topimage

2018-09

いいからいいから、寝ちまいな - 2018.09.30 Sun

雨は降っていないが、灰色の空。いま9時。
台風は屋久島にいて、夕方には当地の山側通過らしい。
とりあえずベランダの花鉢だけ避難しておこう。

ここは高台だけれど、何カ所か調整池がある。
一時に激しい雨が降ると吐けおうせずに冠水したらしい。
なので、この池に一旦貯めて排水するんだな。

今回も早めに避難する人たちが多かったと聞く。
やはり、自分の身は自分で守らなきゃいけない。
いままでこんなことはなかった。これが通用しないのだからね。

 310261-WID_201809300925293dc.jpg

気温は24.3℃。そうだ。
この中途半端に小寒い頃だったね。
おペケがメニエルで倒れてから、そろそろ1年。

普段はな〜〜〜んもしない。
が、いなければ、最低限のすることはする。
なんせ、9年ちかくもやってきたんだからさ。

自分でも、やれば出来るって思ってる。
やらないだけ。やるときはやる。
でも、考えてみれば、怠けもんだからいいんだよな。

これがさ、ああでもない、こうでもないと、
生半可にできて講釈ばっかり垂れていたんじゃ、
するほうもイヤになるよ。きっと。

なーんもせん。
そのかわり文句もいわん。
これがよろしいようで。ハイ。

 ←click

3年も経つと食の歩み寄りもできてくる。
おペケは日本海側、こちとら太平洋側だから、
産するモノも異なり、味も微妙にちがうのだな。

だから、それが歩み寄るにはおペケの譲歩がある。
だから文句いっちゃダメ。
控えめのお願いする。そのうち馴染んでくるからね。

 18930-as1.jpg 18930-as2.jpg
 ↑ 今朝の空

オレはブログへ芸能人の名前書くとき、
できうるかぎり「さん」づけにすることにしている。
それは、あたりまえのこと。

呼び捨てにするほどの者ではない。
なにさまでもないからだ。
芸能人は、呼び捨てされてなんぼかもしれないが、そうする。

とくに、お笑い系の人に無茶をいう人がいるらしい。
ま、そういうお人はお里が知れる。
テレビのなかはテレビのなかでしょうが。

森三中の大島さんが家族連れで街を歩いていたら、
「おい、大島、こっちこい。写真撮るから....... 」
というおっさんがいたらしい。

彼女は息子をかばい完全無視して通り過ぎたって、
旦那さんがブログに書いていた。
ま、こういう勘違いはもってのほかだとは思う。

オレはオレの気持ちのなかのもので、
呼び捨てにするのは、品がないと思うから「さん」をつける。
ま、それだけのことだ。

オレが、そうしたいと思うからするだけであって、
ほかの人がどうしようとかまわない。
読んだ人が別になんとも思わなくても、これもかまわない。

 15923-fp13_20180930102917dac.jpg

オレとおペケは似たもの同士というか、価値観は似ている。
だいたい物事は楽観主義で考えるから、
2人揃って、ええからべぇになるけれど、ま、それでいい。

それをやいのやいのとどっちもいわない。
彼女も、仕事一筋に独身できた人だから それなりの強さはある。
けれども、2人でいるとオレが寄っかかるってほどでもない。

弱さ、儚さを、残しているから、お互いが居心地がいいのだ。
ま、最初は強さが勝っていて、擦り合わせがタイヘンだったけれど、
おかげさんで、それもなくなったしね。

そうすると、オレの屁の突っ張りのような他愛ない意固地も消える。
時の経過というものは、
悲しみも、突っ張りも、みな薄い皮膜の中に包み込む。

包み込んだ当初は薄いからね。」
そうっと、そうっと、そうっとしておかないと破れる。
大事に、大事にして、皮が厚くなってくればシメたもの。

もう中身が噴き出ることもない。
すべては「刻」なんだよな。
刻を育むってことかもしれない。

 18929-f2.jpg

オレが悲しみの坩堝にあるときに、なんとなく悟ったこと。
あれなんだよねぇ。
いいから、いいから、寝ちまいな、ってヤツ。

 indifferent0021.gif

寝ちまえば明日はくるよ、くよくよせずに、そうしなよ。
そうだな、そうするか。
そうやって「刻」を育んできた。

あんまり深く考えることはないんだよね。
眠って起きれば明日がくる。
そのうちなんとなるだろーじゃ通れないが、なんとかはなる。

欲をかかなければね。
自分の殻に合わせたシアワセは必ずある。
そう思い込んで、ぐーすかぴーと眠り呆けることだ。

 年齢というものには元来意味はない。
 若い生活をしている者は若いし、
 老いた生活をしているものは老いている。

井上靖さんの言葉。
その通りだね。
まだまだ先があると思うか、もう先がないと思うかだ。

ほんと、またまたでてきたが、気分の問題。
ボケないようにだとか、後ろむいてちゃ、ほんとにボケるゥ。
まえ向いてりゃ、古希なんて洟垂れ小僧。

知らぬが仏。知らなきゃほっとけ。
あしたのわたしは誰もわからない。
明日は明日の風が吹かァ............ って裕次郎さんがいってた。

そのうちなんとかなるだろう、って時代じゃないかが、
ま、あれもこれも気分の問題。
細かいこと気にしなければ、あしたは必ずくる。

 悲観主義は気分のものであり
 楽観主義は意志のものである

コップの水が、
あァ、もう半分しかない............ と思って滅入るか、
まだ半分もあるじゃん................ と思うか。

気分の持ちようでエラ〜〜〜〜い違い。
そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

結論はそれをすべて忘れることだった - 2018.09.29 Sat

しとしと雨が降る。イヤだといっても 雨が降る。
台風は、明日6時には屋久島の南南西約50kmだといい、
足が速くなったとしても1日の午後かな。

9月も終わってしまう。
あまりの暑さに、はやく9月になれぇ....... そう思ったのが、
ついこのあいだのような気がする。

起きてきて短パンを穿こうとしたら、
おペケが、「長いほうがいいと思う」という。
長いのが煩わしいが、短くては小寒い。

デスクの上の温度計は24.8℃、湿度85%。
この「そぞろ寒」がセンチメンタルを呼び込む。
まだ気圧は下がっていないらしく、天気病みはない。

Facebookが5000万人の個人情報流出だそうな。
オレは、アレをやっていない。
もう要らないって過去がつながりそうだったからだ。

それが煩わしいからすぐやめた。
あれって、個人情報をかなり晒してたんじゃなかったのか。
いまさら、流出ってなんやのん?

 18929-a2.jpg

月末だから振り込みなどをしにおペケがピ○ゴのATMへゆく。
「なにか、買うものはある?」
いけば雑貨や100円ショップへ寄ってくる。

「ニシンがあった」とうれしそう。
彼女には馴染みのある魚だが、オレにはそれほどでない。
脂の乗った五つ星イワシほどでもないし、なんかもの足りない。

「1尾200円だった」というところが当地の需要を物語る。
でも、おペケが美味しそうに食べる。
それでいいではないか。ってオレはアジフライ。

 ←click

で、夕餉おわって、なにかテレビ観ていたが、
それがなんだったか忘れた。
ま、忘れるくらいたいしたもの、観ていなかったんだな。

おペケは、ほとんど舟を漕いでいた。
9時半頃、がばっと起きて「寝るゥ」と寝室いった。
ちかごろおペケの体内時計はサマータイム。

朝が早いから、早くから眠くなる。
そういえば五輪期間のサマータイムは断念だそうな。
いまどきは、コンピュータプログラムがあるからムリ。

オレが小学生のとき、これがあった。
なんか早起きで、眠くて、眠くて、ラジオ体操にいった。
2時間繰り上げるってタイヘンだよ。

 18929-a1.jpg

わが家は長生き家系で、父親は91歳。連れ合いは93歳。
父親は90歳で老衰だったが、
その2年前の88歳までは釣りにいったから、たいしたもんだ。

働き盛りには、おまえたちみたいな、ひ弱には、
負けはしないってのが口癖で、たしかに丈夫な人だった。
が、最後は骨粗鬆症になり、歩けなくなったのが衰えの原因だった。

樹木希林さんもそうだったらしいが、
骨折して歩けなくなったら、人はがくんと衰える。
あれは、気力の衰えが身体を支え切れなくなるのだな。

なので、オイらも昨年、骨粗鬆症の検査をしたのだ。
いまのところ、はなはだ丈夫で40歳代並みという検査結果だった。
ま、これには安心したけれどね。

父親は、煮干しと昆布を細かく切り、
これにタクワンの細切れを加えたものを、3度のご飯に乗せ、
イワシの削粉をかけて食べていた。これを数十年。

これだけカルシュームを摂っていたようにみえたのに、
骨粗鬆症になったとは信じられなかった。
でも、なるんだから、オレだってわかりはしないんだな。

 18929-a6.jpg

割れ鍋に綴じ蓋という。
どんな人にも似合う連れ合いがあるもんだってこと。
オイらは、やぶれかぶれの割れ鍋。

オレは漬け物が大キライ。
それがおかしいといわれる。
日本人だって、たくわんキライなヤツはいるんだ。ふん。

で、そのマイノリティに連れ合うとなると漬物が食べられない。
前任者も食べられなかったが、単身赴任の間に食べていたらしい。
で、帰る3日前に電話すると、気配は一切消えていた。

それで、おペケも一切食べない。
「漬物なくてはダメっていうほどでもないしィ」
よくしたもんだ。まさに綴じ蓋。

18929-a3.jpg

幼い ときから、感情は激しいほうだった。
自分の寂しい心に、鎧兜を着せることで、
逞しく、強くあらねばならぬと言い聞かせて生きてきた。

その要素には、三文安バァちゃんっこがあったり、
母を知らぬ寂しさがある。
しかし、さすがにここまでくると、年の功ってヤツが優る。

オレのうちなる瞬間湯沸器も点火しにくくなってきた。
けれども、なんとかは死ななきゃ治らない。
気がつけば、案外早く「てやんでぇ...」と尻まくっている。

それは、受け入れられないものに、いつまでも関わっているのは,
無駄だっていう、飢えを満たすのに貪欲というか、
おのれの心を満たすのにせっかちというか、それがあるからだ。

ま、あとづけの屁理屈ではあるけれどね。
ダメと見通したらもたもたするな。これがオレのバックボーン。
さっさと先へ行く。

そりゃま、たまには早とちりもある。
あっても後悔はしない。それが糧になる。
人世の見極めなんて、経験知の多さが決め手。無駄にはならん。

近頃は、その滾るような情熱は、さすがに薄れてきたのか、
めんどくさいが先にたつ。
これで、人並みに一歩下がって、というゆとりがやっとできてきた。

あの頃のオレは、こてんぱんのずたぼろ雑巾だった。
髪が一夜で半白になった。
耳の障害が酷くなって聞こえなくなった。

夕まづめが怖かった。
闇のなかから、何かが出てくる。幽霊でも妖怪でもない。
わが心の弱さである。

精神的ダメージだけではなくて、
こういう肉体パーツにも異常がでることを知った。
で、そこから這い上がってくると、朧気ながらなにかが見えてきた。

家中の電気を点けて眠った、浅い眠りを幾つかつなげて朝がきた。
いまの寝坊助とは大違い。
その末に、なにかが見えてきたのか?

なにも見えない。
なにかを悟ったのか、なにも悟ってはいない。
ただ、時が過ぎただけだ。

 孤独とは物事を深く考えるチャンス。
 友達が多い事は必ずしも幸せではない。

美輪明宏さんの言葉。
物事をいっぱい考えた。考えた末の結論は、
それをすべて忘れることだった。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

オレはダメンズだけれどねぇ - 2018.09.28 Fri

あァ、イイ天気。今日だけだな。台風がくる。
まさに、雲ひとつないってのはこのこと。
気温は23.3℃。短パンじゃ寒い。ジーンズ穿いたよ。

起きてきて居間へ入ったら、おペケが泣いている。
「??」
「朝ドラが明日で終わりなの」

ま、この人はよく泣くからね。
頭で感じるまえに涙が出るっていうけれど、ほんとか。
今後のは一度もみなかったな。

ととねーちゃん、おてんさんは見た。
朝ご飯食べながらね。
ま、ドラマは15分くらいでいい。長いのは飽く。

今朝はご飯食べてる後ろで、相撲協会広報部長が怒っていた。
自分できて、自分でけじめをつけろ。
そりゃあたりまえでしょ。名横綱といわれる人ならね。

なにか文句つけるなら面と向かって自分でいえばいい。
それが社会常識のある人のすること。
協会が意地悪するから、いかないんだって、ガキか。

それ以上はいわん。
蟷螂の斧といえばかっこいいが、
このままじゃ世間騒がすドンキホーテだぞ。

 18927-at1.jpg

このあいだ、フラワーパークで汗いっぱいかいて、
2kg減ったけれど、あれは水分抜けただけ。
喉渇いてがぶがぶ水飲んだら翌る日には元へ戻る。

脂肪燃焼させるには並大抵じゃないね。
まったく、どうすりゃいいのさ、思案橋。
今朝から、朝ご飯はキャベツに戻してもらった。

 ←click

しばらく米粒食べないでいようと思う。
断食ではないが、それにちかい。
足の裏が体重に耐えられない。これが困る。

といっても86kgなんだけれどね。それほどではない。
膝も腰もなんともない。足の裏が痛い。
ま、あとでおペケが買った本を読んでみよう。

 18928-aa5.jpg

このまえホームセンターへったときバッグを買った。
カメラ用品の替え電池や予備のSDカード、フィルターを、
収納するのにぴったりだな。

これをカメラ用品として買うとけっこうな値段。
ホームセンターの仕事用品の所にゆくと、
何十種類というあらゆる用途の仕事用バッグが並んでいる。

いまワークショップが人気がという。
オレたちはかなり以前から釣り着だとかベストや雨着は、
こういう所で買っていたんだね。

機能的でカッコいいし、丈夫で頻繁な洗いにも耐える。
男は基本的に、こういうショップが好きなんだな。
え? おまえが職人の倅だからってか。あ、そうかもしれない。

 18928-aa7_20180928093901f72.jpg

さっきの続きだが、
速歩すると息があがる。無理をしない。
それを見たおペケの姪の看護師が心配してくれた。

それで、となりのセンセに聞いてみた。
普段が運動不足だからしかたないでしょ..........
って、ご自身が小太りのセンセがこともなげにいった。

ま、元アスリートもざまーない。
もっとも長距離走ってたのは、ず〜〜〜〜〜〜〜〜とむかし。
かなり歩いても足が痛いなんていわないのが自慢だった。

いままで腰が痛いだの、膝が痛いだの、いったことはないが、
ちかごろ、ムリすると足裏がちょっとだけ痛い。
けれども、総体的にはやや体重が重いだけで、なにもない。

身体のガタがこれくらいですんでるのは、鍛えたおかげと思う。
ただ、体重が増えただけはきついかなと相対的に感じる。
オレ、すぐにヒィヒィいうからね。

お〜〜い。ちょっと待ってよー。
ヒィヒィヒィ.............
汗ぼたぼたで、そういうのはいつもオレ。

が、なぜかこの頃、おペケが足が痛いといいだした。
彼女も、はァ、古希をちょいと超えた。
まァ、2人ともすかたねーな。アハ。

 18928-aa1.jpg

地震、雷、火事、おやじ、という。
オイらの怖いものの順序もこれなんだねぇ。
地震が怖い。パニックになる。

おやじっていうのは台風のこと。
おペケは雷というか、稲妻が好きだってヘンなひと。
オレは、雷も火事も経験している。

昭和19年の東南海地震が、ちょうど物心つくところだったから、
激しい揺れの体感や、目の前で地面が裂けたのを、
記憶の襞に焼き付けている。いまだに怖い。

それから、爺ィのいまでも稲光と雷鳴がなんとも耐えがたい。
いつだったか。大海原の岩礁でこれに出会った。
あちこちの波頭にちいさな放電がある。生きた心地しなかった。

火事は、B29爆撃機の不気味な飛行音と焼夷弾破裂の乾いた音とともに、
大空襲が夜空を焦がした炎の色が、鮮明に遺っているから、
これも何歳になっても恐怖に震えるのだ。

つまりは 幼いときの恐怖体験は生涯消えはしない。
けっして、喉元すぎれば......... って、
忘れてしまうことはないのだなァ。生涯背負うのだ。

 18928-aa4.jpg

最近は「てんちゃら.........」書きかけて、
なんかほかのことしたり、カメラもってうろうろしたり。
およそ集中力がないのだが、ま、これも、まったりのうち。

予定がなかったら、昼までにアゲりゃイイ。
シャカリキに書くこともないしィ。
って、なんだ、このええからべぇは......................

ダメンズという言葉がある。
もう20年もまえの倉田真由美さんの漫画だな。
「だめんずうおーかー」がヒットして、流行った言葉。

オレも、どっちかといえば、ダメンズかもしれない。
つまり、ダメ男なんだけどねぇ。
が、よくしたもので、ダメンズばかりに惚れる女ってあるらしい。

おペケに聞いてみたが、
うふふ。
だけだった。たぶん、そうらしい。

この作者の倉田さんもそうらしい。
あんな人ほっとけないとか、わたしが面倒見てあげなくちゃだとか。
母性が刺激されちゃうらしい。

妻帯しているのにそれを彼女に別れたといったゲスな男いて、
普段マジメとされてる彼女を、その実家につれていった。
なんか、このゲス男のダメンズぶりは極めてる。

で、すぐに次の女性と同棲して、それも別れたってはなしは、
ま、どうーでもいいけれど、政界でも不倫、セクハラが次々とでてきた。
真偽はともかく週4ホテルの男性を秘書にした女性議員もいる。

ネットの若い衆は、なぜか不倫を毛嫌いする。
許せないと、しつこく排除する。
それだけ、まだ、若いのかもしれない。

オレも不倫ってのは大々々キライ。
奔放な父親をもったがゆえに、
その反動をモロにくらったオレだからね。

だから生涯そういうことはすまいと誓って、
悪友たちにはバカかといわれつつも、
それを貫いたのだから、そこはダメンズではない。誇りだ。

オレもダメ男だが、ケジメだけはつける。
ダメ男なりに、そうやって生きてきた。
なんもせんぐーたらだが、ひとつくらいは取り柄がある。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

わが身のうちの妖怪たちと上手に付き合う - 2018.09.27 Thu

台風余波か、昨夜から雨が降る。肌寒い。
昨夜は激しかった。窓に音を立てて打ちつけていた。
台風が偏西風に乗って進路を急に変えた。

ヘタすると列島を縦断だが、この偏西風というもの。
いらんときに下がってくるね。
アメリカのスーパーコンピュータの予想ずばり。

なんと、昨夜はオレが辛抱たまらず9時に寝てしまった。
こんなことは年に3回もないのに。
眠れるかな、とベッドへいったら瞬間就眠。

6時半まで眠っていたから、やっぱり9時間か。
なんかしらん、寝坊助がふたーり。
眠れない、眠剤が欲しい。こういうことは2人ともない。

これは、とりもなおさず健康ということか。
今朝は寒いくらい。窓を閉め切って24.7℃。
まだ、Tシャツ短パンだけれどね。

 18926-as1.jpg 18926-as2.jpg
 ↑ 昨夜は土砂降り

 18927-a01.jpg 18927-a02.jpg
  ↑ 今朝の天気

昨日の朝、まだ「てんちゃら.......」を書いているうちに、
おペケが散歩に出かけていった。
1時間ほどたって、なにか提げてもどってきた。

「お花屋さん見つけのよ」
といいポトスとアンスリュームを袋からだす。
「あとで植え替えてね」

 18927-a1.jpg

「え、また買ったのか」
「Gさまの好きなバラがないかと思って寄ってみた」
「鉢がないよ、土も............」

ということで、午後にホームセンターへ。
鉢を2個と土を買い、ついでに洗剤など。
行けばなにかとあるんだな。

隣接して食品スーパーがある。
「あっちは?」
「いいよ」

 ←click

それでさ。
「お弁当だめ?」といわれると、これが好きだから、
「いいよ」といわざるをえない。

9年間も、こういうもの食べてきたから、
その安さと、けっこう美味いことはよーく知ってる。
ようやくおペケが、それをわかってきたようで..........

 18927-a04.jpg
 ↑居間から書斎へ

植え替えをして、
「どこへおくんだ?」
で、これで居間にあった寄せ木が余った。

「ま、いいよ。オレがもらっとく」
デスクの上にもってきたら、なかなかいい。
緑は目が休まるね。

ひっくりかえさなきゃいいが、それが心配。
「おっちょこちょいだから......」といわれたが、
「ひゃァ......」とすぐに悲鳴が聞こえたよ。

「私の茶碗わっちゃった」
いった人がすぐに落としてりゃせわーない。
アハ。

はやいもので、どたばたやってるうちに9月尽。
これで台風がいってしまうと、西の吹き返しが吹く。
そろそろTシャツ短パンもおわりだな。

西風が吹き始めるよ。
まだ、気温が高いから赤ちゃんだけれど、
そのうち電線が虎落笛を鳴らすと、遠州の空っ風になるからね。

 うぅぅ.....
 さぶゥ
 そろそろ
 ホットコーヒー
 だな?

