topimage

2018-10

あとは知ったこっちゃない無責任かわいそう論 - 2018.10.31 Wed

雲がいっぱい 浮いてる朝。20.7℃は秋感あふれる。
小寒い。北の書斎は余計に寒い。
「ストーブだそうか?」 ってそれほどでもない。

おペケが居間の窓際にいて、「暖かいなァ」という。
そうだね.、前の住処では南の窓際にデスクがあった。
「左の腕だけが日焼けしてたよ」ってくらい。

窓際は天然暖房が燦々と降り注ぐからね。
だからめったにエアコン入れなかった。
この書斎は北向きだから、さぶゥ。

 181031-a1.jpg

「こっちではニシンが安い」とおペケがいう。
そうだな、いまどきニシンが食べたいとも思わないし、
ま、土地柄の違いはあるからねぇ。

 ←click

「なぜか、今月は大きく予算オーバーなのよ」
おペケが家計簿つけながらクビをひねる。
これといって特別なものつくってないっていう。

野菜が値上がりしてるんだな。たぶん。
それだけ、じわじわァと財布を圧迫している。
シャカリキ頑張った料理でなくていい、とオレはいつもいう。

「今夜はお惣菜だからね」
魚が焼いてあって、煮てあって、 うちではチンだけ。
これでいいからな、といつもいうのだ。

 181031-a2.jpg

オレは釣り師だったから、
釣った魚を美味しく食べることをいちばんに考える。
これを食べようと決めたら、必ず活き締めをしたもんだ。

活き締めとは、生きたままでその処置を施す。
いつだったか、イカの活き造りをYouTubeにあげたら、
残酷だと非難が殺到したっていう。

まさか、こういうものにまで非難があろうとはねぇ。
オイら、遠い空を見上げてしまう。
残酷だの、拷問だの..................

じゃァ、そのあなたはなにを食べて生きてるのだ?
わたしたちは、生き物の命をいただいている。
その観念がないのかしらん?

 自分たちが食べているものが、
 どこからともなくポンッと出てくると、
 思わないで欲しいですね。

この動画をあげた学生クンのコメントがすべてだ。ご立派。
世間のダブスタ連中に聞いてみたい。
あんたたち、なにを食べてるの?

自分たちがどういう仕組みで食べ物を得ているのか。
根本から教えたほうがいい。
なんか、どんどん世間が狭くなるよ。

 181030-f1.jpg

なんでも「かわいそう論」というか、
自分の関わりのないところだと「生き物の命尊重論」を、
めったやたらと言い募る社会が鬱陶しい。

最近の騒動のイノシシやアライグマもしかり。
それらを「かわいそう論」で保護して、山に放って、
あ、いいことしたって思うだけで、そのあとは知らんぷり。

元俳優で、リタイアしたあとに自然派と名乗り、
そういう番組に出ては、上っ面だけの似非自然論を語る。
オレは観ない。腹が立つからね。

オレがなぜ怒るかというと、根本を考えていないからだ。
それは「あとは知ったこっちゃないかわいそう論」とおんなじ。
番組内で解決させてみせても、なにもならない。

ま、それがテレビだぜ、ってのはわかる。
だから観なきゃいいんだ。
「かわいそう」って、ほかに追いやっても解決にはならん。

外来種ミドリガメが大きくなって、
うちの水槽では狭いのが「かわいそう」だから、
自然に返してあげて、あ、いいことしたってのとおんなじ。

 181031^a3

クジラやイルカを日本では伝統的な漁で捕らえ、
その命を敬いつつ食べてきた。
西欧だって、石油が使われるまでランプの灯は鯨油だった。

日本近海にまで、その鯨油の確保に船団を組んで現れ、
油だけを甲板の大鍋で煮てとり、それ以外は海に捨てていたのだ。
彼らが捕鯨をやめたのは鯨油を必要としなくなったからにほかならない。

ま、それ以上は書くのをよそう。唇さむし。
ここでも「かわいそう論」なわけだが、
他国の文化にイチャモンつけるのは、ほんとに大きなお世話。

それは西欧文化押しつけのダブルスタンダードに過ぎない。
オレは知ってるよ。
その「かわいそう輪」がいかにダブスタであるのかをね。

イルカを殺すにのは絶対許せない、そういった女性タレントが、
ほかの番組で仔牛の肉を「やわらかくておいしい」といって、
満面の笑みを浮かべて食べていたのをね。

それじゃなにかい。
あんたが絶賛して食べたのは、死んでしまった仔牛の肉なのかぇ。
ミルクしか飲んでいない仔牛を殺して肉にしたんだろ。

ま、ツッコミ入れたらこういうこと。
そこいら中がダブスタばかり。
魚にしろ、肉にしろ、すべてはそういう形で口に入る。

 自分たちが食べているものが、
 どこからともなくポンッと出てくるわけじゃない。

あの水産大の学生クンがいった言葉は真理なのだ。
「かわいそう論」ってのは、大いなるダブスタだということを、
しっかり認識してほしいのだな。

われわれは、ほかの生き物の命をありがたくいただいている。
そういことだから、食事前の合掌もただの形だけではなく、
心を込めて感謝していただきたいもの。

あえていわせてもらう。
あとは知ったこっちゃない無責任かわいそう論はいらん。
よく根本を考えてほしい。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

故郷は遠きにありておもふもの - 2018.10.30 Tue

今朝もブルーのグラデーションがキレイだ。
20.7℃.だから、秋深まりつゝある実感。
ま、ぐっすりこんこん。今朝までの意識まったくなし。

ホームページの再構築を頑張って、
転送する間の時間でスクワット、居間歩き、段差踏み。
1日中、身体を動かして1kg減った。

心地よい疲れで目覚めもいい。
ぼけぇぇ............. とみている窓の外の空がキレイ。
昨日は空っ風の赤ちゃんが吹いた。

これが吹くといよいよ晩秋だね。
窓から顔だすのも躊躇う。
ここは浜名湖わたりの西風が台地へ駆け上がる。

それだけが誤算だったね。
家康公が天守で聞いた松籟の音が納得できる場所だった。
窓サッシが風圧で曲がるのだからね。

 181030-a1.jpg

午後からおペケが忙しかったようで、2時半に歯医者へゆき、
そのままATMで月末の振り込みすませ、
買い物ちょっとして5時まわってから帰ってきた。

そうだね。毎月いってるけれど、10月も終わりだ。
来月もたぶんおなじこといってるよ。
あと2ヶ月で、2018年も平成も終わり。

で、「今日はお惣菜です」って、オレは「なんだよ」とはいわない。
おひとりさま9年の後遺症というか、ノスタルジアというか。
総菜見ると食べたくなるのだ。

 ←click

忙しい時はこれでいい。
ちょっと離れたピアゴ、ここは東海地方のユニー系だが、
ATMいって、帰りに買い物してと利用する。

それがドンキホーテに吸収されたらしい。
どんな形態になるのか気になる。
長崎屋もジャンボドンキになったが、食品は残した。

ま、そういう形態になるのかな。
ユニーだとか、セーユーだとか、中規模スーパーが、
次々となくなってゆく。

このユニクロとは違う、ちょっとダサ系の衣類が、
地方から姿を消してゆくのが寂しいね。
おじさん系、ジジィ系にはちょうどよかったのにな。

以前の浜松東地区はイトーヨーカ堂が核だったが、
その北側にイオンモールができて、ヨーカ堂が撤退。
すると、その跡地にコストコができて、この地域が復活した。

イオンのなかのユニクロがコストコ圏内に移った。
めまぐるしく勢力分布がかわる。
郊外商圏人気は地方都市型としてはしかたない。

 182030-a2.jpg

ここのところ、テレビでおペケの故郷を続けて観た。
遠くにありて想うふるさと。
その気持ちはオイらもよくわかる。

BS7の21時から、日本で暮らす外国人のはなし。
昨夜は男鹿半島の34代つづく名刹の梵妻になったアメリカ女性。
そういえば、浜松の古刹にもドイツ女性が嫁いでいたはず。

ま、どっちにしろ、遠くにありて故郷の便りは懐かしい。
オイらの故郷愛も、ちょっとヘンとおペケがという。
かもしれないな........ と思うのだ。

オレは人世の半分も、ここにはいなかった。
それは、どこかで故郷を愛し、どこかでヘンにこだわり、
やはり、ここでのほほんと暮らしてきたのとは違う感情がある。

 故郷は遠きにありておもふもの
 そして悲しくうたふもの

室生犀星のこの詩には、
故郷への愛着と憎悪が込められているという。
なんか、わかるような気がする。

オレは、石をもて追われたわけではないが、感情が変形している。
スーツケースひとつ提げて夜汽車に乗って、
朝方の都会へついたときの感情がこびりついているのかもしれない。

そのくせ、故郷の空気に触れたとき、おのれの心が、
ふわァーと解きほぐされてゆくのも感じるのだ。
故郷に触れることは、いつでも精神衛生の薬なのだからね。

 181030-a3.jpg

前の住処では、6時に起きるとどこかで鶏が鳴いて、
どこやらの寺から鐘の音がご〜〜〜んと聞こえてきた。
コケッコウーとゴ〜〜〜ンは郊外ならではだった。

街中のここでは、そういう音はない。
あ、スズメが鳴くか。カラスも餌場へとんでゆく。
意外と音がないよ。

オレ、なんではこんなに眠れるのか? 屈託がないのか?
ちゃらんぽらんで、いい加減で、のほほんのんびりだからか。
おペケが「一日中パソコンで昼寝がないからねぇ」と気付いた。

そうだな。テレビ観ながらのうとろうとろがない。
だから、22時すぎると上の瞼と下の瞼が仲よくなる。
そういうわけだな。

 181030-a4.jpg

ホムペ作成ソフトがバグでオシャカになり、
まだ健在ながらも存在価値のなくなった旧マシン、
ま、いろいろなガラクタくっついてるから断捨離した。

これねぇ。
ごんたクンにあげるよといってるが、
WinからMacはとっつきにくいか。Macはラクチンだけどね。

でね、そのなかに何年もまえに削除申請出して、
当然消えているはずの掲示板がイキていた。
なんで?? と思うのだが、カラクリわかって大笑い。

つまり、削除申請出して、
そのあとに30日間書き込みがなかった場合に、
自動削除するシステムになっている。

ところが、内容削除まっさらにして、
30日間書き込みがなかったら削除される。カラクリはここ。
その間に意図しない書き込みあったらイキてしまう。

だから、幽霊掲示板が、
万に一つのワンクリック詐欺狙ったHコメ満載して、
Webの海を漂っていたのだ。

カラクリ、いろいろあるねぇ。
いまシニア世代、シルバー世代がインターネットして、
で、亡くなってしまうと、こういう幽霊が残る。

ぜんぶ削除する余裕があればいいが、
たとえばブログがそのままwebの海を漂うなんて現象が、
増えているらしいのだな。

ま、なんやかやと広げているオイらも他人事ではない。
ノート一冊に、いろん登録のID、パスワード記しているが、
有料でこれらを管理するソフトがあるから、導入する予定。

全世界的に高齢者のネット利用は増えているそうな。
それに加えて、誰しも加齢があるから、
これからはweb断捨離も考えておかねばならないってわけだ。

さァて、今日も再構築がんばるぞ。
ほなあした...................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

後押しされていかまいにィ... - 2018.10.29 Mon

イイ天気。青のグラデーションがキレイだ。
20.8℃。もう11月だものね。小寒い。
今日は8時間眠った。眠り過ぎた。ぼけぇぇぇ........

パソコン前で眠ってしまい、着替えて寝ようと、
裸になったら定位置にパジャマがない。
眠ってるおペケに聞いても、寝ぼけてるだけ。

裸でうろうろして、
やっと見つけて、布団に潜り込んだ。
おペケが干したらしい。

「お、ざぶゥ」
「裸になるまえに探したらどう?」

ま、そうなんだけれど、
先に脱いじゃう人だから、しかたない。
って、ひと騒ぎして目が醒めた。

 181029-a1.jpg

久しぶりにプレートがでてきて、いろんなもの乗ってる。
ま、こういうのも好きだな。
シラスとわさび漬けがでていたから、これはもう猫まんま。

ご飯のまんなか穴あけて、
シラスを乗せて、わさび漬け乗せて、醤油をたらっと、
2、3滴垂らして、オレの好きな猫まんま。

 ←click

わさび漬けは食べるが奈良漬けは食べない。
いつだったか「そりゃおかしいですよ」と婿殿がからんだ。
大きなお世話だ。キライに理由なんかあるもんか。

日本においては、ってのも大袈裟だが、
漬け物キライはマイノリティだからねぇ。
その扱いは、さんざんお世話になった弁当に現れる。

あの..........
白いご飯に、無造作に散らばった芝漬けと、
そのピンク色に、染まった飯粒。

ま、なんともおぞましい。
それでも平気という弁当屋の気配りのなさが、
マイノリティのオレには許せない。

嫌煙権はちかごろ確立されたが、
漬け物キライの権利は絶対にないからね。
「あんた、日本人?」なんていわれると一瞬だが殺意がわく。

 181029-a3.jpg

人は忘れる動物であるという。
なにを忘れ、なにを記憶しておくのか。人みな違う。
これがややこしい。

人と人の交差は妥協であるという所以でもある。
妥協するならば妥協してしまえばいい。
ヘンに自我をいれるとややこしくなるわけで.........

 自分が他人にしてほしいと思うことを、
 他人にも同じようにしてやるべきではない。
 その人の好みが自分と一致するとは限らないからだ。
             
といったのは、バーナード・ショー。
へそ曲がりのオレには、これがよ〜〜〜くわかる。
他人の思いの押しつけは、ほんとに、ありがた迷惑だからねぇ。

ま、他人に干渉されるのがいやならば、
1人っきりになるしかない。
だからといって、孤りになりきれずに抱え込むんだな。

特効薬はあるよ。
常に、ええからべぇ。
人になにをいわれようとも、ちゃらんぽらん。

それで、あいつになにかいってもダメだ。
そういう評判もらうようになったら、シメたもの。
やっと孤高の人になれる。

 181028-f2.jpg

ネットってのは「ほっとけ」の世界なんだナ。
あいつバカだねぇ...... て,陰で嗤っても、
関わりはもたないのが,ま、この世界の泳ぎ方でもある。

なぜ、そうなかったかといえば、
相手が見えないからっていうのは大きいだろう。
ちょっとしたことで、逆切れする。

言葉のニュアンスがちょっと違えば、なんだ,こいつと思ったり、
善意のつもりが、そんなこと知ってらァ...... と反撃くらったり。
コミュニケーションがとれれば、話は案外と簡単に通るもの。

一方通行だから、行き違いがあるのはあたりまえ。
それを他人のいうこと聞きたくない。
自分のいうこと通そうとする。

そういう我の押しばかりで、
コミュニケーションとれるわけがない。
それでいて、「自然体がいい」なんていうよ。

で、その自然体ってなんだと思う?
つまりは,自分に都合のいい流れっていうこと。
ここにも自己中心の考えがある。

 181028-f1.jpg

シアワセって人それぞれのもの。
他人が型にはめたり,そのかたちを押しつけたりするものでは、
けっしてないのだけれどねぇ。

世間には,自分色の眼鏡の価値観をあてはめたがる人がいる。
それで、これまでの来し方が云々........ ってさ。
大きなお世話だィ。って、オイら尻まくってたなァ。

ま、最近は、呆れ果ててか、そういう鍵コメも減った。
オイらがフツーになっちまったか?
こんな爺ィほっとけ............. と思われてるのか。

 どう足掻いたって
 なるようにしかならない
 開きなおったのだよ
 そうしたら
 いっぺんにラクになったよ

 悲しみの坩堝のなかに
 いるときは
 自分自身がわからない
 だから周囲が
 見えるわけもない

 シアワセは
 押しつけられるものじゃなくって
 自然に
 自分の心のなかから
 生まれでてくるものなのだよ

人世いろいろ,シアワセもいろいろ。
他人は他人,自分は自分。
ちっちゃなシアワセ集めたら,大きなシアワセになる。

 幸福は身体にとってはためになる。
 しかし精神の力を発達させるものは悲しみだ。

この言葉の通りだな。
悲しみの坩堝をくぐったからわかることがある。
のほほんしてたら、解りはしない。

でも、そのままのほほんで終われたら、
それはそれでシアワセなお人。
人世いろいろ、男もいろいろ、女だっていろいろ。

咲き乱れるほど余力はないが、定められた途。
えっちらおっちら。
おペケに後押しされていかまいにィ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

これで笑えったって笑えやしないよ - 2018.10.28 Sun

よく眠ったァ。目が腐る ほどに眠るゥ。
「もう寝る」といったのが10時だった。
もう泥のように眠って7時に目覚めた。9時間か。

昨日もホームページ再構築だが、サーバーへ送る時間がある。
その間、書斎から居間に端まで速歩で歩いた。
14畳の居間はけっこう歩ける。有酸素運動になってる。

これを一日中やっていたわけで、心地いい疲れは残った。
今日もやる。足裏が痛いがやる。
ま、そのうち効果がでるだろ。でなくてもいいや。

 「昨日創ったページ」←click

だいぶ進んだね。直近のアルバムはデータが残ってる。
なので、出来るのも早い。今日はこのコンテンツを終える。
まだまだ先は遠いけれど頑張るゥ。

 181028-a4.jpg
 ↑ 今朝の残り月

牛か、豚か、というとオレは豚。
おペケは牛だから、そこんとこタイヘン。
昨日は牛丼だった。

吉牛だとか、すき家だとか、これは馴染みがある。
単身も含めて、おひとりさまが長かったからね。
こういう飯で食いつないでいた。

 ←click

夜中まで仕事してると、こういうところしか食えない。
あとは、夜中までネオンついている名古屋歓楽街の、
女性がいるお風呂屋さんが並んだなかの王将だとかねぇ。

単身赴任族と学生さんが真夜中の飯を食ってる。
悲壮感はない。そういう毎日が愉しかった。
もう30年まえのはなしだが、嗜好は多少なりとも残る。

もうでてゆく気力もないときはコンビニ。
インスタントラーメンとおにぎり1コ。温泉玉子が1コ。
麺を半分食べて、スープにおにぎり入れてほぐす。

それで温泉玉子も入れて、ラーメン飯。
あのころは帰る家はあった課エア、まだいい。
このまえのは「帰るところのない」おひとりさまだったな。

 181028-a2.jpg

その人なりの体内時計っていうものがある。
だから一概にいえないが、だいたい眠ってすぐに、
ノンレム睡眠がきて、これで脳が休まるんだそうな。

あとのレム睡眠は身体は寝ているが、脳は起きている。
ゆえにあまりにも睡眠が長いと、脳が疲れて長生きできない。
って、はなしをどこかで読んだ。

睡眠と覚醒の深さは相互関係にあり、 
脳が休まっていれば、朝の目覚めもすっきりとしている。
っていうけどねぇ。これだとオレは長生きできない。

オレが9時間も眠ってるのは、惰眠なのか。
朝のぼけぇぇ..................... は、脳が疲れてからなのか?
で、あるからして、必要以上に、眠る人は長生きできない。

そうなのか?
納得がいかない、オレだった。
ふんッ。寝坊助でなにがわるい??

 181028-a3.jpg

体内時計というのは、人それぞれにある。
ここんとこのオレは早寝だけれど、起きてきて、
冷たい珈琲のんでリセットして、1日がスタート。

集中してノンレムがとれる人は、
睡眠5時間だっていいらしいから、睡眠の質ってこと。
オレみたいに、だらだら眠ってるのは惰眠。

でも、眠れるんだからしかたがない。
要はストレス残さなきゃいいわけだろ?
オレなりの体内時計で、好きなことしてりゃいいんだろ。

眠れないなんてことがない。
眠剤なんてもののお世話になったことがない。
これだけはシアワセなんだろうな。

オレ、おひとりさまのときはこういってた。
なにもするこたァない爺ィは眠り惚けるに限るって.........
でへへぇ。←自分でいっといて大笑い。

 181027-m1.jpg

明日イっちゃっても未練はないけれどねぇ。
って、おひとりさまのときは、いつも嘯いていた。
いま? おペケがいうんだ。

「もうすこしいっしょにいましょうよ」
だからできるだけ、そうしたいと思っている。
爺ィちゃんや父親の年齢まで生きるとなると、まだまだある。

まだすぐっていうわけにゃいかないねぇ。
もうすこし遊ばないとね。
まァねぇ、こればっかりは誰もわからない。

オレ、ええからべぇだからね。
これを毎日を繰り返していったら、オレの身体のなかの、
DNA指令を全うできるかもしれないと思ってる。

 181027-m2.jpg

年齢いくと、たしかに涙もろくなる。
男は黙って歯を食い縛れって、オレを育てたバァちゃんは、
喧嘩して泣いて帰ってくることを許さなかった。

なので、負けて泣いても2軒くらい隣で涙を涸らして家に帰った。
そのうち喧嘩が強くなって、同級生には敵なし。
無謀にも4つ年上に挑んで勝ちそうになったら、下駄で頭を殴られた。

このときばかりは、八幡様の境内で、
気絶しかけたけれど泣きはしなかった。
オレ、生涯にノックアウトされたのが2回ある。

この八幡様境内と、ボクシング練習生のときのスパのアッパーカット。
脳震盪を起こしているから痛くはない。
ぼわ〜〜〜ん、と気持ちイイ。

で、中学生からはガチ硬派で軟派野郎を毛嫌いしてた。
男は泣くな。歯を食いしばれ。
以来、亡き人との別れまで、大人の涙は2回くらいしか記憶がない。

ま、普通はそうだよね。
あの人が涙腺のセンボをもっていってしまったのだな。
それとも、単に涙もろくなるっていう爺ィ現象なのか?

