topimage

2019-02

寝るほどラクはなかりけり - 2019.02.15 Fri

朝は温かった。梅を撮りに 行く。出発11時。
晴れる予定だった。だんだんと空が暗くなった。
それでも、11時ちょっと過ぎに出発。

北へ向かってバイパスを走る。もっと暗くなってきた。
駐車場に着いた。え、雨ぇ??
なんか、レンズの鏡胴に水滴が落ちた。氷雨か?

ベンチでお昼食べたけれど、おペケが寒いといいだし、
オレは絶好調でスカスカ歩くし、
「風邪ひいちゃうよ」なんぞといいだして最悪。

「じゃ、車の中へいってなよ。もう...........」
なんちゃって、オレはもう1周歩いてきた。
アハ。外へゆくと元気いいんだな。

で、冷たい雨がパラパラ。
なんで降るんだよーなんていったってしかたない。
間欠ワイパーまわしながら帰ってきた。

 19215-mk01.jpg

2時30分に帰ってきたから、1時間半ちょっとか。
思ったより咲いていた河津桜。5分咲きか。
梅はほぼ満開。開花が早い枝は終わっていた。

マンサクは満開なのに、蝋梅が咲いていない。
寒かったり、温かくなったり、
花たちも戸惑っているのでないか。

来週は浜松フラワーパークだが、
ひょっとして梅が終わってしまうかもしれない。
それは困るゥ。

 19215-mk02.jpg

腹が減り始めてきたってことは治ってきたんだな。
それほど多く食べるわけじゃない。
小学3年生くらいしか食べない。身体は大きいがそれで足りる。

おペケがなにかと工夫してくれる。もうしわけない。
「きらいなもの多いし.......... 」
昨夜も白菜よりキャベツがいい、と別拵えしてもらう。

白菜って、身厚な軸ばかりだし、
あれってどうしても漬け物のイメージだし、やだね。
キャベツのパリッとしたほうがなんぼかいい。

 ←click 

言い分は一貫してるのよ。
だから食べないって言い分はね。
ま、それを理解してくれたら、ありがたいわけでぇ。

 19215-mk06.jpg

昨日も書いたかな。
おペケが居間を横切っていったから、
「おいィ.........」と呼んだのだ。

「なーに?」と傍へきたら、なんの用事だったのか忘れた。
「そうなの、顔が見たかったの?」
真顔でそういうから、思わず噴いたぞ。

そうじゃないけれど、
ことさら否定することもないから、そうしておく。
「明日は都田公園へゆくんだよね?」

と聞かれても、終わってみないことにはわからない。
逆に「わたしはあそこへゆくから........」といわれたり。
ま、共有の時間は一日のうちの1/3あればいいと思っている。

それがなくちゃいけない。
お互いを意識しつつも、自分の時間も刻む。
あまり干渉せずにね。

「あ。思い出した.美容院へいつゆくんだ?」
「まだ、もったいないしねぇ.......... 」

パソコンの修理屋もいかないといけないし、
フラワーパークもゆくんだし、
えぇ、なかなかに忙しいじゃないか。

 19215-mk10.jpg

昨夜は2人とも、ゲームに熱中して、12時ギリギリまで遊んでた。
ベッドへいったものの、頭が疲れたのかバタンキュとはいかなかった。
まァ、2人とも年齢のわりには、よく眠る。

朝方は何度か目を覚ましては、記憶に残らない浅い夢をみる。
で、半ば朦朧として起きてくるゥ。
だから、起きてきてパソコン前へ座っても、頭んなか真っ白。

なんも浮かんでこない。
しばらくは珈琲すする手だけが動くのみ。
ぼけぇぇ......................... できればなんにもしたくない。

眠るという行為。
オレの半生は、ぶっ倒れて眠るような............. そんな眠りが多かった。
眠るために眠るのではないのだな。

ぶっ倒れるほどに起きているから、
辛抱たまらず、やむ得ずに眠るのが、オレの眠りだったかもしれない。
これは若い頃の修業時代に刻み込まれた体内時計でもある。

それが世間とズレているのは承知していた。
魚でいえば、クロダイとおなじく夜行性であったわけだ。
夜になると頭脳が冴えてくる。

魚には大脳がないので、眠るという行為はない。
クロダイ類の魚は、その警戒心ゆえに夜行性といわれるけれど、
深夜の1~3時頃は釣れなくなり、これが眠りだとされる。

つまり、動きが鈍くなるのでエサを追わない。
だから、オレもそれだったわけで、
ちょっと体の動きを止めておけば、復活するというタフさはもっていた。

満を持して起業したばかりのころ、
大手にもわれわれ零細にも平等なのは、24時間であると嘯いて、
一日のほとんどを会社で過ごしていた。

それが習いとなって帰ろうともせず、深夜にぶったおれては眠った。
椅子が三脚あれば、互い違いにして眠ることができた。
ま、慢性寝不足だから、横になれば眠れる。

人間どうしても眠らなければいけないのではないらしい。
百獣の王と自称する武井壮氏は、
もったいなくて、たった45分しか眠らないそうだ。

若いときは、いっときガーゴーと高鼾であれば、
それで活力漲るものではあるが、これも50歳までなのだねぇ。
いま考えてみれば、あの頃は異常事態であったと思う。

萎えようとする体力を、なせばなるという気力が引っ張っていく。
いうなれば、火事場の馬鹿力的なモノであったのは否めない。
だから、その反動で寝かせておけば24時間以上でも眠った。

40歳超えたばかりのころを想うと、
睡眠するにも力が要ると納得するのだ。
いまはなんにもすることないから、自堕落で眠る。

うたた寝が減った。
そのかわりベットで8時間以上は眠る。
そうか、うたた寝の分も寝てしまうのか。

寝るほどラクはなかりけり。
そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する