猫体猫舌のごんべは1年の大半が冷珈なのだけれど、
急に寒くなってくると、チンしようかなと思う。
そういえば風呂ね。シャワーではちょっと寒くなった。

 18927-a05.jpg 18927-a06.jpg

風呂に湯を張るようになると炬燵の登場だ。
その炬燵ずんぶりが、おひとりさまの象徴だった。
1週間に1度か2度は、そのまま朝まで転がっていたもんだ。

あれって、冷たい布団へいくのがイヤなんだね。
のこのこ起きてベッドへいく。
潜り込んだ布団の冷たさに、ひとり暮らしを思い知らされる。

それがイヤで、そのまんま炬燵で寝ちまう。
たしかに、うたた寝の延長で眠ってしまうのは、
鰥夫冥利だからねぇ。

おひとりさまになって、3年あたり。
宵のうちから眠ってしまうようになった。
生涯の半分くらいは、日が変わらないと眠らなかった人がね。

それまでが自堕落ではなかったつもり。
若いときは眠ってしまうのが勿体ないという感覚があった。
本を読んだり、あの頃の深夜番組と、好奇心を夜が満たしてくれた。

それで、おひとりさまになってからは、
闇のなかの魑魅魍魎が、浅い眠りのなかに、
這い擦り込んできては、夜ごとに苛むのが怖かった。

だから子供が寝ぐずりするように、
疲れ果てるまで起きていて、意識朦朧としてぶっ倒れて眠った。
そうするしかなかった。

どのへんからか、心情の変化があって、
宵のうちから眠ってしまうようになった。
これは、最初のうちは逃げだった。

はやく眠ってしまおう。
魑魅魍魎がくるまえに眠ってしまおう。
明日の朝目覚めれば、新しい一日が待っているよ。

これは「ま、イイ加減でいいや」っていう悟りでもあった。
状況はあまりかわらないが、そう、開き直ってみると、
1人で頑張ってゆかねばって、片意地張った力みがとれたのだ。

ここのところが境だったんだな。
そうすると、なんぼでも眠れるようになった。
これすなわち、「居眠り妖怪でぃ」の出現だったのだ。

いま、なんぼでも眠れる。
これはまた、以前とはちょっと違う。
ええからべぇの果ての自然体なのかもしれない。

毎日が流れるままに、眠ければ眠る。
それがラクチンと知ったからね。
わが身のうちの妖怪たちと上手に付き合う。これだね。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

テレビでの騒動は一切見ないと決めた - 2018.09.26 Wed

あ、いい天気だヮ。たしか予報は雨だったが?
自衛隊機も飛んでるし、前線の位置がズレたか。
ま、昨日の終日しとしとぴっちゃんは、もうごめん。

なかなかイイ朝景色だったよ。
里山には雲がたなびいてるし、これなら富士山もみえるか。
ここの住まいの残念なところは、富士山の位置の校舎。

朝の雲が晴れるときの富士山を見たい。
なんか渇望するね。
お城の天守へでも登ってみてくるか。

どんどん青空が拡がるよ。
爽やかで気持ちいいね。24.9℃だからね。
あまりにも気持ちいいから、どこかいってこよう。

 18926-a1.jpg 18926-a2.jpg

 18926-a3.jpg 18926-a5.jpg
 ↑ 今朝の風景

「あ、よく寝たァ。9時間も」
と、おペケがいうのだ。
昨夜は、9時過ぎたら「お先に.....」と寝室へいった。

なんかしらん、
午後イチに掃除機かけていい? といってきて、
ロボット掃除機のハナコが、ウイン、ウイン、ウイン。

そのうち、コードレス掃除機タローがうなり始めた。
ま、目覚めたのだね、おペケのお掃除虫がね。
家中を掃除機かけ、最後の床と玄関のフロワー雑巾かけ。

「あ、疲れたァ」ってパソコン前で居眠りしてた。
オレもおペケも、最近の疲労度は「眠い」に出るようだ。
それで9時間ぐっすりこんこん。

「今朝は気持ちいいわァ」
そらそうだろうな。
外は気持ちいい晴れだしねぇ。

 18926-a4.jpg 18926-a6.jpg
 ↑ 今朝のハイビスカス

なんか知らんけど、Appleの規約が換わったとかで、
朝のパソコン起動で、なにかのイントールが始まった。
それが終わって再起動、ところが画面は真っ黒のまま。

動いているのは動いている。
時間がかかりすぎる。朝ご飯食べてくるか。
ちいちゃなおにぎりいっこ食べる。

 ←click

テレビ見ながら食べるが、朝からBSがでている。
「どうぞ、チャンネル換えてください」という。
なんで、おペケがこっちみてるかわかったから、そのまま。

もう、いいのだ。うんざり。
モーニングショーの貴乃花騒動にはうんざり。
1年前の蒸し返しに興味はない。

貴乃花騒動やってたらチャンネル換える。
見たくもない。
見たくもないから見ない権利はあるからね。

 18925-y2.jpg
 
YES高須院長さんがtwitterでこういう。
「僕は相撲は格闘技の要素を持つ阿吽の伝統芸能だと思う」
オレも以前から「大相撲は物見遊山」といっている。

いまの時代に受け容れられまいが、相撲ってそういうもの。
高須センセだって、ガチンコだったら力士が危ない、といってる。
ま、そういうものなんだから、それでいい。

相撲協会のHPにはこう書かれている。
「国技といわれている.........」とね。
いわれているであって、大相撲を国技と制定してはいない。

この一年間イジメがあったのか、なかったのか。
貴乃花親方の内閣府への告発が、
ガチンコスポーツとしての観点からだったら、これは違和感ある。

そもそも千代の富士がなぜ冷や飯を食ったのか。
晩年の処遇は可哀想なくらいだった。
彼は反北の湖理事長派であった。ま、ここでなにやらある。

北の湖理事長、先般裁判で負けた某顧問との協会私物化が、
許せなかったという噂もあるが、
それを糺し、覆したたのが現理事長八角だったのだ。

貴乃花親方は、北の湖元理事長が自分の後継者だとし、
その当時のNo.2 の位置にいた。
けれども現理事長派に、それは覆され、いまのポジションにいる。

 18925-y3.jpg

ま、これが事実かはしらない。週刊誌ネタだからね。
ただし、署名記事だからガセでもなさそうだ。
改革という名の裏には、なんかしらん、ドロドロがあるらしい。

この1年間の動きがここから発しているとすれば、納得はゆく。
協会は、昨日の人を介しての引退届は受理しなかった。
本人が理事長に手渡すものらしい。

昨日の記者会見でも「引退届」といって、あれぇと違和感があった。
力士現役を退くのが引退だよなってね。
この場合は、年寄りという協会の職を退くんだから退職のはず。

サラリーマンした人なら、そう思うよね。
ましてや、2週間前に申し出て、それなりの手順を踏むのがルール。
相撲協会は普通の会社ではないというが、ルールはルールのはず。

いまどきのメールで「辞める」と送って、
それっきりという若い衆じゃないんだから、
名横綱といわれる人なんだし、キレイに退いて欲しかった。

それから、千賀ノ浦部屋に移籍するという弟子たちのことも、
千賀ノ浦親方の承諾印がなく、問い合わせたところ、
2時間まえに電話があっただけだとのこと。これもイイ加減。

それで、書類不備のままに引退記者会見を行っている。
相撲協会の不受理は陰湿なイジメだというが、
社会的にみたらどっちに落ち度があるのかは明白なはず。

こと退職に関しては、貴乃花親方はルールに則っていない。
それでいて、弟子たちには土俵もそのままだし、
相談にいままで通りのってやりたいって、なんか大甘ちゃん。
 
ちなみに、当代千賀ノ浦親方は、
元貴乃花部屋付き親方の隆三杉なのだが、
退職するのであれば、すっぱり任せるのが弟子のためではないか。

 18925-y1.jpg

貴乃花親方は、不器用で生真面目な人柄だっていう。
実は、オレもそうなんだな。え、違う?
おまえの、頓着ないのは天然だってか。 アハ、その通り。

まァ、これでここまできてしまったからねぇ。
そりゃ、もう、死ななきゃ治らない。
頓着しないって性格は、いうなれば天衣無縫だろ。

じゃ、天真爛漫に通じるじゃないか、いいじゃんそれでぇ。
本人は,稚気っていうか、天然っていうか、深く考えてないんだ。
それは、もしかして、オレも世間常識の欠如なのかなァ。

あんたはそこが可愛い..... なんて,誰もいってくれない。
あ、おペケがいっぺんくらい、いったかな。
ま、男なんて,こんなもん。

ただ、通りすがりの心理学を専攻したという女性が鍵コメで、
「あなたは、ほんとうは神経質で生真面目な人」と、
いわずもがなのこと書いていってくださった。

まァ、人間っていくつかの顔をもっている。
けれども、世間を渡っているちに、これじゃいかんって、
装ったり、晒け出したり、いろんな世渡りテクを覚えるんだな。

それでね。
定年のないポジションをオレが退いたのは64歳だったから、
よく頑張ったほうではあると思う。

亡き人の最初の手術がすんだころに、
ちょうど仕事でもそろそろいいかなと感じはじめ、
いったん、そう思うとなんかしらん、気持ちが萎むんだ。

で、オレは退くことにした、
オレは、この人にいままで、なにをしてやれただろうか、
オレなりに、そう考えて、よし、傍にいてやろう。

そう思って、ある日、仕事やめてきた。おまえの傍にいる。
そういったんだ。
なのに、あまり,うれしそうな顔はしなかった。

あとで、娘にいったそうな。
「毎日いるんだよ、うちに......... もう、 やんなっちゃう」
それを聞いて、男ってそんな存在か、とがっくりした。

でもね,何十年ぶりかで、2人くっついていたんだから、
あれは、あれでよかったんだって思ってる。
ま、やがて、それがサポートすることになったけれど。

男の引き際って、男だけがもってる美学がある。
とくに一匹狼だと、それを自分自身が決めるわけで、
この期日で終わりっていうわけじゃないからね。

オレは自分の衰えを、
自分の育てた連中に知られないうちに、と思っていた。
ま、ええかっこしィだけどねぇ。

だから、貴乃花さんには、
ええかっこのまま退いて欲しかった。
そのむかし、男は黙って貴乃花といったことがある。

名横綱は、自分の思うようにならなくても、
黙ってかっこよく退いて欲しい。
そう思うから、テレビでの貴乃花騒動は一切見ないと決めた。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

心臓に生えている毛との相談 - 2018.09.25 Tue

曇りに戻った。自衛隊機飛んでる から荒れはしない。
3日間いい天気だった。中秋の名月も見られた。
ぐっと秋も深まって、今朝は26.7℃。過ごしやすい。

昨日はなにをしたのか?
え、なにも浮かばないなんて、なにもしてないんだ。
疲れは中一日で出る、とおペケがいう。

テレビ観ていて、オレが30分眠った。
それを見ていたらしいおペケがベッドへいって40分眠った。
これで、かなりラクになる。

目の疲れだね。
120枚を現像してアルバムに仕上げる。
けっこう目を酷使するんだな。

それも終わった。
撮る。現像する。web制作する。UPする。
2人で見る、までいって終了。プロセスを愉しむ。

 18924-m1.jpg

雲はあったが、満月は見られた。中秋の名月。
おペケは財布をもって外にでて、
お月さんを財布に入れる仕草をする。

ま、おまじないだからね。
はいってくるところは決まっている。
額も決まっている。どこからオカネが落ちてくるのか。

市役所から封書がきた。市民アンケートだっていう。
「ランダムに2000人の市民に出しています」
へぇぇ。2000/80万の確率でねぇ。

「宝籤買いなよ」
案外と、こういうのが当たるのだそうな。
億のカネは要らん。ちょっとあればいい。

そうじゃないかえ、皆の衆。
いまさら余分なおカネは要らないね。
じゃァ、宝籤買うのやめるか。ってなんだいそれ。

月の真ん中を飛行機が通らないかと、
待っていったけれど、そんな確率の低いことって、
ま、これも宝籤みたいなもんだ。

 18925-as1.jpg

「できましたァ」と呼ぶ。
カメラもって撮影係が食卓へゆく。
おペケのアシストがあって写真が終わり席につく。

なんか知らん、腹減ってた。
そうか、お昼はトウモロコシ1本だった。
ま、毎日そんなもん。

 ←click

たいしたもん食べてないんだよな。
それでも体重減らない。
ムリを重ねて減らすことはないけどな。

おペケのリクエストで、
「歩けなくなるのがイヤならかかとを整えなさい ]
という長いタイトルの本をamazonに発注した。

ついでにSDカードを2枚。ゆうパックで翌日配達。
歩けなくなるのがイヤっていうか、
歩けなくなるのは困る。写真撮りにゆけなくなるゥ。

 18922-ff27.jpg

何遍もここに書いたから耳タコかぇ。
オレってヤツは本質的にものぐさ人間。
なにもせずに通れれば、一日中でもぼぅぅぅ...... としていたい。

え? 毎日そうじゃないかってか。
ま、誰にもなにもいわれず、
窓の外をいく雲を見てすごしたい........ とは思うのだ。

だいたいが、本質的に怠けもんなのだが、
朝から「てんちゃら......」を書き、
写真をブログにアップし、と怠けもんにしては、けっこうマメ。

オレのオレたる所以は、ここなんだ。
興味のあるものは、しばらく熱中する。しばらくね。
凝り屋だから、トコトンのトン。

なのに興味が薄れると簡単に放り出してしまう。
いうなれば、熱しやすく醒めやすい。
遠州人のもっとも遠州人らしいところがこれ。

だからね。
自分で自分を上手に煽るんだね。尻叩くんだねぇ。
つまりは、モチベーションの問題だァな。

なにがモチベーションかって?
だってね。これだけのかたが読んでくださる。
これにまさるものはなし。ありがとさま。

 18922-fp22_20180925091621d61.jpg

プロのエッセイストは、それでおまんま食べてるから、
自分自身を切り売りしても、それはそれ。
オイらだって、いまは1円にもならない文章書いてる。

だからというか、たかだかBlogのアクセスのために、
プライバシーの切り売りをする気は毛頭ない。
ここにすべてを晒しているかというと??だものね。

ずいぶんと、亡き人のこと書いて泣いてたじゃないか。
アハ。たしかに.............
あれは、その時々の真情であるし、作りごとではない。

あの人を失ってのち、
このBlogは亡き人への悔悟がテーマだった。
泣いたなァ、みっともなく。いま思うとねぇ。

が、ほんとのところ、自分が大事にすべきもの、
これには一切触れていないのだよ。
カミングアウトする気もない。大事にすべきものを守る。

これがオレにとっていちばん大切なこと。
プライバシーを書いているようで、
そこは守らないといけない。

文章ってね。
普通の読解力があれば真実がなにか、透けて見える。
隠したつもりでも滲み出る。

テーマをもった記事というものは、
共感を呼んだり、ときに違和感をもったり、
などと人々の注目を浴びる。

だから、失礼ないい方をすれば、
ヒトクセあったほうがおもしろいのだ。読むほうはね。
ま、下世話だけれどね。

失礼ながら「人の不幸は蜜の味」だけなのかもしれない。
なぜBlogを書くのか。ランキング参加の目的はなにか。
単なる自己顕示欲だけなのか。

不肖オイら、編集者のハシクレであった。
この雑誌をいかに売るかの算段を考えるのが仕事であった。
だから、現在 (時流) を読む、人を読む。

それから自己顕示欲だって人一倍強かった。
自分を売り出せなくって、メシが食えるかって部分がある。
これはプロとしてなのだね。

Blogでおなじことをしようとは思わない。
リピータさんが多いとモチベーションあがるが、
そのために書く記事でのプライバシーの線引きはどこかにある。

自分の大事なものまで晒してはいないつもり。
要は、そこを突かれて狼狽えないよう、
自分なりの線引きが必要なのだ。

それは心臓に生えている毛との相談だね。
自分が耐えられる限界は、承知していないといけない。
それを逸脱してしまったら......................

それは自分のせいであることが多い。
オレは他人を批難するまえにそれを考える。
しごくあたりまえだ。

自己主張は強いけれど、
おなじくらい人の言葉に耳を傾ける心はもっている。
だから、しばしば、ごめんなさいと詫びる。

 love0029_20180925095221e6b.gif

ま、これが処世術でもあるのだね。
ナイショのはなし。
いままで、世間の激流を泳ぎぬいてきた男のね。

あたしゃ、悪かない。悪いのはそっちだ。
これだけはいいたくはない。
ごめんちゃいしておいて、あとで舌だしときゃいい。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

男には太古の血がいまも流れている - 2018.09.24 Mon

さわやかだな。天気は夕方から曇り
今夜は中秋の名月なのだが、見られるかしらん?
雲間からでも出て欲しいね。写真は昨夜撮っておいた。

このカメラの2000mmはたしかにすごい。
それから「月撮影」というところへまわすだけで、
めんどうな設定要らずに月面が撮れてしまう。

けれど、ここまで倍率上げてもなんになる。
そう思ったのだ。月面のクレータは美しくはない。
何億円もだして、月旅行して見るモノか?

ただ、緑の星の地球は美しいだろうね。
ま、オイらは閉所恐怖症だし、三半規管弱いし、
いきたいっていってもいけやしない。

 18924-a1.jpg 17824-a2.jpg

「活きのいい刺身が食べたい」
このまえからそういっていたし、
すこしくらいは、高くてもいいから............ ってことだった。

おペケが、昨日夕方、向かえ のスーパーへいった。
「あったからね」
マグロ刺身の盛り合わせ。美味かった。

 ←click

オレね、かなり最近まで勘違いしていた。
あんこのが「ぼたもち」、きな粉のが「おはぎ」ってね。
どっちもいっしょで、春が牡丹餅、秋が萩餅。

ともあれ、おペケが仏前に「おはぎ」を供えてくれた。
いつも気遣いがありがたい。
これ、食後のデザートにはちと重いが、一つ食べた。

 18924-r3.jpg

大坂なおみさん、決勝戦を見ていたが負けてしまったね。
初戦みたいにネットすれすれの鋭い返しがなかった。
逆にネットにかけてしまうのが多かった。

連日の取材と歓迎で休まる暇がなかったらしい。
コーチはよくやったと褒めたが、なんか疲れているようで、
次の中国武漢OPは参加を辞退したようだ。

ま、それが日本の過剰反応が原因かは知らない。
けれども、尋常ならざる反応をするのが日本メディアだからね。
東京オリンピックには日本で出たいと彼女は以前のIVでいった。

彼女には国籍問題がある。
日本か、アメリカか。22歳で決めなきゃいけない。
今回はずっと北海道の祖父母が会場にいた。

オリンピックのメダルを、その祖父母に見せたい。
なおみさんはそういってたが、
これがプロのプレーヤーとしてはどうなんだろうか。

アメリカも、それなりの環境を整えるといって、手を差しのべている。
どの国籍を選ぶかは彼女次第だが、プレーヤーとして大成するには、
オレ的には、アメリカのほうがいいと思っている。

 18924-aa3.jpg 18924-aa1.jpg

 18924-aa2.jpg 18924-mn4.jpg
 ↑ サボテンジュニアたち

浜松フラワーパークの彼岸花をぜんぶ現像し、
アルバムへ入れおわった。昨日1日かかった。
内弟子おペケが自画自賛するのだが、たしかにねぇ。

それなりの進歩は見られるかな。
ま、門前の小僧習わぬ経を詠む、ってやつだな。
オレの写真をよく憶えていて、撮っているね。

それからオレ自身にも、新しい機材と、
それを遣いこなすってところが、去年よりも進歩していた。
常に努力、さすれば成果はあるってことか。

だから愉しいね。
こんなもの、自画自賛でいいんだ。
少なくても、爺婆2人の自賛で愉しけりゃいい。

 アルバムへのリンクはこちら。
 「What's NEW」←click

 

さるSNSの片隅でこんな話があった。
テレビで災害のシーンをみて、
興奮をおぼえたわたしは異常なのだろうか、というのだ。

おおかたは不謹慎である、と答えていた。
これを、シンフォフィリア(災害性愛) というのだそうな。
台風や地震があると、異常に興奮するフェチだ。

ある登山家が被災後の北海道旅行の写真をSNSにあげた。
それに対して、批難の声があった。
3.11のときもそうだった。各地で催し物が自粛された。

そりゃァま、傾いた家のまえでVサインで、
写真撮るなんてのは論外だが、できることは協力し、
迷惑にならないところは、いってオカネを使ってくる。

この登山家はいつもこういうポリシーを持っている。
けっして、横並びに自粛してしまうことが、
被災地の経済復帰のためにはならない。

ま、災害が性的興奮に結びつくかは別として、
男には本能的に、これがある。
不謹慎ながら、と頭に付けねばならないけれどね。

なぜか、台風などには血が騒ぐっていう。
オレはアウトドア遊びを長年してきたから、なんとなくわかる。
これは、男の先祖返りであると開高健さんがいってたような。

どこで読んだか記憶が曖昧だけれども、
男の血の中にある太古の遺伝子が蘇るのではないかっていうのだ。
天変地異は獲物が多かったという、それだ。

ぎゃーとるずの原始時代においては、
いちばんエライのは、働きのいいヤツ。
自分のファミリーに食い物を充分に運んでくるヤツが絶対的にエライ。

自然が猛威を奮い、尋常ならざる事態になったとき、
あらゆる獲物が多くなるのは想像がつく。
これがDNAの片隅にくっついてるのだよ、いまも。

そしてまた、強いヤツの子孫を欲しがるのは♀の本能であって、
だから♂はあっちこっちへ浮気したがるってはなしはおいといて、
尋常ならぬ天変地異は♂の活躍の場でもあるわけだ。

