topimage

2019-04

明日の朝がくるのを愉しみな人は.... - 2019.04.25 Thu

昨夜は雨が けっこう降っていた。
ほんとは、おペケがゴルフへゆく日だったがやめた。
で、最強晴れ女がゆかないと、雨が降る。

あ、だんだんと晴れてきたな。
書斎のデスク上の温度計で、25.9℃。
オレは半袖Tシャツのみ。

なんだ? キッチンでとんでもない悲鳴がしたぞ。
ガラピシャ。おペケがなんかおペケやらかした。
「大丈夫か?」と見にいったら床に座って泣いてるゥ。

「珈琲サーバー割っちゃたァ」
「ま、いいやん。買ってくれば........... 」
ケガがなけりゃいい。

 19425-b1.jpg

それで、4年ぶりにブログ村へ復帰した。
なぜかというと、ここんとこ、テンションだら下がり。
モチベーションだら下がり。

ま、書きたくなかったら、休めばいいのだが、
休んでしまうと、そのまま消滅してしまいそうだし、
やめてしまってもいいのだが、なんか気分が中途半端。

なんかしないとまずいな、とは思っていた。
そうしたら、おペケがランキングへ復活してみたらどうという。
それが刺激になるなら、そうしようか。

実は、書くのを休んだ日は、
当然だが、ブログ村への新着情報が載らないのだ。
するとアクセスがぐっと減る。

アクセスリサーチなど見たこともなかったが、
覗いて見ると6割がブログ村からのお客さまだった。
4年も登録休止にしていたのにねぇ。ありがたいこと。

なので、しばらく復活してみようかって気になった。
ま、たぶん、以前のようなベスト10に入るのはムリ。
せいぜいが50位にはいったら上出来。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

てなわけで、
ポッチンのほど (*´∀`*)ノ ヨロシク !!

 19425-b2.jpg

テレビ見ながらゲームする。
なんて横着なこと考えて、1年放ったらかしの、
タブレット引っ張り出して充電した。

なんだ? WI-HIが接続できませんだと。
ブクマークが全部すっ飛んでるし、
なんか、めんどくせぇ。

ま、いいや。
また本箱へ放り込んでしまった。
22.5inchパソコンの方がモニターでかくていい。

最近はネットテレビをよくみるから、
それなら25inchの4Kにしとけばよかった。+4万円くらい。
財務省おペケ大臣から許可がでていたのに。

 17527-a1_20190425110313df2.jpg

「カレーライスだよー」っていう。
おひとりさまで常用だったレトルト銘柄「銀座カリー」を、
頼んでおいたので、昨夜は別々。

あ、この辛さだった。
でも、この間の「海軍カレー」が美味かったなァ。
また、基地の広報館売店へいってこなくちゃ..........

 ←click 

基地といえば、今朝方、T-4中等練習機が飛んだようだ。
岐阜でエンジン乗せ替えて1機がかえってきたらしい。
空自保有T-4全機のエンジン載せ替えるとはタイヘンなこと。

でも、優秀なパイロットを失うわけにはいかない。
F35Aの墜落もあったが、
研鑽積んだパイロットを失うのがいちばんの損失。

 19424-rr3.jpg

眠るまえに、明日の朝がくるのを愉しみに思う人は、
シアワセなんだってね。
ま、それほどに勿体つけて眠ってるわけじゃないけれどねぇ。

刻の経過は辛さを和らげるクスリ。
いまに苦があるならば、
それをを和らげる特効薬はぐ〜〜すか寝てしまうこと。

眠って起きればれば、そこに明日がある。
オレがいつのまにか身につけた処世術がこれ。
眠いのに、夜が眠れないってことは、たしかにつらい。

そんな何年かの経験を経てのことだった。
過ぎた日よりは、これからくる新しい日に思いを込める。
この気持ちの切り換えに3年くらいかがかかった。

とにかく昼間は動きまわる。
それでへとへとになって、ぶっ倒れて眠る。
そのうち、ばたんきゅ、で眠れるようになる。

おペケの価値感もだいたい似たようなもの。
そこはそれ、割れ鍋に綴じ蓋。
よくしたもんで、それでお互いに居心地がいい。

そりゃァま、男と女の違いはビミョーにあるものの、
調整しなければならないほどではない。
よく眠って屈託のない朝がくれば、それだけでいい。

それほどの欲もかかず、適度なケンカをし、
ほどよくくっつきあい、わりと頻繁に笑いころげ、
今日もこれだったから、明日もこれでいいんだ。

 19424-rr1.jpg

どこかで火事だな。消防車がすっとんでいった。
それでも最近は火事が減ったね。
むかしは、もっと頻繁にあったように思う。

天和3年というから西暦にしたら1683年3月29日のこと。
八百屋の娘お七が、3日間の市中引きまわしのあと、
火あぶりの刑になった。お七、このとき16歳。

前の年の12月28日に大火事があった。
このときに避難した寺で出会った寺小姓の生田庄之介のことが、
忘れられなくなったお七さん。

火事になればまた会えると、娘心のなせる火付けで御用となった。
奉行が聞いたそうな。「そちはいくつになる?」
16歳以下であれば、罪を減じる裁きがあったのだ。

お七は頑なに16歳だと主張して、奉行の酌量を振り切ったとか。
たしか、美空ひばりさんの映画をみた気がする。
火事と喧嘩は江戸の華っていったね。

江戸の街は平地から家が建ってゆき、城下が繁栄するにつれ、
次第に高台へと広がっていったが、
台地は風が強いので火事が絶えなかったらしい。

で、家康公が遠州の秋葉神社の分社を建立したところ、
霊験灼かで火事が減ったといい、
これが秋葉原の地名のはじまりとだっていう。

この秋葉神社の上社は、遠州秋葉山のてっぺん近くにある。
ま、石段あがっても、急坂あがっても、どっちもタイヘン。
眼下に遠州平野が広がり、それを造った暴れ天竜がのたくっている。

昭和18年3月13日、この秋葉山で山火事があって、
たしか1週間くらい燃え続けた。
杉の古木が焼け、ついには神社も焼け落ちた。

大人たちが「秋葉山でも火がつきゃ燃える」といってたのを、
幼いながらも憶えている。
小学校の遠足でいき、巨大な焼け焦げた根をみた記憶がある。

10年ほど前にスーパー林道天竜線を走ったおり、寄ってみた。
夕方が迫っていたので、薄霧が境内を這い、
なかなかに厳かな雰囲気であった。

また、いってみたいが、
さて、あの石段に足が耐えられるかどうか?
たぶん.................

え、どこゆくの? 歯医者ァ。
あ、そう。いっといでぇ。
ほなあした...............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

しばらくランキング復活します/ポッチンをよろしく !!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する