topimage

2019-04

そして人知れず消えてゆきたい - 2019.04.14 Sun

鼻炎の集中治療中。だから眠い。めったやたらと眠い。
すこし眠くなります........ という新薬を服んでいる。
他人はすこしでも、あたしゃ、一日中が眠い。

おかげで、ズキズキズーンと頭の血管切れたんじゃないかって、
強烈な偏頭痛はなくなって、はっくしょ〜〜んも減った。
もう1日服んでみようかなと思っている。

なので、「てんちゃら....... 」をちょっとだけ書く。
キーボード叩いていても、半分眠ってるゥ。
おペケが話しかけても、話半分じゃないな、話1/3か。

「お〜〜〜い。珈琲もう1杯おくれぇ」
珍しくも珈琲のおかわりした。
空は曇り。夕方から雨が降るって天気予報。

 19326-aa1_201904141302181ee.jpg 19414-a2.jpg

おペケがゴルフ練習場いって、
買い物してくるとでてゆき、3時間ほどして、
戻ってくると駐車場へ2往復。

春めいてきたから、花を買ってきてと頼んだ。
オレが行けばいいんだけれど、こんな案配だしね。
いっぱい買ってきたから、昼から花壇の手入れ。

ベランダに座って土弄り始めたら、風が東なんだね。
雨降りの予兆だけれど、風が生温かい。
で、久しぶりに根切りして鉢換えなんぞした。

「終わったァ」と部屋へ戻ってきたら、
いやァ、腰が痛い。屈んで歩くくらいに痛い。
年々応えるんだねぇ。

 ←click 

「これぇ、どうするんだっけ?」
台所から声がかかった。
なまり節だね。オレが大好きなヤツ。

そもそもが鰹節の工程で茹であがったもの。
いまどきは真空パックがあるから、買えようになった。
ハラモのついた身が美味い。

手で裂いて食べる。
オレの猫まんま式だと、熱い玉子掛けご飯に、
これを乗せ、仕上げにわさび漬けほんのちょっと。

醤油をたら〜〜りと2滴ほど。
まったくの、ひとむかし前の猫のご飯だが、
これが美味いんだなァ。

 19413-f1.jpg

ここは街道筋に従来型の小売店がならんでいる。
それでいて、車で15分以内に中型スーパーがいくつかある。
「なにかにつけて、いいところよ」とおペケがいう。

そのつもりで、終の棲家をここにした。
年齢相応に自衛しなくてはいかんのだ。
その年齢なりに自分の殻にあった生活をねぇ。

そのためにおペケはマンションを売ったし、
オレも故郷へ帰るときに処分した。
持ち家にこだわらないって、案外とラクチンだよ。

いやなら、さっさと越せばいい。
年齢に合わせての快適住まいに換わればいい。
持ち家維持と賃貸、生涯の経費はほぼおなじだという。

いわば、オレたちの選択はヤドカリ。
自分の身体に合わせた家を背負うヤドカリ。
脳裏に残っている言葉がある。マツコさんがこういった。

 シアワセの定義なんて存在しません
 だってキリがないんですもの
 シアワセも悩みも..........

まさにその通り。
シアワセの判断は自分がするもの。自分が感じるもの。
他人の評価はうれしいけれど、それだけのもの。

 19413-f4.jpg

なにがシアワセなのか、と悩むことはある。
で、悩んだ分だけのシアワセはきっとある。
もっともっとと、欲をかかなければ、必ずある。

爺婆の分相応にあればいい。オレたちはそう思ってる。
そう思えばラクチンだからねぇ。
そうでなくても、そう思えばいい。そのうちほんとになる。

世の中は皮肉なものだと思う。
熟年離婚する人もあれば、
連れ合い失って哀しみの坩堝にはまる人もある。

でも、世をはかなむことはない。
泣くだけ泣いたら、気がラクになるよ。
なるようにしかならないや、そう思えるようになる。

 19413-f2.jpg

家族の絆に憧れて、それを大切にしてきたオレが、
なんで独り身の晩年を送らねばならんのか、そう思った時期もあった。
ま、これも定めであればしかたがない。そう思うしかなかった。

定めではあるかもしれないが、そのままでいいかは考えた。
考えて受け容れる。それが次のスタートとなる。
嘆くばかりでは、まえに進めない。

ま、いうは易し。
吹っ切れるまでには5年くらいかかった。
「お前だけじゃないぞ」という励ましがうれしかった。

でも、他人のことはどうでもいいって、いつもいう。
けっして薄情なわけではない。
自分が逆境にあったときのこと考えてそういうのだ。

他人にその人の心の懊悩がわかるわけもない。
わかったつもりでも、お互いに微妙な違和感がわくこともある。
え? と思うことも幾度かあった。

だから、とやかくいうべきではない、と思っている。
せいぜいできるのは、聞いて、頷いてあげることくらい。
でも、それだけでも、ないよりはいい。

ブログで垣間見る他人の人世も、
あ、こういうお方もあるのだなァ、と思うだけにしておく。
所詮それくらいしか関わることはできないのだ。

それぞれの人世を肯定も否定もする立場にはない。
それぞれのお方がシアワセになりさえすればと思うのだが、
そう想うことすらもおこがましいのかもしれない。

 幸福であるだけでは十分ではない。
 他人が不幸でなければならない。

ま、他人の不幸は蜜の味だからねぇ。
人の心の真理ではあろうけれど、こういうのは嫌い。
自分は自分でいいではないか。

ランキングをやめた理由がそこにある。
自分も一時期そうだったが、不幸の蜜をキャッチフレーズに、
してはいけないと思ったからだ。

 他人の幸福をうらやんではいけない。
 なぜならあなたは、
 彼の密かな悲しみを知らないのだから。

ま、これだな。
オレが人のこととやかくいうのはおこがましいと思う理由。
我が道をゆく。そして人知れず消えてゆければ本望。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした.............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する