前述の登山家が、登頂を前にして過酷な条件にあるとき、
異常なほどの性的興奮をおぼえる、といったのを聞いたことがある。
たしか、このかたが最初に結婚したのはエベレストの麓の女性であった。

ま、これもおいといて............
たしかに、男は自然の驚異には血が騒ぐ。
ガキのころは、街外れは田圃だったから、出水のあとはもうたいへん。

竹箕と魚籠もって飛び出してゆく。
田圃の水が引きかけてくるとフナやドジョウが獲れる。
農薬がないころだから、獲物は晩のご馳走になった。

釣りが好きっていうのも、狩猟本能のうち。
自然と向かいあってれば、シアワセって気持ちにゃなかなかなれない。
なんかしらん、数を釣ればエラいと未だに思っている。

ま、えらーい回り道したが、
不謹慎といいつつも、男には太古の血がいまも流れている。
とまァ、いいたかっただけのはなし。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

残暑のなかフラワーパークへゆく - 2018.09.23 Sun

いやァ、暑かった。昨日のフラワーパーク。大汗。
10時30分にでた。あんなこと書いたからか。
おペケに「支度できたわよ」とオレがせかされた。

ここから浜松フラワーパークまで車で25分。
11時には着いて歩き始めた。週末にいったことがない。
ボランティアさんが大勢いて、世話をやいてくれる。

9月末までは入場無料。
来月から春のフェスタまでは500円で、500円の買い物券をくれる。
このシステムで収益ぐんぐん上昇だそうな。

梅園に、彼岸花が満開。ジャストタイミングだった。
朝まで降っていたから、花についたしずくがキラキラ光る。
このあたりまでは曇っていた。

やがて、空が真っ青となり、なんとも暑いこと。
汗っかきオイらは、水分どんどん絞られる。
園内での彼岸花の咲くところは増えていた。

職員さんの努力だね。ごくろうさま。
家に帰って1時半。2時間歩いたのだね。
けっこう足裏が痛い。

足痛いなんていってちゃ.......」←click

これって ↑ 鍛錬だろうか。
エアー椅子だなんて、すごいよね。
ま、20年前のオレでもムリ。

痛いのがなぜか膝や腰ではない。
まァ、なんだな、はやいはなしが..........
普段があまり2足歩行してないってこった。

 18922-fp02.jpg 18922-fp03.jpg

午後から雨上がりの風が家の中を吹き抜けた。
シャワーしたあとの洗い髪が、うるさい。
バンダナをしてパソコンに向かったくらい。

今日も晴れだが、風はない。
気温は27℃、湿度は85%でさわやか。
明日の連休は晴れ、火曜日、水曜日と雨。

おペケは浜名湖ガーデンパークへいこうという。
いつ? 続けてか?
4足歩行ならゆけるかもな。

 18922-fp22.jpg 18922-fp24.jpg

帰ってシャワーして体重計乗ったら2k減。
これは身体の水分を絞っただけだから、
すぐに戻るわけで.................

写真撮りながらベンチに座る。
そうすると、おペケのリュックからオヤツがでる。
昨日は、家になかったといい、まず売店にいったからね。

ボランティアさんに2人の写真撮ってもらった。
「おひとつどうぞ」といって、
大阪のおばちゃんのアメちゃんみたいにクッキーがでる。

 18923-aa2.jpg

「あなたがいつも探している落花板があったわよ」
「え、それで買ってきた?」
「帰りにね」

そうなんだな。
オレ、大好きなんだ。落花生を飴で固めた落花板がね。
やっとめぐりあえたかァ。

18923-aa1.jpg

もちろん、帰りに土産物コーナーで買ってきた。
なんか、写真もそこそこ撮れたし、落花板にもめぐりあえたし、
いい日だったんじゃないかねぇ。小さなシアワセ。

 ←click

それで夕餉はポークステーキ。
スタミナ補充する。美味かった。
牛もいいけれど、たまには豚もね。

 18922-fp31.jpg

明後日が中秋の名月。明後日は天候が??だ。
明日は晴れの予報だから、お月さんがでたら撮っておこう。
はやくも9月尽。

酷暑の夏から秋へと季節は移ってゆく。
なんともはや、今年もあとみつきなんだな。

 名月やふたり暮らしに馴染みたる   ごんべ

1日は長いけれど1週間は短いものだ。
人の世ははかなくて、月日の過ぎるのは矢のごとし。
だけど駄句だな。

夏井センセこてんぱんか。
自分だけ納得してる俳句なんてのは所詮はジコマン。
これだって、初めて読んだらなんのこっちゃだものね。

自分とおペケと、ここを読んでくださるかたしか伝わらない。
ま、いいかって。それ以上のものでもない。
17文字に、心象風景さらっと入れるのは至難のわざだ。

 18922-fp27.jpg 18922-fp17.jpg

ちかごろの先輩、同輩すこぶる元気がいいねぇ。
元気なことはいいことだ。
ただし、老害があまりのさばってはいかん。

つまり、爺ィはおのれが爺ィだってこと、はやく悟って観念すべし。
自分の存在、示そうとするからややこしくなる。
そんなもん、認知症のフリしてたら、なんぼかラクチン。

某SeniorSNSに10年くらい席があって、ときどき覗く。
ま、1人で副垢 (アカウント) いくつももって、
ときには女性となり、ときには男性となり、なかなか多忙らしい。

なにが面白いやらしれないが、そうして人をたぶらかし、
いとも簡単にノってくるのが快感なのだとか。
実質被害がなければどーでもいい。

このSNSやらBlogの世界でいうと、女性が強い。
なぜかというと、怖いもの知らず。
世間なんかどうーでもいい。わが道を往く。だから強い。

ま、これまでの世間ってものは狭かっただろうから、
その感覚で突き進む。
これは無敵だわな。しがらみはないもの。

そこへゆくとねぇ。
世間の荒波潜ってきたはずの男性たちが萎縮している。
なんか元気がない。

どんどん高年齢社会になって、
もはや60歳還暦赤ちゃんこなんて、洟ったれ小僧だな。
定年だァ。還暦になったァ、爺いだァ、オレも。あァ。

なんてね、たしかにオレも思った。
いまや還暦くらいでしたり顔してるのは滑稽ですらある。
まだまだ、先がず〜〜〜〜〜〜〜とあるんだぞォ。

てなこといえるのは,還暦から10年余過ぎたからであって、
かくいうオレだって、あァ、60歳だぜぇ、還暦だぜぇ。
どーすんだ? なんて戸惑ったもんだ。

まだ、会社に必要とされていたから、どれから4年頑張った。
辞めるってのは、自分が育てたスタッフが、
どうやらオレを抜いてゆく............ と感じたとき。

それをあいつらに悟られるまえに身を退く。
ま、オレの引き際の美学だ。
64歳まで頑張ったんだから上出来だね。

いま思えばわれながら大笑いしちゃう。
あの気負いが、シルバー御席への第一歩なんだわさ。
ま、そんなもんすぐに抜けるよ。

気負ったって、なにもできゃしないんだからね。
爺ィは爺ィなんだからね。
自然に萎むゥ。すぐ萎むぅ。なんのこっちゃ?

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

居眠りこいてたって明日はくる - 2018.09.22 Sat

起きてきて、居間へゆかず 玄関の出窓から、
外見たら、あれぇ.......... 雨じゃないか。
書斎へいってパソコン起動して天気予報みる。

9時まで雨。それ以降は曇り、3時からはだ。
よしゆく。昨日からその気になっている。
浜松フラワーパークの彼岸花撮りにね。

「早くから支度するから...........」と晴れおんながいう。
「午後から晴れるから大丈夫」
予定通りに11時出発だぞ。支度しなよ。

 rolleye0012.gif

どこかへゆくのは愉しいね。ウキウキ。
昨夜からリュックへカメラ詰めて、レンズ入れたり出したり。
あまりやると遠足前夜現象になるからテキトーに。

昨日の新聞に浜松フラワーパークの写真が載ってた。
彼岸花が満開の撮り頃だね。天気は明日と明後日しかない。
ゆくと決めたらすっ飛んでゆく。

おペケには11時出発と告げてある。
彼女は若い頃から遅刻常習だったらしい。
デートに1時間遅れて、お相手が怒って帰ったそうな。

ぎりぎりにならないと支度の出来ない人。
オイら、せっかちだから、いつもイライラする。
早めにすればいいのにっても、性格は治らない。

ああいうのは、おっとりじゃないな。
のろまのかめでもない。
計算づくで時間ぎりぎり、たまに計算外れて遅れる。

せっかちとなかなかやらない人。
「はやくしなよ」とかいいながらイライラ。
それでも、なんとか、折り合いつけて遊びにゆく。 

書斎覗きにきた。カメラ積めていたら「げっほー」といい、
さらに、「こういうときは、よ動くねぇ、ゲンキンだねぇ」っていう。
あたぼうよ。自分の好きなことは支度もはやい。

 18922-aa1.jpg

「きてぇ...........」というからキッチンへいった」。
そういえば、「焼きうどん」だっていってた。
自分のレシピは自分でする。自分の味付けにする。

オレのは、おひとりさまのとき得意の焼き肉のタレ、
おペケ仕様はソースでおかかかけ。
どっちも美味かった。ご飯はなし、これだけ。

 ←click

ほんとは、鉄板で肉焼いて、そのあとにうどん焼きたい。
肉の欠片が焦げかかって混じっていたり、
あれが美味いのだけれどねぇ。

部屋が臭くなるからダメぇっていう。
食べたかったら焼き抜き屋にいこうよ。
ってね、街道の向こう側にあるんだ、牛角がね。

 15927--a4_20180921204639771.jpg

テニス、大坂なおみさんの第2戦を見ていた。
ストレートで勝ったけれど、なんか出来悪かったな。
以前、この大会で、この相手には負けている。でも、準決勝へ。

twitterになおみさんのツイートがあった。
あなたはポニーテールにしてからずっと勝ってるね。
ほんと、切るのがが怖いの。

きっと立て直してくるよ。
それが、いまのなおみさんだから.......
次の試合の選手がなんかきつそうだった。

どういう意味かしらないが、
会場の空気が薄いと解説者がいうのだが、外国人選手には、
急な気温低下と雨の湿度の高さが応えたのかな。

8月の東京五輪は大丈夫かァ?
選手にとっては過酷なオリンピックになりそうな予感。
こればっかりは対策ってないよな。

 18922-aa2.jpg

さきほどまで歌番組やっていて、続いてドラマになった。
これは眠ってるなと、居間にでてゆくと図星。
おペケはマウス握って、ゲームの途中でぎっちら船を漕ぐ。

ま、秋宵っていうのは,もっと味わうものらしいけれど、
このふたーり、ひたすら秋の夜長を眠るのだ。
ほんと、寝るほど楽はなかりけり。

これは、むかしばなし「三年寝太郎」なのだね。
3年ぐーたらの庄屋の倅が突然起きて、
船にいっぱいの草鞋が欲しいといいだしたそうな。

倅は、それをもってどこかへ出船していき、
やがて,古草鞋をいっぱい積み込んで帰ってくると、
その草鞋を桶に入れて洗い始めた。桶には砂金が残っていた。

倅は金山へいって人足の草鞋と交換してきたのだ。
で、浮き世の馬鹿は起きて働く...... っていうのだけれど、
この砂金で潅漑用水を造り,世のためになったとさ..... てはなし。

寝太郎さんは、寝たふりして資金調達を考えていたのだが、
オイらは、何も考えず、ひたすらぐ〜〜〜〜すか。
ま、いまどきそんな儲け話は転がっちゃいない。

うまいはなしには裏がある。
昨日も、還付金詐欺と名義貸し詐欺で騙されたって新聞記事。
ま、あるところにはあるもんだ。5000万被害にそう思う。

 1892-aa3.jpg

あの頃のオレは夕魔詰めが怖かった。
闇のなかから、なにかが出てくる。
幽霊でも妖怪でもない。わが心の弱さ、脆さがである。

生涯何度目かの強くあらねばならぬという、
わが意識の葛藤でもあった。
家中の電気を点けて、浅い眠りを幾つかつなげて朝がきた。

 木陰に座って
 涼を楽しむことができるのは

 誰かがずっと昔に
 その木を植えてくれたからだ

そうだな。
あのツライときを抜け出したからこそ、
いま、のほほんとしていられる。シアワセがわかる。

世の中は皮肉なものだとつくづく思う。
熟年離婚する人もあれば、
連れ合い失って哀しみの坩堝にはまる人もある。

ま、他人のことはどうでもいい。
薄情なわけではない。その人の心の懊悩がわかるわけもないから、
とやかくいうべきではないと思うだけ。

SNSで垣間見る他人の人世も、
こういうお方もあるのだなァ、と思うだけにしておく。
それくらいしか関わることはできないのだからねぇ。

ロム専の身であれば、肯定も否定もする立場にはない。
それぞれのお方がシアワセになりさえすればと思う。
心の隅に留めながらもそれくらいしか関われない。

おのがプライド守るのだって、人それぞれの想いがある。
そういう点では、誰しもジコチュー。
そんななかに割り込んでいったって自滅するのがオチ。

不肖オイらの場合だってそうかもしれない。
ジタバタしたっていきつくさきは、それほど変わるわけじゃなし。
のほほんほんとしてたら今日が暮れる。

え、もう、土曜日なのか?
今週はなにしたのかな、ほんと........
雨降って、雨あがって、あっちにいって、こっちにいって1週間過ぎた。

毎日のほほんでええ日やねぇ、と思ったらさにあらず。
明日という日があるとは限らんから、
いまを大切にせぇ.......... だそうな。

ま、いいじゃん、今日でなくても........
どうせ、毎日が日曜日、気儘にゆこうぜ。
明日っていう日もあるからさ。

tomorrow is another day.
「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラの最後の台詞。
石原裕次郎もいったか、明日は明日の風が吹かァ........... てね。

一見この2つは矛盾しているようだが、
いまを大事に生きれば、明日はまた違うかもしれないからさァ。
って解釈すればおんなじ。

ま、シャカリキでなくたって、
なんの屈託もなくのほほん生きていければいい。
居眠りこいてたって、明日はくる。

そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

無理して見ようとしなくていい - 2018.09.21 Fri

雨だ。イヤだっていっても雨だ。憂鬱って いっても雨だ。
空はびっしり灰色。雲が垂れ込めている。
明日はなんとか、午後から晴れのワンチャンスらしい。

浜松フラワーパークへゆく。彼岸花撮りに行く。
週末はイヤだなんていってられない。
次の日はまた雨だからね。ワンチャンス逃せない。

 fighting0085.gif

週末は混むから、なんていってられない。
ゆけるようにしておく。
こういうことになると、頑張るのだ。この人は。

海側の空の下の方が明るくなってきた。
晴れなくていい。薄日くらいでいい。
彼岸花の赤色は晴れるとハレーションするからね。

 18921-a1.jpg 18921-a2.jpg
 ↑ 今朝も雨

Nikonのカメラに換えて半月くらい。
慣れてきた。馴染んできた。設定も迷わない。
けっこう面白い。この新しいオモチャはわりと遊べる。

デスクのサイドテーブルにいつもある。
なにかあれば撮る。面白かったらtwitter にアップする。
ほんのすこしのイイネをいただく。

おペケが笑う。
Gさまが部屋のなか小走りにゆくってね。
運動、運動。ちょっとでも運動ゥ。

朝と晩となにか撮るもの探さなきゃいけない。
ひと味違うもの、探さなきゃいけない。
限られたうちでなかなかの修業だけれど、ま、愉しい。

 ←click

うろうろしていると「できましたァ」とおペケが呼ぶ。
カメラ設定を「料理」に換えて、ばんごはんの撮影係する。
まだ、このカメラのベストに至っていない。毎日が模索。

サバが美味そうだな。
なんかいつもより腹がへっていた。もちろん完食。
ごちそうさまァ。

 18921-a3.jpg

夕方のローカルニュース番組観ていたら、
吉本坂田師匠似のタレントおばさんがミニスカ穿いていた。
このかたはアラフィだと思うが似合ってる。

考えてみれば、おペケだってミニスカ初めて穿いた世代だよな。
ミニスカブームの発端は1967年(昭和42年)だからね。
あの頃は、どんどんスカート丈は短くなった。

ツイッギー来日の翌年には、なんと膝上30cmだった。
やるじゃん、おばさんたち。
って、そのときゃおばさんじゃないわ、まだァ。

マクロスカート、ホットパンツ。
もう、大胆だったねぇ。
いまどきの若いもんはなんていっちゃいけない。順繰り。

それがさ。あれから半世紀。
あの頃マクロミニで闊歩していた女性たちもいまや還暦超えだよ。
年金がァ、なんていうお年頃だよ。

ま、これも儚きは世のならい。しかたないわいな。
何十年という歳月せっせと積んだ年金だって、
当人が死亡したら、はい、それまで............ だからねぇ。

一時金のなんぼかくらい出てもいいと思うけれど、そこは非情。
5万円の弔慰金支給されておしまい。
年金ってのは、長生きしなければ元は取れない仕組みになっている。

せいぜい長生きしなされや。
って、オイらもそうだったわいな。
アハ。

オレの場合は、受給を3年間据え置きにしたので、
これの利子が年間50ン万円、年額に加算される。
けれども、税金、がぼっと課せられるから、得だったかはわからない。

 18918-my17.jpg

オレんちは曹洞宗だからよくわからんけれど、
ハロウィンってなんだ??
そろそろネットにハロウィンって言葉が見える

仮装してバカ騒ぎって、クリスマスイブがもういっこできたのか?
なんかしらんけれど、西欧の行事に便乗して騒ぐってのが好きだねぇ。
ま、それに便乗して儲けるってのがホンネか。

キリスト教って、信者でない人の便乗に寛容なのかしらん。
で、ちょっとググった。
キリスト教諸聖人の日の前夜祭で、いまでは宗教的意味はない。

収穫のお祝いだそうな。
だとしたら、日本の鎮守さまの秋祭りといっしょだな。
太鼓叩いて、ひょっとこ面かぶって踊るのとおなじ。

田舎へゆくと、祭りには女装したり、けっこう仮装するんだ。
まァ、仮装して練り歩いてる連中に理屈はない。
愉しけりゃいいってことだもん。おまわりさん、警備ごくろうさん。

 18918-my20.jpg

ほかの宗派はしらないけれど、
うちの曹洞宗では般若心経に馴染みが深い。
いつもお経っていうとこれ。

 先のことは誰にも見えないんだ。
 無理して見ようとしなくていいんだよ。

 見えないことを愉しめばいい。
 それが生きてる実感ってヤツなんだからね。

Webの某所で般若心経の現代訳っていうのがあった。
ま、このおかたの訳には、異論があるらしいけれど、
門外漢は、これで納得してしまう。

なんか、オレのちゃらんぽらんに通じる。ほんと。
先なんかわかりゃしないんだから、
日々の生きてるって実感を大事にすればいいだろっていう。

 かんじざいぼさつぎょーじんはんにゃはらみったじ
 しょうけんごおんかいくーどいっさいくーやく

これくらいは覚えている。
うちへ長いこときたベテランさんは、
言葉の最後に「ん」がついて延ばすので、お経がわかりにくい。

去年からくる若いお坊さんは、美声ではっきり唱える。
ま、檀家2000軒余だから、住職の直弟子やら、
お勤めのお坊さんやら大勢いらっしゃる。

盆供養なんかは、末寺までぜんぶ集まって15人余り。
ま、壮大な供養するのだね。
それだけに、諸行事もわりとビジネスライク。

いまどきは、なんか割り切っての寺離れが多いと聞く。
めんどくさくて、カネがかかるというが、
亡き人への気持ちが、そんなに割り切れるものかと思う。

ちかごろ墓仕舞いという問題が提起される。
小さな寺では檀家を離れることはタイヘン。
したがって、離檀料というものがけっこうな額らしい。

実は、おペケも母親の墓仕舞いがあるわけで、
来年あたりから、それの段取りにはいることにしている。
なんにしても、オカネ、オカネ。

されども、できるだけのことはする。
粗末にはできない。
いずれはわれわれも、おなじこと。

娘の代までは、お寺さんとのとお付き合いは、
してくれるという約束ではあるが、
まァ、それ以前にオレたちが始末しておかなければならない。

いまどき、死ぬにもたいへんだーな。
ほなあした..........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

いまがず〜〜と続くってことは幻想にすぎない - 2018.09.20 Thu

。いつまで降るかと天気予報みたら、
この先1週間ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜と雨。
おい、おい、出鼻くじくなよ。ったくゥ。