そこんところがよくわからんのだけれど、
あの頃は、ほんとよく泣いたヮ。
カフカフ仲間は、それをガス抜きだといった。

泣くという行為は、感情のガス抜きみたいなのもので、
反比例してキレることはすくなくなる。
泣いてるほうがいい。キレるのは他人に迷惑かける。

いまどきの年寄りはキレやすいっていう。
新老人だの、暴走老人だの、ロクないい方されてはいない。
たしかに、老人のクレーマーが多いらしい。

ま、いっちゃなんだけれど、
世間は敬老の精神を失ったがごときだし、お国は年金削るし、
消費税あげるっていうし、そりゃまァ、キレたくもなるゥ。

これで笑えったって笑えやしないよ。
ったくゥ。
せいぜい涙落としてガス抜きするこった。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

並んで日向ぼっこしてればいい - 2018.10.27 Sat

曇りだ。道路と窓ガラスに雨の跡がある。23.7℃。  
もわァとして気持ちわるい。
書斎の窓から見える北の空は、まっくろけ。

週末は雨のようだ。
ま、籠もりっきりだからどーてことはない。
ちょっと気分が憂鬱なだけだ。

昨日あたりでアルバム16ページを再構築して転送。
ちょっと飽きてきたが、しょーがない。
できたときの感激があるから頑張る。

 「昨日できたページ」←click

自分の撮ったもの振り返って編集するから、
なんか勉強しているのだ。
あれ、いいもの撮ってると思うか、消したいと思うか。

オレの10年余の総決算みたいなもの。
半分は愉しい。半分は残りの途を思ってうんざり。
ソフトのバグが恨めしいねぇ。

考えてみれば、Yahooジオ月額510円と、
Googleフォトの月額250円の課金が解約できるわけで、
多少の節約はできるんだな。

ここのサーバーは年間1500円だからねぇ。
苦労した甲斐はあるんだ。
今日も頑張るぜぇ。

 181027-a4.jpg 181027-a2.jpg

ベランダへでて干してあるビニ袋の下を潜ったら、
ぷ〜〜〜んと漬け物の匂いがした。
オレ、いいよ。食べても.............. といったらしい。

おペケもガマンしていたらしく、
待ってましたとばかりに、浅漬けがでてくる。
漬け物キライのオレとしたら革命が起きたようなもの。

まァ、これくらいはねぇ。
オレがちょっとガマンして通れるならいいじゃないか。
それでささやかなシアワセになるならね。

 ←click

おペケは肉といえば牛だったらしい。
こっちへきて豚の美味しさに目覚めたようで、
昨日のトンテキも美味いといって食べた。

ま、産地との関わりだろう。
遠州は養豚は盛んだったが、ブランド牛はなかったからね。
これは餃子の発展にもつながっている。

 182027-a3.jpg

ネットが、ネットがというけれど、
SNSやニュースコメで展開される意見は、けっして世論ではない。
そこに埋没する連中がそう思っているだけだ。

ごく一部の主張もまた偏っものであるのはたしかだし、
PVが稼げればいいネットメディアと、なんかしらん昼間から、
書き込んでいるネット民といわれる人たちだけの世界。

これは世論のたった2%に満たないという説もある。
偏った意見とそれを利用するメディアだけが創る異空間なのだ。
これがあたっていると思う。

 インターネットは世論を反映しているというのは嘘。
 突出した少数者による異空間とみなすべき。

この古谷経衡氏のいわれることに納得する。
誰もが意見をいえる時代だが、
一方ではそれが世間っていうものを狭くしている。

 181027-a2_2018102710125362e.jpg

いまのご時世はクレームばっかり。
テレビCMのタレント起用が気にくわんから、商品買わないだとか、
わざわざネットに投稿して煽って、いったいなんなのだと思う。

自分がこうだから他人もこうだとはいえない。
人によって、そうだもあるし、ああだもある。
これのわきまえが、日本人の美徳だといわれた。

ましてや、顔が見えないインターネットでは、
このわきまえが肝心だと承知している。
自分の思いの押しつけほど、大きなお世話なものはない。

それをネットメディアが、いかにも世論であるかのように、
取り上げて大騒ぎするのだ。
「マッチポンプもいいところ」だとは思わんのかねぇ。

 181026-f2.jpg

オレはかなり気負っていたと思う。
あのころ大騒動になっていた偽装の杭とおなじでね、
揺るぎのない地盤までは届いていなかった。

気負いはすなわち不安だったのだ。
ぶっちゃけたはなしが、オレは大丈夫なのか。
1人ならどうにでもなるけれど、2人でおまえ??

オレだって男だもの、さァ、頑張らねばって思うわさ。
が、気負ってはみたものの................ だからね。
いま、気負いは、溶けて流れてのーへ。

どこかで気付いたんだ。
そうシャカリキにならんでも、いいのじゃないか。
おまえは、元の木阿弥にもどればいい。

だからというか、元の木阿弥ほとんど頑張らなくなった。
その分以前よりよほど妥協するようになったし、
より優しくはなってると思うけれど、どうなのかぇ??

 181026-f3.jpg

これは、オレだけじゃない。
女ひとり頑張ってきたおペケだっておんなじ。
いつか姪御さんと飲んでていうんだな。

「この叔母が..........」
姪の言葉にあらわれていると思う。
あの叔母の気負いが、すっかり抜けてしまっている。

おペケにも、そりゃァ、気負いがあっただろう。
それでなくては、独り身でここまで仕事一筋頑張っては、
これないはずだものね。うん。

 私は、マリリン・モンローを
 演じ続けるのがもう嫌だったの。
 私がアーサーに惹かれた理由のひとつは、
 彼が、ほかの誰でもない、私を欲しいと言ったからよ。

 心底から私自身を欲しいと言ったからなの。
 彼と結婚すれば、
 マリリン・モンローから遠ざかることができると思ったのに、
 違ったのよ。 

アーサーミラーとの結婚に破れたときのマリリンの言葉。
女優マリリン・モンローではなくて、
1人の女性ノーマ・ジーン・モーテンソンのほんとの心。

マリリンがジョー・デマジオからも、
アーサー・ミラーからも、得られなかったものは、
どこにもある安らぎだったのだ。

ま、われわれの、安らぎってのは、
並んで日向ぼっこしてればいい。
それに気付いただけだ、オレとおペケはね。

「温いね」
「うん」
この会話があればいい。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

愛の形態は人の数だけある - 2018.10.26 Fri

中途半端に雲が 多い空。午後からは晴れるようだ。
歯磨きに洗面所へゆき、小窓から観る空に残り月。
電線ジャングルへ、いま沈むところ。

昨夜は煌々と輝いていた満月。朝の月は寂しそうだ。
なんか朝まで飲んで白々したなかを、
酔いも醒めて帰るときの後ろめたさみたい。

ま、久しくそんなこともないけれどねぇ。
昨夜のお月さんは赤かった。
空気の澄み具合などで、そう見えるのだろうか。

 181026-m1.jpg 181026-m2.jpg

遅々として進まないが、コツコツやるしかない。
もう手仕事の繰り返しで、腱鞘炎だし、目がショボショボ。
おペケが「休みなよ」っていうから、書斎からでてゆく。

 https://gombessa-gg.sakura.ne.jp/ ←click

SAKURAサーバーで、GombessaというIDがとれなかった。
しかたないのでGG、ジジィとくっつけた。
わりと、ここのサーバーは高速で気に入っている。

いまどきだから、サクサクいかなきゃ値打ちがない。
それにひきかえ、最初のところはまったくダメ。
サポートからメールの返信きたが、調査中ではらちがあかない。

30ドルを捨てることになったが、こっちは放置だな。
それもしかたがない。
ま、いろいろあらーなってことで。

 181026-a1.jpg

「え、これが肉じゃがか?」
基本的には豚肉とジャガイモがメインだからそうには違いない。
蒟蒻から油揚げから、賑やかなこと。

 ←click

おもしろいね。この人、あるものみな入れちまう。
でも、ごった煮が美味い。
ま、結果オーライってことでぇ。

食後にWOWOWで映画観ていた。
2004年の「Big fish」という作品がおもしろかった。
大ボラ拭きの父親の空想と真実が交錯するなファンタジー。

最後は、川へ放ってもらい、永遠の巨魚になる。
ってところが、オイらの心情と一致する。
こういう映画は好きだなァ。

 181026-a2.jpg

砂防ダムの脱出不可能なスペースにイノシシが落ちた。
その救出がお役仕事でじれったい。
餌をやってしまっているのだから、網で捕獲すればいい。

なんか外野がうるせーんだな。いまどき。
都心で捕らえたアライグマの処置で、署名運動だっていう。
可哀想だから、処分しないで山へ放してほしいってね。

アライグマっていうのは外来生物で害獣。
本来、山にいるべきではない動物。
これが繁殖して、他の在来種を圧迫するかもしれない。

いるべきでないものは、そこにいてはいけない。
「かわいそう......」って言葉の裏に隠れたエゴでしかない。
街の中から山へ追い払えばいいのか。

山の生態系はどうでもいいのか?
そんな署名活動に違和感もつのはオレだけぇ??
ヘンな世の中だねぇ。

 17330-a1_20181026092731ac0.jpg

昨日のおペケとの会話の中で、
「そう、私は年齢のこと、考えなかったわ」
と、重大な発言をしたのだな。

3年が経って、お互いの年齢を自覚して、
それで愕然としたって、わけでもない。
彼女のなかでは一途の思いをとげたってことだった。

たしかに2人とも、孤独死をしかねない環境にあった。
けれど、それも成り行き。
孤独死ってそんなに惨めなのか? と思う。

オレがあのままひとりでいて、
よしんば孤独死したとても、それはそれでよし。
それが不幸か、否かはオレの魂が決めること。

肉体離脱しながら、そこに横たわる自分に向かって、
あばよって、いうだけだ。
ま、そこで木乃伊になっては迷惑かける。

だから、その方策はしてあった。
婿殿に世話かけてしまうのは申し訳ないが、
自分自身には悲壮感はなかった。

おなじ思いを持つ人がいたから、今日がある。
つまりは、老後自衛をしただけなのだ。
オレたちはオレたちの選択をした。

社会通念は変わってゆく。
それに合わせるのも人世の方便ではないのかぇ。
と、まァ、オレたちは考える。
 
 181026-a3.jpg

この前も書いたが、ここに寡婦寡夫仲間が集った。
そうだね、最初は寡夫もいたのだ。
いつの間にか男性はいなくなってしまった。

なぜだろうか。
健さんみたいに黙して語らずなのだろうか。
男は黙っているものなのか。オレは喋りすぎるのか。

そういえば、健さんは江利チエミさんの墓参りを、
ずっと欠かさなかったらしい。
唯一、オレが健さんとおんなじなのはこれだけだな。

図らずも、一緒にいるべき人を失ってしまった。
で、その当初は嘆き悲しむ。
悲しみに押し潰されそうになる。ほんと。

が、ある時期が過ぎると、
これがすこしずつ、すこしずつ昇華してゆく。
男性は、そのプロセスが女性に比べて遅いらしい。

亡き人のことを、さんざんここに書いてきた。
「愛してらっしゃったのですね」
といっていただくことがあったのだが、こそばゆい。

愛にはいろいろあって、
そのときどきのパートナーの状態によって、
いつもおなじではない。

愛とは、どれだけ学んでも、
繰り返し、繰り返し、生涯かけて学んでも、
それはその人一代のものにしかならない。

だから人ってのは、紫式部のむかしから、
連綿と同じ思いを繰り返している。
愛の形態は人の数だけある。だから一概ではない。

愛が触れあうときなんて、めったにやってはこない。
普段の愛は努力のたまものの上にそっと乗っかっている。
こんなこというと、叱られそうだがねぇ。

愛は砂上の楼閣であると、どなたかがいった。
ひと波くれば儚く消え去ってしまうもの。
だから、繋ぎ止めるために努力をしなければいけない。

まァ、心地よければいいってことは知ってる。
ぐだぐだとわかったようなこというが、
いまだに、なにもわかっちゃいないのが、オレのホンネ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

なーになんとかならァって思えるのは? - 2018.10.25 Thu

二度寝したら、けっこう眠って しまった。9時だァ。
23.5℃。寒くはない。雲の多い空だ。
タイヘンだねぇ。着てるもの変えなきゃいけない。

とりあえず朝キャベツ食べてきた。
刻みキャベツ皿いっぱいと目玉焼き2コ。朝はこれだけ。
別に腹もすかない。

穏やかな日和だな。
まだ今年は空っ風が吹き出していない。
あれが始まったらいっぺんに遠州の冬となる。

twitter で観ると一気に冬の富士山になったね。
上が真っ白になった。今年は暖冬だとか。
夏が酷暑だったから、ま、あまり寒いのもイヤ。

 18924-a1_20181025092350c77.jpg

今夜は満月だよ。オオカミ男がでるゥ。
ジョニー・デップの吸血鬼もの、WOWOWで観ていた。
オレ、案外とああいう映画好きなのだ。

その、知り尽くされた話しをどう味付けして、新鮮味出すか。
そういう見方すると、監督のひねりだとかがおもしろい。
昨夜のはそれほどでもなかったか。

そういえば、途中で眠りせず観ていたな、珍しく。
最近のテレビは、山の上の一軒家だとか、池のかい掘りだとか。
youはなにしに日本へとか。

あまりほかに興味がない。
タレントが雛壇にならぶ番組も、もはや興味外だし、
ニュースはヘッドだけ観とけばいい。

なんか違うのだ。
人質になっていたジャーナリストが帰ってくる。
ま、人命が失われなかった。それは幸いなことだ。

が、この方は出国するなという当局に背いてでていった。
しかも、こういう状態になったのは、今度だけではない。
ジャーナリストの使命だというが、これを英雄視できるのか。

野党系議員のだす談話が解せない。世間との乖離がある。
これからメデイアがどう扱うのだろうか。
そこだけ興味がある。

 181025-a4.jpg

歯だけは自慢だったが、ま、いまはガタガタ。
一応は、ブリッジで全部の歯が揃っているようにみえるが、
ブリッジかけた側が傷んだら、もう、どうしようもない。

いいたかァないが、カタいものは辛くなった。
4日間ネかせたローストビーフが焼豚並みに柔らかくなって、
「いいじゃん、これぇ」ってことになった。

 ←click

そりゃま、見た目や風味はできたてのほうがいいに決まってる。
でもさ、オイらのガタガタの歯にはこっちが優しい。
料理人おペケには異論があろうと思うがねぇ。

 181025-a4_201810251002154df.jpg

Appleを騙る詐欺がメールがきた。
IDを書き換えさせて、それを盗み、勝手に引き出そうという。
これは一発で見破る仕掛がしてある。

詳しくは書けないが、
通知専用のメールが、ほかにつくってあるからね。
まァ、世に詐欺のタネは尽きまじ。

油断も隙もあったもんじゃない。
ま、ネットがある限り、こういうものはなくならない。
くわばら、くわばら。

 181024-m1.jpg

いつだったか、あんたは天然だっていわれた。
たしかに、天然パーマで若いときから苦労してるけれどね。
え、そうじゃないって??

天真爛漫ちゃらんぽらんは、おまじないのつもり。
ま、天然くるくるぱーなところもあるって自覚はある。
よくいえば、とっちゃんぼうやならぬ、じィちゃんぼうやだな。

「あなたは、子供?」とおペケにいわれるし、
釣り仲間にも「フツー、大人はそういうことはしない」って、
いわれたもんだけれどねぇ。

イイんだ。
あいつ、陰険だなっていわれるよりはね。
バカって思われてるほうがね。

オレがこの歳までノーテンキでいられるのは、
オレを育てたバァちゃんのおかげだとつくづく思う。
三文安で、けっこう、けっこう、こけこっこう。

そうさせてくれた亡き人もそうだし、
それを受け継いでくれるおペケもそうだし、
感謝でしなかないね、ほんと。ありがとさん。

ま、大袈裟にいえば生き様ってのは、思うようにならないもの。
「なんで、こうなんだ」と思うことは生涯に何度かある。
オレは思春期の多感なときに、最初のこいつを食らったのだ。

親友の死があったりして、ぼろぼろになったはずが、
案外と逞しく、これを超えてきた。
あのとき、それほど構えるでもなく通り抜けたのだ。

「なーになんとかなる」
深く考えないバァちゃんっこのええからべぇが、
そんなところでオレを深刻にさせなかったらしい。

それは、どん底から起ち上がってゆく、
逞しい父親の背中からも学んだ。
なによりも生来の性格もあったことはいうまでもない。

思うようにちかずけようとする努力があるのとないでは、
えらいちがうもんだ........... って、そのころ思った。
なーに頑張ればなんとななる。

オレ、たまに運命論者的なことをいう。
世の中の出来事ってのは、
あらかじめそうなるように定められている。

人間の力じゃどーにもならない。
これが運営論者だね。
そういう星の下に生まれたんだっていうのだ。

「なーになんとかなる」
おのれが、そういう人世経てくると、そう考える。
これはあたりまえかもしれない。

その人世の岐路に立ったとき、
それなりの努力をしたかでもあるはず。
自分の思いを果たそうとする努力は、しなくちゃいけない。

だから運がいいっていう人は、
自らそっちへ向かってるんだって思う。
人っていうのは、みんな悲観主義をもっている。

が、悲観主義者でいるよりは、
楽観主義者のほうがいいに決まってる。
「なーになんとかならァ」って思えるのはラクチンだもの。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

センセはえらくて当然なんだな - 2018.10.24 Wed

雲と青空が半分半分。午後からは晴れだそうな。22℃。
昨夜も11時前に寝てしまったので、6時起床。
早起きは、朝焼けが観られる。鳥たちが活発に動いてる。

カメラもってうろうろしてると、1時間はあっという間。
ぼけぇぇ................ もいいけど、早起きもいいねぇ。
腱鞘炎の腕にカメラが重い。

画像選択して、繰り返しポッチンをする。
アルバム作りはこんな単純作業だから、マウスを動かしてばかり。
やられるかなと思ったら、案の定、手首が痛くなった。

仕事してるときに鍛えた手首もリタイアから10年。
いつの間にか鈍っていたんだな。
でも、使わなきゃなにも進まない。頑張るゥ。

 【New !! Gombessa Photo's】←click

古いページはデーターが残っていない。
どこで拾ってくるかだ。
幸いグーグルフォトに累積データーがある。

それをダウンロードして、画像を貼り、
さらにスライドショーメーカーで動き物をつくり、
それをページに貼るってめんどくさいことしているのだ。

好きでなきゃできない。
自分の遊んできた軌跡にこだわりなきゃできない。
ま、バカみたいなもんだ。

 181024-a2.jpg

なんかいい匂いがずっとしていた。
オレも忙しくて覗きにいかなかった。
そうしたらおペケのほうからきた。

「スルメイカが新鮮だからワタを使いたい」
食べるか? というから、やってくださいという。
さすがに、日本海育ちはイカ文化にこだわる。

 ←click

赤味噌と混ぜたから、ワタが赤味噌に負けた。
率直に感想をいう。次には改良版がでてくるからね。
でも、美味かった。

漬けという言葉を使うが、松前漬けが好きのだ。
それも、売っているようなのじゃなくて、
うちでつくった生漬けみたいな、スルメのカタいのがいい。

「今年はつくってよ」と頼んだ。
「母が上手につくったなァ」とおペケも心許ない。
「オレも手伝うヮ」って、果たしてできるかいなァ?

 181024-a6.jpg

うちの向こうの電車跡遊歩道はけっこう人が通る。
オレがデスクに座って、左斜め15度にこれが見えるが、
「横断者注意」の道路文字があっても、まァ、車が突っ走る。

事故はめったにないが、ハラハラすることは日常茶飯事。
それを白線だとか、道路文字だとか、昨日塗り直した。
するとね。あきらかに徐行する車が多いんだ。

これだけのことで、これだけ運転者の意識が変わる。
それを感じたのだよ。
違反者を摘発するより、事故への啓蒙が大事だってこと。

 181024-a3.jpg

この前買ったNikon coolpix P-900を、
ほぼマスターしたかな。ヘタに弄るよりも、
最近のカメラは設定にしたがったほうがいい。

たとえば、料理ならば「料理」だし、
月ならば「月」にシーン選定すれば、かなり難しいことも、
カメラがしてくれるのだから、考えることはない。

オレも何十年も写真撮ってるねぇ。
娘が生まれたとき、初めての一眼レフを買った。
だから、かれこれ半世紀か。

ほどほどは撮るが、それ以上にはならん。
ま、いくら撮ってもこんなもんだから、
こんなもんでいいんだな。

わけわからんって? 本人もわけわからん。
もう、半世紀もまえのことだけれど、
1年ほど短期の写真講習ををうけた憶えがある。

大好きな映画の世界が斜陽になったので、
できれば写真で身をたてようかと思ったのかもしれない。
細かいことは忘れてしもた。

その学んだのが多少は身になってるらしい。
ま、別にプロになる気持ちはなかった。
同級生たちは、けっこう野望をもっていたようだ。

その学校からまわってくるバイトで、
スチール写真を撮るプロダクションのアシスタントの、
そのまた下働きをしていたこともある。

なにを教わったかは、まるっきり憶えていない。
プライベートでは、
増感したコントラストの強いモノクロ写真ばかり撮ってた。

 181024-a4.jpg

その写真講座を受けたころってのは、
食うや食わずのボンビー野郎だったから、 
バイト優先で、そこでなにを教わったかは憶えていない。

アシスタントの仕事でレフ板抱えて、
「そっちじゃないよー」と怒られながらやってた憶えはある。
やってみて身体で覚えろって世界だった。

いまでいえば、ブラックもいいとこだけれど、
それになんの不満もない。
日給もらって、そういう世界に足先入れて、それで満足。

このときの勉強仲間からプロと呼ばれる人が2人。
のちに、某所で出会って酒を飲むのだが、
そのうちの一人はセンセと呼ばれるポジションにいた。

彼だって努力したんだと思う。
なんかしらん。えらそうだったが、それはそれ。
アシスタント引き連れたセンセだからねぇ。

世間が才能認めて、その仕事に対価を払う。
需要がなかったらただのカメラマン。
プロのセンセはえらくて当然なんだな。オイらとは違う。

ま、オレだって某誌の編集者になってたから、
どーてことはない。
ただ、写真でおまんま食うってのは挫折したのだ。

が、目指した途も半ばどころか、初口で挫折した。
洗面器一杯喀血してTB病棟ゆくわけで、
考えてみれば、オレの青春は挫折ばかりだった。

編集者になってからも写真を撮るが、
これはプロに頼むほどでもないときの、まかない仕事。
たとえば、クライアントの発表会だとかねぇ。

いまだからいえるが、写真1枚あればいいから、
他社の顔なじみとくっちゃべってる。
どこそこの社が危ないってよ、ってなはなし。

必要な写真は撮っていたけれど、
これがリタイアしていわゆるアマチュア写真ってのに、
クビ突っ込んだらおったまげた。怖かったな。

なんかややこし、って世界だったからね。
オイら、イイ加減だから尻に帆かけて逃げだした。
いまさらコンテストへ出して名を売るってわけじゃなし。

ウエブにアルバムつくって自己満でけっこう。
それの慣れの果てが、いま転送している8GBのホームページ。
まァ、キャリアだけは長いことは長い。

けれど、こんなもんだから上達はしない。
それでいいんだ。
所詮は爺ィの道楽だからねぇ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

