topimage

2019-01

クスッとぐらいは笑ってやろうよ - 2019.01.08 Tue

え? 11時まわってるゥ。朝寝坊は したけれどね。
昨夜の11時半頃、飲み終わったコップもってキッチンへ。
半分眠っていて、お気に入りのグラス落とした。

ガチャンッ。あれぇ。
夜中に跡片付けだよ。これで目が醒めた。
ドジは毎度のことながら、おペケは眠っているしね。

雑巾がけして「ガラス飛散注意」と書いて床に貼り、
寝よか、って眠気覚めたから、1時までネットサーフィン。
それでのこのこ起きてきたら10時前だった。

別にねぇ。これといってすることなし。
寝坊助爺ィさま、暢気なもんだわぇ。
外は薄曇り。それほど寒くはない。

広角レンズで空撮っていたら、なんとSIGMAレンズのガリガリ。
AFが異音しまくりで、そろそろこれもダメか。
よし、この前から気になっていた18~70mmに買い替えよう。

 1918-a1.jpg

寒いときは鍋だね。
「いい豚肉があったァ」とおペケは帰ってきた。
豚肉の塊だった。これで鍋。

赤味噌仕立てがまた温まるゥ。
名古屋に住んだとき、あっちの冬は寒いからね。
雪がちらほらする夜に食べた、煮込みうどんが美味かったァ。

おペケも、きりたんぽ鍋を赤味噌でやってから、
八丁味噌に凝ってる。
今朝も残りにうどん入れたら、うん、朝から腹いっぱい。

 ←click 

おペケが料理するのを愉しんでいる。
オレは食べるのが愉しい。
ま、これがいちばん。愉しいのがいちばん。

 1918-a2.jpg

昨日もなんだったかおペケにいわれた。
「ほんとにべそ曲がりなんだからねぇ」
そうなんだな。筋金入りのへそ曲がりなんだな。

ほんと自慢にゃならない。
「だから反対のこといえばいんだ」
って、彼女も扱いがわかってきた。

学業半ばで TB病棟 へゆき、
抗生物質後遺症やら、なんやかやの挙げ句に、
所帯をもってしまったので、学業はそれで挫折した。

これが、いい加減野郎の最大のコンプレックス。
オレのヘソ曲がりは、このなんやかやの挙げ句、
世の中斜に睨み、なにくそと頑張ったこのあたりから発している。

どーせ軌道外したんだ。
ならば思うように生きてやれ...... ってね。
だから、おひとりさまになっても、腹ァ座ってた。

そういう結末になったら哀しいけれど、
いまここで孤独死したって、どーてこたァない。
たしかに、これまでの生き様の結果なんだから甘受する。

 ♪誰のせいでもありゃしない。
 みんな、おいらが悪いのさ..... って歌があったな。

 「哀しき願い ♪尾藤イサオ」←click

 1314-g3_20190108121206ae9.jpg

この「てんちゃら.....」もときどき、
ふふん、と鼻先で嗤われたりするのだけれど、
ブログを公開しているのだから、そんなの、あって当然。

ま、こっちも、ふふんゥ........ と嗤ってやり過ごせばいい。
ただ、いつもつっぱって、ことさら居心地を悪くすることもないのだな。
大上段に振りかぶるほど、大袈裟なもんじゃない。

せいぜい居心地よくして、
世間の片隅でひっそりと息してりゃいいとも思う。
だから、来る人は拒まない。もっとも、近頃だれもきやしない。

それはそれでいいと思う。
爺ィが勝手なこといってるだけだからね。
それほどのことはない。

ここでのコメントでも、
「あなたのいい方きついよ」とおペケに諭される。
そうだなって、思えば素直に聞く。突っ張ってばかりでも得はない。

 1317-km07_20190108121904627.jpg

オレはメタボらしいけれど、ま、どーてこァない。
日々、ああだこうだいいながらも生きてくわけで、
爺ィ1人、大上段に振りかぶるほど、大袈裟なもんじゃないと思う。

オレ、おっちんでも、
あの長ったらしいBlog更新なくなっちゃたったね。
そういってはいただけるかもしれないが、やがては忘却の彼方。

そんな爺ィもいたっけな、て、
どじょうっこだの、ふなっこだの、とおんなじだァな。
それでいい。どうせ、そんなもん。

ベランダで、小一時間、空ゆく雲をぼけぇぇ........ と眺めていれればいい。
これがいちばんラクチン。
物忘れは激しいが、まだ、おかげさまでボケの兆候はない。

これが維持できればいいのだ。
掛かり付けセンセだけが危機感煽る。
やれ痛風だの、やれ糖尿だの。

そんなもんになったなら、
おペケのお世話にならなきゃいけない。
いいよっていってくれても、それはダメぇ。

食うのが生き甲斐だんていってちゃダメ。
煙草吸うのが生き甲斐なんていうのも一緒だぜ、そこのご同輩。
頑張ろうぜ !!

 1317-km26_201901081212079f9.jpg

けっこうSkypeする友達がいてね。
あ、おひとりさまのときだ。それがあって愉しかった。
寂しいともあまり思わなかった。

聞けるんだな。お互いのことが聞ける。
その頃は、もう悲劇のヒーロー、ヒロインじゃなくなってる。
お互いに、気持ちがわかるからねぇ。

親しくなってもダメなんだな。
もう、双方が背負ってるからね、避けてしまう。
触れずに迂回するんだ。

ま、多少の強がりやらを演じつつ、
気張らずに、なんとなく、なんとなく、一日が終わって、
ことんと眠って、目覚めてみれば明日。

これがいいなァ................ と、
思い始めるまでに5年かかったのだ。
それでも引きずってる、とすれば、それはたぶん、あれだ。

たいしておもしろくないギャグを、
笑ってくれた人がいた日へのノスタルジア。
いま、しょーがないから笑ってくれる人がいて、そう思う。

 夫婦間の愛情というものは、
 お互いがすっかり鼻についてから、
 やっと湧き出してくるものなのです。 

オスカー・ワイルドがこういった。
うん。そう思う。
すこーし、そうなってくるのに3年かかったものね。

 妻はよく夫のジョークを聞いて笑うが、
 それは気の利いたジョークだからではなく、
 妻が気が利いているからだ。

つい、このあいだもこれを書いたけれど、これだ。
気が利いている。これは双方がだね。
それはつまり思い遣り。

思春期の子はちょっとの言葉にも敏感で、
傷ついたり、喜んだりするけれど、それは老年期でもおんなじ。
つまり、自信が失せただけの不安を抱えているからだろうね。

たいしておもしろくなもい、オヤジギャグでも、
クスッとぐらいは笑ってやろうよ。
それがシアワセを招くかも知れないからね。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する