そういっても、相手がお天道さまじゃ、ケンカにならない。
あ、憂鬱だねぇ。そうすると、先日の晴れはワンチャンスだったか。
ゆくところ、間違えたか。

ちょっと曇りだったら、ちょいといってちょいと帰る。
フラワーパークの彼岸花は逃せない。
小雨も情緒あっていいか。そうしよう。

てな独り言を、曇り空みあげて恨みがましくいう。
しとしと、しとしと、音もなく降る。
もう、鬱陶しいから朝シャワーしてこようか。

 character00292.gif

今年の秋雨前線停滞長くないか。
こんなには降らないよねぇ、いつもは。
次の週末も連休だけれど、アテが外れたァ。

 18920-a2.jpg 18920-a3.jpg
 ↑ 音もなく雨が降る

歯茎が化膿したとかで、おペケがちょっとした手術。
思ったよりたいしたことはなかったらしいが、
「今日はラクチンさせて.......」といいう。

「なにが食べたい?」というから寿司を頼む。
それではと化粧品を買いながらピ○ゴへ出かけた。
と、なると1時間は帰ってこない。

 ←click

「いいお寿司がなかった」ということで、おいなりさん。
ま、キライではないが、週末でないと、
それなりの寿司がならばないんだと、おペケが不満顔。

「そのかわりジャンボ買ってきたからね」
って、歯が痛いわりに大きな口でエビフライ食べてるよ。
「まだ、痛み止め薬が効いてるから......... 」て、それほどでもなさそう。

 18920-f1.jpg 18919-a3.jpg
 ↑ サボタとハイビスカス

あさいち、ベランダへ出たらハイビスカスとサボタンが、
寄り添うように咲いていて、なんかシアワセ。
いいねぇ、花が咲いてるのは。

おペケが散歩の途中で拾ってきたランタナも根付いたようで、
枝がシャキッとしてきた途端に花がいくつか咲いた。
さすが強いね。外来雑草はね。

なんでも花があるのは愉しい。
サボテンジュニアも、ポインセチアも順調に育っている。
昨日は、ヒメオウギの種を2鉢撒いた。

秋のバラが欲しい。
夏の酷暑で萎縮して立ち直れないみたいだし、
花もちいさくて可哀想。なので肥料を入れた。頑張れぇ。

 18920-mn1.jpg 18920-mn2.jpg

ひさびさにお月さんを見た。
中秋の名月は24日だから、たぶん曇り空。
昨夜は月齢9日だったが撮っておいた。

上の写真の右、2000mmの威力だね。
クレータの月面がくっきり。
900億円だっけ? ゾゾの社長が貸し切りでゆくらしい。

なんかしらんが、あんたの買ったシャツ1枚、1枚の蓄積だよ。
ホリエモンも連れてゆくのか。
ま、金持ちの金の使い方はわからん。

 18919-aa2.jpg

書斎の前のビルの屋上に、カラスが1羽とまって、
カァァ、カァァ、カァァ。
呼ばれてもう1羽が隣にきてとまる。

「おまえさん、この雨じゃァ?」
「そうさな、ここいらで様子みるか」
と、いってるかは定かでない。

鴉も律儀でね。
佐鳴湖の森に夕方には帰り、
朝になるとどこかへでかけてゆく。

「めおと」がけっこういるらしく、
それがまた中年夫婦の趣がある。
暇人のオイら、それを見ておもしろがってるゥ。

「おまえさん、もう、ゆくよ」
ご亭主鴉、横向いてしらんぷりの半兵衛。
「じゃァ、いっちゃうよ」

と、カァちゃん鴉、飛び立って、
それでも高圧線鉄塔で「早くおいでぇな、カァァ。
トーちゃん鴉が慌ててあとを追う。

どこかんちと似てないカァ??
アハ。
暇だねぇ。まったくぅ。

 18919-aa3.jpg

何年かまえの酷暑の夏のあとに、
公園の楓の葉が、色づく前に枯れ落ちたことがある。
このシーズンは紅葉の写真撮るのに苦労したのだ。

遠目だといいのだが、ズームインしようとすると、
画先が黒く枯れ、縮れていて、汚らしい。
酷い木だと、これを通り越して枯れてしまい、繊維だけになっていた。

今年の猛暑の後だから、あんなにならなければいいがと、
いまから心配しているのだが、どうだろう。
亜熱帯化しつつあるというから、これが普通になるのかもしれない。

だいたい1980年代の近未来映画「MADMAX」などでは、
核戦争後の荒廃した地球で、
枯渇した石油を巡って生き延びるための闘いが描かれるていた。

いまから30年ちかく前の近未来の地球のイメージは、
荒れ果てて、砂漠化して、人の心も荒み、というところにあったらしい。
10年ほどあとの「マトリックス」も、その延長線上にあるようだ。

近未来SF映画だから、笑って見ていたが、
わずか四半世紀後に、じわじわ、じわと得体のしれないものが、
迫りくるのだね。ひょっとして??

人間は、自分たちのせいであると自覚しても、とめられない。
だいいち、そんなこと考えてもみない人が大部分。
知らなーい。カンケーない。それでいつまで通れるのか。

100年先か、500年先か。それとも1億年先か。
ま、この星の運命も行き着くところまでいき、
生物の何分の一かが生き残る。人間が入るかはわからない。

もはや欲望列島化しているこの島国は、そのなかにはいらない。
たぶん、この島国は沈没する。
「日本沈没」が現のものとなるという。

ある学者は、滅亡ぎりぎりまでいって、ノアの箱船ができるという。
ヒト科の進化しすぎた猿の種は残るかもしれない。
が、それは、いまの人類の何億分の1。まったく「猿の惑星」だな。

20世紀の100年間で、
この地球上から100種以上の生物が姿を消したという。
その大半は人間の都合に起因する。

長いことアウトドアで遊ばせてもらってきた。
その自然が傷つき、のたうちまわって苦しんでいる。
見るに忍びない。

けれども人々は、いまがず〜〜〜〜〜と続くと思ってる。
目先の欲望しか見えていない。
いま、住んでいる大地が液状化して家が傾くかもしれない。

そういう成り立ちの土地だからだ。
この列島だって、大陸が裂けてできたいくつかの島が、
寄り集まってできたもの。

プレートが激しく潜り込めば、列島ごと沈没する。
それはSFの世界じゃない。
それがいつなのかはわからない。

わかっているのは、
いまがず〜〜〜〜〜〜〜〜と、このまま続くことは、
幻想にすぎないってこと。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

ほんのすこしの秋があった - 2018.09.19 Wed

爽やかな朝だよ、高い空に鱗雲
ぼけぇぇ.................... としてたら、遠くへいっちゃった。
25.9℃。湿度72%だから気持ちいい。

昨日は、午後からひさびさに公園へ出かけて足慣らし。
いやァ、夏並みの暑さで日陰ばかり探していた。
汗たっぷり掻いて、1.5 kg 減。

「さて、アレだね」とおペケ。
「もってきてぇ」

欲しいものが一致したね。アイスがうまかったァ。
1.5 kg減っても身体の水分が減っただけだから、すぐ戻る。
脂肪燃焼はわずからしいから、ただ繰り返し。

ただし、かなり応えるようになった。
おペケも認識し、オレも自分で承知して、がっかり。
ま、しかたがない。灼熱の夏を引きこもりだったからねぇ。

 18919-a1.jpg 18919-a2.jpg
 ↑ 今朝の空

浜北区の万葉の森公園へ彼岸花の様子を見にいった。
道中にちらほらと咲いていたが、公園内はまだ蕾が多かった。
このまえ転んでから膝が痛くて、腰を落とせない。

なので立ち姿勢のままだが、アングルが気にくわない。
NIKONのテストのつもりだから、このカメラだけ。
いろんな設定を試してみた。これなら一眼レフ要らないね。

2時間くらい歩いた。
下の不動寺へは必ずお詣りして、元気でまたこれるようお願いする。
願掛け不動として、お詣りする地元の人もわりと見かける。

身代わり不動尊で、そのむかし疫病が流行ったとき、
行基がここを通りかかり、不動尊に祈って病を鎮めたという。
こじんまりとしているが、由緒のある古刹なのだ。

 18918-my32.jpg 18918-my33.jpg
 ↑ 不動寺

上は、万葉の歌に関わりのある植物を集めた万葉の森公園。
この台地への標高差が約70m,
いちばん下までおりて、車でもアクセル床べったりの坂を登る。

これがけっこうきつい。最後の階段あがって力尽きた。
暑かったしねぇ。茶屋でアイスでもといってみたら、
連休後だけに臨時休業だった。

園内にはいまだにポケモンするする人いる。
昨日も3人ばかり、スマホかざして歩いていた。
なんか無表情で目はスマホ、いっちゃわるいが不気味。

帰ってきて、めっちゃやたらと眠くて1時間ばかり眠った。
起きたらすっきりして、シャワーでさっぱり。
ひと休みして、次はフラワーパークだな。

★「秋を探して☆万葉の森公園」←click

 18918-my01.jpg

公園へゆくまえに隣のセンセへいった。
1週間に1日だけ皮膚科のセンセが診療する。
足に湿疹ができて痒みがとまらないので薬をもらいにいった。

それで、ついでに老人性かいかい症の診断をしてもらった。
化繊の風呂タオルが、こすると気持ちいいから使っていたが、
これを「今日からおやめなさい」といわれた。

老人の脂っ気が少ないところを、これでこすり落とす。
余計に乾燥肌になって痒いってことらしい。
ワセリン薬を処方してもらって帰った。

「残念ながら皮膚の老化は戻りません」と女医センセ。
なので、手で石鹸をこするくらいでいい、といわれ納得する。
おペケにも伝えて、風呂場の化繊タオルはぜんぶ捨てた。

薬3種類を薬局でもらい、支払いが190円。
オ○ナインだってけっこうするからね。
ま、なにかと医者の処方箋のほうが安上がり。

老人が医療費を遣い過ぎるっていう。
それじゃ、市販の高い薬を買って、ますます貧するほうがいいのか。
これは自衛なんだからね。オレたちの。憚ることはないのさ。

 18918-my23.jpg

歩いてくると、けっこう腹が減るもんだ。
お互いにパソコンむかって写真処理で、ちょっと遅くなった。
生の秋シャケのムニエル、うまかった。

一昨日はイ○ンの通販宅配があったので、それの目玉だそうな。
重い物玄関まで届けてもらえる。
配達人さんには気の毒だが、なかなかにシニア家庭には便利。

 ←click

大いに利用するべし。
CO0Pってのもあるが、玄関先までお届けが便利。
ラクチンする方法を模索すべし。

 18918-my19.jpg

なんかさ、石破さんも主張が曖昧だな。
こうします、ではなくて、考えてみますでは具体性がない。
総裁選の結果がみえたようなものだ。

アベガー、アベガーという。
しからば、その代わりがいるのか? あの2年半を忘れたのか?
某世論調査の結果みても、明らかだからねぇ。

他人は責めるが自分に甘い。
そんな野党の信頼度が落ちてあたりまえ。
軒並み支持率落ちてる、しっかり国民は見ているよ。

ほしがりません勝つまでは...... といった。
国民全体が一つの方向を向いていた戦時中の時代。
やがて敗戦となって、焼け跡トタンの街からすぐに立ち直った。

折しも朝鮮戦争特需で立ちあがり、
もはや戦後ではないといい始めて、昭和30年代。
あれよ、あれよの所得倍増で、東海道新幹線が走ったのだ。

この国の国民性は、節目、節目の変わり身の早さがスゴい。
けろっと順応できるものらしい。
それは歴史が証明している。

明治維新だってそう。
散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がするっていってるうちに、
陸蒸気が走って、筒袖洋服着て乗ったんだ。

その変わり身のはやさってのは、
過去をかなぐり捨て、曖昧にしておいて先を急ぐって、
国民性があってのことではないのかしらん。

その曖昧のままの大いなるツケが、
戦後70年余のここへきてどっとでてきたような気ががする。
もう、曖昧にはできないのが現実なのに。

歴史を創り換えて言い募る国がある。
この間も10億円とるだけとって大統領変わって、雲行き怪しい。
制裁どころか、財界引き連れて北へいった。

常に地球の中心だと思い込んでいる国もある。
力つけきて、じりじり迫りくる。
で、おいてけぼりになりそうなのが、この国でもあるのだ。

安倍総理が再戦され、
憲法改正、それらの国に対して身構えしなおそうとする。
これはあたりまえのはなし。

長年曖昧にして、先送りにしてきた責任を誰もとらない。
国民もまた真剣にわがこととして、考えたことがあるのか。
国を護らねば、自分たちの平穏もないのだ。それを忘れるなかれ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

無精髭とダンディな髭とは紙一重 - 2018.09.18 Tue

今朝は 雲は多いが、晴れの予報。気持ちいい。
いまは26.8℃。日中は29℃まではいくらしい。
ようやく秋ィ...... っていう感じになってきた。

夜は、暑くもなく、涼しくもなく、ちょうどいい。
ちょうどいいってことは、よく眠れるってこと。
ベッドへ入って20秒、あとは朝までぐっすりこんこん。

ほんとラクチンだと思うよ。
なんだっけ? 眠剤だとか、安定剤は一切要らない。
眠れないってことがないからね。

なんかしらん、眠りに落ちるまえに、でこちんが痒くなる。
あ、きたな、と思って、でこちんぼりぼり。
次の瞬間は無だからね。

おペケもだいたいそんなもん。
月曜日はPM9:00からBS7での番組、
日本に定住した外国人のドキュメントを見る。

最後のほうで流れる音楽が好きだって楽しみしているのに、
ま、おおむね、そこまでもたいないのだ。あ、オレじゃないよ。
おペケがね。昨夜もしっかり音楽のときに眠ってた。

 18917-y1.jpg
 ↑ 昨日の夕魔詰め

樹木希林さん追悼の番組が続く。
ま、それにしても裕也さんの憔悴ぶりが心配。
夫婦って外からはわからない絆がある。裕也さん、頑張れ。

樹木希林に改名するとき「ちゃちゃちゃりん」にしたかったが、
あてる漢字がなかったってエピソードを知った。
オレの「ちゃらんぽらん」みたいで、」なんかうれしかった。

浅田美代子さんがずっとついていたようで、
いつだったか、房総の美代子さんの別荘に希林さんといった番組を見た。
あれを思いだして、絆は強かったんだな、と。

「おっかみさん、時間ですよ」だった。
なぜか、屋根のうえで美代ちゃんが歌うんだな。
ちょっと外れた、それがまたかわいい歌をね。

昭和は遠くなりにけり。
みんな白髪になったし、おっかみさんもあっちだし、
懐かしがってるオレもそのうち.............

 
 ↑ 司会は森田千葉県知事

ご飯食べていて、味噌汁をちょっとひっかけた。
ところが、その先にテレビのリモコンがあったのだ。
え、びちゃびちゃ。

慌てて振ったけれど、ボタンがなにも反応しなくなった。
これね、わざわざメーカーから取り寄せたばかり。
しまったァ。オレ、そそっかしいからな。傍においたらいかん。

 ←click

おペケが雑巾もってきて拭いてくれる。
「そそっかしいんだから、もう........」なんて絶対にいわない。
それは、いい人だね。文句いわない。

あ、そういえば昨夜はステーキだった。
「またァ............」なんていいながらぺろりと食べた。
おいしく食べる。ぐっすり眠る。

浜松市は、3年連続の「健康寿命日本一」になった。
それにあやかって健康でいなければ.........
今日は、足慣らしにどこかいってくるよ。

あ、リモコンね。
今朝になって乾いたらしく正常に戻った。
また買うはめにならなくてよかった。

 18917-y2.jpg

twitterにアラビア文字のツイがどばァと、
はいってくる日があるのだね。
今朝がそれで、いやァ、上から下までずら〜〜〜〜と並んでた。

アラブの人は地球上で、いちばんフォローをする人たちらしい。
それで、オレのフォロワーさんの誰かとつながると、
上から下までずら〜〜〜〜になるんだっていう。

元になってるアカウントを断てば見事に消える。
今朝は見つけるのがはやかったので、一発で消えた。
別に、スパムではないが、あの文字は読めないからねぇ。

 18917-s1.jpg

釣り好き2代目の父親が、69歳まで顧問してた会社を引退した。
で、なんといったかっていうと、
「何日続くか、毎日釣りにいってみる」

それから毎日いった。
知ってる人は知ってる「流れも清き太田川」なのだけれど、
これを国道1号線でバスを降り,遠州森町まで清流で釣りしながら歩く。

半日かかるよ。この道程は。
オイカワを釣るのだが、これを毎日続けた。
で、29日目の朝、小雨の降る空を見上げながら思ったそうな。

「ま、明日でもいいか.......」
そうなると途切れるんだね。
人のメンタルなんてそんなものなのだ。

それで、その年に胃潰瘍ですごい下血をして入院し胃を全摘したのだ。
20日くらい経過して見にいったらベッドにいない。
おなじ日に手術した隣のベッドの人は鼻に管入れて寝ていた。

慌てて、ナースセンターにいって聞くと、
「あ、地下にある床屋さんへいきました」っていう。
なんと自分で歩いていったらしい。

「ご家族の方、院長センセがお会いしたいそうです」
それで、執刀した院長室へいった。
「あの年齢で、考えられない快復力ですが....... 」というのだ。

実はこれこれこういうわけでして、
毎日かなりの距離を歩いていたと答える。
「その基礎体力ですねぇ。人は歩かないといけなせん」

オレ、あのときのオヤジの年を遙かに超えた。
比べるまでもなく、意気地ないな。
明治生まれにゃ勝てない。

 18917-s2.jpg

「今年はなにも買わなかったね」とおペケがいう。
ま、夏はT シャツが5枚あれば、それでいい。
一昨年に何枚か買ったから、今年は要らなかっただけ。

T シャツ短パンでスネだして具合の悪いところはいかないしね。
昨日午後に洗面所いって
鏡のなかの顔みたら、ヒゲがもみあげから顎までつながってた。

なので、髭を刈り込んで、ついでに顎を剃った。
ま、むさくるしくならないようするのが、かえって大変。
無精髭とダンディな髭とは紙一重だからねぇ。

その境なんてありゃしない。
どこかで、あ、この人オシャレって、
思ってもらわなくてはいけない。それはトータルだな。

だから、Tシャツ短パンでも、
洗ったばかりの靴下に、しっかりデッキシューズはいていく。
サンダルずるんべったんはしたことない。

オシャレはトータルの印象。
頭が薄くたってカッコいい人はいっぱいいる。
オレはたとえてっぺんなくなったって、乗っけるのはイヤ。

毎朝、そんな人をちらっと見る。
あれもタイヘンだねぇ。
蒸れないのだろうか。ま、余分なお世話か。

バーコードの涙ぐましい努力は認めるが、
ああいうムリムリスタイルは、もうしわけないが滑稽。
いいじゃん、あるがままで........ と思う。

「オシャレ、忘れちゃダメ」
亡き人もそういった。もちろん、おペケもそういう。
本人はときどき怠けてる。

おペケが1年くらい、1000円カットへいってた。
それで盛んに、つむじを気にするものだから、
高くてもいいから美容院へいきなよ、といった。

そうしたら、それはそれなり。
本人も気分がいい。
だったら、数千円にはかえられない。

だからね、おたがいさま。
いくつになっても、オシャレ心を忘れちゃダメ。
オシャレって気分の問題で見ある。

デパートのいきつけブティックからDMがきた。
いいよ、いっといで。
オレは500円のTシャツでかまやしない。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

所詮粋がったって独り善がり - 2018.09.17 Mon

ま、ええ天気やでぇ。真っ青な空に一直線の飛行機雲。
気温は27.2℃だが、風があって涼しい。
書斎にいて、窓からの風が髪の毛逆立てるゥ。

タオル巻いたら、おペケがいった。
「いつも鉢巻きが似合うこと、どちらへお仕事に?」
そうなんだな。先祖が漁師だから鉢巻きがやたらと似合う。

昨日も風があって、午後まではよかった。
夕方からは風が凪いで、ひさしぶりのエアコン入れた。
これが、しばらくすると寒いんだ。うん、もう秋。

朝ご飯食べながら、安室奈美恵さんのコンサート見てる。
おペケが「Hero」以外はぜんぶいっしょ、という。
ファンに叱られそうだが、オレもおんなじ。

 18917-aa1.jpg
 ↑ 今朝の空

樹木希林さんが旅発たれた。
あのかたのことだから、不死身で復活すると思ってた。
いい女優さんだった。

最初は「7人の孫」のおとしさんだった。1964年のドラマ。
当時は芸名も悠木千帆で、お手伝いさんを好演したのが記憶にある。
その芸名はオークションしてしまい、樹木希林になった。

最初は、岸田森さんと結婚するんだね。
小川真由美、草野大悟、寺田農、岸田森は文学座の同期。
4年で破局後に、シャケナベービー内田裕也さんと再婚する。

なんでもこなす名優さんだったと思う。
どの映画でも存在感があった。
ユニークな人世を全うされたことに尊敬の意を表したい。

 樹木希林さん、やすらかに...........