最後は自分のことだもの - 2018.10.23 Tue

9時間眠って、ぼけぇぇ............ と起きてきた。
窓から外を見る。昨日と一転して が多い。
小寒いねぇ。気温21℃。

なので午後の珈琲は和室の炬燵になった。
スイッチ入れても、それほどアツイとは感じなかった。
そうだな。10月も終わりに近づいたものね。

 181022-a8.jpg

転送が始まって、オレは終日パソコン前。
エコノミー症候群になるからとおペケが居間へ呼ぶ。
ときどきはでていって、居間と書斎を繰り返し歩く。

右手首は腱鞘炎気味だし、目はショボショボ。
さすがに、なんとかには勝てぬ。
でもやらなきゃ終わらない。

もう単純作業だからね。
おなじ手順でページを創り、それをサーバーへ送るだけ。
ま、やってみると10年間の蓄積を感じる。

よくもまァ、おまえ、やったもんだ。
それを放棄もせず、また構築する気になったもんだ。
凄いね。おまえ。

って、自分で褒めとかなきゃ、モチベーション保てない。
20ページ分を構築、転送すると1日かかる。
だったら1ヶ月もやれば終わるじゃない。

頑張れぇ。
頑張れ〜〜〜〜〜。
オレぇ。

 181022-s1.jpg

大根と厚揚げの煮物が美味しかった。
「前回も評判よかったから........」
おペケが、満を持しての献立だった。

この、大根を噛んででてくる、にがあまの味。
子供の頃は、これが耐えられないくらいイヤだった。
よくしたもので、その嫌いな味が美味くなる。

大人ならではの味ってあるんだな。
大根食べながら、そんなはなしをした。
最近、おペケの味が進歩したよ。

 ←click

ごんべ家の味がわかってくれて、それに近くなった。
だから、なにを食べても美味い。
「石の上にも3年ですよ」って、ありがとさん。

 181022-s2.jpg

いま日常使ってるNikonのカメラも、Maid in Vietnam。
韓国、中国といって、いまは東南アジア。
ま、企業のメリットは安いほうに流れるのがセオリー。

だから移民が入ってくる。
オレたちが圧迫されてまでそうするのか?
こう思ったのがイギリスのEU離脱の一因だったのだな。

グルーバル化云々も、ここにきて鳴りを潜めた。
お隣の韓国だってサムソン、ヒュンダイが不振だといい、
若者が職を求めて日本へやってくる。

反日、反日とさんざんやっといてか?
左派大統領があれだから、若者が閉塞感いっぱい。
どうでもいいけど、こっち向かないでくれ。

グローバリズムへの逆行だという。
オレたちにメリットはないじゃないか、といいはじめた。
世界のあちこちでね。

しっかり足下見詰めなくちゃイケない。
自分で背負って自分の足で立つ。
頑張っておくれよ。若者たち。って、大丈夫かな。

 181023^a2

メタボ、メタボ っていうけれど、
オイらの体脂肪率は27%だからね、たいしたこたァない。
21〜28%は軽肥満なんだからね。

メタボだなんだかんだとと、いいながらも日々生きてくわけで、
爺ィ1人、大上段に振りかぶるほど、大袈裟なもんじゃない。
オレ、おっちんでもたいしたこたァない。

あの長ったらしいBlog、更新なくなっちゃたったね。
そうはいってはいただけるかもしれないが、
やがては忘却の彼方へ消える。

そんな爺ィもいたっけなァ、てね。
どじょうっこだァの、ふなっこだァの、とおんなじ。
それでいいんだ。そんなもんだぜぇ。

 181022-s5.jpg

ごんべよ、逞しく生きろ、この先ながいぞ。
それゆけ、やれゆけ、どっこいしょ。
と、大勢の女性たちが、情けないオレの背中を押してくれた。

それは、泣き虫オイらのせいかもしれない。
おペケにいわせると、弱った男は母性を刺激するのだそうな。
ちょっとまえ、ここに集ったカフカフ仲間がいた。

オイらをダシにして、みんながいいたいこといった。
だからさ、オレも泣き虫を撤回できなくなっちゃった。
最初は「ごんべのレシピを増やす会」だった。

そのうち「ごんべを腹上死させる会」に発展していった。
あんた、そこいらで萎びてちゃダメだゾ、って励ましだったのだ。
もう1回男になれやってね。

ただ、カフカフ仲間たちとは、
たしかに感情の一致はあっても、一線を越えないんだ。
あ、あくまでも気持ち的にだからね、念のため。

これがなにかというと、
彼女たちの背負っている別離の悲しみの大きさだね。
別離はもう二度とイヤだ、っていうこれ。

この気持ちがある限り、寡婦寡夫は一線は越えられない。
いろいろな境遇に生きておいでの女性たちと知り合いになった。
いつも励まされて立ち直ってきたのだ。

が、たまには、オレが無意識のうちに励まし、
ということもあったらしい。
それが、7年くらいのあいだに、自然に散らばっていった。

それぞれがそれぞれのシアワセ見つけて、
そっとここから抜けていった。
それでいんだな。

あれはあぶく。あぶくはいつか消える。
脳の襞の奥のほうにそっとおいとけばいい。
ただ、感謝の気持ちはいまも忘れない。

おペケとの出会いも、そのなかの一つだった。
すべては、亡き人が取り持つ縁だと、思っている。
ひょんなところからつながった。

縁って、ほんと、ひょんなところに端がある。
人世っておもしろいねぇ。
心に触れたならば、ちょっとの勇気はだしてみるものだ。

手繰ってみるものだ。
でも、計算はしなくちゃいけない。
暮らし向きの計算と、気持ちの計算、それから妥協点。

いまがわかれば、その先がわかる。
ずうっと、ずっと、いまの日が続くわけはない。
それを考えて些細な計算成り立ったら躊躇しなくていい。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

老いたら饒舌になるなってこと - 2018.10.22 Mon

早起きだよ。6時に起きた。久しぶりの朝焼けだ。
昨夜は10時ちょっと過ぎに寝てしまった。
うん、いろいろあって、脳味噌が疲れたらしい。

結局は、せっかくレンタルしたサーバーの具合が悪く、
データー転送ができず、レンタル元FC2のサポートの反応も、
調査中でお時間をいただきますでは、らちがあかない。

ほかのサーバーのお試し期間でやってみたらスイスイ。
いままでで最高に速い。
ここまで起動するのに、けっこう苦労したけれどね。

なんとか接続に成功して、万歳していたら、
おペケがきて「3000円捨てても、こっちにしたら.....」と、
オレの喜ぶ様子みていってくれたから、SAKURAに乗り換え。

 【Gombessa Photo's】←click

「10年もやってきたあなたの財産だものね」
と、いってくれるのはうれしい。
「後期高齢者がよくやったわ」は余分だけれどな。

ま、後期高齢者といえども、キャリアは20年。
それだけのスキルはあるわィ。
ネット黎明期のなんでも自分でやる、ってルールが役立った。

それで、ま、解決もしたことだし、脳味噌休めて、
今夜ははやく寝るか、だったのだ。
もう、泥ぃのように眠った。それで早起き。

 181022-a2.png
 ↑早起きの朝焼け

なんかすっきりしたね。
まァ。苦労したって、なんのことはないお遊び。
でも、なにかに打ち込むってのは、1日に充実感がある。

おペケが料理に打ち込のといっしょ。
美味かったァ、といえば彼女が喜ぶ。
それで、また次の料理を頑張るって好循環。

 ←click

オレがホームページの再構築に頑張る。
おペケが支援してくれる。
それが共通した喜びにつながれば、いいわけだ。

なにか目的をもつ。脳を刺激する。
これって、オレたちには大切。
生き甲斐っていうには大袈裟だけれどねぇ。

 181022-a3.png

昨日は、ほんとイイ天気だった。
ちょっとはやいが小春日和だったね。
今日もおんなじだが、北向きの書斎へ籠もりっきり。

だから寒い。
ときどき日の当たる居間へ出て行く。
外の陽射しが眩しい。

小春日和は、ほんとは晩秋から初冬にかけての、
ぽかぽか陽気をいうのだから、
小春日和というには、まだちょっとはやい。

旧暦の時代にできた言葉だから、
ま、新暦にはそぐわないこともあるし、
昨今のへんてこ気候では、違和感あるかもしれない。

これを早春に使わないようにね。
ときどきみかける。春という字はあるが誤用。
俳句でも、小春凪なんてのは冬の季語。

日本の言葉ってけっこうややこしいけれど、
それがまた奥床しいのだ。
忘れずに使っていってほしいなァ。

 181022-a4.jpg

世間って案外と冷たいっていう。
そうじゃないんだ。他人のことはわからない。
これなんだと思う。

もう、腹減って死にそう.............. っていっても、、
そいつが空腹でぶっ倒れるまでは他人にわかりはしない。
そういうものだ。

所詮、人はどこまでいっても一人なのだという、これだね。
でも、「お腹減ったの、可哀想だね..........」
といってくれる人がいると、また違ってくるんだな。

つまり、理解者がいれば、空腹の辛さは免れないけれど、
「食い物にありつくまで頑張ろうか...........」.
っていう心もちにはなるものだ。

これが「人」という字なんだ。
お互いが支え合って、しっかりと立っている。
理解者がいれば、人は強くなれる。

 171030-f2_20181022082727322.jpg

 自由と我が儘の違いは
 他人を妨げるかどうかである。  

かの福沢諭吉センセはこういった。
ま、我が儘は人の仕事を妨げる。思考も妨げる。
それで、自分だけ満足しようとする。

わかってるじゃない。
わかってるけれど、やらかすのが我が儘なのだ。
ま、死ぬまで治らぬかもしれない。

1人ならば、自由といって誤魔化すこともできる。
2人ならば、妥協点を見つけなければいけない。
面倒だけれど、この努力を愛という。

 181022-a1.png

人と人との触れ合いは、触れ愛。
人はいろんな思いを、触れ愛で誤魔化して生きている。
あ、愛といってもhuman loveだよ。人間愛。

心の傷っていうもはけっこう深い。
何年経っても、瘡蓋が残っているが、
触れ愛に癒されて、きれいになった部分もある。

人と人が心のアンテナで交わす人間愛というもの。
どこかで、自分の心と触れ合う部分があれば心が和らぐ。
それは心の糧になる。癒やしにもなる。

誰しもたまには隙間風が吹くけれど、
その触れ合っている時間だけでも温まればいいではないか。
いまもそう思ってる。

オレは、おべんちゃらが苦手だ。
言葉をオブラートで包むのがヘタだ。だから黙っている。
これが冷たいと思われることがある。

それは不本意だが、あえて黙っている。いっちゃいけない。
自分だけが、ガマンすればすむこと。
これが、ほんとの自然体だと思っている。

自分自身のハートに心地よい流れ。
そして、お相手のハートにも和かな流れ。
その流れを創るのは難しい。

残念ながら、
これがわかったのは年齢がいってからだったし、
大事なモノを失ってからだった。

 老人は多くの人が仰ぎ見て、
 敬いしたがう所のものであるからして、
 その言語や動作は益々端正にしなければならないし、
 その意気は益々壮大でなければならない。

佐藤一斎がこういったが、
安永年間の儒学者であるからして、
老人ばかりが溢れる現代ではこうはいかない。

ま、端的にいえば、老いたら饒舌になるなってこと。
いまの若者は云々なんていえはしない。
おのれの身に重ねてみればいい。

いえることはひとつ、みんな老いるんだ。
例外はないってこと。
若者だって、老いればわかる。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

なかの様子が外の防犯テレビに映ってた - 2018.10.21 Sun

日本晴れ じゃァ。といっといて、まてよ。
最近、この言葉を聞かなくなったな。
今朝の空はまさに日本晴れ。雲の欠片もない。

ちょっとググってみた。
鎌倉時代には「日本一」というのが最上級の褒め言葉だった。
いまのようにアメダスもなにもないし。

自分の目で見渡す範囲が日本であるから、
今朝のような雲ひとつない空は、なんたって日本晴れ。
ってことらしい。

いま使わないってことは、情報氾濫で、
広範囲に天候が把握できるってことかなァ。
そういえば桃太郎が背負っていた旗も日本一だった。

 181021-a2.jpg

朝ご飯っていうか、朝キャベツというか。
皿いっぱいのキャベツとお気に入りの焼豚2枚で朝食。
腹周りは多少太いが、胃袋は小さい。

なのでこれでいいのだ。
あさいちのキャベツは血糖値下げる。
60歳代前半はこれで8kg痩せたけれどねぇ。

食べている背中のテレビでAKBが歌ってる。
え、AKBじゃないって? あ、乃木坂か。
って、なにもわかっちゃいない。

だいいち、わが家では「さしこ」以外は、
名前と顔が一致しないからね。
指原莉乃さんはオレもおペケも好きなんだな。

あの方は賢い女性だ。
けっこう気遣いもするし、やんちゃな部分もあるし、
タレント才能はある人だと思う。

 181021-a6.jpg

一昨日、買い物いってきたおペケが台所に籠もった。
なんかしらん、下拵えをたくさんやったらしい。
で、昨夜はローズトビーフ。

自分で、出来のいいほう、というから美味かった。
「どこの肉ゥ?」
「三ヶ日牛よ」

最近は遠州も豚だけじゃないらしい。
牛も産するようになった。
「これさ、ステーキで食べたかったな」って肉だった。

 ←click

「それでね。これくらいなら食べていい?」
キュウリの浅漬けをもってきた。
「食べてみる?」

漬け物キライのオレが食べるわけはないが、
浅漬けくらいならニオイがしない。
「ありがと」って食べて、うまいなァと笑顔がいい。

オレがちょっとガマンすれば家庭円満。
漬け物キライひとすじのオイらも、
年輪重ねたせいか融通がきくようになったヮ。

 171130-a2_2018102110001830f.jpg

朝の写真撮りながら遊歩道をなにげにみていたら、
ニットを着た小型犬が歩いていった。
いまどきって犬も人間並みファッションなんだな。

いつかも雨降ってるとき、
外をぼけぇぇ............とみていたら、
遊歩道を立派な合羽を着て歩いていった。

フードかぶってね。
あ、人じゃないよ、犬がね。
へぇぇ。

濡れても、ぶるぶるッ。
やれば終わりじゃないのか。犬って?
いまどきの犬って凄いな。あ、過保護がね。

寒けりゃ和毛ってのが、生えてきて、
対応するんじゃなかったかしらん。
春先の大量の抜け毛はそれだったよね。たしか。

本来はそういう能力が備わってる。
かわいいとか、かわいそうにとか、人間の都合が優先してる。
これって、見ようによっては虐待じゃないのかぇ??

 181021-a3.jpg

おペケが笑うけれど、オレは強度の閉所恐怖症。
エレベーターが大嫌い。
どうして? っていったって、キライなものはキライ。

マンション探しのとき、もうひとつイイ物件があった。
2方にベランダがあって、眼下は中央市街だし、
さぞやカメラもって、うろうろするにはよかろってね。

ただし5階だったのでエレベーターなのだな。
これがひっかかって断念したが、いまでも未練がある。
やっぱり住まいは愉しくなけりゃね。

このあいだ、某スーパーのエレベーターで目を瞑っていたら、
おペケが腕をしっかり支えてくれて、しがみついてた。
で、降りたらねぇ。

なかの様子が外の防犯テレビに映ってた。
待ってる人が見上げていてね。
なんとも恥ずかし。

閉所恐怖症の起因はどこにあるのか?
幼いころは、それほどでもなかったように思う。
隣りに住んでた3姉妹とかくれんぼするのが大好きだった。

女の子とくっついて押し入れ入るのは、
秘密っぽくて好きだったから、
押し入れに入るのが怖くなかったのは、たしかだ。

オイらのスケベ心が勝っていっともいえる。
疎開してるときだから5歳くらい、
そのころ天竜川の渦に巻き込まれて、溺死寸前があった。

まっくっらな川底に引き込まれていく恐怖は、
いまも感覚が残っている。だから、流れる水が怖い。
これかな?

あ、もう1つあるゥ。戦争中の防空壕。
空襲のサイレンが鳴ると、何時だろうが起こされる。
庭先に、穴掘った防空壕があって、この真っ暗闇へはいる。

なんか触覚のなが〜〜い虫がコンクリート壁に張り付いてた。
ときには近所に爆弾落ちて地響きが伝わってきたし、
うちのまえに焼夷弾落ちて大人の怒号が飛び交っていた。

B29の不気味な飛行音、夜空には探照灯の光が這いまわり、
遠くで炸裂する爆弾の音、シュルシュルという音で落ちてきて、
油脂の火の粉を撒き散らす焼夷弾。

爆弾直撃で屋敷が吹っ飛び、大きな穴ぼこになった隣家。
5歳かそこいらなのに、死という観念がひしひしと迫ってくる。
子供心の不安はすべて、恐怖をやりすごす防空壕の闇に凝縮されていた。

それが半世紀以上を経てもなお、オレを苦しめるのか。
狭いところが、オレの心の深奥にあるトラウマで、
防空壕で感じた恐怖心をいまもなお引き出すのかもしれないね。

大地震でも子供たちが背負うトラウマが話題になった。
しっかりフォローしてあげてほしい。
人によっては、一生涯背負ってゆくのだからねぇ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

高望みしなけりゃやっていける - 2018.10.20 Sat

こさぶったい。気温は20.7℃。 ではある。
青空は気持ちいい。白い雲は気持ちいい。
朝撮りしていると、鳥たちが活きいきと動き始める。

小雨の日は鳥だってしょんぼり。
ちかごろはスズメが増えてきてちいさな群れになった。
ムクドリが増えて郊外は占領されてしまった。

そのムクドリはなぜか駅前あたりの繁華街を塒として、
糞害を起こすので市職員との戦いが始まる。
いろいろやって鷹を飛ばすのが効果があったとか。

スズメも餌がない、屋根瓦の家が少なくて巣ができない。
「暮らしにくい世の中じゃ............」
と、スズメの長老がいっとったァそうな。

環境が鳥たちの分布や生息数に影響する。
いまや秋の風物詩の「群雀」なんぞみられなくなった。
田圃で落ち穂を拾うってのも、農業機械化で落ち穂がないらしい。

稻はずに案山子という風情もない。
ま、三ちゃん農業は次の段階にはいったようだ。
コメは機械で生産される時代。

 181020-a1.jpg

おペケは知っていて買ってきたのではないらしいが、
昨日は「イカ塩辛の日」だそうな。
なんかしらん。毎日がなにかの日だもんねぇ。

そもそも、日本記念日協会ってのがあって、
そこが認めれば、何々の日としていいらしいのだ。
仙台だったかの加工会社が申請して、10月19日とあいなった。

これも、ご多分に漏れずゴロ合わせ。
イカの旬は10月、19がじゅーくで熟成だそうな。
ま、イカの塩辛は、オレは地元オンリー。

舞阪の「源馬の塩辛」でなくちゃ。
ほんとは、これさえあればおかずはほかに要らないが、
塩分控えめゆえ、ほんのちょっぴり。

 ←click

朝ご飯食べてきた。
2日目の秋刀魚が煮詰まって美味いこと。
やっぱり旬だな。

それからオイらの朝は、この通りにキャベツだけ。
ま、慣れてくればこれでいい。おペケは晩に、米粒を食べない。
それほどカロリーを必要としないからね。

 181020-rr1.jpg 181020-rr2.jpg

いやァ、いっときは投げだそうかと思った。
作成ソフトを買って、なんとかトップとコンテンツは、
できたのだが、サーバーへ送れない。

送れても、上書きが出来ない。
そんなトラブルで1日過ぎたのだ。
で、解決策はひょいと浮かぶものだねぇ。

もう寝るかって深夜に、トイレ行ったら、ひょい。
それを実行してみたらすんなりサーバーアップできた。
そういうもんだな。

こういうページ作成の決めごとに、
オレの設定でなんらかの反古があるのか、順序だって考える。
ま、ロートルの脳味噌疲れきっちゃうでぇ。

 「とりあえずの完成ページ」←click

それで、朝食たべながらテレビ観ていた。
「え、もう土曜日か」
なんかパソコンへ没頭していて曜日観念がない。

 181020-a6.jpg

ジュリーこと沢田研二さんの意地だけれどねぇ。
スカスカの会場では歌えねぇ、って直前に中止だっていう。
あなたのいまの存在が、その器には合わなかったってことだろ。

中尾ミエさんが「意地あるなら痩せなよ」と辛辣。
いちばんの被害者は当日会場まででかけたファンなわけで、
ジュリーらしいわ、許すっていえば それでいい。

オレ自身は「なんだよ、50年前のまんまか」と思った。
ファンがあって、それなりコンサートが続いてゆくわけで、
チケット買わなかったオレたちがとやかくいうことはない。

世間一般でいったなら、
理不尽押し通して、道理は引っ込まないね。
ま、ジリ貧は世間相場。許す人の前で歌ってればいい。

 181020-a3.jpg

3年前までは炬燵の四角四面独占ずんぶり。
うゥらら、うゥらら、うらうらよ♪ ってね、
リンダさんの歌声が鳴り響いてた。

いまは、もう2本の足が加わっている。
テレビ観ていてときどき、がは、がはァと笑い、
静かだと思えば、座椅子に斜めになって、うゥらら。

平和だねぇ、っていうのにいつの間にか慣れてしまった。
ふと気ががつけば、今年もあと2ヶ月ちょっと。
だよー。ほんと。ふゥ。

シニアの婚活問題ドキュメントをテレビで観た。
別に、いまの爺ィ婆が生臭いっていうわけじゃない。
人間はいくつになっても人間だから、ひとりよりはふたり。

いまの世のなか、核家族の慣れの果てでもあり、
寿命が延びたから、どっちか欠けて、
おひとりさまが多いだけってことだよねぇ。

長生きめでたい、って時代からいまや厄介もの。
寂しいか、っていわれりゃ、そりゃァ、なんぼか寂しかろ。
暢気かっていわれりゃ、そりゃァ、たまらん暢気。

オイら9年もやったから、どっちもよーくわかってるゥ。
ま、残りの生き方、どう考えるかってこと。自衛だな、
それは個人の問題。だれもなーんにもしてくれない。

そのテレビでシニアの婚活見ていて、
女性の求めるハードルの高いのにびっくりこいた。
現実的でない数字を求める。

オイら即失格だーな。
ああいうところいったら、たぶん、だれにも関心もたれずに、
みじめ、みじめぇ........... て帰るんだろうなと思った。

そりゃま、そんな条件満たした人はいるんだろう。
それで、2人の計算成り立てばそれでいい。
でも、なんか後味わるかった。

ま、誰でも失ったものの再現を求める。
財産ですぐに決まっちゃうって、そんな打算でいいのか。
とはいえ、現実はそうか。

オイら自慢にゃならね、ボンビーな一人暮らしだった。
とまァ、そういうことにしておいた。
けれども一人暮らしが不幸だって思ったこたァ、一度もなかった。

自分のシアワセは自分で決める。
他人の尺度で測られたって、
そりゃ、大きなお世話っていうもの。

蓼食う虫も好き好きだっていう。
こんなヤツでもいい............... って,
酔狂な人はいるもんだよねぇ。ほんとに。

要するに、
二人の計算が成り立つか、妥協点に近づけばいい。
高望みしなけりゃ、やっていける。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

