そりゃ鈍感過ぎるゥ。

晴天の霹靂びっくりこくのは男性だから、
妻の胸のうちなどなにも知らぬ。
まさに、知らぬはオヤジばかりなり。

女性は、こうと決めたら強いからねぇ。
世間体が...... なんていわない。
哀れ、おとっつあんは..................................

けれど、離婚も、再婚も、まずは経済力なのだ。
オレたちだって踏み切れるかどうかは、それだったからね。
その憂いがなかったからこうしていられる。

どっちにしたって老いることからは逃れない。
迎えないわけにはいかない。
その日々をどう迎えようかってことだからねぇ。

「空気みたいなもん」でいいのかもしれないよ。
ただし、空気の揺らぎを通じてお互いを感じあうことだと思う。
オレも、えらそうなことはいえない。ときどきそれを忘れる。

いわゆる「KY」じゃダメだね。
つまり、空気が読めないではダメ。
YはYでも空気の揺らぎを読めなくちゃ.........

ごんべ、ただいま修業中でござい。
ほなあした.......

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する