平成最後の年って、なんか素晴らしい人たちとの別れが多い。
昭和から平成をともに生きて頑張った方々。
別離はしかたのないことだけれど、寂しいねぇ。

希林さんが、天国にゆくときはこれを聴いてと、
いったという裕也さんの「朝日のあたる家」。
これ聴いて、オレの頬にひと筋の涙。これはなんの.........

   

内田裕也さんというおかた。
未だに ロッケンロールなんぞとやっていて、
いまの若い衆はヘンてこ爺ィくらいにしか思っていないらしい。

たしかに彼の自虐ネタの「自分のヒット曲がない」のだが、
60年代から70年代初めにかけて、
あらゆるロックのシーンに彼は存在するし、その人脈は華やかだ。

詳しくは wikipedia にあるけれど、このシャケナベービーは、
錚々たるミュージシャンと触れ合いながらも、
おのれのへそ曲がりを貫いてきた奇特なおかたでもある。

「ヒット曲があるのか」というのは簡単。
いまの世の中におのが思いを貫いて、
甘んじてヘンジンでいるおかたが、どれだけいるのか??

そういう意味で、オレはシャケナベービー爺ィが好きだし、
ヘンな夫婦だったけれど、どこかで頼っていた妻を失った裕也さんに、
気落ちしないで生きていって欲しいと願う。

 18917-aa3.jpg

「台風コロッケ」といわれる。
台風がくるまえにはコロッケが売れるのだそうな。
ま、いろんなこというけれど、理屈じゃないね。

おひとりさまにコロッケは必需品だった。
なぜかというと、腹減ったら、これを2つも食べときゃ、」
しばらくは凌げるからねぇ。

台風きて、停電になっても、1袋7つくらいあれば、
当面の腹減りはなんとかなる。
できれば、2種類くらい買っておくと、さらにいいい。

 ←click

てなことで、昨夜はコロッケをリクエスト。
で、これにオイらは醤油、おペケはソースをかける。
おペケは目玉焼きでもソース。

ま、好きずきだから、別にいいけれど。
おペケのルーツは母方は北海道、父方は鳥取。
オレんとことそれほど変わらないな。

 18916-s1.jpg

世間にはヘソ曲がりはいっぱいいるもので、
オイらもそのひとり、おペケもちょっと曲がってるゥ。
それで、世間を搔き分けてきたって点では共通している。

世間体を気にしていたら、自分らしくは生きられない。
てやんでぇ、って、自他ともに認めるヘソ曲がり、天の邪鬼は、
実はおのれをよーく承知している。

なぜか?
ヘソ曲げてばかりじゃ世間は通れない。絶対に。
だから、テキトーに曲げられる場所と時をわきまえている。
あんまり曲げてると偏屈者。

っていうことだから、
ヘソ曲がりは、背に腹のかえよう............. もわきまえている。
いうなれば、裏と表がよくわからないと、ただの拗ね者。

一見ちゃらんぽらんではあるけれど、
半面で自分に厳しく生きると他人さまがみえてくるもんだ。
所詮人生なんてこんなもんさ、ってね。

肝心なところで、ラクチンしちゃダメだな。
曲げた分だけ、いい加減な妥協はしない。これだ。
頑固者の所以はここ。どこかに反骨精神を抱えてるゥ。

 18916-s2.jpg

オレはナルシストだと承知している。
あ、いっとくけれど、
わが姿に見惚れてって、そういう風じゃないんだねぇ。

あそこで世間をハミだしちゃった。
だから、いまのオレってカッコイイかな。
と、いつも自分を意識して生きてきたんだな。

これは、おひとりさま暮らしでもそうだった。
1人は他人の目でのチェック機能がない。
でかけるまえに、姿見のまえで一周まわったりする。

これは見た目だけれどね。
気持ちの持ちようだとか、物事の判断だとか、
どうしても独り善がりになりがちだから、人の目は気にする。

人のふり見てわがふり悟るのだ。
それでないと、まァ、だーだーになっちまう。
世間をハミ出したんだから、これもおんなじ。いつも自己責任。

おのれでおのれの生き方のチェック機能が要る。
カッコワルイ生き方するなよ、そういい聞かせて生きてきた。
いつもエエカッコしいで生きようとしてきた。

実は、おペケも女一代独身貫いて、
いっぱい頑張って、いっぱい愉しんで、カッコよく生きてきた。
両方とも鼻っ柱は強い。

だから、理解できることは深く理解できる。
これはいい。
が、わかりすぎて反発もする。

電極がおなじだから、反発するんだ。たぶん。
でも、あの人失ってぼろぼろになったあとのオレは、
ぺしゃんこになって這い蹲ったおかげで、多少はまるくなった。

所詮粋がったって、独り善がり。
人の情けも身にに沁みて、考える時間がいっぱいあって、
そりゃま、まるくもなるゥ。

まるっと3年経った。
おペケとの電極弾きあいも、そろそろネタが尽きたrしい。
ちかごろはホトケのごんべになりつつある。

あるいは、ボケのはじまりかもしれんが、
それはそれでいい。
お互いがチェックしあって、みっともなければいい。

見栄張ることもなく、世間の片隅で、
ひっそりと余生がおくれればいい。
吾唯足を知っていればいい。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

それをスマートにするのはむつかしそう - 2018.09.16 Sun

晴れたでぇ。青空は気持ちええなァ。やっぱり。
道路が濡れていたから、夜明けまでは降ったらしい。
気温は25.8℃。朝シャワーしてくるか。
 ・
 sign0013.gif
 ・
あ、さっぱりした。
爽やかだが、ちょっと暑くなりそうだな。
明日も連休なんだな。

まだ、Tシャツ短パン。今月いっぱいはこれでいいか。
おペケは上のシャツを1枚、着たり、脱いだり。
青い空は気持ちええなァ。

その青い空を縦横無尽に飛行機雲。
1機だけ奔放に空を駆ける。これはたぶんAWACSだと思う。
この空を飛んで情報収集している。

来週は浜松フラワーパークの彼岸花をみてこよう。
NIKONの初舞台だ。どんな写真になるか、愉しみィ。
去年も納得ゆく写真を撮ってるからね。

 18916-a8.jpg 18916-a1.jpg
 ↑ 今朝の空

「なに食べたい?」
「そうだな、トンカツは」
「肉の在庫あるゥ」

と、いうことで昨夜はトンカツでござい。
オレはTVで、東京ドームの矢沢永吉コンサート見ていて、
1枚揚がったところで、おペケも見にきて............

 ←click

「あ、揚げ過ぎたァ」ってペケのつもりが、
オレはどっちかというと、揚げ過ぎ気味が好きなので、
「そっち、オレにくれぇ....」

永ちゃんのおかげで、オレのいちばん好きな揚げ具合。
いつもながらの精力的なコンサート。
「来年はオレも70歳」ってね。あんな爺ィはいねぇ。

 18916-a7.jpg

カメラもって、あっちの窓、こっちの窓。
なかなか「てんちゃら.............」が進まないのだが、
飛行機雲がよくでるので、これを撮るのが愉しいよ。

おペケは「またカメラ買うの?」とはいわない。
小遣いの前借りは許すが、余分にくれるわけでもなし。
だから「また?」とはいわない。

それで、愉しそうな顔してあっちうろろ、こっちうろうろ。
「急ぐと転ぶわよ」って笑ってる。
カメラって、オレの活性剤だからな。

 一時間、シアワセになりたかったら
 カメラカタログを手にしなさい

 三日間、シアワセになりたかったら
 カメラを買って写真を撮りなさい

 一週間、シアワセになりたかったら
 その写真をみんなに見てもらいなさい

 そして、永久に............
 アハ。これはテレる。恥ずかしくて書けないや。

だからこそ感謝だね。
こうしていられることを感謝する。
おペケにも、もちろん、天国のあの人にも、みなさんにも。

 18916-w1.jpg 18916-w3.jpg

 18916-w2.jpg 18916w4.jpg
 ↑ 飛行機雲いっぱい

「ほんとうに愉しい........」
おペケがそういってくれる。
「この街にきてよかったァ」といってくれる。

それは、とりもなおさず、
「こっちへおいで............」といったオレのシアワセ。
うれしいよね。

 人生は難しい。
 たしかに................ 
 もういいよ、といったって、まだ続いている。

 人世は深い。
 たしかに................. 
 この期に及んでも、底がまったくみえやしない。

オレが狼狽えて生きてたころの譫言。
ま、人世はなにが待っているのかわからない。
8年まえには、いまこうしていることの欠片も思いはしなかった。

自分が思いださなきゃ、忘れたふりができる。
忘れたふりは、おのれの心を健やかに保つ方便だと思っている。
悲しみの坩堝にあるときは、その忘れたふりすらできない。

思い出さなきゃいいのだ。
簡単なことだけれど、これができない。
時の経過によって、やっと忘れたふりをすることができた。

そのややこしい心を包んでくれる人を見つけて、
「あ、やっとここまでこれたなァ.............」と、安堵する。
感謝しなければいけない。なにに? 誰に?

これまでの刻の流れと、
出会ったすべての人たちに。そして、もちろん...........
ありがとう。

オレたちも4年目に入った。
はやいねぇ。

 18916-a7_201809160944546ee.jpg

このあいだ某公園のベンチで、
昼日中からべっちゃり、くっついてるシニアカップルがいた。
チラッとみただけで、特別な感情はわかない。

なんか、しなだれかかった女性が年の差ありそうだった。
って余分なことだけれど、え? 見てるって。
アハ。オレね、動態視力もいいし、視野も広いんだ。

最はあきらめたようだが、
おペケが手つなごうという。オレ、やだっていう。
オレたち世代ってのは、なんかテレる。素直じゃない。

戦後のアメリカナイズのなかで育ちはしたけれど、
案外とウブっていうか、
シャイっていうか、意気地なしっていうか。

子供のときは戦争帰りの若い衆が、
昼間っから、あっちでくっつき、こっちでくっつき、
いまよりは堂々としてたかもしれないよ。ま、タイヘンだった。

世の中落ち着いてきて、
自分たちが色気付く年代になったのだけれど、
そういうのは、案外とテレてしまってダメだったな。

オレは、女性にはマメなフェミニストだから、
サポートはさりげなくする。
けれど、手つないで歩こうか? っていわれると、困る。

 love0055.gif

おペケにいうんだ。
もうすこし経ったら、手をつないでおくれってね。
「それは介護じゃないの」ってその通り。

足許おぼつかなくなってからじゃイヤだってさ。
そういえば、去年の病みあがりは、
しっかり手を組んでやったじゃないかよ。

これからは、さりげなく、不自然でないように、
手を組んだりしようかとは思う。
だけど、それをスマートにするのはむつかしそうだ。

どうせ、これからは老人社会になる。
わざとらしくなく、ごく自然にお互いをいたわれるように、
心遣いしとけばいいと思う。

まァ、当分そういうシーンはなさそう。
やっぱり、足許おぼつかなくなってからかねぇ。
え? あとすこしだってか。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

なにかすると決意しなくちゃ物事始まらない - 2018.09.15 Sat

またまた曇りだ。里山が 霧なのか雲なのか。
綿菓子みたいな、白いモヤモヤのなか。
気温は26.3℃。湿度88%。もう鬱陶しい。

夜は寒くなった。布団すっぽりだからね。
さすがに9月も半ば。
あの酷暑はなんだたのか、って気がする。

今日から世間は3連休の人もあるらしい。
毎日日曜日族はどーてことないが、なんの日だ?
え、敬老の日だってか。これもどーてこたァないな。

そういえば、昨日のこと。
どこかゆく予定で支度しようかというときに、
しょぼしょぼ雨が降ってきて、出鼻くじかれた。

それで「美容院いってくるゥ」とおペケだけ外出。
オイら、することなしのうとろうとろ。
なんかしらん間に半日終わってしまった。

ま、どんまい、どんまい、don't mind !!
毎日が休日だから出直せばいい。
あえて濡れてゆくこともない。

 18915-a4.jpg

彼岸花の季節だねぇ。
ゆきたくてしかたないが、雨にはなんとも。
NIKONのカメラがだいぶわかってきた。

これはこれでいいカメラだ。
いろんなシーンでかなり使えると思う。
使っていて愉しいのは、いいカメラってこと。

 曼珠沙華めおと揚羽のもつれ舞う  ごんべ

なんかさ、駄句をつくる気がなくなっちゃった。
あの番組で、夏井センセが、けちょんぱんにいうだろ。
あれ見てると、駄句を考える意欲がなくなる。

オイらには逆効果だわィ。
いうなれば、夏井けちょんぱん萎縮現象。
気楽に駄句だくさせろよ、このー。

 18914-f1.jpg 18914-f2.jpg

昨日が、NIKON COOLPIX P-1000の発売日。
twitterに、レポートが2.3あったのだが、
いやァ、噂に違わずでかい。

500mmのバズーカ抱えていると、腕が痛くなる。
あれが2kg弱で、P-1000が1.4kgとは、腕に相当に応えそうだ。
手に余るって感じ。

だいたい価格は12万4〜5000円ってところ。
どこまでこれが下がってゆくか、愉しみ。
って、買う気あるじゃん、おまえ。

「掃除機かけていい?」とおペケ。
ロボットのハナちゃんが忙しなく動きまわる。
たまたまP-900もっていたから動画撮ってみた。

ハナちゃん、面白いんだな。
動画撮ってる隙間から書斎へ入ってこようとするから、
オレ、笑ってるゥ。そうだ、これからは動画も撮ってこよう。

 

カレーの2日目って美味い。オレはそう思ってる。
あれはジャガイモのデンプンが溶け出すからだってね。
なるほど、たしかにそうかも。

ただし、野菜についているウエルシュ菌が、
熱いうちには活動しないが、2日目に食中毒の危険があるって、
2日目だって加熱するんだからいいんじゃない?

 ←click

オレ、3日目くらいまで食べてきたが、
いままでなんともないよ。
うん? ちとやそっとであたらんてか、オレの腹は。

 18915-a7.jpg

二世タレントっていい気なもんだな。
長嶋のーてんき二世と石原天気予報士二世が、
このごろつるんででてくる。

なにをかくそうオイらも似たようなもので、
のーてんきだから、ま、わかるんだ。
あれはあれ、プレッシャー乗り越えてのあれだと思う。

いや、そこに生まれてきたんだから、
うまいこと親を利用すればいいんだな。
が、間違えちゃいけない。親も子も。

つい最近も女優さんの息子が薬物で逮捕された。
過去の女優の会見が繰り返し、繰り返し。
やっぱりどこかに違和感がある、甘いよな。

1日に15万円の小遣い、アラフォーの息子に月に200万円。
これはねぇ、普通はないからねぇ。
更生施設なり入れて薬物絶つ。こうするのが親かと。

 18915-a5.jpg

かくいうオもレ、なんとなくじゃないな、
しかたなしにだな。
父親が顧問している会社へ転がり込んだのだねぇ。

そのときに、いわれたのが.......
おまえはオレの倅だから、他人の3倍頑張ってやっと一人前。
ま、ずっといるつもりはなくても、その言葉は重かった。

でっかいオヤジをもつとタイヘンなんだ。
倅ははじめからハンデを背負っている。
頑張ったと思うよ。オレなりにね。

会社で殴られたこともある。
オレは自分の過失を認めていたから、しかたない。
別になんとも思わなかった。

七光りはたしかにある。
その会社のエリート部署にいられたからねぇ。
でも背負ったプレッシャーはハンパじゃない。

いつ辞めようか、そればかり考えていた。
利用できるものはする。そのかわり人一倍頑張りもする。
こういう環境にいられることを逃がしちゃダメだ、そう思ってた。

親に力があったなら、それを利用してノシあがる。
これはあたりまえ。
七光りは大いに利用すべし。

ただし、それを他人にいわれないように頑張る。
七光りはついてまわる。否応なしにね。
でも、アイツも頑張るわ、そういうところがなくていけない。

いちばん肝心なことは、
自分の力がどこまでなのか、知っていなければ失敗する。
自分の力量にしたがった分を知るべし。

親は子が可愛いければ、千尋の谷に蹴落とすべし。
オレがその会社をやめたとき、父親はすでに退いていたが、
倅が職なしになったことを喜んだ。

脱サラして無職になったのを、報告にゆくと、
「そうか、よくやった」というへんてこりんオヤジ。
「で、あては??」というから「なにもない」っていった。

自分を追い込んで、頑張れるかを試してみるのも、
オレの倅らしいじゃないか、といい、
「ま、今夜は飲むか」ってね。

無職になって、毎日まいにち釣りばかりいってる倅を喜ぶのも、
この年代の人らしく、ま、そこからが始まりだ、って、
楽観的にみてるのも、自分が通ってきた途だからなのだと思う。

「やりもせんで、わかるか」
本田宗一郎語録としていわれているが、
実は、これが遠州男のもっている意地でもある。

「なにかする」と決意しなくちゃ、物事始まらない。
「頑張っといで、うちはわたしが守る」
そういって尻を押してくれるカカァ天下があってこそだけれどねぇ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

行列のできるような店は絶対にいかない - 2018.09.14 Fri

また曇りか。午後から雨 の予報。もう雨いらん。
電柱のカラスもうんざり顔。
秋雨前線の居座りが長いような気がする。

道路が濡れて、また乾いて、と思ったらまた濡れている。
気温は25.6℃。過ごしやすいが湿度は83%。
今日はマンション断水なので、どこか公園へゆく予定だった。

ま、おてんとさまには逆らえないが、スカッと秋晴れが欲しい。
秋雨前線は梅雨前線より停滞が長いらしい。
高気圧に押されて四国辺りだが、その向こうに強い台風。

彼岸花の様子を見にゆこうと思った。
浜松フラワーパークのピークは20日過ぎ頃だが、
ちょいといって、ちょいと撮って帰ろうかって予定。

浜名湖ガーデンパークを主会場にして、
世界花博が開催されたのが2004年で、来年は15年目。
なにか企画するらしいのだ。

「桜とチューリップのコラボ」は日本一だそうで、
JRと組んで誘客だなんて、個人的には混みそうでかなわん。
ま、花の街浜松へ大勢のみなさまに、きていただくことは大歓迎。

 18914-a1.jpg
 ↑ 今朝の天気

シンデレラガールなおみさんが凄い。
日産のアンバサダーでGT-Rをもらい、アデダス契約で9億円。
メディアがつきまとうけれど、そのIVが陳腐だね。

彼女は日本、アメリカ、ハイチの誇り。
それでいいじゃないか。ことさら、ああだこうだいわんでも。
なにかに決めつけようとする。それはゲス。

時代の流れはグローバル。
ネットのほうが、よほど的確な捉え方しているね。
なおみさんはなおみさんでいいじゃないか。

そういえば、もう1人のなおみさんだって、父が台湾の人。
渡辺直美さんね。彼女もアメリカで、運命切り拓いた。
なんせ質問が低次元だが、抹茶アイスはバカ売れだそうな。

トンカツが好きらしい。
カツ丼、カツカレーが人気になるといいね。オレも大好き。
なおみさん、頑張れぇ。

 18914-a3.jpg

ほんと、ご飯3口ではつくるほうも張り合いがない。
わりと頻繁に納豆を食べる。身体にいいってね。
だけど、ご飯3口だとねぇ。納豆だけ食べてるみたい。

でも、楽しんで食べてるよ。
ご飯はすぐ終わっちゃうわけだから、
おかずを一ずつ愉しみながら味わうんだな。

 ←click

「これ美味いよ」
「そう、意外だったね」
ベーコンを茗荷に巻いて焼いたものがヒットした。

 18913-f4.jpg

オレも自前のマンションを持ったことはある。
おペケは3軒も家をもったそうな。
でも、いまは賃貸で肩寄せ合っている。

たとえば、液状化現象で家が沈んでしまい、
残ったのはローン、建て直せば二重ローンとなる。
果たして、これからは持ち家がシアワセかってこと。

賃貸で生涯払った家賃と、自前の家での生涯経費と、
どちらもほぼいっしょという記事を読んだ。
これはなにもなく終わってのことだ。

ない人の負け惜しみではないが、
賃貸って気楽だね、とおペケといったもんだ。
もしも、不都合があったなら、さっさと余所へいけばいい。

こんな土地だったなんて.........
北海道地震の液状化被害に遭ったかたがいっていた。
ま、静岡県でもあるらしい。

富士山はなんども噴火を繰り返している。
降灰が積もった土地はあちこちにある。
ほかにもあるよ。沼地だとか、砂地だとか。

横須賀、大須賀と須賀のつく所は砂地。
渋谷、鶯谷なんてのは、谷か沼地だった可能性がある。
古い神社のあるところは、地盤が固いという。

まずは、陸地に住居を造り、それから谷地や沼を埋めて、
土地を造ってゆくわけで、東京はほとんどが家康の埋めた土地。
直下地震が起きたら、どういうことになるかわからない。

まえの住処は暴れ天竜のつくった扇状地。
けっこう地震で揺れたのだ。
で、いまは高台にすんでいる。ここは、むかしからの陸地。

震度2でやっと体感する。
これくらい違うのだね。ほんと。
洪水の心配もないし。

 18913-f1.jpg

流行ってるラーメン屋へいくと、
そのカウンターの中で一時も体をとめることなく、
一心に働いているオニィさんやおじさんがいる。

オレは、ただただ尊敬してしまう。
ずぼら、ちゃらんぽらんの人生に悔いはないけれど、
だからっていうか、正反対の人たちに憧れたりするのだ。

いつだったか、行列のできるラーメン屋をテレビで見ていた。
せっかちで、へそ曲がりのオレは、
行列のできるような店は絶対にいかないのだ。

どんなに美味くても、1時間待ちなんてムリ。
ま、あくまでも個人の価値判断の問題ではあるけれど、
どちらかといえば、若者たちに待つという文化があるように思う。

食べておかないと話しが通じないから、仲間はずれになってしまう。
ここでも、横並びに価値観があって、
なんでも疎外感はイヤっていうあれらしいのだ。

たしかに、食事は愉しいという部分が重要な要素だ。
愉しければ、食べるものも美味いのかもしれない。
そういうメシを食べてこなかった、オレの不幸かもしれんのだなァ。

「あなたは、ご飯を食べるのが早すぎる」
いつもおペケにいわれるよ。
もう、そんなにがつがつ食べて愉しいかってね。

うん、本人はけっこう愉しい。
オレの趣味の世界では、
早寝、早飯、早○は腕のうちといわれたからね。

要するに、早く寝て疲れをとり、
時間がきたらすぱっと起きて、素早く飯を食らい、
すませるもの手早くすませてスタンバイする。

このクセがついているっていやァ、そうなのだ。
それがおひとりさまで、この早飯に磨きがかかった。
黙々と一人で食う飯は早いのだ。

そういやァ、人生の半分は1人メシ食ってきたからなァ。
この土地は上州とおなじく、カカァ天下と空っ風が名物なのだが、
カカァ天下っていうけれど、ただカカァが強いってだけじゃない。

それは、トーちゃんを支える強さがあるっていうことで、
「うちは私が守るから、アンタは外いって頑張っといで」ということ。
だから、浜松のカカァ天下はよく働く。

で、むかしから総菜を買うという主婦の文化があるし、
それに応える店の文化があるのだね。だからって、
家事をあまりしないってことでもないから、念のため。

オイらの1人暮らしがラクチンでもあったわけだよなァ。
おペケにもいうんだ。手抜きでいいよ。
ラクチンしなよってね。その分好きなことすればいい。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

これはこれで自衛本能が目覚める - 2018.09.13 Thu

窓からの風がひんやり。気温は24 .6℃だよ。
もういっぺん暑くなるらしいが、今朝はさわやかァ。
秋を感じさせる雲だし、窓の外をアキアカネが飛んでいった。

今朝も目覚めたら布団をしっかり着ていた。
夏布団では寒いくらい。
足が攣って、いてぇ、いてぇと朝からお騒がせ。

おペケが飛び起きて抑えてくれたから最小限ですんだ。
このダメージが1日くらい残るからね。
これってなにが不足??