寂しいってのは心の居場所がないこと - 2018.10.19 Fri

予報は交互のヘンな天気。
おペケがプラゴミ出しにいって、ヒィーヒィーいって、
帰ってきたのでなにごとかしらん? と思ったら、雨だってぇ。

「ゴミ置き場に着いたら雨降ってきたァ」
なんか狐の嫁入り、晴れているのに雨が降った。
晴れ女がちかごろ雨に降られる。

「久しぶりに走ったわ」
「走るんじゃないよ。倒れるから.......」

そうなのだ。濡れても風呂入ればいい。
走って心臓麻痺にでもなったらどうする?
高齢者は「通り雨じゃ、濡れてゆこう」でいいのだ。

 181019-a4.jpg

ホームページ作成ソフトが届いた。
箱の中には、シリアルナンバーの刻まれたカードだけ。
メデイァレスって、評判の悪いシステムだが、なんなく登録。

半分は転送してあるわけで、大きな変更なしで、
継続してゆこうというつもり。
最新の動きもの中心のデータも弄ってみたが、落ちつかない。

ま、いままでとおなじで代わり映えしないが、
これが無難ということで、昨日から再構築にかかった。
Macはこのソフトしかないんだからしかたがない。

だいいち扱いに慣れているからね。
いままで使っていたバージョンが2.5で、これが10だが、
まァ、それほどの変化はないし、以前のツールが改悪されてる。

とか文句いいつつも、3月31日のタイムリミットまでに、
なんとか再構築しなければけされてしまう。
だいぶ断捨離して、アルバムもスマートにしたいと思う。

けっこう理解するのに脳味噌使う。
コンピュータ言語の約束ごとだけだから、それを理解すればいい。
まだボケてる暇ないからね。これも脳トレだな。

人間いくつになっても脳味噌つかわにゃいかん。
ぼけぇぇ................... とするときは、ぜんぶ放棄する。
使うときは使うってことだな。

 181019-aa1.jpg

拍手いただいて喜んでおりますゥ。
おペケいわく、爺ィ婆の料理はこんなもんだから、
見ていただくと、うれはずかしい。

6コも拍手もらったァ、と喜んでいるから、
まんざらでもないようで、テレビレシピや、料理本買い込んで、
なにやら新聞チラシの白い裏に書きこんでいる。

それで、いくらも食べるではない爺ィがシアワセならばいい。
みなさん、足跡をありがと。
オイらも写真の撮り甲斐があるというものでござい。

 ←click

沼津加工の干物が美味いんだな。
沼津の親友の和菓子屋のとなりが干物加工工場で、
土産にトロ箱でもらったりしたもんだ。

たとえ、ノルウェー産のアジでも、沼津で加工すると美味い。
塩加減とか、干し具合とか、伝統の技が活きているんだなァ。
しばらくいってないが、訪ねてみたいね。

 181019-a2.jpg

昨日も郵便局行ったりなんだりのあとにウオーキング。
ま、おペケがよく動く。
「私ってなんで忙しいんだろ?」っていう。

倒れてから1年、ほんとに元気になった。
あのころ3kg減って、二重顎も解消したが、いまは??
いいんだよ、顎なんて二重でも三重でもね。

元気でいてくれるのがいちばん。
明るい声がするのがいちばん。
笑い声がするのがいちばんだよなァ。

 老人にはショックを与えたほうが
 長生きしそうだよね

イイ加減男をキャラとする高田純次さんがこういった。
のほほん暮らしの合間に適度なショックがあれば、
その先を考え直すことはたしかだな。

 181019-aa2.jpg

甘ったれていられなければ、自分が強くなる。
よくできてるものだ、人間のメカニズムってね。
人間にはというか生き物には、こういう能力が備わっている。

ま、メンタルなほうの自意識よりも先に、
身体ってのはすぐに慣れるんだ。
おひとりさま最初の冬なんぞは、鼻ぐしゅ風邪を何回もひいた。

それは「寒くても布団かけてくれる人がいない現象」に、
身体が慣れていないからにほかならない。
たしか、2年目にはしっかりと身体が対応していたと思う。

いまは、多少はそのカンも鈍ったが、
おペケも1度眠ったらあまり起きない人なので、
わりと自分で対応しているほうだと思う。

「あなたは知らないだけ.........」
そういわれるけれどね。アハ。
昨夜も寒かった。そろそろ毛布がほしいくらい。

 181019-a5.jpg

人間というものは文明を創りだして、
本来生き物がもっている能力を退化させている。
だから、オイらみたいに窮すれば先祖返りするんだ。

ま、それほど案ずることはない。
アウトドアで遊んでるころ、そういうシーンに再々出くわす。
山のなかで1人でいると、野生の欠片が蘇ったりする。

渓流で神経を研ぎ澄まし、竿先に五感を集中していると、
頸筋にふと視線を感じるゥ。
そっと頸をまわすと、藪の中からイタチがこっちを見ていたり。

対岸の笹の揺れに、ただならぬ気配を感じて、
注視していると熊が顔を出したり、こういうのわりとはあること。
シャバからちょっと離れてみれば蘇るよ。

「もう10月も3分の2過ぎたァ」とおペケがいう。
以前はメンタル的に、ここを超すのが大変だったねぇ。
この小寒いという現象は居場所をなくす。

すると、なんとなく腰が浮いて、寂しくなったりするらしい。
秋は寂しいってのは、この居場所の問題なんだと、
オイらがおひとりさまのときに悟ったのだ。

これが、おペケがいて会話があって、笑いがあると、
小寒いなかでも居場所がある。
つまりは、寂しいというのは心の居場所がないこと。

おひとりさまが寂しいというのは、また違う。
あれは悔しいという感情が御しがたかったのだと思う。
寂しいよりも悔しいのだ。

たとえば、夫婦で暮れの買い物していることも、
夫婦がそろっているときは、まったく意識していないが、
ぼっちで買い物していると、それが悔しい。

その何気ないことを失ってしまった自分に気づいて、愕然とする。
たまらなくつらいとか、寂しいとかじゃない。
ただただ悔しいのだねぇ。

けれども、これ9年も体験すると、
それなりの悟りができてくるからたいしたもの。
ま、諦めかもしれない。

誰も救ってはくれない。
たとえば、手をさしのべてくれたって、
それは「蜘蛛の糸」なのだ。

重た〜〜〜〜〜い自分で.あったなら、
縋っても切れてしまう。
それを悟るって、やっぱりあれは修業だね。

で、いま、その修業が活きているのか。
常に「ありがたみ」というものを忘れはしない。
ときたま忘れかけるけれど、忘れてしまうことはない。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

おなじリングへあがるのも億劫になってきた - 2018.10.18 Thu

寒いな、太陽は雲の向こう だ。22.6℃。
天気予報は午後からだけれど、なにを着たらいいか迷う。
ついこの間まで、アツイ、アツイっていってたんだよな。

昨日は隣のセンセの定期検診。
なにもないので、あっという間におわり。
オレだけ帰って、おペケは銀行へゆき、ついでに郵便局。

「なんでそんなにいそがしいんだ?」
「暢気でいいわね。わたしたちのお給料日でしょ」
あ、年金支給日か。あっちこっちタイヘンらしい。

 ハイ、近頃なにもしりませーん。
 おまかせ、ラクチンでございまーす。
 ごくろさーさま。

なんてね。ますますぐーたら。
ぐーたらで通れるんだから、ありがたい。
頑張ってな。

で、年金減ってるし、消費税は10 %になるし、
ますます年寄り責められるんだな。
おまいら、自分の歳費も削れや........... っていいたくなるぜ。

 181018-a1.jpg

「できましたァ」
と、声がかかってカメラもって書斎からでてゆく。
「ばんごはん」の撮影係だからね。

ちかごろは、拍手をくださる方が増えてきて、
おペケ、なんかうれしがっているんだな。
それが励みになって、ますます頑張るって好循環をありがと。

それで、オレがうまいもん、食べられたらシアワセ。
見栄をはらなくていいからね。そういっている。
ブログのためだなんて本末転倒だからさ。

 ←click

テレビや本のレシピみて、わけわからんものつくる。
昨日のあんかけも、ジャガイモがとろけてしまったが、
それがケガの功名で、とろっとして美味かった。

ひそやかにブロッコリーがいた。
子供に騙して食べさせるようなもんだ。
オレも、それを感じながら、黙って食べるゥ。

 181918-a5.jpg

窓の外は無機質なコンクリートの風景ばかりだけれどね。
ここは2人ともお気に入りなんだな。
オレが残念なのは、富士山が高校の校舎があって見えないこと。

南アルプス前衛の山々もみえない。
それが、ちょっとだけ寂しいけれど、しかたがない。
郊外だった前の住み処は、それでもまだ郊外だった。

ヘンないいかただが、郊外らしさが残っていた。
いま思えば、スズメちゅんちゅんの声で目が醒めたからね。
このあたりにも、雀のちっちゃな群れがいる。

ときどき4羽か5羽が隣の瓦屋根で遊んでいたりして、
コンクリートでできた街のほんのちょっとの潤い。
今朝も、隣の屋根で遊んでいたよ。

 181018-a2.jpg

夕餉を食べて、オイら定席にずんぶりしていて思った。
腹がいっぱいになってシアワセだなァ...............
なにもしなくていいのがシアワセだなァ................... ってね。

おひとりさま9年間が、こういうのをシアワセだって思わせる。
あのまま、女房依存のほほんしてたら、これはわかるまい。
いまおペケのしてくれることが、シアワセなんだって思うまい。

だからねぇ。さっぱり痩せない。
ノーテンキにのんべんだらりん、ちゃらんぽらん。
なるべく、こうしていようと思ってるからね。

おペケもそうさせてあげようと思ってるらしいから、
それに甘えているが、やるときはやる。
ようやく、台風で塩分べったりの窓ガラス拭きを共同作業した。

大きな窓が4ヶ所ある。けっこう腰へきた。
最後の自分の書斎の窓がええからべぇ。
ガラスが仕上げ拭きしてないんだな。暖かい日にやろう。

 15224-b1_20181018101807ac9.jpg

むかしも掲示板ってヤツがあって、これもよく炎上したもんだ。
いまの時代はもっとモノがいいやすくなってる。
なんか、ニュースまとめサイトにも、常駐者がいて囃し立てる。

で、これを逆手にとれば「炎上商法」が成り立つわけで、
これで収入を得る分野の人もいる。
だから、もうイイ加減にしてやればいいと思う記事も蒸し返し。

たとえば、元貴乃花親方のことなんざ、
もう一般人だからほっときゃいいのに、参議院選挙にでるだとか、
議員になって協会を叩くだとか、いつまでもぐじゅぐじゅ。

これなんて、PVが稼げるってだけのこと。
ほんとに伝えたいというニュースじゃない。
だから、ネットニュースはフェークばかりといわれるのだ。

では、既存のテレビをはじめとするメディが正しい報道しているのか。
こっちは忖度ばっかり。いまや公共放送だって偏ってる。
報道しない自由だなんて、恣意的報道ばかりじゃないのかぇ。

フェークではなくても、意図的に一部だけを報道する。
つまり、なにがほんとなのかわからない時代。
それを取捨選択して理解せよって、めんどくさい時代になっちまった。

 15224-g1.jpg

むかしの掲示板時代の管理人、いまのブログ主は、
入ってくるコメントを、コントロールというか交通整理して、
ほかの人に嫌悪感などを与えないようにするのがお役目なのだ。

いまどきは、それが煩わしいとコメント欄を閉じてしまう。
で、当たり障りのないこと書いてればいいが、これがそうでもない。
なので、騒ぎの輪が大きくなって収拾つかない。

収拾するどころか、しばしば煽りがはいったりするんだ。
それでも、ネット初期には仕切りにはルールがあり、
書き込みのレスにもルールがあった。

いま、そんなことは知らないだろうね。
直接対話を嫌うからますます炎上して収拾がつかなくなる。
どっちも得をしない。イヤな思いだけが残る。

一部では、PV (閲覧者) 多ければ、収入が発生するシステムもあって、
その額も何百万円だから、炎上稼ぎといわれてもしかたがない。
その場合は、意図的炎上もあり得る。

先ほども書いたネットニュースもしかり。
タイトルが大袈裟で中身がなかったり、どう見ても煽りっだったり、
要するにPV多けりゃ収入になるっていうシステムなだけのこと。

ま、そこまでいかなくても、
モノ申すおかたは、このような一般ブログでもいらっしゃるわけで、
いつもいうけれど、あえてモノ申すおかたはご立派。

モノいえばブーメラン。
だいたい、いった分の倍くらいは戻ってきてあたりまえ。
それを承知で書かれるんだからねぇ。

そりゃァま、「われは正しい」と思うことはご立派だと思う。
それを貫くってことは、たしかに勇気のある行動だ。
けっこう鼻っ柱の強いオレだけれどで、そこまではできない。

なぜか??
自分の都合を関係のない他人に押し付けちゃいけない。
基本的にそう思っていて、それを信条としているからだ。これ大切。

無理が通れば人の世の道理がひっこむという。
他人のフリ見てわがフリ直せ、これなんだな。
一歩下がってモノゴト見るっていうことが、いまの世の中失せている。

だから次第に、おなじリングへあがるのも億劫になってきた。
またやってらァ、ふふ、と笑って貝になる。
それがラクチンって、やっとわかってきたのだよ。

ま、これでも、ギョーカイの端っこでモノ申していたからね。
なんか、その野次馬根性は抜けきらないが、
ちかごろは努めて、野次馬は抑えることにしている。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

会話をかわすでもなくぼけぇぇ............. - 2018.10.17 Wed

よく眠ったァ。どの季節も よく眠るけどね。
11時ころに寝たから、8時間ぐっすりこんこん。
「どう、あんたは?」とおペケに聞く。

「よく眠れたァ、ありがと」
というのにはわけがあって、ATMへゆくとでかけたおペケ。
どこやらから電話がかかってきた。

「ニトリまできたのだけれど...........」というのだ。
「え、そんな遠くまで??」
そうか、1人での運転に自信がついたのだな。

寝ていて腰が痛い。
そういうから低反発マットをみにいこうか。
そういうはなしだったのに、自分でいってしまったらしい。

「これくらいの値段だった」
「そこまでいったんなら買ってくれば...........」
ニトリはかなり遠いのだが、よくもいったもんだ。

オレのは以前、娘が買ってくれて、
それが具合よくて、おペケにも買いなよといっていた。
それで「よく眠れたか」ってはなしへつながる。

この人、方向音痴だからね。
助手席にいたら、憶えようって気がまったくないし、
いまだに、この街がちんぷんかんぷん。

私の行くところどこでしょう、だからねぇ。
一昨日、ホームセンターへいって自信がついたはいいが、
オレはハラハラ落ち着かない。

 181017-aa1.jpg 181017-aa2.jpg
 ↑ 昨日の夕焼け

昨日の午前中寒かった。
なんか頭痛がするので薬を飲み、炬燵布団をだして、
そこに潜って小一時間眠った。

その間におペケが出かけたのだが、
帰ってくるからには、頭痛が治っていた。
なんだったのかな。風邪か?

とすると、オレの身体耐久度もかなり低下したな。
うん。これは自覚しておかないといけない。
なんとかの冷や水になるゥ。

 ←click

一昨日のおペケは、おペケ続きのドジばかり。
焦げ付いた鍋もなんとかなったようで、
昨日はなにもなかった。って毎日じゃ困るゥ。

晩ご飯は、オイらが米粒食べる唯一の食卓。
まァ、なにも残さず完食だね。おペケが気持ちいいっていう。
昨夜もおペケのシシャモ1尾もらった。

なに食べても美味いってシアワセ。
そんなに食べてないのに、なんも痩せない。
これもしかたないよな。

 181017-a1.jpg

オレが定位置の電動椅子でどでんと寝てると、
おペケが笑うのだけれどね。
先日もテレビのペット番組みていて呆れた。

近頃の猫や犬ってのは、
「らしからぬ」格好で寝たりするんだな。
オレみたいにヘソ天で四肢ひろげて、ドデンと寝てたり。

それがまた可愛いィなんぞというけれど、
あれは、犬は犬の本分、猫は猫の本分忘れてるな。
種の保存上からいえばよろしくないはず。

トムとジェリーじゃないけれど、
最近はネズミがでると、猫が怖じ気づいて逃げるんだそうな。
ほんと自分の本分忘れると滅びるよ。人間のせいで。

人間はこの100年間に100種類以上の種を地球上から消した。
すべては人間のエゴなのだ。人間の都合なのだ。
愚かなことなのだけれどねぇ。

 181017-a6.jpg

どこぞの市章みたないカッコでハトがくっついてた。
で、シルエットでこれを撮ってみたら、
その顔がLOVEとはほど遠い、険しい目だった。

鳥ってね。写真撮ってるとよくわかるが、
野生はけっして可愛くはない。かなり険しい目をしている。
アイツらにとって生きるってことは、厳しいんだ。

スズメだって、朝の寒さにまんまるに膨れて、
2羽寄り添ってるのは可愛いが、目は可愛くない。
思っている数倍は険しいからね、これが野生。

昨夜もダイナミックな夕焼け空だったね。
燃えるような雲の色が刻々と変化して、飽きない。
西向きの窓にずっと座って、ぼけぇぇ............... とそれを見ていた。

ぼけぇぇ.............. は朝だけじゃない。
でも、1日中ずっとではないからね。念のため。
まだそこまではいかない。

 181017-a2.jpg

老人は、ぼけぇぇ................. としてりゃいい。
ま、世知辛い世間ゆえ、そうもいかないってことも、
あるけれど、余分な口は挟まないがいい。

 干渉好きの老人ほど、
 見苦しいものはない。

紀元前の哲学者エピクロスはこういった。
ってことは、まさに、紀元前からそうだったんだな。
笑っちゃうね。

 伝説というのは、
 過去の業績にしがみついて、
 死を待っている老人のことだろ。

と、小気味いいことをいったのは、
ジャズトランペッターのマイルス・デイヴィス。
これも、しがみつくのは老害なんだぞ、っていってる。

だからさ、ぼけぇぇ................................としてりゃいいのさ。
なにも考えずにね。
それがシアワセだってことに気付けばいいんだ。

オレは世界旅行にはまったく興味がなかった。
そのカネがあれば海へゆくって人だからね。
ただ、1本の映画観てずっと憧れてたところがある。

ルート66にあるバクダッドカフェ。
あそこで、ロッキングチェアに座って一日中ぼけぇぇ。
これがやってみたかった。

いつも悪役ばかりやってるジャック・バランスが、
カーボーイ風の絵描きでイイ味出してた。
いまになってあれが西部のモハベ砂漠なんだって初めて知った。

いま使ってるパソコンのOSの愛称がMojave/モハベ。
単純にうれしくなって.............
なにがいいって、あそこには時間がない。

あちらの映画によくでてくるシーンなのだが、
ビヤ樽のように太って、デッキのローリングチェアにはまり込んで、
会話をかわすでもなく、ぼけぇぇ.........................

