topimage

2019-03

ぎったんばっこん繰り返してやっとわかる - 2019.03.16 Sat

昨夜、雷が鳴った らしい。雨のあとは残っていなかった。
オレは知らない。パソコン前にいたはずだが、
マウス握ったまま眠っていたのか。

深夜までなにやってるんだ? ってネット配信番組見てる。
テレビよりずっと面白い。
YouTuber contents は観ない。ほとんどがくだらない。

NHKがワンセグの見られる携帯電話にも、
視聴料を取るといい、裁判してNHKの勝訴。
これには不満がかなりある。あ、オレでなくて世間にね。

こんなもん、NHKチャンネルに、
スクランブルをかければいいんだ。一発で解決するはず。
視聴料を払わないと、見られない。これでいい。

そうしないのはなぜか。
NHKは【公共放送】であるという建前らしい。
災害時の敏速な情報伝達はわかる。偏向しない報道??

これな。
近頃のNHKは、大いに異議があるけれどねぇ。
ま、いいや。

大多数の人が視聴料を払っているから、文句は少ないが、
見たくない人が払わないで、いいではないか。
なんでもかんでもぶったくるのに違和感がある。

MHKを見る機能が付いているからといって、
NHKを見るとは限らないのだが、
ワンセグでもテレビでも、機能があれば払えってことだからねぇ。

 19316-a1.jpg
 ↑ 今朝はくもり

「いいヤリイカがあったよ」
と、おペケが書斎まで見せにきた。
「煮るのとバター焼きとどっちがいい?」

「そうだな、バター焼きか」
オレ、スルメイカの脚を胴に入れた煮付けも好き。
アオリイカの刺身も。

アオリイカは自分が釣りにいってこないとダメだな。
あれね。身が厚くて、うまかったァ。
もう食えね。

 ←click

あ、ヤリイカも自分で釣りにいった。
醤油1、味醂1のタレを用意していって、釣ったイカを、
このタレのなかに放り込む。

ま、いまどきだから残酷だ、生き物虐待だといわれそうだが、
生きたまま放り込まれたイカがタレを吸い込むんだ。
これがヤリイカの沖漬け。美味かったけれど、これも食えねぇ。

 19316-k3.jpg

古希を過ぎたときに、思ったのだよ。
「あァ、ホントの爺ィになっちまったァ」ってね。
還暦でもそう思った。たぶん、傘寿でもそう思うんだろ、

いつまでも自意識過剰のトンガリ爺ィでいたら、
閻魔さまに舌ぬかれる。
ここまできたらそれなりの分別しなくちゃ。 

そう思うけれど、おペケにいわれる。
「あなたは、ほんとうに怒りんぼ........... 」
オレ怒ってるつもりはないけれどね。怒ってるんだ。

おペケはずっと1人で頑張ってきたから、
他人に怒られたことがない。
免疫がないんだな。オレの怒りんぼはワクチンだわさ。

 19316-k4.jpg

独りではわからないこともある。
他人にいわれないと、わからないこともある。
ホトケのごんべといいつつも、たまには沸々と湯沸かし器。

 誰かが怒っているのを感じるためには、
 本当の怒りとはどういうものか、
 まずきみ自身が知る必要がある。

 あの人は怒っていると言えるのは、
 きみ自身の中に怒りがあるからだ。

 あの人はわがままだと思うのは、
 きみの中にもわがままさがあるからだ。

 あの人はずるいと言えるのは、
 きみにもずるい一面があるからだ。

既出だが、カナダのロビン・シャーマという人の言葉。
他人を理解できるのは、自分にも同じ要素があるってことか。
その他人を嫌うとすれば、自分のその部分も嫌っている。

他人は鏡なのだ。
それを知ったらどうする?
おなじ轍を踏まないこと。それが分別だろうな。

 19316-k1.jpg

でも、それが難しいね。
ひところ、やたらとキレる年寄りを「新老人」といった。
本来なら分別すべきシーンで、キレてしまう。

なぜだと思う?
諸般の事情で居場所がないんだよ。
落ち着ける場所がねぇ。疎外される老人だと思い込んでる。

だから衛しろという。
そうだな。それしかない。
キレたり、拗ねてばかりいたんじゃダメだな。

だけどね。
人間どっかでギャフンという目に合わないと醒めない。
自覚出来ない。頑固さも、思い込みも、そこまでの年期が入ってる。

ま、人が老いるってそういうものだろう。
でも、他人のことはわからない。
ましてや、なにを考えているかなんて、わかるわけがない。

閉所恐怖症のオレが、
高いところを、えらい気持ちがいいと、いうがごとし。
高所恐怖症の人の怖さは、オレにはわからない。

もう、腹減って死にそう.............. っていったって、
空腹でぶっ倒れるまでは他人にはわからない。
そういうものだ。

だから、人はどこまでいっても、所詮は1人なのだという。
でも、「あら、お腹減ったの、可哀想だね.......... 」
といってくれる人がいると、また違ってくる。

つまり、理解者がいれば、
空腹の辛さは免れないが、食い物にあたりつくまで頑張ろうか。
そういう気持ちにはなるものだ。

これが「人」という字なんだと、
盆供養かなんかの住職のお説教で教わった。
お互いが支え合っていればこそ、しっかりと立っている。

でもねぇ。
オレが、こんな感情が理解できたのは、
支えを失って、いっぺんは地面にコケてからだからね。

そこから這い上がってきてからのこと。
人っていうのは、残念ながら、そこへ身をおいてみて、
初めて、そのような機微がわかるんだ。

欝になったり、酒に溺れたり、その挙げ句にわかるんだ。
強がりいったり、人知れず枕を濡らしたり、
ぎったんばっこん繰り返してやっとわかるんだ。

そんなもん、
知らずに通ってしまう人はごまんといる。
通れれば、それもシアワセ。

そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する