調べてみた。
え? 水分とミネラル不足ってか。
オレ寝るまえに、中ジョッキ1杯の水飲んでるよ。

氷いっぱいのカルピスだけどね。
ムリに脚伸ばしちゃダメだって、筋肉断裂とか。
まっすぐ伸ばすと治るんだけれど..............

 18913-a1_20180913091719f4f.jpg
 ↑ 今朝のそら

「牛肉あるけど、カレーと牛丼とどっち?」
おペケが聞きにきた。ちょっと考えた。
「カレーにして............」

ご飯が3口だからね。
牛丼といったって、丼にはならない。
ま、いいわ。今日だけ限定で10口にしよう。

 ←click

「なにこれ?」
クエッションマーク続出だね。
カレーに厚揚げが鎮座しているよ。

「案外と違和感ないね」と食べてみておペケがいう。
そりゃま、カレーに決まりはない。
なんかヘンな感じだが、それほどの違和感はなかった。

 18913-a4.jpg

今朝、ベランダへ出て、花鉢をみていたら、
「あれぇ、すごい」
七変化に小さな花が付いていたよ。

おペケが散歩の途中に拾ってきた路傍の草花。
さすがは、外来種雑草魂だ。強い。
ただ挿すだけでも根付いてしまうよ。

空を撮りにでていたので、NIKONのネオコンで撮った。
花マクロもいけるじゃない。
もう一眼レフ要らないかもね。

書斎に戻ったらAWACSが上がってきた。
これくらいの速さだと充分に追える。
キレイに撮れた。

では、早いとこ「てんちゃら...........」やっつけて
もとい、書き終えて佐鳴湖でも散歩にいこうか。
昨日は雨が降ってしまって、いかなかった。

あ、おペケは傘さしていったんだ。
3日坊主にはしないって..........
なんともえらいねぇ。オレとは大違い。

「明日にしようよ」
「なんで?」
「午後から断水だからね」っていうことで.........

 18913-a2.jpg

おペケが呼ぶので、大坂なおみさんのIVみてきた。
チャーミングだね。ほんと。
空港のお迎えの人が大勢でびっくりしたっていう。

ヨーロッパでテニスしているお姉ちゃんがいる。
ひさしぶりに会うんだっていう。
それでコンビニでインスタ撮るんだと。

チケットは完売だっってね。
テニススクールもにわかに通う子供が増えたらしい。
いっときのブームだっていいじゃん。

なおみさんだって何年かまえは、
女王セリーナに憧れる少女だったんだ。
いっぱい頑張れば、なおみさんみたいになれるよ。

 18913-a3.jpg

いっぺんに秋がきてしまった。
「寒そうだったよ、今朝は」とおペケがいうから、
「厚い布団に変えてくれる」とたのむ。

なんかねぇ。薄い夏布団は頼りない。
それから夜中にこの夏布団が落っこちて、
おう、さむゥって凍える。

いったん眠ったらオレはぐっすりこんこん。
震度5の地震だって、
寝ぼけはしたがなにが起きたはわからなかった。

この時期は布団がベッドから逃げて、
おう、さむゥって、凍えながら布団捕まえにいくという、
ドタバタの時季だからねぇ。

知らぬ間にしっかり布団着てるってのは、
ま、おペケのおかげ。
自分の寒いときはオレのほうも気にかけてくれる。

これに毛布が加わると、布団と毛布が右と左に泣き別れ。
で、夜中に逃げる毛布の端っこに、
凍えながらしがみつき、やがて我慢の限界で、おう、さぶゥゥ。

こうなると、さすがの寝坊助も目覚めるけれど、
三度に二度はかけてくれるから、凍えて目が醒めるのは減った。
これはこれで自衛本能が目覚めるけれどね。

 18910-aa5_20180913102733c46.jpg

もう4年前かな。
無線LAN機器壊れて、Internetがつながらなくなった。
Appleの電話アドバイスを聞いて、機器買ってきた。

ところが、手順踏んでもつながらない。
やっと、モニターに画面出て、やれやれと思ったら。
パソコン落とすと繋がらなくなる。正常な状態でないんだ。

で、またまた、Appleサポートに電話して、
なんとかかんとかつながった。
パソコン本体じゃないところでトラブルと、多少は戸惑う。

だいいちに、検索という他の人の知恵が借りられない。
で、機器を買いに行ったついでに、Iphoneを買おうかと、
携帯SHOPのおねーさんに聞いてみた。

「その条件ならば、Iphoneにすることもないでしょうね」
っていうアドバイスで、ガラケー続行に決定。
あれから4年だよ。スマホである必要性はいまもない。

だからガラケーで充分だが、
料金体制を考えると無駄かなと思うのだ。
かんたんスマホにしたほうが安そうだ。

うちの固定電話はいわゆるIP電話。
ソフトバンクのネット電話で、NTTは保留だったが、
2年過ぎたから契約反故になってるはず。

もうNTTである必要はまったくない。
それよりもIP電話は全国一律料金だし、
おペケが故郷に料金気にせず電話できるからね。

迷惑電話はまったくない。
これが、つまらないと思うくらいにない。
それから、SoftBank同士なら通話無料だしね。

そもそも電話加入権の廃止になったんだからNTTでなくていい。
あれは04年秋のことだったから、ひょっとして知らない間に、
加入権72.000円なり、しめて4兆円をないことにしてしまったはず。

電話引きたい? 
それなら加入権払えって、電信柱からうやうやしく線を引いたんだ。
たしか、72000円プラス。

はるかなるむかし、オイらがボンビー所帯持って数年目。
やっと、72000円が払えて、電話をひいて、
鎮座まします黒光りの受話器みたとき、それなりの感慨があったもんだ。

だから、それはそれで値打ちがあったかも知れない。
これには財産権が認められていた。
ホゴになるなら、その前に売ってしまえと思ったのだな。

そのころいってた会社の不動産部が電話も扱っていた。
で、売れるんかぇと聞いてみた。
ところが大暴落のたしか6000円で、取引してないんだと。

えーいっ。 それならNTTやめて、ほかに変えちまえ。
そう思ってネットのプロバイダーに聞いた。
弊社のADSL回線は、ほかの会社だとお使いいただけませんときた。

これが2004年頃のはなし。
結局は、大会社の保有する加入権を買い上げると大変だから、
それで、知らぬ間にうやむやになっていたらしい。

ただし、IP電話は0120だとか110、119へはつながらない。
携帯電話がないと困ることもある。
かれこれ3年、それ以外はNTTでなくて困ったことはない。

あれ、お昼だ。
ほなあした..................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

無駄な時間を笑いながら眺めてるゥ - 2018.09.12 Wed

うえぇー、さぶい。窓開けたら風が 冷たいよ。
デスクで26.1℃だね。今朝は窓がぜんぶ閉まってる。
あの、クソ暑い日からどれだけ経った?

まだ、Tシャツ短パンで大丈夫。
終日曇りらしい。
明るい曇りなので、降ることはなさそうだ。

彼岸花が咲いたとのツイートがあったので、
そろそろ写欲がムズムズしてきた。
今夏は、酷暑ゆえにどこへもゆかなかった。引きこもり。

しばらくアルバムもつくってないし、思いきりサボった。
あの暑さじゃねえ、まずは自己管理。
この涼しさであれば、ちょいとフラワーパークへゆくかぇ。

なにか花鉢も買ってきたい。
内弟子なのか、介護人なのか、おペケに聞いてみよう。
「おーい、ゆくかぇ?」

 18912-a2.jpg
 ↑ 終日曇天

「ご飯できたよ−」とおペケが呼ぶ。
「めんどくせぇ」といいながら書斎からでてゆく。
「なにが、めんどくさいの?」

仏壇にお線香あげて、まず野菜食べて、なにか食べて、
薬飲んで、血圧測って...........
朝はすること多すぎるからめんどくさい。

「そんな、生きるのやめる?」
そういうわけにもいかん。しょーがない、ぜんぶする。
まだ、半分眠ってる。

前の家には、
オイらと懇ろな怠けもんの神さんがいた。
こっちへきてから見かけない。

たぶん、憑いてきているはず。
よく動くおペケに恐れをなして出てこない。
オイ、いるんだろ。でてこいや。

 1691-a5_20180912090746b16.jpg

「ご飯できたよー」
これは晩ご飯だ。カメラもって食卓へゆく。
「ごはんめも」の写真撮影係だからね。

「料理version」へダイアルまわすだけ、キレイに撮れる。
スマホカメラも格段の進歩らしい。
これで、いわゆるミニコンデジの需要がなくなった。

カシオあたりのバッグへ収まる小型コンデジが廃番になる。
それでは一眼レフが安泰かというと、これも先行きわからん。
まったくわからんのだ。

 ←click

これで撮って、そのままインスタやツイッターへ送る。
今期はフルサイズのミラーレスが2社から出た。
カメラ業界も、今後、どこへ向いてゆくのかわからない。

年金爺ィは、ほどほどのところで妥協しているが、
現役だったら、どうしていたろうか?
なんか恐ろしくなるゥ。

 _18912--a6.jpg

オレは、せっかち人間なんだよな。
「もう、せっかちなんだから...........」とおペケにもいわれる。
いまに始まったことじゃないから、充分承知している。

年のため辞書ひいた。
「急きがちな人」とあって、
さらに、落ち着きがなく急ぐさま、だってぇ。

さらに、さらに、
思い立ったらすぐ実行しないと気がすまない性格。
アハ、ここまでくると大笑い。

まさにオレはこれだもんな。
1つのことに熱中したら、ほかのこところりと忘れてしまう。
ガキのころからこれだァ、いまさら急には変えられない。

あなたは、もうすこし落ち着いたら................
小学校のときから通信簿の通信欄にそうあった。
もう少し落ち着いたら、もっと、イイ男なんだけれどねぇ。

半分聞いてすっ飛んでいっちゃうから、そういわれた。
まァ、年齢いって、年齢なり落ち着いたはずだけれど、
生まれついての性格はおおむねなおらない。

これって、オレ自身は利点だと思ってる。
そもそもは、目的のないところにとどまらないってことだ。
理由もなく先へ先へとゆくわけじゃないつもり。

あ、昨日も書いた気がするが、
この先に、もっともっと、もっといいものあるんじゃないか、ってね。
いつでも好奇心いっぱい。よくいえば稚気痴気ばんばん。

 16830-w2_20180912090747e2b.jpg

仕事してるわけじゃないから、どんどん好奇心もてばいい。
「普通、大人そういうことしないよ」
釣り仲間にも、よくそういわれた。

けれども、思いついたらやっみて、なにがおかしい?
やってみな、わからん。
そこからコロンブスの卵が、コロリとでることもある。

内弟子おペケと写真撮りにゆく。
こないんだな。イライラして待ってる。たまに戻って見にゆく。
どうでもいいような所で、あっちいったり、こっちったりしている。

無駄な努力みたいな........... なんていわないよ。
それはオレの主観だからね。
内弟子には内弟子の感性がある、たまには刺激される。

この場合は、せっかちオイらも正解、ぐずぐずおペケも正解。
だって、子供のときには「なんだ、なんだ !!」ってものがあれば、
必ず見に行ったよね。あれといっしょ。

これはなんだろ。どう遊ぼうかな。
そう思ったら時間も忘れて、そこにいたはず。
大人になると、先を急いだり、じっくり眺めたりしなくなる。

これって損だよ。
オレは、なんか落ち着いてたら損した気分になる。
おペケは、もっとイイ撮り方ないかな、とねばってる。

ま、それだけの違い。
大人は小賢しくなって、物事端折っちゃったり、
先へいったらもっと面白いかもと、どんどこ先走りするのだな。

これは写真には限らないよ。
世の中すべからくこれ。物事狭く考えちゃダメ。
編集者ってのは、そういう目で見て世の中刺激する。

ま、オイらの性格には天職だったよな。
だから愉しかったァ。
毎日雲の上ふわふわ歩いていたね。

内弟子おペケにはキャリアなりの感性がある。
現像していて「あ、してやられたァ」が、ときどきある。
素直に認めて褒めるよ。オレ。

刺激しあって、
2人が愉しけりゃいいんだからねぇ。
ただし、ちかごろは.............

ゆっくりいっしょにいこう。
って、ときには自分を抑えるようになってきた。
すぐに座りたがるしね。

だから、ベンチに座って、
おペケの「無為でもない無駄」を笑いながら眺めてるゥ。
そう、愉しければいい。

そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

こういう情緒を忘れてはいけない - 2018.09.11 Tue

寝るときに 窓の外見上げたら、星がひとつ輝いていた。
あ、明日は晴れるな、そう思った。
朝はかなり冷え込んで、布団がしっかり巻き付いていた。

いまデスクの上の温度計は25.5℃。湿度は86%.
大陸高気圧が、前線を太平洋上へ下げている。
もう、30℃超えは少ないそうな。

やっと秋。
気付いてみれば、今日は11日だものね。
ほんとは残暑だ。

浜松フラワーパークから彼岸花の便り。
ハシリが咲いたそうな。
梅園の斜面一帯が見事に赤くなる。来週いこうか。

 17923-fp01_20180911082348719.jpg
 ↑ 昨年の曼珠沙華

朝ご飯食べてきた。
塚原さんが出演していたから、チャンネルまわした。
第三者委員会に託したわけで、なぜ、こっちだけでるんだ?

ぐだぐだ言い訳して、それを池谷氏と森末氏が、
表に出たくないがモノ申す人の代表で反論するの図。
テレビがそれをひっぱりだして、ああでもない、こうでもない。

某局昼番組なんぞ、ある日から見事に手のひら返し。
誰がシナリオ書いてるのやら。
オレは、その日から、その坂上氏MCの番組はみなくなった。

ま、マスゴミか、マスコミか。
ひっかきまわすだけひかっきまわして、
新しい話題でてきたら、そっち移って知らんぷり。

 18911-a2.jpg

あのときからオレは........... なんて言う気はないよ。
まだ、日本のテニスの話題が錦織一辺倒の頃に、
WOWOWだったか、若き大坂選手のドキュメントを観た。

あれから2年で、GS優勝するとは思ってもみなかったが、
それをな大坂選手はやってのけた。
あちらのマスコミは、運営を批判し、なおみちゃんを称えた。

とやかくいう気はない。
BS7の月曜21:00の外国人が日本定住する番組が好き。
日本人が粗末にしている文化を愛してくれる。

観ていて、しっかりせーよ、日本人。
いつもそう思うのだ。
大坂なおみさんは、日本人の心をもっている。

幼いときは泣き虫だったそうな。
もっと、晴れやかにトロフィーを掲げられたらよかったのに。
でも、その涙がアメリカ人になにかを投げかけたはず。

 18911-a1_2018091109342765c.jpg

早くから台所へ入っていて、でてこなかった。
なにか、その気でつくっているのだ。
覗きにゆかなかった。

でてきたのは、ローストビーフだった。
「やりかたをかえてみたよ」
オレの歯は、おペケローストビーフはギリギリセーフ。

あまりカタいとアウトだからね。
ま、いい出来だったと思う。
本人も「なかなか上手にできた」と自画自賛。

 ←click

歯目なんとか、すべてガタガタだからね。
なんでも食べられるわけじゃない。
しゃーないだろ。ここまで使ってきたんだからさ。

 1899-f1.jpg

昨夜空をみあげたが、新月初日ゆえ姿はなかった。
あ、今年の中秋の名月はいつだろう?
調べてみた。9月24日だから、これが満ちていっての満月。

 十五夜 お月さん
 ご機嫌さん
 婆やは お暇
 とりました

 十五夜 お月さん
 妹は
 田舎へ貰られて
 ゆきました

 十五夜 お月さん
 母さんに
 も一度 わたしは
 逢いたいな

野口雨情の詩って切ないな。
とくに3番が泣けてくる。
母に会いたいって、いまでも思う。

オイらが好きなのは、満月の翌る日のいざよい。
いざよう、つまり、躊躇う (ためらう) であって、
十五夜のあとのお月さんが,ちょっと遅れてでてくる様をいう。

俳句の季語だと、
待宵が十四日、雲で月が見えない十五日は無月。
十七日は立待月、十八日は居待月、十九日は寝待月、二十日は更待月。

お月さんのでてくるのが日ごとに遅くなる。
それを表す言葉なのだが、
19日あたりの寝て待ってるなんて表現がいい。

日本人は,それぞれに情緒を感じてきたのだ。
こういう詩心を忘れてはいけない。
「そんなの関心ない」ってのじゃ情けない。

 18911-a4.jpg

ほんとか、ウソかは、知らないけれど、
テニススクールに子どもたちが殺到なんだってねぇ。
以前はゴルフだったような..............

けれども、名プレーヤーは一日にしてならず。
ま、親が夢見るのは勝手だけれど、そうはなかなか。
オレ、娘の進路にはなーんもいわなかった。

ま、オレだって、父親になにかいわれた憶えがない。
どころか、会社辞めてきたと報告したら、
「さて、これからがおまえの勝負どき」と面白がってた。

うちの場合は、父親の背中みていた娘が、
よせばいいのに、おんなじ職業を選んだのだ。
締め切り間近になると帰ってこない。

朝いたなと思ったら、風呂だけ入って、また出ていった。
それで、愉しいっていった。
そりゃそうだ。オレだってずいぶんと愉しかった。

それで、サッカー雑誌の編集部に3年間いて、
ある日、婿となる男性を連れてきて、さっさと仕事辞めた。
いま思うと、それもオレのDNAだな。

未練引きずらないで、さっさと転身する早さがねぇ。
孫娘が情報処理かなんか学んでた。
この子がまた、オレの遺伝子そのままひきついだ。

中学で水泳部、バタフライの選手だった。
なぜかというと、バタフライは泳ぐ人が少ない。
1年生から、メドレーで大会に出られた。

高校いったら水泳やめて、薙刀をやった。
県下に薙刀部もってるのは2校しかなかったから、
インタハイでられるチャンスがあるって、考え方なのだ。

ま、つらつら考えてみるに、これはオレの父親のDNAなんだな。
なにが成功する近道なのか、これの見極め。
なーにやってみないで、なにがわかる。いつもこれだ。

おペケも、物事に執着しない、思い切りがいい人なのだ。
事業を大きくする、きっぱりやめる。
女性ながらも、それは立派。

ま、その人世突っ走った2人が、いまここで肩寄せあって、
余生送るっていうのも、なにかの因縁。
世の中よくしたもんで.............