ああいう西洋の老人たちがオイらの憧れだったし、
早くそうなりたいと思った。
ま、せこせこした日本ゆえ、万事そうはいかないがねぇ。

ただ、ぼけぇぇ................... としているのはできる。
これぞ、のんべんだらりんちゃらんぽらん。
オイらは、これができればシアワセ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

えへへへぇと笑って誤魔化すんだ - 2018.10.16 Tue

かなり寒い。起きてきたとき は21℃だったもの。
いまは22.5℃。寒くなったのは昨日の夕方。
長袖着てダウンベスト羽織ってちょうどよかった。

まさかの10月のダウンベスト、これはオイらの老衰なのか。
ほんとに寒い。寝るときもしっかりパジャマ。
いやァ、この気温のアップダウンはまいっちゃうねぇ。

どなたさまもお風邪を召さぬよう。
気象の変化にはあがらえないので、ダウンでもなんでも着て、
寒くないようにしないとねぇ。

今日は高曇り。青いところが透けて見える。
予報は日中だけ晴れ。
twitwerの「けさのいろいろ」をさがしていたら、ふくらすずめ。

スズメが3羽。
夫婦がくっついていて、離れて子供。
寒いものだから羽毛をふくらめて、まんまるまるこ。

 181016-a3.jpg

昨日は「ばんごはん」へのバナーを貼り忘れたようで、
「来てくださる人がすくないようー」とおペケに叱られた。
「そんな..........」といったものの、オレ、忘れてた。

あのゥ、本文にないときは左サイドまんかへんに、
おんなじ野菜のバナーがあるので、そちらからもどうぞ !!
ときどき忘れるんで、よろしく。

ってわけで、昨日はなんかしらん、2人ともドジの日だった。
で、宅急便が届いた。ふるさとのゴルフ仲間からだった。
ゴルフ大会賞品の「あきたこまち」がきた。

「うわァ、うれしい」とか」いってると、
「おい、なんかくさいぞー」
「あ"ー」って、鍋が焦げ付いてた。

 ←click

掃除してれば足ぶつけるし、オレの頼んだこと忘れるし、
料理の写真撮っていて気付いたけれど、お皿がミスマッチだ。
昨日はおペケのさんりんぼ。

「こんな日は早く寝ちまえ.............」
「そうするゥ」
それ以上はなにごともなかったのがさいわい。

 181016-a1.jpg

「15日はわたしが倒れた日なの」とおペケがいった。
そうか、もう1年なのか。
なんか小寒い日だったなと思いだした。

元気だね、いまは。すこぶる元気
オレも、あの10日間は頑張ったな。
いまは元の木阿弥のんべんだらりんだけれどね。

健康でなくちゃいかん。
なにがなんでも健康でなくちゃいかん。
それを再認識して、オイらもそこそこがんばろ。

シャカリキ頑張っちゃダメ。
そこそこでいい。
のんべんだらりんでちょうどいい。

 181016-a4.jpg

なんだりかんだりあって、寒いといいはじめたら、
正月もすぐだもんな。
もう、今年も終わっちゃう。

オレたちもまるっと3年が過ぎた。
あんまりケンカしないよ。最近はね。
摺り合わせもなくなったらしい。

気持ちの擦り合わせだよ。ケンカじゃないからね。
オレ、おペケには感謝しかない。
いつも「ありがとう」と心のなかで思っている。

心のなかじゃダメだってぇ?
ま、いいや。
どうせ、ここも読むんだからさ。

 18116-a2.jpg

隣のセンセが「塩分控えてくださいね」といつもいう。
だから、おペケ料理もおおむね薄味なのだ。
それも3年食べてれば慣れる。

ときどき塩分ミスがあってね。
それがまたウマイんだなァ。
いけないっていわれるものって、ウマイもんだ。

むかしから禁を犯すってなぜかウマイ。
禁断の恋も燃えるっていうじゃない。
あ、別にそんな経験はない。

あちきは、ヘソ曲がりなだけでありんすゆえ。
ほんと、ヘソ曲がりだわよ。反対のこといっときゃいい。
と昨夜もおペケがいうけれど、それほどじゃない。

ま、へそ曲がりには、あちらも呆れかえってる。
あちらも独身長かったから、意気地は1本通ってる。
さァ、ゴングが鳴る。

キリッと顔が引き締まって、鋭いジャブがくる。
そのジャブかわしても、アッパーだの、フック飛んでくるから、
えへへへぇ、と笑って誤魔化すんだけれどね。

これくらいのジャブの応酬はしょっちゅう。
ま、最近はゴング鳴るまえに、リング下りちゃう。
それがいちばん。

オレのなかでは、亡き人と暮らした44年間も、
おペケと歩んでいるこの途も、ずぅーと続いた一本の道。
それを理解してくれるだけで、感謝しなくちゃいけない。

これはほんとうに、そう思っている。
亡き人のことも、オレとおなじ思いで接してくれるし、
これがなにごとにも代えがたい。

ずーと続いた一本道にしてくれるのだからねぇ。
ゆえに、ごくごく自然に亡き人が、
時の彼方へ薄らいでいったのだ。ありがたい。

 口やかましい伴侶というのは、
 夫の注意や感謝を望んでいるのです。

 つまりは愛情を渇望しているのです。
 彼女の美点はほめたたえなさい。

 彼女に注意し、
 感謝していることを示しなさい。

ジョセフ・マーフィーさんがこういった。
おペケはけっして口やかましくはない。
けれども渇望を感じさせない努力はしないとね。

別に、なにをしなくとも。
オレがにこやかにしていればいい。
ことさらジャブをくりださなければいい。

ただ、ヘソ曲がりはヘソ曲がりだから、
素直じゃない。
死ぬまでこれは直りゃしない。

だから、ときどき睨まれてくしゅん.......... とする。
ま、ヘソもそれくらいに、しとけば円満、
なにごとも過ぎたるはなんとか。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

人間ここまでくるとできることは限られる - 2018.10.15 Mon

外は灰色、雨がぽつぽつ。気温が23.1℃。
6時に起きた。昨夜「警察24時」観ていて眠ってしまい、
9時過ぎにベッドへいったから、それでも8時間余り眠った。

ちかごろ最初にすること。
カメラもって外を眺め「けさのいろいろ」探し。
それをtwitterに投稿する。

それで、いくつかのイイネを頂戴する。
これが1日のはじまり。
脳味噌活性化にもつながっている。

アカウントお持ちのかたフォローよろしく。
1日に数回は呟いて、
そこそこの反応をいただいてうれしい。

 181015-t1.jpg

今朝は写真撮る材料がなかった。
空は灰色だし、雨が降ってきたし、お、見つけたァ。
スズメが朝の冷気で膨らんでいた。

探せばなんかあるもの。
見つけられるもの。
だから愉しい。

ほかに考えることないからね。
いつも被写体探す目で暮らしている。
いいねぇ。それで通れてっていうのかえ。

うん。通れるんだな。
暢気でええわい。
ぐーたら眠っていれば今日が暮れる。

 181015-a6.jpg 181015-a4.jpg

夕方の空見上げたら、1人ぼっちの三日月さん。
なんか寂しそうに、隣のビルの陰に入るところ。
どれどれと写真ってあげる。

クレーターまで写ってしまうと幻滅。
お月さんは、ウサギの餅つきでいい。
月旅行で月面行っても、クレータばかりだものね。

「地球は青かった」という景観は見てみたい。
でも、オレは三半規管が弱いからムリだな。
孀婦岩もいけないんだからねぇ。

 181015-a1.jpg

ゆきたいと欲したときに「よし、往くッ」ってのは、
気儘なぼっち遊びがいちばんだったが、
逆もあるわけで「往きたくない」ったらてこでも動かない。

1人だと、とかくそうなりがち。
要は「往くッ」て発進力、行動力だからね。
ま、この意欲が衰えてはなにもできない。

そこへ内弟子の「うわァ、うわァ、うわァ.........」という、
彼女なり感動の声が聞こえれば、これは往く気の後押しだな。
ここんとこ、内弟子が毎日カメラ持ち出す。

撮るものないって花鉢まで買ってきた。
いいねぇ。オレもやる気になるねぇ。
これでなくちゃ。

以前はイイ写真が撮れたっていう自己満足しかなかった。
いま「愉しかったね........」という言葉が添えられれば、
満足は倍加するわけで、すべては気分の問題。

 181015-a5.jpg

オレは、別に運命論者ではない。
ただのめんどくさがり屋なだけだと思ってる。
ただのグズグズしてるだけの三文安バァちゃんっこなだけだ。

 運命論とは、
 世の中の出来事は、すべてあらかじめそう なるように定められていて、
 人間の力ではそれを変更できないとする考え方。

そこまでの確たる思いはもっていない。
ええ加減にちゃらんぽらんしてれば、なんとか先が拓けてきたから、
ちょっとだけ、そうかもしれない、とあとになって思うだけ。

そうしてみると、赤い糸だってそう。
縁 (えにし) という不思議な不思議な結びつきは、
いつも、ひょんなことから生まれる。

オレが、薬の後遺症でずたぼろになって這いずっていたころ。
膝小僧ぱんぱんの娘が現れた。
その健康そうな膝小僧が眩しかったのが、亡き人との出会い。

この出会い運命論は、なんとなく信じている。
会うべくして会い、そして、新たな出会いのために別離がある。
あの人と、あそこで出会わなかったら........... ってあるよ。

 181015-a2.jpg

おペケがときどきいうんだ。
「よくも向こう見ずでここへきちゃったもんだ」ってね。
たしかに彼女にとっての大決断ではあった。

オレはっていうと、あまり大袈裟には考えていなかった。
そういう2人の未来もあるよな、
まァ、やってみっかってくらいのもの。

大袈裟に考えなくてもいい。
オイら、楽観主義だから、なんとなんべぇ。
1人より2人だからねぇ。

だけど、若いうちのくっつきあいとは違う。
若いときは、2人で頑張ればなんとかなるのだが、
爺ィ婆ふたーりは、どうにもならない。ヘタすりゃ共倒れ。

これから生きてゆくための、ほんのちょっとの算盤。
あ、ほんのちょっとではないか。
この計算が成り立たなければ、そりゃァ無謀というもの。

おペケは、そこんところはしっかりしていた。
だからこそ、オイらと合わせりゃ、それなりの生活基盤ができる。
1人より2人と大手を振っていえる。

これからの年金支給は70歳だそうな。
オレたちでも63歳だったか。国民年金は65歳か。
オレは現役だったから3年据え置いた。

そうすると、年間50万円の増額になるんだな。
そこんところは算盤ずく。
したたかに生きないと損をしてしまう。

のんべんだらりんちゃらんぽらんそわか。
毎日ええからべぇ............. っていうが、実は算盤づく。
それがなかったら??

 少しでも興味を持ったこと、
 やってみたいと思ったことは、
 結果はともあれ手をつけてみよう。

 幸福の芽は、
 そこから芽生え始める。

これは「やりもせんでわかるか」が口癖の本田宗一郎さんの言葉。
そうなんだよ。算盤成り立ったらやってみる。
この決断がなかったら、明日の一歩は踏み出せない。

人間ここまでくると、できることは限られる。
だからって臆するこたァない。
頑張れそうだったら、頑張ってみることだと思う。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

バカは死なきゃ治らないは浪曲師のいいこと - 2018.10.14 Sun

さきほどまで小雨。明るくは なってきた。
23.3℃。寒い。
ジーンズ、長袖シャツ着てしのぐ。

おペケのほうが、小寒への耐性がないので暖房がほしいという。
寒さのスケールが違うので、雪国の人は暖房への依存度が高い。
こっちでは、寒さもしれているので、1枚着とけってくらい。

今年の浜松基地航空祭は11月25日だったか。
もう冬。空っ風吹いていたら寒いぞ。
それがわかっていて、なんで、その時期になったのか。

なんかあるのだろうか。
って、広報館でいってた人がいた。
オレもそう思う。ブルーインパルスも飛びにくいだろうにね。

 181014-a2.jpg

おペケが午後から買い物へいった。
なかなか帰ってこない。
どこまでいったのか、と思ったら遠いスーパーへ。

1人で車でいったのは初めてだった。
少しずつ行動範囲が広がる。なにせ方向音痴。
助手席ではまったく道を憶えていない。

ま、この街の地理そのものがわかっていないんだからね。
西も東もわからない。
ヘタすると、私のゆくところどこでしょうになっちまう。

よくゆくところだから、わたったとみえて、
ホームセンターへ寄って、食品スーパーへ寄って、
結構買い込んできた。

 ←click

「お弁当大会やってたァ」
「それで...............」
「あなた、どっちにする?」

好きなんだな。こういうのが2人とも。
ゆかずして、ご当地が食べられるんだから、それがいい。
オレが北海道の鮭鮨、おペケが先代の牛タン弁当。美味かったァ。

 181014-a3_20181014103414429.jpg

寒くなったから湯船に湯を張りましょうか、という。
そうだね、そろそろシャワーは寒いかも。
うちは、年の半分以上はシャワーだ。1日に何回でもする。

オレの場合は、お湯をいれても、猫舌猫体だから,まァ、日向水。
いま、「ひなたみず」っていわなくなったよね、要するにぬるい。
だから、むかしから風呂はいちばん最後。

オイらがちっちゃい頃は、バァちゃんが、
タライへ水を張って庭へおいといて、これがぬるま水になると、
それで行水したのだけれど、そんな情緒は消え失せたなァ。

ま、これがシャワーにかわったわけか。
近所のおばちゃんが行水していて、
気づいた中学生が垣根の隙間から覗いてた。

それまた通りがかりのおっちゃんにみつかって、
「こらァ」とどなられて一目散逃げる。
あ、オイらじゃないよ。

こんなん、下町裏通りの路地には珍しくない光景だった。
どのうちも玄関はあけっぴろげ、
近所の目がカギみたいなもんだったが、これがドアになった。

それで昼間っから締まっていて、めったに人がでてこない。
下町だけじゃない、世間の人情が薄くなったのは、
たぶん、あのしっかり施錠できるドアのせいではないか?

 181014-a1.jpg

そういえば、オイらの爺ィちゃんは銭湯が好きで、
内風呂沸く前にオレを連れてゆくんんだな。
オレ,湯銭払わないからついてゆく。

で、早い時間の銭湯は町内の爺ィばかりだから、
そりゃもう熱い。とんでもない熱い。
オレがもたもたしてると、爺ィたちが囃す。

「男だろ、タマァぎゅっと握って入れッ」
小さいながらも男ごんべ、股間かたく握って入るのだ。
女性はどうかしらんが、男はあそこをぎゅっと握ると熱いのも耐えられる。

なんたって,男の中心だァな。
ゆえに、半世紀以上経ったいまでも、予期せぬ熱い湯に入ると、
オレ、知らぬ間に股間握っているゥ。

で、猫舌猫体ごんべは、ほぼ日向水にしといて徐々に熱くしてゆく。
けれども、ちょうどいいころにはザブッとでてくる。
カラスの行水、やっと肩まではいったと思ったら終わり。

もったいないっていやァもったいない。
あれぇ、もうでたの? とおペケがいつもいう。
風呂までせっかち、でも洗うとこはあらってらーな。

 181014-w1.jpg

「寒いな、炬燵布団出しておいてよ」
おペケがいうけれど、小寒くなるとうちのなかに、
居場所がなくなってしまう。ちょっとの温みが要るんだ。

遠州では炬燵が要るようになると空っ風が吹く。
朝静かでも、10時には窓の外の洗濯干しが揺れている。
吹き始めると体感温度がぐっと下がる。

ただし、そのむかし仕事で上州へいったとき、
空っ風には慣れているはずなのに、こりゃ、負けた !! そう思った。
あっちのほうが強かった。

が、その空っ風も,ちかごろは弱くなっている気がする。
虎落笛 (もがりぶえ) といって、電線や木の枝が、
ひゅぅぅ..... と鳴るのが少なくなったようだからね。

オレが子供の頃は、風がいつも鳴いていたし、
用水桶の氷も毎朝1cm以上はあった。
そう思い出して見ると、たしかに暖かくなっている。

カカァ天下と空っ風。
風は弱くなっても、カカァ天下は弱くならないようで、
あいかわらず、遠州のおカミさんは強い。

あ、いっとくけれど、
めったやたらに威張る強さじゃないよ。芯の強さ。
亭主を支える強さなんだな。

ところが、ちかごろは男が弱くなっしまい、
ほんとうに尻に敷かれて唯々諾々従ってるゥ。
おまいら、それでも男か? と、いいたいが大きなお世話。

ま、それでいいんなら、余分なことはいうまい。
あいよ、あんたは外でしたいことしておいでぇ。
家は,わたしが護るからさ。まかしとき。ま、これが遠州女。

亭主支えてめいっぱい働くから、夕餉の支度は総菜ですませる。
で、むかしから、出来合が豊富っていう土台ができてる。
これは、オイら、おひとりさまになって随分助かったもんな。

で、遠州男は、おっちょこちょいで、お人好しで、
そのクセ向こう気だけ強くて、後先考えずすっとんでゆく。
カミさんに尻ひっぱたかれて,人一倍が頑張るっていう。

もう、遠州森の石松っていっても知名度は薄いが、
そりゃァもう、石松が遠州男の典型に描かれているのは、
作者の村松梢風氏が,遠州森町の生まれだったからなのだ。

バカは死なきゃ治らない。
って、ありゃ,虎造のいうこと。そんなバカじゃない。
が、バカのつくお人好しは多いんだな。

ま、オイらもその1人だからよーくわかる。
ほなあした...................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

涙ちょちょきれの日だったねぇ - 2018.10.13 Sat

薄日は差しているけれど、午後からは曇りの予報。
明日も曇りのようだ。
なんかさ、秋晴れぇぇ...... てのがないんだな。

昨日の基地の滑走路エプロンは西風強くて、
オレは半袖でいったら、ちょっとだけ寒かった。
「風邪引くよ」とおペケにいわれたが、帰りには汗掻いてた。

昨日一日はTシャツ短パンでいられたが、夕方に寒くて上だけ長袖。
下は半ズボンでそれほど寒くはなく、おペケにいったんだ。
「あんたがスカートで寒くないのはこれだな」

女性がスカートでいられるわけがわかったような気がした。
今朝は23.7℃なので、さすがに長いジーンズ穿いてる。
長いのは鬱陶しいのだが、来年の4月まではしかたがないか。

 181012-aa1.jpg

広報館の売店でおペケが、背中に航空自衛隊と書いた、
ジャンバー買ってあげようか、というのだけれど、
オレはそのむかし、少年自衛隊試験落ち組だからこっぱずかしい。

そのかわりブルーのカレンダー買ってもらった。1400円。
で、コンクリートの住宅は鋲がうてない。
壁紙も布系だから、フックもダメ。

結局は和室の引き戸の板になった。
ここはソファーに座ってしまうと背中だが、しかたがない。
で、2019年カレンダーかかったし、来年がくるぞー。

 181013-aa2.jpg

朝ご飯食べてきた。ご飯じゃないね、キャベツ皿いっぱい。
かれこれ15年ほど、朝キャベツやってる。
最初はこれで6kg痩せたこともある。いまは効かない。

ただ、血糖値などの数値は下がる。
美味いと思うからイイんだ。いやいやだったら続かない。
キャベツの皿に大好きなサバがのっていた。

昨夜のおペケの分を残してオレにくれる。
涙ちょちょきれの、サバが+αあって美味かったァ。
ありがと。

 ←click

どなたかにメルヘンといわれて喜んでいたおペケ。
彼女の料理は、彩りにこだわる。
赤のトマトは欠かせない。

モッツァレラチーズなんてオレは苦手だが、おペケは大好き。
これは私用です、ってでてくる。
オレなんて、サバと大根おろしあれば、それでいい。

 181013-a4.jpg

この写真の山は、たぶん、浜名湖の北にある湖西連峰。
書斎の窓から2000mmレンズだと、ノートリでこれが撮れるんだ。
昨日の滑走路からは富士山がキレイだった。

下の写真の工場は本田技研浜松製作所で、そもそもホンダの発祥地。
この滑走路は、航空自衛隊の発祥地。
どっちもで、ここで誕生した。

オレが中学生くらいのとき、工場見学にいったら、
工場の天井にセスナ機が吊ってあって、社長の意気込みがうかがえた。
いま、ホンダジェットが世界の空を飛ぶ。

おペケが毎日ウォーキングしている和地山公園広場で、
飛行機のアクロバットがあったそうな。
宗一郎少年は天竜から何時間もかけ、これを見に自転車できたという。

「よし、いつか自分の手で飛行機を創って空を飛ぼう」
バイクや車は飛行機に至る手段だったわけで、
少年の日の夢を叶えた偉大な先達をオレはいまも誇りに思う。

 181013-a6.jpg

twitterで「けさのいろいろ」を毎朝呟いている。
さりげなくリツイとイイネが2、3人ある。
それでいいのだ。

SNSに過度なつながりが果たして必要なんだろうか?
コメントに一喜一憂するのはつまらない。
ちかごろは、そう思うのだねぇ。

ま、Webの世界はおいといて、人はリア充であるかだよね。
オレがこれまで心を尽くしたのは、
周囲がおペケを、ごく自然に迎えてくれること。

迎え入れた彼女が孤立してしまっては、なんにもならない。
リアル実生活で充実するための努力をしたつもり。
とりもなおさず、これがオレの誠意でもあるし、それの成果がうれしい。

下孫がメールをくれて、重い買い物があったら、
一緒にいってあげるからいってね、
とこれまた涙ちょちょ切れのこと、いってくれる。

重いものは通販の宅配してるからありがと、ってReメールしといた。
最後の関門の孫が受け容れてくれて、ほんとうれしい。
なんかシアワセな気分だったね。

 181013-a7.jpg

うなぎっていえば浜名湖って、なんで? と聞かれたことがある。
別に、天然うなぎが、たくさん捕れたわけではない。
「うなぎ養殖システム」を全国に先駆けて確立したのが浜名湖なのだ。

浜名湖には、ほかに「海苔」「牡蠣」の養殖があるけれど、
いまや産出が減って、美味いけれど当然ながら希少価値でお高い。
これも、むかしのように気軽には食えなくなった。

ときおり、おペケが生海苔を買ってきてくれる。
もう、口へ入れたときの風味がたまらない。
暖かいご飯にのっけて、ちょいと醤油がうまいねぇ。

うなぎは、明治33年、服部倉治郎という人が養殖に成功した。
浜名湖に遡上するシラスウナギを捕り、これを養殖池に入れて飼育する。
昭和の初期にかけて、海苔、牡蠣の養殖とともに養鰻池が増えていった。

すでに大正の終わり頃、池の増加とともに、
シラスウナギも、供給が浜名湖だけではまかなえず、
利根川、霞ヶ浦の捕獲に依存するようになっていたという。

戦時中の休止から戦後の養殖業の回復はめざましく、
昭和40年の年間5000トンが浜名湖でのピークとなっている。
が、ご存じのように稚魚激減で泳ぐダイアとなったのが現状なのだ。

いま残っている池は、ハウスで温度管理をし、
短期に出荷できるシステムを構築しているらしい。
いずれにしても、稚魚確保が年々難しくなって親魚放流もしている。

オレが釣りの現役で、浜名湖へ夜釣りにいくころ。
希に90cmもある大うなぎが釣れた。
こんなもの天然でいるわけがないのだな。だから外来種。

これは推察だけれど、輸入稚魚には外国の大うなぎ系もあるとか、
それが逃げたのかもしれないってはなし。
よせというのに、父親が食べてみるといって持ち帰った。

大きな蒲焼きができたそうな。
味は? 脂はのっていたが、大味だったという。
それみたことか、都言ったのを憶えている。

意外と知られていないのがスッポン。
これは服部さんがウナギと同時に始めたというから、
養殖の歴史はずいぶんと古いんだな。

スッポン鍋はちょっとグロだけれど、そりゃァ美味い。
翌る朝、ほっぺにべっとりと脂が浮く。スタミナがつくそうな。
しばらく食べてないからいってこようかねぇ。

ま、うなぎだけじゃない、
外食全般に値上がりして庶民の危機感つのるから、
財布の紐閉めて外飯を控えるっていう世の中ムリもなかろう。

で、アベノミクスなんたら、
庶民にゃ、なんら実感ないって世論調査結果だからねぇ。
おいそれと財布の紐が緩みはしないな。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

今日もブルーインパルスをお迎えに - 2018.10.12 Fri

曇り。慌ただしく朝ご飯食べて、浜松基地広報館へ。
先週に続いてブルーインパルスが浜松基地で中継なのだ。
おペケがゆくというので、9時前に出発。

パソコンは開いたがなにもしてない。
「てんちゃら.......」も「曇り」と書いただけだ。
広報館まで10分足らず。いやァ、先週より人が多かった。

なんとか最前列に席を確保して、待つこと15分。
東の空に4機の編隊が現れて、みるみる大きくなって着陸。
今朝は富士山がくっきり見えるので、狙いを定めた。

もっていったカメラはスーパーコンデジのNikon P-900。
一眼レフほどの機能性はないので腕の見せどころだ。
シャッター速めに設定して、富士山背景に固定で待った。

181012-bi1.jpg

富士山とホンダ浜松工場の日の丸と、なんとか撮れたね。
いまどきのコンデジは撮れるんだな。
おペケもなんとか撮れたって喜んでいた。

2陣の3機も降りて10時だった。
T-4練習機の訓練も始まったが、今日のところは帰る。
滑走路脇は風があって寒かったが、車へ戻って大汗掻いてた。

「なんだろうね、あなたは?」とおペケが不思議がるけれど、
ちょいデブは暑いんだってぇ。
てなわけで、売店で来年のカレンダーを買って帰る。

おペケはそれからジョギングへゆき、4000歩あるいてから、
ついでに車へガソリン入れて洗車してきたそうな。
このまえの台風後遺症で塩がボディにこびりついてたからね。

