topimage

2019-01

ヘンにときめいたりするから捨てがたい - 2019.01.23 Wed

目覚めたら10時 だった。9時間眠った。これが回復法。
そのむかし、大藪春彦というハードボイルド作家がいた。
彼の描くヒーローは、復活するとき錆釘を舐めて泥のように眠る。

松田優作演じる「野獣死すべし」や「蘇える金狼」だよね。
なんかねぇ。ああいうヒーローになりたかった。
なので、3徹くらい仕事して、ぶっ倒れて丸1日眠ってた。

だいたい、眠るのが回復法てな信仰みたいなものがある。
やられたら眠る。身体がまいったら眠る。
おペケの風邪は一進一退。オレもなんかヘン。

幸いにもインフルエンザでないようだ。
こんなときは徹底して眠る。目が腐ろうと眠る。
眠って起きれば、少しはよくなっている。

遅く起きてきて居間にいったら、大坂選手が勝つところ。
彼女は調子いいみたいで、頑張ってる。
錦織選手はこのまえの5時間の疲労がどこまで抜けたかだな。

なんせ、相手がジョコビッチ選手。
どこまでやれるかねぇ。このへんで彼も見せないと........
頑張れぇ、ニッコリ。

 19123-aa3.png

それで、食卓ついて朝ご飯。
「あれ、フライは??」
「あ、わたし、食べちゃったァ」

「え? 朝食べようと思って残したのに.... 」
食べたほうが勝ちだな。
ま、ないもんはしゃーねぇ。

 ←click 

「今度はいっといてください」
(*`へ´*) まだ怒ってるゥ。
食い物の恨みはなんとやら..................

19123-a7.jpg

最近は大相撲をテレビじゃなくてパソコンでみる。
なんKなのか、画面がキレイだ。
立ち会いまでに情報が多くて退屈しない。

 abema TV ←click

それからYouTubeチャンネルだと、
「虎ノ門ニュース」などの配信があって、
次第にテレビは不要の時代になりつつある。

うちはNHK料金払ってはいる。
しかし、公共放送NHKが偏向報道をする時代だ。
払いたくないってのもわかる。

要するに、いまのテレビ局は、
「報道しない自由」に満ち溢れていて、
そこに跋扈する、あんたどこの国の人って言論人ばかり。

で、ネットでは右も左も、まさに右往左往。
匿名をいいことに、あんたどこの国の人って言い分も、
罷り通っているから、腹立つ発言はシャットアウトした。

が、教育分野に深く根を下ろしている現状には唖然とする。
どこの国の人って教師が自虐史教えて、
このままいけば、この国は自壊するよ、ほんとに。

オレはけっして右傾の人間ではない。
ただ、幼子ながらも戦争を経験し、戦後の混乱社会で教育され、
この70年間をみてきた人間として、これでいいのかと思うだけ。

なにをしているのか。
そういう憤りがときどきわいてくる。情けなくも思う。
そういう意味で「日本国紀」の60万部は意義がある。

教育が目を瞑る日本を知るって意味でね。
「WGIP」とはなにか。
これだけでも知ってほしい。

 19123-aa1.png

遠州森町の桔梗寺ってところがある。
境内いっぱいに桔梗の花が植えられている。
ちょうど、ここへ越す前の断捨離真っ最中にいった。

で、お地蔵さんが奉納されていて、住職の言葉が添えられている。
それがユニークでね、なるほどと思わせる。
で、こんなのがあった。

「本当の幸せは近くにある」

翌る日に片付けしながら、こう思ったのだよ。
そうか、古いもの捨てるってことは、
その隙間に新しいシアワセを詰めるスペースを創るのだなってね。

断捨離って、もしかしたら、
新しいシアワセの入れ場所つくることなのかァ。
そう想ったら、ばっさばっさ捨てられた。

オレって、都合のいいほうに考えられる、都合のいい人なのだ。
こういう楽天家はラクチン。
ほんとにィ。

 13625-ok34_2019012314332500a.jpg

断捨離で売り出したコンマリこと、近藤麻理恵さん。
彼女の提唱するのは、ときめきがないものは処分って整理方法。
はなはだむつかしいのだよ、これが............

チョイでぶの腹がひっこんだら、これはまだ穿ける。
って、ヘンにときめいたりするから捨てがたい。
ひっこみはしないよ、なんていってしまったらオシマイ。

気持ちは残しておかなきゃァ。
だからねぇ。なかなかに捨てがたい。
そういえば、おなじ頃のおペケも断捨離していた。

送料無料で引き取るっていう、あの処分屋さん。
彼女の捨てるに躊躇いのある衣類が、1箱2.200円だったらしい。
これっぽっちでもオカネになったら捨てられる。

っていってたけれどねぇ。
オレは結局のことろ、自転車を4000円で売っただけ。
あとは、カネ払ってもっていってもらった。

リサイクルしてできたらなんぼかに........
なんていってたら捨てられないね。そこは思いきる。
これしなない、ほんと。

誰でも、そうなんだと思うけれど、
ほんとは、ここに書いてるオレだけじゃなくて、
誰も、2つも、3つもの自分がいるんだ。

それを,怠けもんの神さんだとか、居眠り泥ィだとか、
妖怪にたとえているけれど、
誰しも、人間の心なんて妖怪屋敷なんだって思う。

物欲の妖怪、性欲の妖怪、悲しみの妖怪、寂しがりの妖怪、
数えあげたらキリのない妖怪が,
おひとりさまの、このオレんなかに棲んでいたからね。

わたしゃ断じていない。
そう言い切れる人がいるだろうかねぇ。
妖怪とはは、自分のなかの、また違う自分。

ちょっと隙を見せると、そのときどきの担当妖怪が、
へ、まいどおおきにィ............. と出てくるんだ。
人の心の弱いところヘね。

オレは、あっちで断捨離するときに、
あんたらおいてくよ........... と宣言してでてきた。
おペケがいると、妖怪も出にくいって部分がある。

いつのまにか復活したヤツもいる。
でも、抑えちゃいけない。
かといって、気儘に付き合ってもいられない。

兼ね合いって自制が要る。
そのコントロールがむつかしいわけだ。
ま、妖怪とはおっちぬまでのお付き合い。

 幸福になる必要なんかありはしないと、
 自分を説き伏せることに成功したあの日から、
 幸福がぼくのなかに棲みはじめた。

これはジードの言葉。
難解だから、ちょっと言い換えてみる。
オレ流にね。

 ほどほどの幸福でいいじゃないかと、
 自分に言い聞かせたあの日から、
 ほどほどの幸福感が自分の心のなかに棲みはじめた。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する