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

静寂破って突如起る剣戟の響きィ - 2018.09.10 Mon

今朝も空模様がめまぐるしく変わる。
起きてきたときは雨が上がったあとで、南半分は青空。
お、いい天気じゃん。そう思った。

で、ご飯食べ終わったら、また、雲が広がっている。
ほーら、激しい雨だよ。今日は1日こんなみたいだ。
遠くがみえなくなってきた。窓は大丈夫か??

秋雨前線列島どまんなか居座り。
もう、たまらんち。エアコン入れてぇ。
気温は28.0℃、湿度はHI。Tシャツ肌に張り付くぞ。

アメダスみたら、豊橋から浜松にかけて、厚い雨雲。
これがいってしまえばいいのかな。
もう、9月は10日だよね?? いつでも蒸し暑いな。

もういらん、雨は。
あ、やんだ。虹が出ないかな。
こんなだから「てんちゃら............」がさっぱり進まない。

 weathermap00.jpg

秋はセンチメンタルだっていう。
なぜそうなのかが、はからずもおひとりさまになったら、
身に沁みてわかったのだな。

初秋は中途半端な寒さが、落ち着くところを奪っていくのだ。
落ち着くところがない。
人肌恋しいような薄ら寒さがセンチメンタルを呼ぶ。

ま、その証しに、おのれの体温であっても、
その身の周りが温たまれば、居場所ができるからね。
だから、スイッチの入ってない炬燵に居場所つくったりする。

秋のひんやりに馴染むまで、ちらッと寂寥感が忍び寄るんだ。
おふたりさまであると、笑いが肌を温め、寂寥感がつけいる隙がない。
1人よりは2人なんだなァ。

 18010-aa1.jpg 18910-aa2.jpg
 ↑ 朝一晴間

蛇口ひねれば水が出る、てのに慣れてるからねぇ。
スイッチ入れれば電気は点くのに慣れている。
大阪の台風後もそうだけれど、復旧遅いとクレーム殺到だと。

旦那さんが関電の奥さんが、思わずツイートした。
今夜も帰ってこない。うちだって被災者なのに。
不眠不休でやってるんだから、ちょっとガマンして.........

これに、リツイがたくさん入った。
タイヘンだけれど頑張ってください。
理解しての激励や感謝やら.................

業務に差し支えるほどのクレーム。
なんか、人を慮るって気持ちが薄れているような気がする。
むかしからいったでしょ。

 篭に乗る人、
 担ぐ人。
 そのまた草鞋をつくる人。

世の中の便利さは、世の中の誰かがつくってくれている。
この世はもちつもたれつ。
文句いうまえに、その仕組みくらい慮れよなァ。

 18910-aa3.jpg 18910-aa4.jpg
 ↑ 一雨襲来

それほど食べていないが、それにも慣れた。
まだ、暑いので歩く気にはならない。
浜松フラワーパークの彼岸花が咲き始めたとか。

あと少しでピークになる。
それくらいから秋の行楽行脚のスタートだな。
秋はけっこう忙しいよ。

 ←click

「ほんとにこれっぽっちで大丈夫?」という。
慣れればいいのだ。
腹六分目だもの。満腹感はないよ。でも頑張る。

明日は、掛かりつけセンセにゆき、検査結果が出る。
ま、いうところはない。
眼鏡があわなくなったぐらい。これは眼科だ。

 18910-aa7.jpg
 ↑ 雨脚瞬強

日曜の午後は眠い。ま、いつでも眠いか。
テレビみていて、うとろうとろ。
「ベッドで寝てきたら...........」

通りかかって、項垂れてるのをみつけたおペケがいう。
ベッドへ転がっても眠れないもの。
こうやって、知らない間に眠ってるのがいい。

眠ったという境目の意識がないのがね。
いつの間にか眠ってる。こんな気持ちいいことはない。
実にもって非生産的日常。だからいいのだ。

静かだなと振り返ったら、おペケもゲームの途中で眠ってる。
見てたら、目覚めた。
「よだれ..........」とウソいったら、慌てて口を拭った。

こんな日常で9月も2/3が過ぎた。
あと3ヶ月ちょっと。あっという間に今年が終わるよ。
来年もこんなでイイさ。

 18910-aa6.jpg

オレは、けっこう鍛えてあったのだが、
さすがに古希過ぎたら、あちこち筋肉落ちてしまって、
この次は傘寿って聞いたら、途端にスタミナも落ちてしまった。

だから、のんべんだりんのマイペースが、いちばんなんだ。
けれども、性格がそうはさせない。
だいたいが、せかせか、きょろきょろ、ばたばた、とっとこ。

とくにカメラをもつとね。
自然のなかに融け込めば、被写体はおのずと見えてくるなんて,
エラそうにいいながらだねぇ。

まっさきに、とっとこいっちゃうのは、誰でもないオレ。
すっかり融け込んじゃって、頭になんにもないこともある。
あるだなんて、おペケにいわせりゃ、いつでもそうだよってぇ。

没頭したら一緒にいった人のことも忘れちゃう。
しょうがないよな。
もって生まれた、こういう性格なんだからねぇ。

せっかちっていうのは、
「この先にもっといいものないかしらん?」いつもこう思ってる。
好奇心の塊がカメラもって、とっとことっとこ。

わけわからんものに、いつまでもとらわれてるのがキライ。
この先にもっともっと、もっといいもんあるんじゃないか,
いつもそう思ってる。

そのとっとことっとこ先を急ぐヤツの手綱にぎってたというか、
しかたがないねぇ、とオレの跡を拾って歩いたのが亡き人。
ま、だいたい、オレは亭主面して、やりっ放しておきゃよかった。

後始末は、でんと腹の座ったあの人がする。
三文安のバァちゃんっコには、あの人がぴったりだったんだな。
これが相性というならば。

どんなに暴れても孫悟空がお釈迦さまの掌のうちだって、それだ。
まさに、オレもそれだったかもしれない。
これは、いまだって、それほどかわりはしない。

オレの、やりっぱなしをおペケが拾って歩いてる。
でも、拾い慣れていないから、ときたましばしば癇癪起こす。
で、ちゃんちゃんばらばら。

東山三十六峰静かに眠る深き夜の静寂を破って突如起る剣戟の響き。
ちゃーんちゃんちゃらちゃら................
って、そんな大袈裟でもないか。

つい先日もどなたかにいわれた。
「100歳までいけますよ....... 」ってねぇ。ヤダよ、そんなにィ。
そういったって、こればっかりはねぇ。

自分的にはあと5年くらい。傘寿超えればいいと思ってるゥ。
たしかに欲はちょっとずつ枯れていく。
その欲をまっとうするには、それなり頑張らなくちゃいけない。

頑張るのが面倒くさいから、ま、いいや........ ってこと。
もうじき、「てんちゃら........」が200万hitになる。
そうしたら...................

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............


20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

すこしは波風あったほうが魚は釣れる - 2018.09.09 Sun

起きてきて、居間へ顔出したらおペケが大興奮。
「勝ったのよ」ってね。
そうだ。今朝は大坂なおみさんの決勝戦だった。

洗面所に顔を洗いにゆくのを、
ついてきて、試合の一部始終を聞かせる。
これ見たさに早起きしたんだそうな。

しかし、なおみさんのGS制覇は凄いな。
札幌のお爺ィちゃんは、テレビが観られただろうか。
賞金4億2180万円なり。これも凄い。

 1899-aa5.jpg 1899-nomi.jpg
 ↑ 祝GS制覇

てなわけで、
今朝は、ぼけぇぇ.............. とする間もなく、
朝ご飯食べて、デスクに座っている。

窓の外はめまぐるしく空模様が変わる。
てっぺんは青いが、三方原のほうは黒い雲。
依然として、秋雨前線は真上だから、午後晴れて明日は雨。

いつ、ひと雨くるかわからない。
入道雲と雨雲が隣り合わせ。
気温28.4℃、湿度はHI、ベタベタするな。

 1899-aa1.jpg 1899-aa3.jpg
 ↑ 天気不安定

おペケがウオーキングに出ていった。
昨年の病気から、ふらつきが残っていたが、
最近になってようやく、それが治ったらしい。

彼女も1kgオーバーなので、絶対に落として見せる。
そういって頑張る。怠けもんのオレは動くのイヤだから、
1日1回のご飯粒も3口にし、それも慣れてきた。

 ←click

オレもいっしょに歩こうと思っているが、
タイミングが合わない。
1人でゆけばいい、ってイヤだね。

あ、宅急便だ。
え、中国から? あ、カメラの。
違った。おペケの中国のお友だちからだった。

留学生だったときに袖すり合って、
そのまた娘さんが留学できて、縁が二代にわたって続く。
おペケはそういう縁をいっぱいもっている。

 1899-aa6.jpg

オードリー・ヘップバーン語録にこういうのがある。
その通りだと思う。
男は満たされない女の愚痴なんぞ聞きたくもないからなァ。

 魅力的な唇のためには、
 優しい言葉を紡ぐこと。

 愛らしい瞳のためには、
 人々の素晴らしさを見つけること。   

ま、この年までくれば愛らしい瞳もないもんだが、
愉しく暮らす。
これって シニアの基本だと思ってる。

愚痴はいいたかァない。聞きたくもない。
他人であっても、身内であっても、人を誹りたくはない。
それはお互いに慎んでいる。

悪口いったら、ひとときのストレス発散になるかもしれないが、
そんなもん、天に唾するのとおんなじ。
わが身へ還るブーメラン。

どこかで発散すればいいんだ。
コメ欄閉じたブログでやらかすのは、お里が知れる。
ま、野次馬でアクセスは増えるが、支持されたのではない。

 1898-m1.jpg

カメラもって外にゆく。
おペケもいっしょについてくる。
2人ではしゃいでれば、その日が暮れる。

写真見て、もう1回はしゃいで、他愛もなく愉しい。
新しいカメラを買う。
それを弄っているときは、もう、愉しくてしかたがない。

活力が沸いてくる。アクティブになる。
どこかへすっ飛んでいく。
それでいいんだと思う。カメラ1台やすいもんだ。

オイらのストレス発散は、とにかく遊ぶこと。
全身これ好奇心の塊は衰えちゃいない。
次から次へと興味の対象をみつける。それが愉しい。

オレも、おペケも、見たものなんとかなんだな。
見れば欲しくなる。買っちゃうか。いいよ。いいよ。買っちゃえ。
通帳の残高が10万円減ったって、そんなもんかまやしない。

しばらくシアワセだったら、それでいい。
あっちへもってゆけるわけじゃなし。
愚痴をいうこともない。足らないこともない。だったらシアワセ。

 1898-m4.jpg

タレントのりゅちぇる氏が、
愛する妻と子供の名を、自分の身体に刻んだ。
これを公表したものだから、タトゥーの是非論議がある。

愛は愛。どう表現しようと個人の勝手。
が、この国には刺青イコール反社会的という見方もある。
それは、かなり近年のことではあるが............

りゅちぇる氏の愛の表現がネットの不評をかった。
それに対してりゅちぇる氏が不満を漏らした。
ま、どっちにいっても自己責任。黙ってりゃよかったのか。

うちの爺ィちゃんは、網元の倅だからか、背中に絵があった。
漁師の彫り物は、職業柄で、
板子一枚下は地獄、難破したときの身元確認だそうな。

オイらもそれをみて、
「オレも大きくなったら絵を描く」といって叱られた。
それほど否定されるものではなかったのだ。

で、爺ィちゃんの背中のお不動さんの絵はおいといて、
愛って言葉を、オレたちの年代はあまり口にしないねぇ。
しからば、ないかっていやァ、そんなことはない。

「あなたの心にはわたしの入る隙間がない」
そういわれたことがある。
亡き人への思慕が心に溢れているときはそうだったろう。

それすらも隠すってことはオレにできなかった。
これはしかたがない。
みっともないほど、口にし、ここに書いた。

黙っていろよ、男のくせにともいわれたよ。けっこう多く。
そうだったかもしれない。
けれど、オレは自分の思いを吐き出した。

おペケはそこのところをガマンしてくれたのだ。
そうなのは、あたりまえ、といってくれた。
心中どうあれ、そっとしておいてくれたのだ。

 人に会うって
 自分の計算外のことが
 起きるってことなんですよね

秋元康さんがこういっている。
「えにし」ってものだよね。ひょんなところにある。
あまり深く考えはしないが、自分を信じてはいる。

 「育てた」と
 言われることには抵抗がある

 一緒に成長してきました
 という感じです

太田光代さんの言葉だ。
2人の未来がどこまであるかはわからない。
が、ともに成長するとの思いでいればいい。

まァ、よくケンカしたね。
ケンカしなければわからない。成長するためにケンカする。
なぜ、思いがぶつかったのか、わかれば素直に謝る。

ま、謝るのは圧倒的にオレだけどね。
最近は、オレが謝ることもなくなった、ネタ切れだな。
日々平穏だが、すこしは波風あったほうが魚は釣れるんだな。

そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

いつまでもジーンズの似合う男でいたい - 2018.09.08 Sat

ふと気付いたら パソコンデスクで 眠ってた。
傍らの時計見たら深夜2時だった。
小1時間くらいマウスもったままの居眠り。

なにしてたのかな。覚えていない。
とりあえず画面出す。なるほど、とちょっと弄る、
で、ベッドへ行ったのが2時半だからねぇ。

 1898-a1.jpg
 ↑ 球場照明

九時に起きてきた。
「あれぇ.........」
人の気配がない。テーブルにメモ。

 涼しいうちに歩いてきます
 9時に戻ります

シャワーしてきた。なんかムシムシ。
空模様が猫の目のようにかわる。
あ、降ってきたァ。かなり激しい通り雨。

どこにいるのやら?
携帯へ電話入れてみた。
「電話をとれません」ってどこまっでいった?

まさか、バァちゃんは誘拐されまい。
10時だよって、もう1回電話。
暢気な声で「雨降ったからコンビニにいるゥ」

 1898-a2.jpg 1898-a3.jpg
 ↑天気豹変

NIKONの扱いに慣れてきたね。
考えてみたら、一眼レフをまったく弄っていない。
けっこう面白いカメラだな。1台でいろんな条件をこなす。

2000mmの超望遠から花マクロまで1台ですむのは愉しい。
ただ、飛んでる飛行機は難しい。
どうしたら捉えられるか、ただいま訓練中。

素直にカメラの機能を理解して、素直に機械まかせ。
それで、そこそこの写真が撮れる。
カメラの底部を見た。メイドイン・インドネシア。

もう、そういう時代なのだ。
いまはインドネシア、ベトナムで生産する。
で、日本国内の精密機器技術は大丈夫かと思ってしまう。

 1898-f2.jpg
 ↑ 大輪艶花

ご飯3口が続く。
これに慣れてきたようだ。
別に空腹でもない。

それで、別に体重が減っているわけでもない。
なんのために??
ま、そのうち減るでしょ。

 ←click

ご飯を食べないから、おかずが美味い。
キレイに完食する。
「気持ちいいなァ」とつくる人おペケ。

 1898-f1.jpg

ご飯食べたあとにテレビの前に座って、
バラエティ番組みてケラケラケラと笑っている。
傍らでおペケがパソコンでゲームにいそしんでいる。

オレたち、平和でいいねぇ。
そうなんだな。それは間違いない。
オレの頭んなかは、いつだって平和なんだ。

昨夜は「警察もの」観ていた。
親友が警部補だったせいか、ああいうのは関心がる。
観ていて、ときどき、うとろうとろ。

自分の周りに輪を書いて、
そのなかで遊んでるほうがなんぼか、ラクチン。
おひとりさまのときに、こういってた。

いまは、その輪がちょっとだけ大きくなって、
そのなかにもう1人はいって
あいからずの、のんべんだらりんちゃらんぽらん。

あのねぇ。
特養は三桁待ち、高額の有料ホームだって、
虐待だの、原因不明の転落死だの。

ま、孤独死なんてこわくないやと、やせ我慢して、
独りで頑張っていても、
ほんとは不安がないわけじゃない。

傍らに誰かいるってことは愉しい。
3年経って「しがらみ」の摺り合わせもほとんど終わった。
折り合いつけば、何度もいうけれど1人より2人。

あんまり大きな輪でなくていい。
そのなかに2人ではいって肩寄せ合っていければけっこう。
いうなれば老後自衛だァな。
 
 1898-f5.jpg
 ↑ 七変化定着

藪から棒だけれど、オレは尻フェチなのだ。
胸には、それほど関心がない。
男のこういうのには,からなず理由 (わけ) があるんだな。

オレを育ててくれたバァちゃんは、
実にもって、18貫もあったのだから、いわゆる巨乳だった。
夏なんぞは、よいしょと持ち上げて下の汗を拭いてた。

オレは、このいくら吸ってもでてこない乳房にぶらさがって育った。
それゆえに、大人になって巨乳好きかというと,
それがそうでもないから、こういう嗜好は面白い。

ひょっとすると、母の乳の匂いを知らないから、
乳房に関心がないのかもしれない。
ま、幼時には微妙にそういうものが形成されるんだな。

いつも、どこへでもくっついていき、
バァちゃんの大きなお尻にしがみついてた。
そのせいか、どちらかというと尻フェチなのだ。

けれども、バァちゃんみたいにでっかいのはダメ。
小ぶりながら、きゅっとあがったのがいい。
いわゆる小股の切れ上がったという、あれだな。

これってなにかといえば、
「股が長くてすらっとした、粋な女の姿をいう」とある。
あ、江戸のはなしだ。

そういっちゃ悪いが、あの時代の女性は、
ずんぐりだったらしいから、
小股の......... なんてのはめったにお目にかかれない。

おまけに着物を着ているわけだから、足はみえないのだ。
いうなれば背丈があって、
お尻が持ち上がった、均整の取れた女性なわけだな。

柳腰ともかかわるけれど、あの時代にもいたんだねぇ。
八頭身っていうか、足の長いひとがねぇ。
それで、なんとか小町とか、錦絵にまでなったのだ。

ず〜〜〜〜〜〜と時代を経て、
オイら、銀幕でオードリー・ヘップバーンを初めて観て衝撃を受けた。
だって、まわりはむにゃむにゃ...............