ずいぶんとタフなこと。
そういえば、彼女が倒れてそろそろ1年。
よくぞここまで回復してくれた、よかったねぇ。

 181012-bi2.jpg 181012-bi4.jpg

昨日は、って「は」じゃないね。「も」だな。
おペケが頑張ってくれて、美味しい夕餉だった。
揚げ物ならば無問題。にこにこ顔で食卓につく。

うまかったァ。てんぷら。
豆腐は、食べなきゃいけない。おペケがそういう。
昨日の豆腐は井村屋製なんだな。

 ←click

え? あずきアイスの。
そう思ってググったら、食品の品揃え豊富だった。
ん、高カロリー豆腐だってか。

オレはカロリー低い方がいいんじゃないのか?
それとも、ご飯やめて豆腐だけ食べるか。
それもいいね、とおペケがいった。

 181012-bbi1.jpg
  ↑ 富士山がくっきり

もう精魂尽き果てた感じ。
ホームページ崩壊問題だけれどね。
なんとか、ソフトを起ち上げることはできた。

ところが「プラグインをブロック」という警告がでて、
ソフト画面はまっくろ。
たしか、これは前にも1度経験があってはず。

それで、一部の書き換えをしたり、
新しい適応Flashいれたりしたが、まったく音沙汰なし。
ま、ここまでやったんだから、と自己満足して諦めた。

ごんたクンも、あそこまでやったんだからもったいない。
そういってくれて、17000円出して新しいソフトを買うことにした。
それで、もう1度頑張って、素晴らしいホームページを構築しよう。

おペケが資金を出してくれるそうだ。
ありがとさん。
もう一踏ん張り頑張って最新式ホムペつくるどー。

 181012-bi3.jpg

旧マシンの前にすわって難しい顔して、
マウス操っているのを見たおペケがお茶をもってきて、
根を詰めないで....... と心配する。

「2、3万円なら資金あげるからムリしないで......」
そういってくれるから、古い方の再構築は諦めたのだ。
ぶっ倒れては........... と心配らしい。

オレってヤツは短期集中頑張り人間なのだね。
ここ一番には人一倍というか数倍の頑張りはするけれど、
持続力はあまりないのはわかっている。

そもそも、 いい加減で怠けもんだしね。
いろいろな職種で、いっときも休まず動いて仕事する人、
たとえばラーメン屋さんでも、オレは素直に尊敬する。

オイらみたいな,のらくら爺ィには、
まったくない要素であるから,これは尊敬しかないんだ。
その原動力はなんだろうか。のほほんごんべとどこが違うのか。

オレ、40歳目前で組織というやっかいなものから外れ、
それなりに頑張って、58歳で二度目の転業をした。
58歳でハーフリタイアするつもりが、64歳までもうひと踏ん張り。

ま、58歳といえばサラリーマンは停年まじか。
そこから、もうひと踏ん張りしたのだから、
怠けもんとしてはエラいかなと思う。

で、フリーでまだやるつもりだったが、
亡き人のサポートが必要になって、やむをえずやめたのだ。
これは遊ぶ資金をほどほどに稼ぐつもりだった。

さすがにちかごろは,
もう、頑張らなくてもいいや.......... って思ってるし、ぐーたらなので、
年代にかかわらず、めっちゃ頑張る人は尊敬に値する。

オレなりには頑張ったとは思うよ。
そりゃァま、この世の中は、駕籠に乗る人担ぐ人、
そのまた草鞋をつくる人だからね。

どの仕事だって世の中まわってゆくためには必要なんだからね。
オレのぐーたら仕事だって必要にしてくれる人はいる。
ま、そう思ってはいる。

亡き人送って、がっくりと肩落とし、
あァ、オレはもう燃え尽きたァ。
そう思った途端に憑きものが落ちてか、ま、いいやになった。

そうしたら、まいど........ って、
どこやらから怠けもんの神さんでてきて、
それが妙に気が合い、懇ろぞっこんになってしまった。

残り火がないことはなかったが,
いまさら燃やしちゃいけない、そう思った。
もう、あのころの力はないのだから、これでいいってね。

ま、それに尽きる。
いつまでも頑張れる人って、
オレとは人間の種類が違うんだ。きっとね。

だから、素直に自分にないものは尊敬する。
羨ましく思う。けれども、人の種類がちがうんだから,
自分もそうしようとは思わない。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

これまで出会ったすべての人たちに感謝 - 2018.10.11 Thu

6時前に起きてきた。おペケもいっしょ。ちかごろ朝型。
それというのも、精魂尽き、疲れ果てて早寝する。
万策尽きて、10年間撮り溜めてきたHPを放棄すると決めた。

悔しいのだがしかたがない。が、なんらかの形では残したい。
Windowsには「ホームページビルダー」というソフトが、
いまも進化しつつ存在するが, マイノリティMacには1つしかない。

それをしょーもないといいながら使ってきたが、
オカネを使わせようとする企業のやり方が気にくわないので、
月額2000円は払えないゆえ、決別すると結論を出した。

それで、疲れ果てて、昨夜あたりは10時まえに寝てしまった。
夜中の3時に目が醒めて、悔しくて、悔しくて、しばらくバタバタ。
そのうち、またも疲れて眠ったので、それでも8時間。

カメラ買ったり、どこかへ撮影にいったり、
その原動力は撮ってきたものを、アルバムにすること。
このレイアウトするのも好きだったから、手段を失ったのが悔しい。

考えてみれば、昔やっていた仕事の延長線上にあるから、
もういいんじゃないか、ってほんとの年貢のおさめどきだな。
ま、そう思って往生することとした。

ただ、残すものは残す。
今日からサーバーにあるデータをローカルに取り込む作業する。
ま、それほどはかからないはず。

 181011-a1.jpg

今日は終日の曇りなんだな。
7時前に起きると、朝焼けが見られる。
明日の昼からあがる天気予報。

空のてんこちょ。
あ、「てんこちょ」ってのは遠州弁でてっぺんのこと。
どちらかというと子供言葉かな。天の頂きだよね。

東海道には京に発する雅言葉が方言として残っている。
だから、なにもテレビ語に統一することもない。
誰憚らず残せばいいんだ。

が、一旦は消えてしまった訛言葉を改めて使う風潮がある。
それがまた新しいとうような認識だろうな。
クリエーターの考えそうなことだと、元クリエーターは思う。

 181011-a2.jpg

昨日は、新OSバージョンのMojaveを2時間かかってインスト。
速くなったァ、ちいさなバグが消えたァ。
凄いのだけれどソフトが追いついてゆけない。

画像処理のフォトショップの動きが悪かった。
というより停止状態。今朝方、起動すると新バージョンが入り、
問題は解決したが、ついにFlash playerと決別。

これはadbe Flashに脆弱性があると、各OSが拒否していて、
WEBの動きものは、ほとんどがFlashに依存しているので、
adbe側も一歩も退かず、全面戦争になりそうな気配。

で、新OSではホームページが復活してもスライドショーは動かず、
復活できても中途半端ではあったのだ。
と、まァ、負け惜しみをいっといて、これもほかの方法を採る。

頭チンチンにはなるけれど、オレの脳味噌もまだまだ。
認知症にはなるまいとおペケがいうが、
オレがサラリーマンだったころの上司がなったからね。

このかたは、この会社の頭脳といわれた部長だったが、
停年で辞めた途端にあちらの世界へいってしまい、
お会いしてもオイらがわからぬと、ま、こういうこともある。

 161027-a2_20181011083315d23.jpg

「お風呂したら?」
朝ご飯食べ終わっておペケがいう。
このままパソコン前へ座ったら疲れ果てて、そのまま眠っちゃう。

「そうするか」ってシャワーしてきたら気持ちがいい。
髪洗って、乾かして、髭剃って、あァ、気持ちいい。
ちょっとオレらしくしないとダメだな。

おペケは、オレが疲れているからと、昨夜のごはんも、
一生懸命つくってくれたのだが、食欲わかず。
ヤリイカが美味かったが、ご飯ちょっぴりで終わった。

 ←click

ジムへいこうかというはなし。
すぐ近くにはあるが、1ヶ月6000円あまり。
迷っている。怠けもんが毎日ゆくか?

 151013-a4_20181011085111829.jpg

あ、晴れてきた。案外はやかったな。
シャワーして、さっぱりして 窓から外みていたら、
アキアカネが三階の窓の高さを飛んでいる。

けっこう飛翔力があるのだな。
そういえば港を出て航程1時間くらいの沖で見たことがある。
海の上を赤トンボの集団がとんでいるのだ。

どこへゆくんだろうか?
50匹くらいの群れが、それほど頑張るでもなく、どこを目指すのか、
ゆったりと風のなすがままに飛んでいた。

 赤とんぼ翅せわしくて宙にゐる  ごんべ

漂流している流木に5匹くらいの蝶が休んでいるのもみた。
鳥だけじゃなくて、昆虫も遠くまで旅するんだ。
そういうの、いっぱい見てきたオレってシアワセだと思うよ。

 161027-a3_20181011084402d37.jpg

オレはバァちゃんに育てられたから、
まわりは大人ばかりで、よくも悪くもマセていて、
それをまた、夢想につなげて大きな夢を描き、臆面もなく口にする。

なので、ちっちゃなホラ吹きだっていわれた。
バァちゃんたち大人にしてみれば,
とんでもないこといいだす、ちっちゃなホラ吹きだったのだ。

でも、可愛い大風呂敷であっても虚言ではない。
バァちゃんは、「尻餅ついてもウソつくな」といってたし、
爺ィちゃんの座ってたうしろには「正直一生寳」って額もあった。

オレの可愛いウソは不思議なくらいにすぐバレた。
いまでも、おまえのウソはすぐわかる、といわれるのだ。
上手にウソついたつもりでも、どこか抜けてるらしい。

そこをつかれると、うッ、と詰まって、
ぐゥ、もいえなくなって、アハハァ、と笑って誤魔化す。
要するに単純なヤツなんだな。

ひとつウソつくとね、
それのフォローでまたウソをつく。
結局はその繰り返し。

朝日新聞がついたウソで、日本という国が大きな迷惑被っている。
大阪市がサンフランシスコ市との姉妹都市提携を解除した。
一方的に片一方が解除すべきものでも..... と朝日新聞が書いたらしい。

ネットでは「おまえがいうな」と笑われている。
そもそも、中国系の民間団体が設置した慰安婦像と碑文を、
公共物化しないよう吉村洋文市長が以前から書簡を送っていた。

これに対してなんの返事もないから解消したのであって、
一方的というにはあたらない。
慰安婦像の次は旭日旗をなんのかんのと隣国が言い募る。

戦犯旗だというが、これをいいだしたのはつい最近。
なんかと見つけ出しては騒ぐけれど、
これって、そちらの国益になることなのか疑問だな。

不可逆的に繰り返さないと条約交わし、10億円支払った。
それを政権換わったらなきことにする。
ま、あまり触れないのがいいのかもしれないねぇ。

詐欺メールに詐欺電話。今朝も被害が新聞にあった。
いまの世のなか、そんなんばかり。
ま、むかしも「人をみたら盗人と思え」といったけれどね。

構えて生きるのも疲れるなァ。
ほんとに。
でも、寿命があるうちは精一杯生きなきゃいけない。

 人生って難しい。
 たしかに................ 
 もういいよ、といったって、まだ続いている。

 人世は深い。
 たしかに................. 
 この期に及んでも、底がまったくみえやしない。

オレが狼狽えて生きてたころにいった譫言なのだ。
ま、人世はなにが待っているのかわからない。
5年まえに、いまこうしていることの欠片も思いはしなかった。

自分が思いださなきゃ、忘れたふりができる。
忘れたふりは、おのれの心を健やかに保つ方便だ。
悲しみの坩堝にあるときは,その忘れたふりすらできない。

思い出さなきゃいいのだ。
簡単なことだけれど、これができなかった。
時の経過によって、やっと忘れたふりをすることができた。

そのややこしい心を包んでくれる人が傍にいる。
「あ、やっとここまでこれたなァ.............」と安堵する。
感謝しなければいけない。なにに? 誰に?

これまでの刻の流れと、
出会ったすべてのひとたちに。そして、もちろん.。
ありがとう。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

今日はなんとなるさって考える - 2018.10.10 Wed

涼しいのか、暑いのか、わからない。
今朝は雨が降った形跡があったし、布団を脱いでいたから、
蒸し暑かったようだが、いまは青空がいっぱい広がってきた。

いま古いほうのマシンで書いている。
新しいマシンは、新OSバージョンのMojaveインストール中。
だいたい1時間半はかかる。

待ってるのがタイヘン。
そうだ、古いほうでやればいい。
なんかね。あたりまえのことに気づいたのだった。

暑くなってきた。27.2℃。
Tシャツ短パンに戻した。なんか頭もチンチン。
「根詰めて倒れないでね」とおペケがいう。

ほんとだ。頭チンチンだし、なりかねないぞ。
その理由はこのあとに書くけれどね。
もう、倒れそうなのだよ。

 141021-gp1.jpg

インストール終わった。
速くなったか。バグを修正しているはずだからね。
ありゃァ、リリースが9月26日だったから、早すぎたか。

ワープロソフトが未対応で、なんか再々でるぞ。
ま、しかたがない。やっちまったんだから...........
なんとかなるでしょ。

そのなんとかなるでしょ、なんだよな。
とうとう、いちばん怖れたことが起きた。
サイトを順調にデータ転送中だったのに突然のバグ。

動かない。まえもこんなことあったから、軽く考えていた。
なんとなるだろう。いつものね。
この前もなんとかなったんだから、なんとかなる。

ま、オイらのいつもながらの楽観主義だけれどね。
ところがガッツン。現実にぶつかった。
CDから取り込んで展開しようと思ったができないのだ。

バージョンアップを重ねているので、オリジナルがないという。
メーカーへDLにいったら、購入後10年経つので、フォローが終わってる。
どうすんじゃァ。

まさに、にっちもさっちも状態。
それでも、オレのキャリア18年のスキル総動員で半日弄った。
夜中の12時になってギブ。

 14119sn1.jpg

もう、知恵熱どころか、脳味噌チリチリチリチリと爆発寸前。
慌ててベッドに倒れ込んで眠った。
朝になってオペケに相談する。こうこういうわけで............

写真撮ってホームページに貼って、それがオレの生き甲斐だもんな。
というと、「それを奪ったら、あなた、萎んじゃう.......」
そうなんだよな。たしかに。わかってくれているのはうれしい。

「新しいソフト買えば?」
そうなんだけれど、いまどきはモバイル全盛。
パソコンで写真を展示するってことが時代遅れになっている。

それを維持しようというオレが異端なわけで、どうにもらない。
おまけに2〜3万円というソフトだから、
購入はしたが、オレの望んだものにそぐわないってこともあり得る。

ヤフーのサーバは3月末で全削除というタイムリミットがあるし、
よーし、最後の踏ん張りするかってことだが、
果たしてインスタ主流の「いま」にできるんかぇ??

えぇ、できるんかぇ。
って、CMの大地真央さんの声がァ。
ほんと、ソフト屋に、愛はあるんかぇ?

 121002-gp21_20181010095337a42.jpg

そうしたらAppleからメールがきていた。
ちょうどバージョンアップしていることだし、なんだろうと開ける。
Apple storeの請求? なんだ、フィッシングメールか。

つまり詐欺メール。
こいつ、ウイルスソフトをくぐり抜けやがった。
危うくポッチンするところだった。

 ←click

オレは遊びで、ぶっ倒れそうだが、
主婦おペケは、ご飯つくらなきゃいけない。
「豚丼でいい?」

ってくるけど、オレ、それどころじゃない。
脳味噌沸いてるからね。
「なんでもいい」

おまけに、食欲なくて..............
これが解決しないとだめだな。
素っ気なくてごめん。

 111122-mk30_20181010100700d8a.jpg

OSの新バージョン、10.14はかなり速い。
サクサクだな。ページが瞬間に換わって気持ちいい。
これはシアワセだよ。

今日はもうパソコンやらないでのんびりするか。
いつもオレいってるよね。
シアワセは自分で探しだすものだってね。

後ろばかり向いていたって掴めやしない。
いつも前向いて歩く。
昨日は落ち込んだけれど、今日はなんとなるさって考える。

そうすれば、
トータルしていいことのほうが多いだろ。
そう思いこむ。

思い込んだらこっちのもんだ。
のほほんと暮らせりゃ、
なにも考えなけりゃ、こんなシアワセはない。

 幸せとは「瞬間」的なものだ。
 ほとんど毎日、幸せな瞬間なら、少なくとも一度はある。
                
メイ・サートンという人がこういったんだそうな。
そうだな、毎日シアワセだよ。
小さくてよければね。

今日は10月10 日だ。
そういえば、東京オリンピックの開会式だったな。
1964年。はるかなるむかしのこと。

その東京オリンピックの開会式の中継を、
オレの住んでいたアパートで、亡き人と2人で見たんだ。
その翌月から、そのアパートで貧乏所帯が始まった。

その年の春にカミさんをもらいにいった。
23歳だったから反対された。
その若さで、娘をシアワセにできるかって鬼の形相でいった。

そりゃもう、厳格なクソオヤジはうるさくて、
「貧乏でもいい、娘をもっていかれる親に誠意をみせろ」
そうだよねぇ。いまははわかるけれど、その当時はクソオヤジだった。

そりゃまァ、こんな若僧に、
可愛い娘を託すのだから、それくらいはいうだろう。
その年の秋に全財産はたいて、けじめだといわれた結婚式やった。

それで、おペケとは、引っ越しのなんのと気忙しく、
もう、その疲れが2ヶ月もとれないくらいのなかで、
区役所にいき、娘夫婦と食事会だけはをすませた。

ほかに、なんにも要らないって言葉に甘えてなんにもしてない。
おペケの居心地いい場所をとそれだけ考えていたから、
まわりの人たちに受け容れられたのが、なによりのシアワセ。

それがオレのいちばんのプレゼントのつもりだが、
来年あたりには、なんの祝いかわからないような席をもうけて、
まわりのひとたちにきていただこうと思っている。

今日もシアワセな日にしよう。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

前向いてりゃ還暦なんざ洟垂れ小僧 - 2018.10.09 Tue

Tシャツ短パン でいたら、ちょっと涼しい。
おペケが「なにか着てください」というので、
ジーンズ穿き、:ベストを羽織った。24.8 ℃、風が冷たい。

昨日も1日パソコンのまえ。
エコノミー症候群になるからとアップしておいて、
うちの中を歩きまわり、スクワットする。

データ量の多いページだと、画像1200枚を背負ってる。
これを初期転送するのに70分くらいかかるから、
2つのパソコンで別のことしてるわけだ。

やっと全体の1/3くらいは転送できただろうか。
たまにはミスをする。ほとんどがファイル名のタイプミス。
indexとするところがndexでは、リンクがつながらない。

上書きは5分くらいですむけれど、
せっかちごんべには、かなり苦痛だね。
ま、こういう作業は人間修業だと思っているよ。

短気を起こしちゃダメ。
しっかりとチェックして、時間のロスのないようにね。
で、あと1週間かかるかな。

 「Gombessa Photo's」←click リニューアル進行中。

 18109-a1.jpg

凄いね。
マラソンの記録もさることながら、報奨金1億円。
2人目だっていい、あと1人は資金があるそうな。

そのむかしのオリンピックの社会主義国では、
メダルとると英雄として生涯の栄華が約束された。
それをとやかくいったわけだが、いま日本でもはこうなった。

これでいいんだと思うよ。
プロ選手がオリンピックにでる時代だからね。
ま、ニンジンがぶら下がっていたっていいじゃないか。

オイらも長距離選手だったわけで、
あの、ランナーズハイにはいったときの心地は、
経験があるけれど、その果てに1億円あれば走れるでぇ。

 14112-f03_20181009092634023.jpg

カレーとラーメンと餃子は、
なんか、一定期間隔で食べたくなるんだよね。
それからオレの場合はシャケ。

むかしは切り身の端に塩の結晶がついてる激辛。
これでないとシャケじゃないとか。
いまは、トホホホ................ の甘塩だが、ま、しょんない。

あ、しょんない、は遠州弁のしかたないだが、
血圧、肝機能の大敵とあらばガマンする。
ま、しょんない。

 ←click

あの、結晶がついた激辛。
だいいち、いまどきは売ってないよ。
あれ、食いたいなァ。

 14114-f01_20181009092636c54.jpg

オレってツンデレかもしれない。
わりと人見知りするしね。
そのくせ「あんたは、人好きだよね........」よくそういわれる。

これは矛盾しているかもしれないが、
基本的にはそうだな。
だれとでも仲良くやりたいと思うのはあたりまえ。

あまり虚々実々と、駆け引きのできない人でもあるから、
最初はちょっと構えるのだ。
素直といやァそうだが、すぐに態度にでる。

ヘタなんだな。
意に反する相手だとわかったら、いい年こいてつっぱちゃう。
それを我が儘という人もいるけれど、ま、そうだ。

乳母日傘で育った我が儘おぼっちゃまだからね。
三つ子の魂なんとやらっていう。
けれど、そのすぐあとに奈落の底も味わってる。ここだな。

 17114-f2.jpg

父親は、栄華とどん底と両方を味合わせてくれた。
これは凄い経験だよ。
我が儘放題からどん底辛抱の両極端だからね。

許せないものは許せない。
だから自分で世間を狭くしているってのは否めない。
年の功で多少はやりすごすようになったとは思う。

なんで? ったって、それがオレだから、しょーがない。
けれども、理不尽でもさっさと退き下がるになった。
愚図ぐずいってから、砂噛んで退き下がるのがイヤなだけだ。

基本的にエエカッコシィだな。
愚図ぐずいってる自分のカッコ悪いのがイヤなんだ。
ま、それよりは前を向いていく。

先へいったら、
いまよりイイことあるかしれない。
これって、いいよ。

考えみるとおペケもそういう人で、
オレたちゃ似たもんなんとか。
よくしたもんで、そういうのがくっつくゥ。

 14114-f02_2018100909263743d.jpg

ええカッコしィで格好つけて、
さっさと前向いてゆくってには、案外とあとで、
はやとちりで損したかなと思うこともある。

ひょっとしたら、そのほうが多いかもしれないな。
けれど、これにこだわっちゃダメ。
そんなもん、気分の問題でさっさと忘れる。

忘れられんから愚図ぐずするわけで、
こりゃ性格だけどね、ほんとは。
だけど気分の問題は意識して変えられる。

コップの水がもう半分しかないと思うか。
コップの水がまだ半分もあると思うか。
後者の楽観主義だな。

気分の問題ってのは、案外と大切で、
ときどきよそさまのブログで見かけるけれど、
60歳チョイでボケないようにとか......................... ね。

