topimage

2019-02

おひとりさま懐古飯大三元がリーチ - 2019.02.22 Fri

いっぺん起きてきて「何時?」っていったら、
「まだ8時前..... 」っていうもんだから、ベッドへ戻った。
もういっぺん起きてきて「何時?」っていったら10時だった。

ひと眠り2時間とはよくいったもの。
昨夜は1時に寝たから9時間だな。
このあいだ、フラワーパークへいったときごんたクンに聞いた。

「どれくらい眠れる?」
「5時間だからねぇ。まだ暗くてすることもない」
退屈で、退屈で、つまらないっていう。さもあらん。

オレは逆に10時起床だからすぐ昼になっちゃう。
なんか、昼間が短くてつまらない。
で、「てんちゃら........ 」書き終わると3時だからねぇ。

おペケは11時に友達とランチだって出かけた。
で、いい日なのよ。今日は。温かい。
「どこへゆくの?」

「車使っていい?」
「いいって約束したんだろ」
いい日だけど、車乗っていっちゃったから、どこへもゆけない。

なんか愉しそうだよ。
来月はゴルフにゆくらしい。
ま、いけるうちに愉しんでおけばいい。

 19220-fp02.jpg

「ラーメンでいい?」
おペケが買い物行くまえにそう聞いた。
「いい焼豚買ってきておくれ」

 ←click 

ラーメンを上手につくるようになったな。
いかにもって焼豚だった。
わかってきたな、おぬし。

で、カレー、ラーメンときたから、あとは餃子か。
オイらのおひとりさま懐古飯大三元がリーチ。
「餃子のデリバリ頼もうか」

餃子の出前。
餃子の街の浜松にはこれがある。
焼きたてを持ってきてくれるからねぇ。

 
 ↑ 浜松フラワーパーク 1 スライドショー

「てんちゃら...........」書くのに椅子の背もたれへ、
思いきり猫が背伸びしたように、伸びきって書いてる。
ま、キーボードは見なくても打てる。

けれどもモニターの細かい字がほとんど読めなくて、
いちいち起き上がってゆく。
ひょっとして眼鏡が合わなくなったか。

これは3年目。そろそろだな。
眼鏡屋が、調整においでくださいってDMをくれる。
検眼したら? たぶん、新しいのに換えたほうが........... っていう。

オレの目ン玉はカネがかかる。
特注でないとダメ。
ざっと6万円だから、もうすこしガマンしよう。

格安チェーン眼鏡店はなぜ維持できるか?
高齢者でもってるんだってはなし。
平均が5万円だと。それで2年サイクルで換える。

だからねぇ、顧客管理サービスよくして、
高齢者をはなさなければやっていけるのだそうな。
オレだけじゃなくて、高い眼鏡買ってるんだな、ご同輩。

 
 ↑ 浜松フラワーパーク 2 スライドショー

さっきご飯食べながら観ていたテレビで、
1度離婚して、おなじ人と再婚する話をやっていた。
いっぺんは崩れた信頼をもう1度やり直すってタイヘンだろうな。

やっぱり、おまえでなくちゃダメなんだよ。
なんていうのは男のほうだろうな。きっと。
女性はあまり過去を振り返らない。

死に別れは大変なんだってさァ。
そのむかし、どこかでそんな噂話を聞いた。
たしかにタイヘンだよ。いつまでも引きずってる。

バツだったら愛が失せたわけだから、
新しい愛もすんなりいきそうだ。
そこは経験してないからわからないけれどね。

でも、バツのことはぜんぶ忘れてしまいたい。
そういってた人は知ってるよ。
死に別れはそう簡単にはいかない。

 19220-ff08.jpg

死に別れはたしかにタイヘン。
オレは、それを否定しない。
まァ、ここへもずいぶんと亡き人ネタ書いてきたものねぇ。

バツ組にいわれたことがある。
あんた、いつまで愚図ぐずしてるの?
死別組の、とくに寡夫は愚図なんだって実感している。

それはねぇ。
ひとりになった翌る日からぜ〜〜んぶ自分でするんだから、
いなくなった、という実感が重たくのしかかるんだ。

だから、心にのしかかる。24時間中ね。重たい。
ほかに家族がいればそうでもないだろうけれど、
あの人がいた部屋が、空っぽになってそこにあるんだからね。

ちょっとだけ、心を寄せた人がいた。
で、あるとき溜息ついて、
あなたの心には、ワタシの入る隙間がない........ って見事にフラれた。

そんなこと気づきもしなかった。
オレの心は、1人で暮らす重荷がのしかかって、
ほかの人の気持ちを考える余裕なんてあるわけがなかった。

それで、寡夫寡婦同士だとどうかっていうと、
おなじ荷物だってことはあるから、気心は通じ合う。
が、それとおなんじくらいの壁はあるのだ。

寡夫寡婦同士は、お互いに別れの辛さが染みついているから、
かなり憶病になっているんだな。
もう、あの辛い気持ちはイヤだァ。ってすぐにそこへいっちゃう。

「いまからだと、それほど別れが遠くないしねぇ.......... 」
って、最後はこういって笑っておしまい。
これも実感なんだな。

オレに心のなかの亡き人を封じる気はなかった。
この先もオレはこれだからといってきたのに、
それでもいいという酔狂なお人が現れた。

はじめは戸惑った。かなり。
で、オレの心の頑なな部分をすこしずつ融かしてくれた。
融けてしまうまで2年かかった。ありがたいと思っている。

ここまでひとりできた人だった。
おなじ道歩いてくれるという言葉にオレは絆された。
それで3年が経った。

いまごろになって、やっと彼女はあることに気付いた。
「わたしたちも、そんなに先は............ 」
ま、1日、1日を愉しく重ねていけばいいじゃないか。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する