topimage

2019-01

百も承知なのに、求めてしまう。なぜ? - 2019.01.06 Sun

窓の外が明るくなった。ほれぇぇ。カメラもってベランダへ。
今日は日食なのだね。10時、いまが欠けのピーク。
出た。雲の隙間の薄雲に、上が欠けた一瞬の太陽。

たぶん、ワンチャンス。
10時40分には戻るから........
twitterに3人ほどの写真があった。

撮ったどーー。
なんか叫んぢゃったね。
他愛もない。それでも今日一日ハッピー。

 1916-a3.jpg

てなわけで、目がちかちか。
☆が飛んでる状態で書斎へ戻ってきた。
サングラスねぇ。車の中。

また厚い雲の向こう。
ちょうど薄いところへくれば、なんとか撮れる。
ほんの一瞬の思惑を捉えた。満足じゃ。

 1914-f1.jpg

初競り3億円のマグロを釣った漁師の手取り1億7000万円だと。
えがったな、ほんとに。
もう、漁師やめるべか? とおペケがいうけれど、きっとやめん。

釣り師も漁師もそうだけれど、やめられん。
あんな大物くるからやめられん。
獲るのにエラい苦労して、報われるからやめられん。

それが、魚と対峙する人の性や。
って、漁師のDNAもった元釣り師が知ったようなこといっとりますが
ま、えらいもんで...........

 ←click 

してやったり。
アドレナリン、ぶっちゃーとあふれ出て、興奮は最高。
いままで、対峙したコイツを抱きしめて、転がりたいくらい。

ま、その逆もあるわけで...........
ギャラリー30人くらい背後にして、30分ほどの格闘。
足下にやっと寄せたら、ハリが折れて、あえなく逃げられた。

声にならない溜息背後に感じつつ、へたり込む。
相手はなんだったんだって、ま、いってみたって敗北。
あの、やるせない気持ちを味わうから、獲ったときがうれしい。

あれは、男の闘争本能そのものだから、やめられん。
身体の奥に潜んでいた、原始の本能だからねぇ。
1度味わったらやめられん。

おまえ、なぜやめた??
それやんなァ。本人もわからんのや。
なんかが、ぷっつん、切れてしもうたによって.........

 1914-f2.jpg

百田尚樹著「日本国紀」はデータ転送しながら読んだ。
ま、通史であるから、新鮮さはなかった。
オレとしては、井沢元彦著「逆説の日本史」が面白い。

ただ、明治維新から太平洋戦争に至る経緯や、
戦後の教育のひねくれかたが、教科書の誤魔化しなしに、
書かれているから、いわゆるリベラルの反発は当然だろう。

年明けに5万部増刷して60万部の大ベストセラーになった。
若年層が読んでいるらしく、隠された戦後史に感銘を受ける人が多い。
で、みっともないのが、反発の人たち。

サイン本をおいた紀伊國屋書店を潰せだとか、
これが民主主義だというのか?
なにか、おかしな現象が起きている。

 171124-f4_20190106111208159.jpg

支援を受けても、ありがとうもいえない国があるわけだが、
ま、その突っ張りも、底がみえて、そろそろウザくなってきた。
米軍撤退を米軍からいわせるための動きがちらほら。

根底にそれがあれば、なにをか況んや。
同盟国もなにもあったもんじゃない。信頼が崩れた。
ネットの情報によると、そのウザさ加減にある現象がおきているらしい。

それは、日本、及び、かの国で若者たちの意識変化があるのだという。
日本の若者には,あまりの言い募りに「ナショナリズム」が芽生え、
かの国では「実態を知ろう」という若者の動きがではじめているらしい。

なにか違うぞ,真実はなんなんだ?
ただし、大人になった彼らがこの気持ちをもち続ける社会にはない。
もしも、赤化統一がなされようとしたとき、ローソクで阻止できるのか。

日本の若者が、ナショナリズムは大袈裟としても、
自分の国のありかたに関心をもつのはわるいことではない。
現時点で60万部の「日本国紀」がきっかけになればいい。

かの国の若者が、なんか違うのではないか...... と思うのもしかり。
若者の考えは柔軟である。
それに期待したいと思うが、いかがなもんか。

世界の警察を放棄したアメリカであるが、
アメリカはアメリカで、「知る人が少なくなった」というのだ。
この事実もさもあらんと思う。

つまり、自分たちが戦後統治に関与して、日本の形をつくっておきながら、
それを知る人がなくなってきて、
目先のメリットだけで頓珍漢な動きをしようとしているとの見方がある。

トランプ大統領がというのではなくて、これもあたりまえの話。
いつまでもアメリカの核の翼の下で温々してられるわけじゃないのだし、
だいいち、そのアメリカの力が弱くなっているのだ。

右傾といわれようとも、必要ならば憲法も改正し、
さらに軍備拡充も考えなければ、この国を守りきれない。
安倍がー、アベがーでは、この国はなくなってしまう。

かの国だって、突っ張ってはいるが、
北と統一して格を持てば日本より格上だという、
そんなお花畑がほんととも思えない。

ただ、いまの大統領はやりかねないのだ。
そういう経歴を持ったお人だからね。
土壇場へきてしまって、さて、どうするんだ??

 171230-f2.jpg

なぜ、ベビーカーを迷惑だと思うのか?
なぜ、子育てする人を世間みんなが見守ってあげられないのか。
それって、都会だけなのか?

この街は、みんなで見守ってる気がするよ。
だからなのか、子供がけっこう多い。
地方って、それが普通だよ。

オレには、
酸素瓶を携行する亡き人に添った3年間の経験がある。
世間のみなさまは、ほんとうによく気遣ってくださった。

「ありがたいことだから..........」といつもいう彼女の気持ちを、
傍にいて自分のこととして感じてきた。
ほんとうに、いつも感謝あるのみだったのだ。

排除された、差別だ.......... と思う人がいて、
一方には、それを迷惑だと思う人たちもあって、
けれど、世間みんなが見守って......... という気持ちだってあるはず。

オレの生きてきた径はず〜〜〜〜〜〜と1本道なんだし、
亡き人といっしょに歩いてきた径の延長をいまも歩いている。
その径を、いっしょにおペケが歩いてくれている。

おなじ径の延長を歩くのはあたりまえ、
あなたにはず〜〜〜〜〜〜と続いているんだからね。
そういってくれた。ありがたい。

いってくれそうで、いってもらえないんだな。これが。
あなたの心にはわたしの入る隙間がないって.......
そういわれれば、オシマイだもの。

めんどくさいのはしかたがない。
いいよ。めんどくさいままで..............
そういわれた、あのとき、心の隙間がす〜〜とひろがった。

そういうものなんだよね。
人の心と心ってね。
なんだかわからんけれども、すべからず、もちつもたれつ。

 われわれは、われわれの幸福を、
 われわれの外部、他人の評判のうちに求める。

 他人はみな軽薄かつ不公平で、
 嫉妬、気まぐれ、 偏見に満ちていることを、
 百も承知なのに、だ。        
             
ラ・ブリュイエールという人がこういった。
いい言葉だと思う。
百も承知なのに、求めてしまう。なぜ??

オレ、いつもいってるよね。
シアワセの基準は自分で決めるもので、
他人に押しつけられるものではないってね。

でも、人間ってひとつ欠点がある。
心のなかにあっても、相手に伝えるのがヘタなんだよな。
え、あんただけだって?? アハ、バレたか。

自分の心を大切にする。
そうさせてくれる人を大切にする。
狭い半径のなかにもシアワセはあるからね。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する