これはオイらだって経験した。
50歳もそうだったが、60歳ってのは老境にはいるから、
ま、ガクッと年齢を意識する。

あ、どうしよう。還暦過ぎちゃったァ。
たしかにそう思うよ。がっくりもくるんだ。
本人は意識してないが、ありゃ、はなはだ失礼なんだな。

いまの世のなかァ、60歳洟垂れ小僧。
そのさきゃ、まだまだあるゥ。
なんのなんのなんのようこ。古希過ぎなんて矍鑠としている。

そりゃま、たしかに50歳と60歳では感じ方がエライ違うが、
だから、そこは気分の問題、自分次第。
まだまだ遊ぶ時間がいっぱいあると思えば、愉しくて、愉しくてぇ。

ボケないようにだとか、
後ろむいてちゃ、ほんとにボケるゥ。
まえ向いてりゃ、還暦なんざ洟垂れ小僧。

もう60歳になっちゃったと思うか。
まだまだ60歳と思うか。
それだけのことだからねぇ。頑張れぇ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

だからオイら耄碌してる暇はないぞ - 2018.10.08 Mon

台風吹き返しの西風もおさまり、雲ひとつない空。
それでも暑いのだ。朝から26。3℃。
昨日の昼間にTシャツ短パンになって、そのまんま。

だってさ、10月なんだよな。暑すぎるゥ。
パソコン前に座って動かない。
オマケに話しかけるなっていうから、おペケは独り言。

だいたい筋道はついてきた。
このサーバはこう扱えばいいというのがわかったから、
あとは単純作業の繰り返し、引っ越し先のアドレスに変えるだけ。

よくぞ、やった。ここはもう手放しの爺ィ画自賛。
いっときは、ぜんぜんわからず、どうなるかと思った。
やっぱり「こんにゃろ魂」は捨てちゃいかん。

 18108-a3.jpg

マシンは2台使い。筋道通れば転送の時間を待つだけ。
この作成ソフトが32bit用なものだから、
いまの64bitでは使えない。なので旧マシンを大事にする。

旧マシンが終わったら、オレのホームページも終わり。
昨夜あたりは、マシンを仕掛けておいて、ボクシング見にゆく。
いやァ、井上尚弥選手の強いこと。

相手だって、元スーパーチャンピオンだからねぇ。
KOまで70秒、相手には右ストレートがまったく見えなかったという。
早すぎて、次の準決勝に長引いたら大丈夫? って声もある。

世界にバリバリ通用するボクサーだな。
このチャンピオンのなかのチャンピオンを決めるリーグ戦、
次が愉しみだぞ。

で、ボクシング終わって書斎に戻り、3ページほど転送した。
それで1ページに1時間くらい要するものだから、
11時過ぎの1ページで眠ってしまい、気がついたら12時まわっていた。

 「Gombessa Photo's」←click リニューアル進行中。

 18108-a1.jpg 18108-a2.jpg
 ↑ ケサソラ

「なに食べたい?」
と聞きにきたときがめんどうな局面だったから、
「なんでもいい」と答えたが腹減っていた。

「カレーでどう?」
「はい、いけますゥ」

ってことで昨夜はカツカレー。
カツも1枚だと多いので、ハーフ・ハーフ。
カレーってしばらくすると食べたくなるんだな。

 ←click

涼しくなったらラーメンだけど、昨日あたりは汗ばんでいた。
カップ焼きそばは「富士宮焼きそば」の出来がよくて、
もうモノホンとおんなじ味だから、もっぱらこれ。

 18107-k2.jpg

1日のうちに何度もカメラもってうろうろ。
ま、いつまで経っても写真表現には果てがない。
ああすればもっとよかったかも............. という反省ばかり。

こうした悩みを繰り返している。
カメラという器械を通して、思うがままにならないという、
苦を背負いつつ、だから愉しいって、その矛盾が写真。

釣りもそうだったね。まさに静と動。
静かに装いつつも、脳内ではめまぐるしく作戦を考えている。
で、魚が餌をくわえたら、激しく動いて対峙する。

そうなんだよ。物事すべからくおんなじ。
ただ、オレたちはどちらも、アマチュアで遊び。
それほど悩むことはなく、真似事で満足してればいい。

だから、講釈言い募るのはキライ。
自己満足して、ちょっとだけイイネといってもらえれば、
それでいいのだからね。

 18108-w4.jpg

小さい声でいうけれどオレの職業は編集者 だった。
零細出版社にちょっと毛のはえた程度の編集室に、
長いこと根をおろしていた。

ま、たいして儲からなかったけれど、
あの仕事はおもしろかった。創る愉しさを満喫した。
世間の反響も、懐直結で愉しかった。

自分の企画があたって、
書店さんに、その本が平積みになってると、
してやったりと快感に酔う。

ところで、編集者が美文を書くかというと、
はなはだ、その点は疑問ではある。
ま、むかしは2Bの鉛筆握りしめて書きまくるだけ。

零細であっても、校正さんは立派なかたを雇っていた。
新聞社の校閲を退職されたかただとか。
ま、世間へでてゆくときに、まともな文章になってりゃいいわけだ。

文法、語彙の間違い、それらに赤が入れられ、
その初校をみて、なるほどと学ぶ。
なんか、いいわけしているみたいだが、ま、いいわけだな。

 18107-k1.jpg

が、最近は「なんだ、オレの文章は...........」と思うことが再々ある。
感性やら、表現力やら、見事に失せて、いわゆる駄文そのもの。
まァ、緊張感やら向上心やら、商売を放棄した脳細胞はこんなもんだ。

だいいちゼニにゃならねぇ。
なんてこといっちゃダメだよね。
趣味なんだからね。

よちよち歩きのころから映画館で昼寝していた。
なので、ほんとうは映画関係の仕事につきたかった。
ところが、たまたま映画が斜陽といわれた時代にさしかかったのだ。

ただ、テレビは黎明期で、青島幸男さんだとか、野末陳平さんだとか。
作家さんが大活躍し花型になった。
で、テレビに関わり求めているうち、病のため挫折した。

本読むのが好きっていうのは、字を憶えてより以降だった。
叔母の遺した蔵書を片っ端しから読み、
もう中学生では「江戸川乱歩全集」を全巻読破した。

ま、こっちでもいいか....... って、動機はいかにもちゃらんぽらん。
で、縁が切れたいまも、しばらく文章を書かないと、
書きたいッという欲望が、どこやらからわいてくるのだから不思議だねぇ。

そこは、やっぱり好きなんだなァ、と思う。
「あんたのブログは長いから読まない」
ときどき、きっぱりいわれるよ。さもあらんと思う。

いまの若い衆は長文が苦手らしい。
よくネットにあるよ。長いから読まないってね。
本を読むってことが、まったく少なくなったのはご承知の通り。

それがなぜかというとスマホなのだ。
あの画面に、文字がぎっしりになったら、オレだって敬遠する。
ま、オレが編集者だったころも、その傾向はあったね。

つまり、ハウツー本が流行って、早く上達する方法を教える。
すると、1から実践する人が減り、
もう最初から4か5でスタートしたいって思うようになる。

なにごとも「はしょって」しまう。
だから、その基本プロセス省いて、早く上達するハウツー本が売れる。
そういう時代になったんだからしかたがない。

しかたがないっていえば、この「ちゃら.......」がやたらと長いって話しね。
指が勝手にキーボードを這いまわるんだ。
ま、どうせ長い駄文だから、イヤだったらスルーしておくれ。

オレは、自分の精神衛生のために、
なが〜〜〜〜い駄文を書いてるわけで、
懲りずにいつも読んでくださるかた、ほんとにありがと。

で、むかし書いた文章にであうときがある。
「えぇぇ、これをオレが書いたの?」などと感激したりする。
もう、ああは書けない。ボキャブラリーも枯渇した。

つまりは、爺ィには感動の補充がないからなのだな。
以前のように好奇心に、満ちて満ちていないといけないね。
もっともっと、もっともっと。

だからさ。オイら耄碌してる暇はないぞ。
もっとアクティブでなくちゃね。
ほなあした...............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

眠ってしまえば無意識の空間移動 - 2018.10.07 Sun

台風一過といってもちょっと雨が降っただけ。
明けて穏やかな日曜日の朝だが、
なんとも湿度が高くて、蒸し暑いのだよ。

なのでTシャツ短パンに戻った。
すっきりとはいかないが、懸案事項も糸口見つけ出し、
ちと知恵熱でそうな雰囲気だが、気分はいい。

昨夜は、何時だったか? 眠くて辛抱溜まらず、
早々に寝室へいってしまい、そのまま、コトンと眠った。
たぶん、いまのオレの脳味噌キャパ超えていたんだな。

昨日も、ホームページの引っ越し。
朝のうちは、ページとページの間をつなぐリンクが出来ず、
一時は放り出してしまおうと思ったくらい。

で、持ち前の「こんにゃろ魂」が、
「やれよ、おまえ。尻尾巻くな」とけしたて、
しばらくモニター眺めていて、なんか回路がつながった。

つまりは、そのサーバの方式がわかればいい。
で、突然、ほんとに突然ひらめいて、
それが正解で、リンクがつながったのだ。

「やったァ」と万歳したね。
これで、やり方がわかった。あとは転送するだけ。
写真のアルバムだと1ページに1時間かかる。

ま、あと20日もあれば、引っ越しおわるでしょ。
それでねぇ。しばらく使ってない脳味噌酷使したから、
くたびれ果てて9時台に眠ってしまったらしい。

 「Gombessa Photo's」←click リニューアル進行中。

 18107-a2.jpg

話しかけるな、オレの思考がすっ飛ぶ。
そういうものだから、おペケがさかんに独り言いう。
「やったァ」のあとは話してもいいよ。

いろんなこという。なにを聞いたか忘れたくらい。
あ、そうそう。娘に停電のときのお礼をいって、
おペケの姉弟子が写真展に入選したらしいってはなし。

上孫は、幼稚園年長組のときにデジカメをもたせた。
高校のときは写真部だし、ずっとカメラを趣味にしてきたから、
おペケの姉弟子なわけだね。

静岡の写真展にゆくというから、
オレたちも連れていってくれぇと頼んだ。
どんな写真なのか、内弟子1号の成長をみたい。

 171010-a2_20181007071819d09.jpg

魚が2、肉が1の割合で献立つくるようだ。
「今日は肉でいいよね」
あなたの好きなもの、というから期待していた。

カリカリ豚、うまかった。
なんでも片栗粉つけて焼くってのは、
オイらのおひとりさまレシピで、これがけっこう美味い。

 ←click

すぐ下の妹が栗が好きといい、このまえ、
おペケの故郷からきたものをあげたのだ。
そのお返しが、デパ地下の焼売と豆腐だった。

「この豆腐は美味しいからね」
ほんとに美味かったァ。京都のお店のものらしい。
まァ、疲れた脳味噌にしみわたる夕餉だった。

 171011-a2_20181007071821165.jpg

やっと湿度が下がってきて、87%になった。
朝ご飯食べながらテレビ観ていたら、
東京は真夏日になるとか、こちらはただいま26.9 ℃。

ようやく中電が大規模停電の収束を発表した。
なんと6日間だからねぇ。
うちは2日半だから、いいほうだったんだな

ま、水道のでないのが困るが、いちばん応えたのが退屈。
いやァ、テレビとパソコンに、これほど依存してるとは。
知らず知らずに時間をこれらに使っている。

本を読むとか、もうすこし、変えないとイケないね。
そういえば、大昔の伊勢湾台風のとき、オレは中学生。
ローソクで本読んでいて、父親に手伝えって叱られたっけ。

 1711010-m1.jpg

最近は、余所さまのBlogもあまり読まない。
ときおり、アメブロの有名人のBlog読みにいくくらいかな。
それも、わりと遠ざかってる気がする。

檀蜜さんのはわりと読むかな。
このかたの、それとなく漂う知性が好き。
文章のむこうに人柄がみえてくる。

黒髪の白拍子」←Click

芸能人だって、文章のむこうに人間性がみえる。
読んでいて、ほんわか読みおわったほうがいいに決まってる。
ま、「てんちゃら...........」もそうありたいと思う。

ほんわかほのぼの。
他愛もないと違うよな、なんだろ?
温かくなる。心がねぇ。そういう感じか。

 elu.jpg

昨日、ホームページの写真をさがしていて、
なんか、この犬の眼差しが気になって使ったのだ。
そうだ。エルのオイらを見る眼差しだったのだ。

オレが小学校のとき、縁側の下にシェパードがいた。
そう、エルって名前だった。
警察犬だったのだが、お役御免になった年寄りだった。

オイらが寂しくって、
人肌恋しいときはエルの横にもぐり込む。
それで、エルに巻き付いていると、いつしか眠ってしまう。

目覚めると、エルが慈しみのこもった目でオレを見詰め、
ペロリとだんご鼻の頭を舐めてくれた。
あのエルの眼差しが脳の襞の奥に残っているらしい。

そうだ。おひとりさまのときだってね。
午後の日差しのなかで眠ってしまい、
薄くらい中で目覚めて、ふッ、とエルの眼差しを思いだした。

いま、日々が淡々と 過ぎていく。
昨日なにをしたっけ? ちょっと考えないと思いださない。
忘れてしまったわけではない。

それくらい淡々なんだ、毎日がね。
おペケがいて、なにかを話し、そして笑う。
他愛なさすぎて、明くる日にはけろっと忘れている。

こうして朽ちていくのかぇ? そう思ったりする。
うん。いまさらシャカリキ頑張る必要もないしィ..........
この「ゆるさ」でいいんだな。

正直いって、あまり考えることもない。
ま、たまにはパソコンで脳味噌のキャパいっぱいに、
考えたりはするけれど、これは悩みのうちではない。

ほんとのところ、すぐ眠ってしまうから、
なにかを考えることもない。
屈託ないからねぇ。ごくごく自然に眠る。

眠ってしまえば、無意識の空間移動。
目覚めれば、新しい一日がまたはじまってる。
これがシアワセってもんか。

今朝の起き際に、ふとエルの眼差しが浮かんだ。
これって??
オレが知らない母の眼差しなのか??

そう、いまでも母が恋しい。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

剥がれた残滓をすかさずコロコロ - 2018.10.06 Sat

嵐の前の青空がでている。雨は夕方らしい。
窓ガラスについた塩分が、空気中の湿気で水滴になっているよ。
ガラス拭きもしないといけない。

ベランダの花たちは可哀想に塩分かぶって枯れてしまった。
元気なのはサボちゃんたちだけ。また、再構築しないといかん。
再構築といえば、サイト移転だが難航している。

これまでのページのローカルデータを、
新規サーバへ送る手段はわっかたのだが、これでアップロードすると、
リンクが途切れたりするので、サーバとソフトの相性が悪いらしい。

かといって、有料サーバを開くのにオカネは払ってしまった。
どうすんじゃ、ってことで頭が痛いんよ。
おペケにはなしかけるな、っていってる。思考回路が飛ぶからね。

投げ出したいくらいだが、そこはオレのこと。
こうなると人一倍のファイトがわいてきて、やる気充分になるんだ。
タイミリミットが来年3月末、やり遂げるからな。ぜってィ。
 
まだ考える力があるんだから、たいしたもんだと爺ィ画自賛。
おペケがちょっとだけ褒めてくれる。
まァ、認知症予防で脳味噌使わにゃいかんでぇ、ほんと。

 18106-a2.jpg

それで昨日は2回も広報館へいったのだ。
twitterでいつも松島基地のフォロワーさんが、
離陸を告知してくれるのがありがたい。

9:22に発ったというので、10時にごんたクンがお迎えにきた。
それで広報館前のエプロンで到着を待つ。
早いときは、松島から45分だが、昨日は60分かかった。

4機、3機できて、広報館上空で反転、西から下りた。
いやァ、久しぶりのブルーインパルス。音がたまらん。
それから滑走路を東端までタキシング。

幼稚園の子らが30人くらい、黄色い歓声でお出迎え。
7機揃ったところで、広報館前を通って、お手振り。
隣にいた大昔の娘さんたちも興奮して、手を振り続けていた。

BIも大サービスだったね。
さて、午後の離陸までどうする?
いっぺん帰るか、ってことで出直し。

 18105-b01.jpg 18105-b09.jpg

 18105-b13.jpg 18105-b14.jpg

ゆっくりする暇もなく12時に家をでて、
今度はオレがごんたクンを迎えにいった。
30分前に広報館格納庫の扉が開き、エプロンで待機。

午後は500mmレンズを抱えていった。
で、ほどなく4機が格納庫を出て、西端から離陸。
レンズが重いことなんて、一瞬で忘れて追い続けるからね。

4機、3機で、あっという間にいってしまったが、
ま、広報館のサービスに感謝だね。
愉しかった。ありがとう。

 
 ↑ 浜松基地 BI中継 スライドショー

「屋根の上をゴーといったんだよ」
と、帰ったらおペケがいう。
反対方向へ飛び出てブルーインパルスを見損なったらしい。

「次の金曜日もくるからゆくか」
「いってみようかな」

意外と暑かった。
2回もいったから汗びっしょり。
「脱ぎなさい」って2回も着替えさせられた。

喉が乾く。お茶をがぶがぶ。
腹が減ったァ。お昼食べてない。
遊びにゆくといつもそうだからね。

それで撮ってきてもすぐ現像だし、アップするし、
なにも食べずに好きなことはやる。
夢中になっていたら「晩ご飯だよー」って。

 ←click

西京漬の焼いたのが好き、
これはおペケも好きだが、なんかオレがいって、
その返事しているうちに焦げてしもたがな。

 18105-b21.jpg

シャワーせずにご飯食べて、そのままパソコン前に座り、
アップロードの手順考えて脳味噌ひねくりまわし、
もう、知恵熱でそうだが、なんか光がさしてきて一進一退。

で、過去ログに接していると、なんか恥ずかしい。
穴ぼこあったらはいりたいくらいなもんで、
最近はネタ書くのにも、ちょっと抑えたり、躊躇したりする。

毎朝、ご飯食べるまえに、おペケと並んで、
仏壇まえに座り、手を合わせるけれど、だいたい無心。
もう、亡き人の顔も浮かんでこない。

おペケにいちばん感謝するのは、オレの抱えている、
そういう経緯を許容し、あるいはホンネの部分でガマンをし、
優しく包んでくれることなのだ。

「ほんとはツライこともあるけれど、
 それがあなただから.........」

そういわれれば、いくら鈍感なオレだって、
それに応えてあげなければ.............. と思うのだよ。
その気持ちをすぐ忘れるのがなんともだがねぇ。

なんかしらん。
オレってヤツは転機にあっても、
のほほんしてたらなんとかなっちゃう、でここまできた。

だから、それほど苦労したことがない。
だから、いい加減でいられるのかもしれない。
ま、それがオイらの天然なところらしい。

あれ、あれぇ、こりゃ大変だ。
なんとかしなくっちゃいけないよ。そう思ってるうちに、
なんとかなってしまう星の下にうまれたらしい。

でも、あの人との別離は心底応えた。
もう、いいわ。おまえのとこ、いこうか。
たった1度だけ、そう思った。

で、あるところへ全体重かけてみたら、
ミシミシ、ミシミシと音がして、いまにも落ちそうになり、
それがおかしくて正気に戻ったんだな。

おまけに、腹の虫ぐぅっ....... と鳴いて現実に引き戻された。
その心のぎったんばったんは消えはしない。
けれども、薄紙剥がすように薄れてはゆく。ぽろぽろ落ちる。

おペケが傍にいて、落ちた残滓をすかさずコロコロ。
ぜ〜〜〜〜んぶ拾ってくれるから、
オレは、いつものように、のほほんしていられる。

それがあなただから......... と、めんどくさいオレを、
許容してくれたおペケもほんとに菩薩だなァ。
と、12時近くになってはいった湯船のなかで思ったのだ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

早起きしてちゃら書いてどこへゆく? - 2018.10.05 Fri

早起きィ。6時に起きた。なんか目的があるゥ。
10時以降にブルーインパルスが中継で浜松へ下りる。
それのお迎えにゆこうというのだ。こういうことは目が醒める。

今週末は山口県で全国緑化フェスタがあって、
そこで展開飛行をするらしい。
松島からストレートには飛べないので浜松基地で中継する。

広報館がちかごろサービスがよくて、
格納庫を開けてエプロンを開放してくれるのだ。
それでは、久しぶりに会ってこようかぇ、って相棒とゆく。

曇りなんだね。
ブルーインパルスはやっぱり背景がブルースカイでないとねぇ。
浜松を発つのが12:30以降、それまでいるのかな。

来週の12日も浜松中継なのだ。広報館開放だよ。
浜松基地フェスはたしか11月の25日。
まだ、だいぶある。

てなわけで、早起きしたのだ。
もっとも、昨夜はパソコン疲れで早寝の11時頃就寝。
書けるところまで書いていってくる。

 18105-a1.jpg

なにが疲れるかって、パソコンを2台、リモートつかって、
ホームページを再構築するわけで、
このページはなにをつかって構築したか忘れている。

バックアップを見て「あ、そうか」ってやるのだから、
それを構築するのに、目ん玉しょぼしょぼ、頭はかすむ。
喜々としてやるってこともないな。

「すごいよねぇ」とお茶もってきたおペケが褒めるが、
それほどでもなくて、あとは繰り返し作業。
旧マシンでないと、32ビット構築ソフトが使えない。

それがオイらのホームページの悲劇の始まり。
よもや、Yahoo! がジオを捨てるとは思わなかったな。
レンタルHPスペースを切り捨てるのだからね。

もっとも、Yahoo! Blogもパソコン仕様を捨てて、
Facebook仕様にするとかで、テスト仕様を発表したが、
その後はうまくいかず、いまは放置状態。

これもYahoo! Blogの人はやく撤退しといたほうがいい。
つまりは、スマホの会社なんだから、
すべてをモバイル仕様にしたいってことだよね。

 「Gombessa Photo's」←click 構築中

ま、時代の趨勢だから文句いってもしかたがない。
目ん玉しょぼしょぼでやるしかない。
頑張るぞ。頭のボケ防止も兼ねて、脳味噌活性化。

 18105-a2.jpg

「魚を食べたいんだよね」
それじゃ........... とおペケが向かえのスーパーへいった。
しばらくして笑顔で帰ってきた。

 ←click

「いい秋刀魚があったのよ」
たしかにピッカピカだった。キレイだ。
1尾200円。冷凍でないとまだ高い。でも美味けりゃいい。

ひさしぶりに「腹ださずに焼いて........ 」といえたものね。
その腹のほろ苦さ、がなんともたまらん。
いい夕餉だったよ、ありがと。

 18104-f4.jpg

あ、そういえば昨日は、小雨のなかを墓参りにいった。
いつも墓地へゆく道は、墓守さんが花を植えてキレイにしてある。
それがぜんぶ塩害で枯れていた。

帰りに気がついたのだが、本堂の屋根にシートがかけてあった。
「飛んだんですよ。向こう側はもっと酷いですよ」
へぇぇ、お寺さんも被害があったのだね。

帰り道の角の店のショーウインドのガラスが割れて、
ガムテープで補修してあったり、トタンがめくれたり、
台風の爪痕があちこちに残っていた。

これで心配なのは、秋の紅葉なのだね。
お寺のモミジは葉が枯れていた。ひょっとするとひょっとする。
この塩害は海から20〜30kmまで届くからね。

いつかあったな。
モミジの葉先がチリチリで、半分枯れたような秋がね。
あれにならなければいいが.............

