topimage

2018-09

何度目かの月命日の朝は珈琲の香り - 2018.09.03 Mon

道路に雨のあと。てっぺんの雲 が綻びてきた。
天気予報見たら日中はマーク。
晴れるんだなと思ったら、ざァ......... と通り雨。

明日は大荒れ覚悟。伊勢湾台風とおなじコースだとか。
あれは生涯でも記憶に残る桁ハズレの台風だった。
それなりの心構えをしておこう。

朝のご挨拶に仏壇へいったら、
おペケが珈琲とケーキをあげてくれてあった。
ありがとな、いつも。今日はあの人の月命日だからね。

晴れると思ったらまた雨ではっきりしない。
お昼頃は大丈夫だと思うが、ま、これくらいが暑くなくていい。
昨夜も寝室では、空気が寒いくらいで窓閉めた。

 1893-a6.jpg
 ↑ とんがりが妖しい空を刺す

自衛隊機が飛んだから、それほど荒れないはず。
そういえば、昨日は日曜日なのに基地が賑やかだった。
T-4が東へ飛んでいったり、ブルーの中継があったり。

T-4がぐんぐん高度を上げてゆき、なにごとかと思ったら、
富士山静岡空港での災害訓練参加だっていう。
これは東南海地震に備えての大がかりな訓練なのだね。

それからブルーインパルスは、
南紀白浜空港の記念行事の展開で、往復ともに浜松基地で中継。
最近は西側で離発着するので、家では音ばかり。

浜松基地のエアフェスタは11月25日。
窓全開では寒いじゃんっていう季節なのだな。
今年は準備万端で楽しみだぞ。

500mmのバズカーレンズもあるし、2000mmもある。
昨年は雨で中止だったから、2年越しの思い。
イイ天気だといいね。

 1893-a7.jpg

おペケが寝てしまって1時間くらいは、
電気が付いているのは書斎だけ。
昨日もマウスもったまま、小一時間眠ってしまった。

半分朦朧として、寝室への廊下へ出たらいきなりでたのだ。
なにがって、手洗いからぬぅ〜〜とおペケがァ。
びっくらこいて、おらァ、眠気が覚めた。

別におペケが怖いわけじゃない。
予期せぬところに、ぬぅ〜〜とだからびっくらこく。
11時半だった。

 1893-a5.jpg

おペケが散歩途中の草むらで、手折ってきた七変化が、
やっと根付いたようで葉っぱに勢いが付いてきた。
外来種の雑草だから強いんだね。

それからポインセチアの類が、サボテンの鉢から芽生えた。
土を再生するから、タネや球根が混じっていると、
知らぬ間に芽が出てきて、せっかくだから育ててやるのだ。

これも背丈が25cmくらいになってうれしい。
「おとーちゃん上手だね」というから「愛だね」といったら、
「わたしには?」と反撃くらった。余分なことはいわないこと。

 ←click 

おペケの愛は夕餉のテーブル。
たいしたものなくとも、美味しくいただく。
「美味かった」「ありがとう」は忘れない。

 nikon900_20180903092113496.jpg

新しいカメラが愉しい。
だいたいマスターできたので撮りまくる。
なにかがつかめてくる。

 「NIKON COOLPIX P900 Report」←click 興味おありでしたらどうぞ !!

フードやフィルターも配達されて、あとは予備電池。
革ケースも購入したが、これはChinapostなので遅い。
最近の通販の注意事項なのだが、納期の遅いものは中国製。

つまり、これがなにかというと、中国から日本へ船便なのだ。
とんでもない遅いものは2ヶ月もかかる。
運よく航空便だと10日くらい。この注文は13日配達。

どこで見分けるか。
納期が10日以上であれば、海外発送だと思っていい。
会社名、店舗名がそれらしい。

多少は中国クオリティはあるが、それを承知ならば、
価格はかなり低いので2000円くらいまでなら買っていい。
31日発送済みのメールはきたが、さて13に届くか?

 1893-a3_20180903092757048.jpg

絶頂で リタイア する、あるいは惜しまれて退く。
これが男のなかでは、カッコイイとの思い込みがある。
オレも、脱サラして以降は、いつも引き際を考えていた。

大橋巨泉氏がそういってセミリタイアし、
上岡龍太郎氏が絶頂期に身を退いた。
あれを見て、「ええな。オレもそうしよ..........」と思ったのだ。

ま、ええご身分や........... っていうのが正直な感想。
で、自分がそうしようとしたら、それなりの覚悟がいる。
そりゃま、ぶらさがってまで、いたかァない。

これは、男の真情としてもっているが、
ちょっとだけいうと、連れ合いの思惑無視のわがままと、
それを押し切って納得させる甲斐性とが要るんだ。

これを無視したら、ただの我が儘はちゃめちゃ親爺。
そういうめんどうなものをクリアしなければいけない。
だから、エラそうにいったって、まっとうできる人は、ほんの一握り。

なんとしても、人の3倍くらい頑張らなァ、そんなことはできない。
オレは図らずも連れ合いの病気で、起業した会社を離れ、
55歳を超えたところで、その実現に踏み切った。

幸いにもキャリアを買ってくれる会社があり、
年俸契約に切り換え、おのれの働きぶりの評価で、
いただくものを決めるというシビアな仕事を、64歳までした。

苦労して起ち上げた会社を離れたのだが、案外と未練はなかった。
あれってなんだろう。やるだけはやったとの充実感か。
あれで、よかったかは自分でもわからない。

ただ、心臓の力が尽きる数時間前に、
「わたしのために、会社をやめてくれてありがとう」
と、いってくれたから、誰がなんといおうとあれでよかったのだ。

ま、何十年ものサラリーマン生活を勤め上げての定年退職と、
どっちがどっちなんて、だれも決められはしない。
人生いろいろ............... 生き様もいろいろ。

とはいっても、ここには妻という存在がある。
どんなに亭主がイキがったって、連れ合いの協力がなかったら、
それは実現しないし、してはならないことかもしれない。

あの人は、一生懸命に支えてくれた。
で、その支えに報いるために、オレ自身も64歳まで働いた。
そして、ご苦労さま、という言葉とともにリタイアした。

さて、ここからは第3の人世としよう。
オレとおまえのな.........
と、3ヶ月に1度くらいの旅行をした。

「もう、愉しいねぇ、頑張ってきてよかったねぇ」
あの笑顔は忘れない。
なのに、それは1年半しか続かなかった。悔しかった。

あの人は「ごめんね、ごめんね...........」が口癖だった。
オレの思い、悔しさを察して詫びたのだ。
で、そこから3年で、あの人の心臓は力尽きた。

今日は、あの人の月命日。
ちょっとだけ思い出して書かせてもらった。
いまから丘の上にいってくる。

いま、いちばんシアワセだと感じること。
こういうめんどうさい思いをすべてひっくるめて、
オレっていうヤツと寄り添ってくれるおペケがいることだ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい



 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する