 18104-f2.jpg

自己弁護しとく。オレの本来はキレイ好きなんだ。
けれども、めんどくさがり屋でもあって、
しばしば、キレイ好きよりも、めんどくせーが上位にあるんだ。

なんか、おひとりさまのときはホコリで死にはしねぇ。
なんぞといってたが、ゴミ屋敷ではなかった。
整理整頓はする。というか、元の位置におかないと気がすまない。

おペケは、なによりもキレイを優先する。
そりゃァもうセンベの欠片ひとつ見逃さずにコロコロ。
1日に何回か、床をコロコロ。

それが、ときにオレの胸まで這い上がってくる。
だから、黒いTシャツはヤバイね。
目立つから、あまり着ないようにしている。

怠けもんの神さんもいっしょに引っ越ししたはずだが、
コロコロに畏れをなしたか出てきやしない。
ま、いいや、部屋中がキレイなことはわるかァない。

 18104-f3.jpg

近頃、ステーキを食いたい、という欲求も湧いてこなくなった。
わくわくしながら、厚めの牛肉にむしゃぶりついたのは、
遥か遠い日の出来事になってしまったようだ。

オレが、最後に通っていた会社の横に、チェーン店の焼き肉屋があって、
例の怖牛病騒ぎのときは閑古鳥が鳴いて、駐車場は気の毒なくらいに空っぽ。
なんか気の毒なくらいだった。

押すな押すなの騒ぎで客が押し掛けていたときは、
近所に多少なりとも迷惑かけているのに、
抗議しても知らんぷりの店長に腹立てていたからねぇ。

閑古鳥ほろほろほろり鳴くときは、
腹のなかでザマミロと思ったりしたが、
あまりの惨状にしばらくして、同情したりしたねぇ。

どっちかといえば、オレは牛よりは豚。
最近は九州の黒豚専門で、ロースカツがあれば、それでいい。
トンカツというのはフィレではいけない。

オレの頭のなかには、
冷えて脂が白く固まったトンカツの旨さが、
伝説となってインプットされている。

そもそも幼少のみぎり、父親が接待の宴会帰りに提げてくる、
トンカツの折りがえら~~~い楽しみで、
口に入れると白くなった脂身が溶け、それが子供心にもたまらなく美味かった。

そのときに酒臭い息吹きかけながら、頬ずりしてくる父親から逃げ、
それを見守るバァちゃんの膝に逃げたのが、ひょっとすると、
オレが生涯で父親と接するいちばんシアワセだった瞬間かも知れない。

いまだに、あのときのトンカツの味求めているけれど、
ああいう脳味噌の襞に残る味というのは、多分に脳のなかの幻であって、
ま、現実には、これに勝る味があるわけはないのだ。

その、トンカツの想い出のあとに、家庭内が大きく様変わりしていった。
家財に赤紙がベラベタ貼られ、父親の会社が倒産したこと知った。
ボンビーどん底へ落ちてゆく、それがはじまり。

その頃、バァちゃんが作ってくれた焼き飯の、
刻みネギしか入っていないのに、米の一粒ひとつぶにゴマ油がまぶされた、
あの旨さも二度と出会えない幻の味ではある。


 「ごんべっさのひるね」自分史まとめ。2005.05.記より。
 ただいま、新ホームページへまとめ中。

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

知恵熱でそうだから放っといてくれぇ - 2018.10.04 Thu

やがて雨 という空。まだ降ってはいない。
困ったな。1日遅れで丘の上へゆこうと思ったのに。
今朝5時で、西区では12.300戸の停電が残っているという。

関電からも作業車何台かの応援があって、
今日中には解決したいということだったが、
倒木や電柱が折れたところは、それ以上に遅延の可能性あり。

テレビ番組の取材が続々と入っている。
電線に温室のビニールが飛んできて巻き付いたり、
塩害のショートなどと細かい作業で中電さん、ごくろうさま。

現場の作業員の方々はタイヘンだったと思う。
ただ、会社としては「いまどうなってるの?」という不安を、
取りのぞく広報という点について、最悪だったね。

ま、電気はありがたい。
これに尽きるけれど、なんかいい勉強をした停電ではあった。
おペケは疲れ果てて、早寝してしまった。

で、オイらだけれど、HPの引っ越し先を登録し、
アップデートのテストもなんとかなり、
さて、データを移そうという段取りまで持ち込んだ。

ところがFTPの転送に欠かせない「Fetch」というソフトがない。
「え? Fetchよ、おまえもか!! 」なのだな。
全世界で使われていた優秀ソフトも、時代の波で消えたのか?

では、なにを使ってデータ転送するのか。
これを模索しつつ深夜1時まで、オイらの頭は爆発寸前。
ま、しゃーない、手送りでしこしこかな。

夜中に、コンチクショーメと喚きたいところだが、
そっと呟いて、チンチンする頭でベッドへゆく。
さあ、今日から怒濤の引っ越しが始まるよ。

ついでだからレイアウトをちょっとだけ変えよう。
ま、愉しいね、
なんぞとヤケクソだーな。

試作ページ」←click

 18104-a1.jpg 18104-a3.jpg
 ↑今朝の空

「すき焼き風鍋だけどいい?」
と、おペケがいう。冷蔵庫の都合らしい。
まさか、停電とは思いもせず、台風に備えて冷蔵庫満タン。

冷凍室のものが、そのまま再冷凍できないものもあって、
食べてしまわないとヤバイというのだ。
オレの腹は肉を拒否しているが、食べざるをえない。

 ←click

最初にキャベツを大量に食べる。ご飯ちょっぴり。
停電騒ぎが原因かはわからないが、1.5 kg減ったぞ。
オレはやっぱり。はらぺこ青虫クンなのだな。

生キャベツをバリバリ食う。
これがいちばん効く。
60歳代前半に7kg減らした実績がある。がんばろ。

 18104-a4_20181004085243b01.jpg

2ヶ月に1度のメダコの水槽掃除だ。
オレがポンプを分解して洗い、おペケが水槽洗って砂換え。
ま、小一時間の共同作業。

キレイになって、メダコを入れようとしたらいない。
「え? 床に飛びでてないか?」
「あ、いたァ」

床でメダコが白目剥いてるよ。
慌ててるからおペケにはつかめない。
オイらが捕らえて「あ、よかった。泳いでるゥ」と一騒動。

このメダコ、仲間4匹が相次いで天国へゆき、
1匹になってから、もう1年の孤独。
ま、オレには他人とは思えないのだよ。ほんとにィ。

 17107-m2.jpg

書斎に籠もっているから、おペケが遠くから、
なにやら話しかけてくるが、
「今日だけは話しかけないでくれぇ」だな。

検索して、しかるべき方法を探る。
頭ん中のキャパシティがむかしみたいに大きくない。
整理しているとき、理解しているとき。声かけられるとねぇ。

普段見たことがないソース広げて読んでいる。
おペケが、それみて「すごいな、理解できるんだね」という。
理解できなきゃ学ぶ。これは基本。

2000年以前にインターネット始めた人はみんなそうだったよ。
スキルのある先達に、後輩は礼を尽くして教えを請う。
だから、そこには秩序があり、礼儀があった。

だってね。
教わらなければ、なにもわからなかった。
いつから、あの秩序がなくなってしまったのかねぇ。

学ぶってことを放棄してしまったかもしれない。
ま、いいや。オイらはさらに進化を求めて勉強する。
知恵熱がでそうだから、悪いけどしばらくは返事が出来ない。

こういう状態には副作用があってね。
よほど気持ち入れて読まないと、すぐに眠ってしまう。
コンピュータ言語の羅列は睡眠導入剤より効くんだ。

視神経が疲れて目瞑るのが気持ちいい。
だから、さっぱり進みはしない。
ま、いいやね。時間はいっぱいある。

 18104-a2.jpg

9時間以上の睡眠を摂る人をロングスリーパーというらしい。
最近のオレは、9時間はめったにないが、
だいたい6〜7時間は眠っているから、ナチュラルスリーパーだな。

で、ロングスリーパーの人。
この分類はアインシュタインはじめ、ヘンジンが多いという。
不肖ごんべ、それほどではないが、ちょいとヘンジン。

 ストレスを感じやすい神経質なタイプ。
 人付き合いはあまり得意ではなく、一人でいることが多い。
 世の中の常識などにはあまり興味がなく自分の世界を大切にする。

 ロングスリーパーは研究者や作家に向いている。
 類まれなる集中力で大きな功績を残すでしょう。
 今までになかったアイディアで世の中を変えるのもこのタイプの人たち。

それほどのもんじゃないが、当たらずといえども........ ではある。
けれども、後段の記述となるとオレには,ちと荷が重い。
たいしたこともしてこなかった。

編集者という職業にまったくストレスを感じなかった。
いうなれば、カタにはめられるのがキライなわがまま者には,
あれは天職ではあった。日々愉しかったからねぇ。

これに対してショートスリーパーというロクに眠らない人がいる。
いまは寝坊助のオレも、バリバリ仕事人間の時はこれだった。
平均4時間の睡眠で平気だったものねぇ。

 社交的で真面目、社会に適応しやすく、
 自分の意見をはっきりともっている。
 多少失敗しても「次があるさ」と考えくよくよしない。

 普段の生活では頻繁に外出し、人と会っている。
 好奇心旺盛でいろいろなことに興味をもつため趣味がたくさんある。

あの頃は、どっちかっていうと、こっちだった。
4時間眠りゃァ充分だったしね。
いまは、あの分の足らずまいを埋めているんだな。

休日には最長48時間眠り呆けて、寝だめしていた。
人間、寝だめはできないんだっていう。
あれは睡眠不足が慢性になってただけだな。

睡眠時間6〜9時間の人はナチュラルスリーパーで、
平均的だから、会社勤めが向くっていう。
平均的だからって頑張っていないわけではない。

人はそれぞれの生活形態で頑張るものなのだ。
眠る人、眠らない人がいて世の中まわってゆくのだからねぇ。
で、いまはなんにもしなくていいから、いつでも眠る。

眠れないことがない。
睡眠導入剤はまったく必要ない。
ま、そのうち永久に眠るけれどねぇ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

近未来を考えさせる大停電だった - 2018.10.03 Wed

ぐっすり眠った。いつもより余計に 眠った。
「なんか、疲れたね」とおペケがいう。
電気のありがたみをつくづく感じる。

まだ、1万戸以上の停電があるそうな。
電信柱って古い言い方だが、柱の上を電線通してれば、
こういう事故は起きうる。

日本での地下化状況は最悪なのだそうで、東京でも1桁。
浜松でも中央街は電柱なくてすっきりしているが、
日本2位の面積では1%にも満たないのかもしれない。

電力会社ってのは独占企業なんだし、
あの高い料金はどこへゆく?
地下へいれるなんて絶対にやらないね。

そのうち人口減って、インフラ維持出来なくなる。
ただし、過疎でも電柱だけはいまとおんなじ要るわけで、
まァ、少子化の果ては ↓ こういうこと。

つまり、人口減って、住人がまばらになっても、
インフラはいまとおんなじ、それで電力会社の収入減る。
維持が出来なくなる。強制的にどこかへ人を集めざるをえない。

とまァ、近未来を考えさせる大停電だった。
オイらはとっくに消滅している。
だけど、ほんとはいま考えておくべきことだよね。

 18103-a1.jpg

メールボックスに、たくさん入っていた。
チェックしていたらyahooからの、ついにきたかというメール。
giocitiesを来年3月30日で閉鎖するって告知。

え? オレ、あそこに8GBほどの「GombessaRoom」おいている。
他社に移行のことといわれてもねぇ。
2000年から仕上げてきたサイトを消すぞ、といわれて..........

ま、しかたない。
FC2へ移行するしかないか。今日から3ヶ月くらい突貫工事。
失いたくないものね。

いま写真のストックや展示はもモバイル中心になった。
つまり、スマホの需要が中心。
そのためにパソコンユーザーのためのコンテンツがなくなる。

 fighting0020.gif コンチクショーメ

ま、愉しんで再構築しましょ。
考えるよりも行動。
あ、めんどくさい。けれど愉しそう。

 18103-a2.jpg

停電41時間後の冷蔵庫の中身がどうなっているか。
おペケはこれの整理がタイヘン。
昨日もいきなりステーキで、ちょっとだけ拒否反応。

ま、ローソクで、あり合わせのもの食べて、
菓子パンやら、スナックやら、
こんなものばかりで腹の調子がおかしい。

「でも、溶けてしまって食べないと.......」
アイスも溶けて固まって、あまりおいしくない。
おペケはヨーグルトをひとくち舐めて考えている。

「もう、おかしいと思ったらやめなよ」
しかたないね。おかしいものは捨てる。これしかない。
もったいないと思わないこと。

 ←click

「アイス捨てるよ」
「ちょっと待て...........」

ひとくち食べてみて、あ、これはオレが食べる。
でも、なんかヘンだな。
捨てるか。

 18183-aa1.jpg

停電の最中にドアを叩く人がいた。
あ、ピンポン鳴らないんだ、とおペケが出てみると宅急便。
おペケの故郷から立派な栗が届いた。

ほんと、素晴らしい栗だね。
秋田仙北の西明寺栗。
おペケはなんか料理できるんかねぇ。

そう聞いたら「できません」ってどうする?
昨日お世話になった妹に電話した。
大好きで栗の季節には毎日食べてるって、半分あげることにした。

「もっていくよ」
「いえ、こちらからいくから........」
っていうわけで、昼からくるそうな。

 18103-aa3.jpg

中電さん、頑張ってくれている。
パトカーが何度もサイレン鳴らして走ってゆくが、
警察ってなんかした? ってツイート多いよ。

信号とまっていても、手信号なんて見かけないっていうし、
今朝あたり、違反取り締まりやってたって、
ほかにやることあるだろって憤慨ツイートみたよ。

市役所も今日から給水車だすというが、
この地区だと市営球場だって、高齢者はどうやってゆくのか?
もう40年も地震対策やら、災害訓練やってきて、これかい??

すべて自分が頼り。
もっと準備しておかないといけないね。
とりあえずポリタンを補充しよう。

 18103-aa2.jpg

おペケが居間の境へきて立ち止まり、
しばらく思案顔して、
引き返していったから、それみて大笑い。

なにをするのか、忘れたんだろ?
図星だったみたいで、今度は2人で大笑い。
ま、よくあるこった。大脳の機能低下はしかたない。

 ときどき嫉妬をしない結婚生活なんて
 ひどく味気ないわ。

 でも、嫉妬はステーキにかける塩のようなもの。
 ほんのちょっと必要なだけ。

これは、マリリン・モンロー。
オレたちの年代になると嫉妬のネタはないな。
だいいちスタミナはないから、ネタも発生しない。

森繁久弥翁は96歳で冥界へ旅発たれた。
翁は最後まで、偉大なるすけべぇを貫いたそうな。
で、オレが90歳overまでイケるとするなら、そうありたい。

「あんた、いつまでもスケベだねぇ.............」
森重翁には、はるかに及ばないとしても、
そうでありたいと願う。

つまりは、いくつになっても、
ステーキにかける塩を忘れちゃいけないってこと。
ときにはペッパーもね。

そういえば、昨夜のステーキ。
「いらんわ」といったくせに食べちゃった。
さすがにご飯食べなかったけれどね。

さて、今日は塩がべたべたの窓ガラス拭くか。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

大停電40時間の台風24号顛末 - 2018.10.02 Tue

いやァ、まいった。まいった。大停電40時間
思いもしなかったね。こんなこと。
両隣が点いていて、このマンションと後ろが2棟まっくら。

街道の向こう側は、飛びとびの停電。
まさかのスーパーもコンビニも食べるものなし。
エラい目に遭うてしまったァ。

30日の11時ちょっと前、西側の窓で、いままさに通過中。
下の交差点で、風と雨が渦巻き凄まじかった。
そのうち、どこかのトタン板が何枚か飛んできた。

高圧線の鉄塔で電線支える碍子あたり、
線香花火のように火花が降る。
電柱でもトランスが小さな火を吹き、それが風に飛ぶ。

雲は妖しい光を放ち、いままさに台風24号が通過中。
めったにないことだ。
動画を撮っておこうとカメラとりに戻る。

ちょうど市内のどこかで風速42mを記録したころ。
ありゃァ、電気が.............................
午後11時だった。

ま、明日の朝までに点くだろ。寝ちまえ。
オレとしてはちょっと早めの就寝だが、
寝てしまえば、停電も関係ない。

 18102-a1.jpg

ところが朝になっても停電のまま。
中電へ電話したらHPをごらんくださいとのガイド。
そこだよな。携帯バッテリーあがってダメ。

おペケのパソコンがバッテリーあって立ち上がったが、
よく考えてみれば、Wi-Hiが停電ではダメ。
HP ごらんくださいっていたって、電源なくてなんでみる?

ラジオで情報収集するけれど、
静岡県の中電管轄で64万戸の停電は未曾有の出来事というだけ。
リスナーが停電中だとか、道路大渋滞だとか。

どういうことで停電なのかわからない。
午後になってようやく情報があって、
停電の確たる原因がわからない。ってなんだ??

結局は、電気のルートをしらみつぶしに見ていくしかない。
最悪の場合、完全復旧は4日になるっていう。
要するにマンパワー不足。

退屈のままの昼過ぎ、近所スーパーへいった。
ここは停電でがなく申し訳ないが、トイレを借りた。
で、食品コーナー行ったら空っぽ。

すぐ食べられるものぜんぶ売り切れ。
水もなし。氷なし。
帰り道に見上げれば、台風一過の青空がうらめしい。

これはもう長期戦覚悟だなと、
かねてから地震に備えての簡易トイレを組み立てた。
結局使わなかったが、実践訓練にはなった。

 sick0019.gif

いま、うちで災害に備えてあるもの。
それのなにが不足なのか、これによってわかってきた。
ひと段落したら買い備えておこう。

それからホテルに避難しようというおペケの提案は、
ホテル満員、あるいは営業せずで却下。
それから、お風呂屋さんはすべて休業でゆけず。いずこも停電。

 1810-a3.jpg _1810-2-a1.jpg
 ↑ これで凝固剤で処理

ローソクでご飯食べてラジオ聞くしかない。
それにも飽きてしまい、「何時?」と聞いたら、
おペケが「まだ8時ィ」だと。

「いいわ、寝るわ」
すぐに眠ってしまったのだ。
で、目覚めたのが3時半だった。どうする?

起きていって、窓から東の空をみる。
まだ、朝日の上がる気配もない。
普段は消えている隣町の看板の灯りがついている。

あ、夜中に復旧したんだ。
中電さん、不眠不休のがんばりかもしれないね。
あまり不平をいわずに待とうって思った。

夜明けを観るなんて、前の住処以来だった。
写真を撮って小一時間。
もう一度ベッドへいったら、こてんと眠った。

 18101-a2.jpg 18102-a2.jpg

 18102-a3.jpg 18102-a4.jpg
 ↑ ローソク生活の夜があけて

今日の朝になってラジオを聞いたら、
浜松の停電は6万戸から1万6000戸に減っていた。
中電さん、ほんとにごくろうさま。

漏電がないかを確認のあとで、通電するのだそうで、
タイヘンだったと察する。
「なんだよ、早くしてよ」といいたいところ、ガマンだね。

 Dof21yHV4AET5EO.jpg
 ↑ 2日現在

で、妹のところに電話したら1日午前中に復旧ということで、
お風呂を借りながら、ペットボトル20本ばかり持参してお邪魔。
でかけるまえに「通電火災」ってこともあるからブレーカー落とす。

これも大切なことで、ヘンに負荷がかかってると、
留守の間に発火する可能性があるそうな。
昼までお世話になって帰り際、うちの隣町まで復旧との情報。

「あそこの信号が点いていたら復旧してるな」
残念ながら、その信号は点いていなかった。
いつも渋滞している街道が、なぜか信号がないとすいすい。

あれって面白いね。
脇道は出にくいが大通りはつながって走るのでスムーズ。
そこに割り込むのは、女性だと怖いとか。

なんか慣れてる人の勝ちっていうか。
浜松市内で、信号がつかない関わりの交通事故が、
60余件ほどあったという。やはり、細心の注意が必要。

 18102-a5.jpg

いま、晩ご飯食べていて、
「あれぇ、テレビいれてない」
まァ、2日間テレビのない生活をしていたからねぇ。

この2日間で、いちばん感じたこと。
「しっかりした情報がほしい」ってことだった。
南区は中電広報車が、1日に何回か巡回したそうだ。

こちら中区では聞いていない。
いつ復旧するかがわからないと不安が増すし、
準備もできかねるわけで、長期化するならば肝心なこと。

中電HPで、復旧状況をお知らせ中。
これはいいけれど、すべての人がHP閲覧できる環境にない。
電気なければWI-Hiも使えないしね。

スマホも充電切れればそれまで。
このあたりは原点に戻ってアピールしてほしかった。
ま、便利になれていると、なにかとタイヘンなものでござい。

やれやれっていうことで、
今夜は安眠しよう。
って、まだ眠る気だねぇ。

たまには、これっくらいのことあったほうがいいかも。
人間たまには、便利さということ再考する機会があっていい。
そう思うけれどねぇ。

電気通ってよかった。
灯りががあるってありがたいね。
なんか疲れちゃったァ。

 sick0026.gif

ま、ぐっすり眠ることにしよう。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

天気予報

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい



 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する