いまはジーンズになったが、
これもまた、小股の切れ上がった姿が、
いまどきのスリムなジーンズによく似合うんだな。

男だって同じだと思っている。
きゅっとあがった尻にジーンズがよく似合う。
だから、お気に入りの ビンテージが捨てられない。

まわりくどいねぇ。
それがいいたかっただけだ。
いつまでもジーンズの似合う男でいたいもんだ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

オレもむかしは鳥だったのかもしれない - 2018.09.07 Fri

今日も明日もの予報なのに、雲が綻びて いた。
これは秋雨前線か、真上にあるからね。
え、11日まで雨なのか。たまらんち。

ジメジメとまた梅雨がきたみたい。
カビ生えちゃう。
カラッと秋晴れが待ち遠しい。

「3時に凄い雨が降ったのよ」
おペケが起きて窓を閉めにいったらしい。
オレはぐーすかぴーでなにもしらない。

気温は28℃だが、湿度が90%以上。
これがかなわんのだ。と、まァ、文句いっては、
大阪、北海道の人たちにもうしわけないか。

 1897-aa1.jpg 1897-aa2.jpg
 ↑ 今朝の空

浜松にBCリーグ球団設立の話があるらしい。
つまり、いま11球団ある独立リーグに参加するべく、
浜松を拠点とするチームをつくる準備をしているってこと。

あれぇ。プロ野球球団をってはなしは静岡市長が、
なんかいってたような気がするな。
あ、そうか、いつものように、いっただけか。

いくらいっても、行動が伴わないとねぇ。
浜松にはバスケbリーグのフェニックスもあるのだが、
ま、都市対抗のヤマハも強豪チームだし、おもしろいよな。

財界が支援を承知したってことなので、
BCリーグ球団は近いうちに実現するかもしれない。
ところが市営球場がボロなんだな。

県知事が、古橋広之進記念プールの横へ県営球場をと、
計画をだしたら県議会が反対してご破算になった。
これが再浮上しているので、ここを本拠地にするってのがいい。

 1896-a2.jpg

浜松にはもうひとつ話題があって、東地区第3の商業施設が浮上した。
最初は、イトーヨーカ堂を軸とする商業施設があって、
この北側の広大な紡績工場跡地にイオンが進出したのだった。

それで、イトーヨーカ堂が撤退のやむなきに至ったが、
跡地へコストコが進出してきたから、こっちへも人の流れができ、
これを核に周辺へ再開発が進んでいる。

さらに、今回はヤマハ発動の工場移転に伴って、広大な空き地ができ、
これにスーパーなどの進出が決まったらしい。
東地区に3つの商業拠点ができた。おもしろいねぇ。

つまり、核となる施設があれば人は動く。
人が動けば店も動く。そして新たな賑わいが起こる。
大型店規制だけでは発展がない。

ただし、中央の過疎化は進む。なにをしても昔日の面影は戻らない。
ますますドーナツ化現象は顕著になるが、
大型施設は近県にまでπを広げている。形が変わりつつあるのは事実だ

1896-a3.jpg

オレねぇ。茄子があまり好きじゃない。
ただ、唯一、焼き茄子は食べる。まるごと炭火で焼いて、
「ほれ」とバァちゃんが皮剥いてくれるヤツ。

ま、想い出という味付けがされているから、
あれがうまかったなァ、と思うだけなのかもしれない。
それで、薄く切って焼き肉のタレたっぷりで焼くのは食べる。

焼き具合がウェルダン。
とろける寸前に茄子が茄子の風味を失って、ほどよい加減。
これが好きなんだからむつかしいね。

 ←click

「これでいいかな」
と、おペケが焼き具合をみせにきた。
上手になって、うまかったぜぇ、ありがと。

 1896-m3.jpg

偶然なのだが、昨日の夕方にBS3を観ていた。
「ちょっとおいで、早くおいで.........」とおペケを呼んだ。
画面の、海のド真ん中に佇立する「孀婦岩」を見せたかったのだ。

オレがしてきた釣りの最後の舞台として、ここを予定していた。
八丈島から小笠原へ2/3いった海の真っ只中に佇立する99mの岩。
実は、海底火山のいちばん先端なのだ。

ここへ八丈島の船をチャターしてゆき、1時間でいいから竿を出す。
それでオレの釣りをおしまいにしようと、相棒と計画していた。
船の手配もできて、資金も出来て、さて、あとはゆくだけ。

そのとき、相棒が倒れた。クモ膜下出血。
3日いびきをかいて眠って、彼はイってしまった。
オレは腑抜けになって、孀婦岩なんぞどーでもよくなった。

それから10年ほど経って、おひとりさまになった。
で、心のどこかにひっかかっていた孀婦岩が再浮上した。
孀婦岩(そうふがん) ってね、「やもめいわ」だったのだ。

竿出しははムリだ。この目で見たい。そう思うようになった。
ダイバーを乗せた船はいっているらしいからね。
いつか、それでゆこうかと思うようになった。

なんなら、そのときに、あそこの海へ身を投げて、
2000mの海底へ沈んでしまいたかった。
ゆらゆらと沈んでゆき、やがてサメに食われる。

残った肉体の欠片はプランクトンのエサとなり、
オレは大海原に佇立した孀婦岩に抱かれて、
永遠に輪廻を繰り返す。

これが少年の頃から、
夢想するのが大好きなオイらの最後の妄想だったのだ。
その孀婦岩をおペケにみてもいたかったのだ。



このドキュメントは「十五少年漂流記」に則って、
三河湾から出た船が遠州灘の大西風で難破して、
そのまま流され、フィリピンの島に着く軌跡をたどったもの。

なんか内容は忘れたが、これを読んだ憶えがある。
その軌跡の途中で孀婦岩に出会ったものだから、興奮したのだ。
そこには少年の日の妄想と、果たせなかった大人のロマンがあったからね。

と、まァ。
男性は ロマンチストだっていう。いつまでも、こんなもの抱いてる。
それに対して、女性はリアリスト........ なんだってね。

女性は、星空の下を漂ってなどいる暇などないらしい。
夢見る夢子さんは少女で終わりよ、とどこかで誰かがいってた。
男の心のなかには、いくつになっても少年がいる。

とくにオイらは半分くらいが少年のままらしい。
シアワセなヤツだよね。
だけど、連れ合いは傍迷惑だよな。

でも、もう実行力が伴わないからさ。
「おーい、早くおいで............」
って、騒がしくせかせて、テレビの前に呼ぶくらいのもの。

あれぇ。青空出てきた。
なが〜〜〜〜〜〜〜い秋雨前線がでんと居座ってる。
しばらくスカッとした青空見てないよなァ。

♪ こんなにも、こんなにも、空が恋しい。
中島みゆきさんが、そう歌う。
オレも、切なく、そう思うときがある。

オイらも、むかしは鳥だったのかもしれないなァ。
空を何時間眺めていても飽かない人。
昼間の青空も、夜の星空も。

いま寝坊助すてれんきょーだから見られないが、
夜通し満天の星を見上げて、朝を迎えることもあった。
空は、夜も昼もオレを包容してくれる。

南アルプスの麓の広河原で、キャンプした。頂上にはいかない。
河原にエアマットを敷き、その上に転がって、
もう、視界の端から端まで、満天の星はオレひとりのもの。

それから、マイボートを浜名湖の夜に浮かべ、
デッキチェアに寝転がると、銀河が拡がっていて、
船縁をピチャピチャと叩くさざ波の音が、眠りにいざなうのだ。

そういえば、おペケが、その番組みていて、夜光虫が見たいといった。
そう、ボートの外を掻きまわすと、光が飛び散る光景がある。
無数の夜光虫がまるで、湖水のなかの銀河だ。

離島の銀河はさらに際立っていた。
長い流れ星の痕跡が、しばらく星座のうえに残っている。
あ、オレってちっぽけな存在だなと思った。

長いこと自然のなかで遊ばせてもらったから、
自分がいかにちっぽけな存在であるかを知っている。
自然のなかで抱く畏怖心は計り知れないほど深いのだねぇ。

どうにも抗うことのできない畏怖感。
こうした恐怖を経験すると、人は謙虚になるはずなのだ。
けれども、それをしばしば忘れるのも、人ではある。

地球になにかが起きているのかもしれない。
こんなことは、いままでになかった。
今度の台風でも、地震でも、その言葉を聞いた。

想定外が想定外でなくなる。
そう考えないといけないんだ。そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした........................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

あのころ気圧計のついた時計していた - 2018.09.06 Thu

久しぶりによく眠って、8時過ぎに起きてきた。
「札幌で地震よ」
「え、台風に続いて地震か」

日本列島踏んだり蹴ったり。
東南海だけが沈黙、不気味だね。
首都圏直下も取り沙汰されているしねぇ。

つまりは、いつなんどきどこで災害があっても不思議ではない。
その心構えと備えはしておかないとね。
意外と困るのが現金だっていう。

カード生活は便利でいいが、さて災害となるとナマが要る。
ATMが復活するまでの資金はもってないといけない。
と、まァ、わが身に振り替えて考えてみる。

 1896-w1.jpg

それで窓の外を、ぼけぇぇ.................. と眺めていた。
ロクマルの音がする。いたいた。かなり高度をとっている。
あれぇ。トビが2羽??

でも、滑空していない。おペケを呼んだ。
「あれ、なんだ? 鳥か」
「ヒモついてるよ」

「そんな............」
オレの目には見えないのだ。
「あ、降下訓練かァ」

超望遠2000mmはガタガタ揺れる。
やっと捉えた。シャッター切る。
ありゃ、肝心のロクマルが半分切れてるじゃん。

もう少し早く気付いたら飛び出るところが撮れたのにィ。
次にがんばろ。
2000mm超望遠面白いわァ。

 1896-w2.jpg

とかなんとか、遊んでばかりいるから、
「てんちゃら.........」がまったく進まないのだ。
このあいだ買ったNIKONのカメラが、いいおもちゃ。

愉しく遊べるよ。
超望遠2000mmのこの機種で正解だったね。
3000mmではきっともてあます。

それでSONYはどうするんだ?
どっちみちジャンクだしね。
でもスナップと普通の風景くらいは撮れる。

欲しい人あったら替え電池付きであげるけれどね。
カメラ溜まるんだ。売ってもどうせ二束三文。
ま、場所とるよりいいかもしれない。

十把一絡げで処分するか。
トータル2万円くらいにはなるかもしれない。
うん、考えて見よう。

 1896-a1.jpg

カツオの土佐造りのパックは案外安いので、
オレも、これを醤油付け焼きで食べたり、一工夫したものだ。
おペケが揚げてみたいという。

「ムニエルくらいがいいんじゃないか」
「ひとつ揚げて食べてみるゥ」

 ←click

てなわけで、土佐造りの天ぷらが、意外に美味かった。
まずは、安いものに一工夫する。
失敗したら、笑っときゃいいんで............

 15922-a4.jpg

最近は「天気病み」する人が多いんだっていう。
低気圧が近づくと頭が痛かったり、膝が痛かったり、目眩がしたり。
オレも、このケがあるから、世間が理解することはいいことだ。

亡き人も呼吸器系の病気だったから、低気圧がつらかった。
あのころオレ、気圧計のついた時計していた。
理解してあげようと思ったのだ。

 「気圧の変化で体調悪化を笑うな」←click
 
気圧が上がってきたからな。
もう少しの辛抱だなんていえたからね。
加齢したら、オレがそれになった。この前の台風はつらかった。

先日も書いたけれど、目に見えないところで、
苦しむってつらいのだ。
オレの薬害後遺症は怠け病だといわれ、ずいぶん苦労した。

不定愁訴というしかない。
原因のはっきりしない苦痛なんだからね。
これはつらい。ま、一生のお付き合いだけれどね。

 1894-w1_20180906113357c27.jpg

9月は彼岸花が咲く。
オレは曼珠沙華といういいかたが好きだな。
なんとなく響きがいい。

 赤い花なら 曼珠沙華
 阿蘭陀屋敷に 雨が降る

 濡れて泣いてる じゃがたらお春
 未練な出船の あゝ鐘が鳴る ララ鐘が鳴る

往年のヒット曲「長崎物語」だね。
父は異国の人ゆえに日本を追われた、お春の物語。
父はイタリア人の航海士だったようだ。

寛永6年に混血児追放令がでた。
これで15歳のお春は、母姉とともにジャカルタに流された。
惨いことをしたんだね。幼な馴染にあてた切々の手紙は有名だ。

 あら日本恋しや ゆかしや 見たや

彼岸花は、子供心にも、あまり触れたくない花だった、
おまけに球根に毒がある。
それが真っ赤な花の色とあいまって、タブーの花だったのだ。

加えて、お彼岸に寺の周りで咲くから、仏さまを迎える花だといい、
悪さばかりしている悪ガキも、
この花だけは棒で振り払うようなことはしなかった。

少し歩いて家並みが途切れるところまでいくと、
茅葺き屋根の尼寺があった。寺というよりも、小さな庵。
住職は一年中を托鉢して歩き、暮れになるとそれを寄進する。

その庵の前の麦畑の先に雲雀が巣を作る。
雲雀は、遠くに降りてから地上を歩いて、巣の在処をはぐらす。
麦畑で3日粘った。そして見つけだした巣には雛がいた。

巣から離すつもりはなかったが、手のなかの雛のぬくもりを愛でていた。
「かえしておあげなさい」
知らぬ間に、背後に庵主さんがたっていた。

「生き物にはみな、大事な命があっての.............」
雲雀を巣にかえして、半紙に包んだ落雁をもらった。
なにか面映ゆく、ぴょこんと頭を下げて帰ろうとすると...........

庵の庭先に子供がいた。
黒髪を眉毛の上で切りそろえ、大きな瞳をした女の子。
なぜかしらないが、背筋に電気が走った。

オイら小学校5年生。
女性に一目ぼれした最初の瞬間であった。
のちに集団就職するこの子を駅のホームで見送ったのだが..........

そこに至るはなしは、またこの次。
ほなあした................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

ゴリラの背中ににじみ出る哀愁 - 2018.09.05 Wed

夜中に激しい雨が降っていた。今朝は曇り。
台風一過の秋晴れという展開ではない。
気温は28℃だが、湿度が高くて蒸し暑いのだ。

いやァ、強烈な台風だった。大阪を中心として猛威を奮った。
いまどきは携帯ムービーがあるから、屋根が飛んだり、
車が横転したり、twitterに次々とあげられる。

もう、強い台風だといわれたら、いままでの観念ではダメ。
自分の身になにが起きるかわからない。
そう思って外出は控えないといけない、とつくづく思った。

橋の上でトラックが横転し、その影から軽自動車が転がり出て、
あわや転落という所で停まった。
ああいうとき、橋の上では尋常でない風のだねぇ。

オレたちは、外遊びしてきたから、自然の猛威というものを、
多少なりとも知っているが、
普通に街の中で暮らしていると、こういうことを知らない。

これからは、自然の猛威が市井にも及ぶってことを、
意識していないと、酷い目に遭いかねないのだ。
いつも平穏ではない、いつまでも平穏は続かないのだ。

 1895-aa1.jpg 1895-aa3.jpg
 ↑ 台風一過の朝

ベランダの片隅に寄せてあった花鉢を元に戻した。
このマンションはビルに囲まれているので、
案外と風当たりは少ないのがわかってきた。

それから、サッシの骨組みもがっちりと太いから、
多少の風はびくともしないのが頼もしい。
まえのマンションは、浜松上陸の台風のときにタイヘンだった。

サッシが風圧で曲がって、ガラスの下に3mmほどの隙間ができ、
そこから雨がピューと吹き込んできた。
SNSで神戸のかたが、その現象を経験されたと書かれていた。

あれはマンションの弱点、サッシの弱点だね。
こういう経験のないことが起きる。
やっぱり、いままでは......... という概念にとらわれていてはいかん。

 1895-aa2.jpg

おペケも1kgほど体重増らしい。
この酷暑で、2人とも散歩にいってないし、
ま、運動不足は否めない。

炭水化物を毎日50g減らす。これを実行中。
昨日はご飯粒を食べなかった。
ジーンズのボタンがハマらない、これは困る。

 ←click

ステーキだったから、ご飯を抜いたのだ。
それで、あまり空腹を感じなかった。
今朝は、ジャガイモ1個、焼豚1枚ですませた。

ってねぇ、なんも食べてへんのになんでやねん?
「大丈夫? 栄養失調になっちゃうよ」
おペケはそういうけれど..............

 1895-aa4.jpg

動物園が好きなんだけれどね。
浜松動物園は予算不足とかで、旧態依然のまま。
あの旭山動物園がヒットして以来、あっちもこっちも改装ブーム。

浜松は財政難だっていうから、
動物園もフラワーパークも、ほとんど手をつけられない。
取り残されている気がたしかにする。

それはそれでいい。
市長が、まずそれよりも市民の財産を守るといって、
海岸線に万里の長城のような津波防潮堤を造っている。

市民が納得している。
だから、それはそれでいいのだ。
動物園に予算をかけるか、市民の財産を守るか。

それは、もしもの災害が起きないと結果がでないが、
安心が最優先という市の方針には信頼感がある。
一部嵩上げして堤防の3分の1が完成したらしい。

 「浜松市津波防潮堤」←click

1895-s02.jpg

はなしを動物園に戻す。
浜松の動物園は、城址公園の復興博覧会跡地で始まった、
近隣では初の動物園として親しまれた。

まさに街のド真ん中。夕方になるとライオンが吠え、
象が鳴き、猿たちが叫声をあげるという環境にあったから、
やがてはいまの舘山寺温泉に引っ越した。

いずれは、隣接するフラワーパークと合併して、
大々的な動植物園とする計画も発表されたが、
これは防潮堤が終わってみないと予算確保がむつかしい。

いいのだ、これでむかしながら中華ソバ、
もとい動物園ってのが、オレ個人的には好きだな。
ただ、ここ数年でシロクマやトラ、ゴリラが天国へ旅発った。

その補充もままならないのが現状らしい。
あのやもめゴリラの寂しそうな顔をみると、オレ、身につまされたでぇ。
めったに、でてこないんだ。

オレが、まだおひとりさまのとき、
こっち向いて哲学的な顔して、身じろぎもせず座ってた。
「よッ、ご同輩。元気でやれや.................」

と、声でいうと恥ずかしいから、
テレパシー送り、ヤモメ同士で見つめあったりしたのだが、
そうしたら、通じたのかくるりと向こうをむいた。

その背中ににじみ出た哀愁を見ていると、
ほんと他人事じゃな久手、やるせなかったねぇ。
オイらの払う市民税じゃしれてるしな、いい嫁さん、くるといいのに。

そのあとでおペケといっしょにいった。
外にいないから、裏の獣舎へいったら、隅の方で壁に寄りかかってた。
声を出さずに語りかけたが、うつむいたまま、じっと座ってた。

そんな顔するなよ。オレまで寂しくなるじゃん。
そう伝えると、ちょっと上目つかいで、こっちを向いた。
そうだよ。またくるから元気でな。

そうしたら、隣のチンパンがけたたましく笑いやがった。
笑うだけ笑って、このク○暑いのに頭から毛布被って寝ちまった。
なんだ、おまえだって独りじゃないかよ。

なんかねぇ。財政難の動物園は身につまされる。
あ、キリンはドラマがあったね。
最初に雌が亡くなった。すると1週間後に雄があとを追った。

忘れ形見のリョウを遺してね。
それで、京都市動物園からシウンちゃんが嫁入りした。
これが仲がいい。

で、見てるとリョウが寄り添っていって、
長い首を絡めたりすると、シウンちゃんがさらっとかわす。
なんか見ていて微笑ましいな。

愉しんだり、身につまされたりするボンビー動物園。
統合リニュは15年後というからねぇ。
オレ、まだ、いるのかしらん?

9月末にはいっていようと思う。
2000mm望遠があるから面白いぞ。
楽しみだねぇ。

え? 歯医者ゆくの。ハイ、いっといで。
ほなあした................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

シアワセは己れ自ら作るもの - 2018.09.04 Tue

台風接近中。いま足摺岬か。晩にかけてだね。
凄い湿度だ。サウナにいるみたい。
って、オレは閉所恐怖症だからサウナは未経験。

たまりかねて、「除湿かけてよ−」と悲鳴あげた。
外は黒い雲が垂れ込めているし、
たぶん、地上まで下がってる雲んなかだな。鬱陶しい。

ベランダの花鉢を1ヶ所に寄せ、サボテンたちは室内。
接近は夕方なので、それで様子を見る。
いまのところ、下の交差点の交通量はいつも通り。

 1894-a2.jpg
 ↑ 今朝の空

昨日は嵐の前のなんとやら。
「てんちゃら......」をやっつけて、もとい書き終えて、
丘の上へ車を走らせた。

真っ青な空で秋を思わせたが、陽射しは強かった。
お彼岸が近いので、広い墓地に業者さんが入って草取り。
夏草が刈り取られて、キレイになっていた。

そうか、お彼岸なのだな。
墓のあちこちに真っ赤な曼珠沙華が咲くんだ。
10月の3日まではもたないね。

 1893-aa3.jpg 1893-aa2.jpg
 ↑ 跨線橋の下は国道

天林寺はこんもりとした山の上にあった。
街が膨張してゆくに従って、
本堂と墓地の間は切り通しになって、跨線橋の下は国道。

幼いころに、このお山をぐるっとまわった記憶がある。
オイらの生まれ育った街もビルの谷間に埋もれてしまった。
お城も背後を野暮な学校ビルが塞いでしまって、これはかなり不満。

うちの墓は南向きの崖っぷちにあったが、
石塔の横の木が次第に大きくなって移転を強いられた。
それで、墓をつくり直していまのところ。

オレとしては、生まれた街と城を望むこっちがよかったが、
代替地は一段下のNHK鉄塔を見上げる所だった。
ま、もうそこにはいません、だからどうでもいいけれどね。

 1893-aa4.jpg
 ↑ 付属幼稚園の屋根

この屋根は、寺の付属の幼稚園なのだが、
オレは半年だけ通っただけ、空襲が酷くなって閉鎖された。
お山への急坂登った記憶がちょっとだけある。

なにをしていたのだろう?
まったく覚えていないが、帰りに道草して、
椎の実を拾ったのはうっすらと残っているんだね。

いまは街のド真ん中。
国道152号線はこれより天竜川に沿ってさかのぼり、
長野県上野市まで続いてゆく。

 1894-a6.jpg
 ↑ 天林寺山門

子供もうちは、大根煮が好きって少ないと思う。
噛むとなんともアダルティな味が染み出てきたもんね。
大人も五十路になってからだな、大根が美味いと感じたのは。

飴色っていうけれど、2日目の大根は醤油色だね。
噛むとでてくる汁が美味いなァ。
次はスルメイカの煮付けを所望した。

 ←click 

晩ご飯が楽しみ。
酒を飲むわけでもなく、半分テレビをみて、
半分おペケのはなしを聞いて、もっと聞いてよと叱られる。

 1894-y2.jpg

どなたかが、佐鳴湖のカワセミポイントの、
ずらりと並ぶカメラマンをtwitterにあげたのをみて、
あれぇ、ごんたクンがいるじゃない??

それで電話した。
「いたよ、3時間もいたァ」
って、せっかちなオレはダメだな、たぶん。

それに横着なのは致命的だな。カワセミは待てない。
飛行機なら音がしてでていけばいいからね。
新しいニコンでは倍率でか過ぎて飛行機は追えない。

ヘリコプターならなんとか捉えた。
相当な高度を飛んでいたが、トリミングしてこれなら、
使いものになるじゃん、ってことでにんまり。

 1894-w1.jpg
 ↑ 大トリミングしたロクマル

半分うとろうとろしながらテレビみていた。
鈴木砂羽さんがバラエティではしゃいでいた。
このおかたは浜松出身なんだな。

ま、大して動じないってのが、この街の人たち。
働き者の遠州女とお調子者の遠州男が、それほどの屈託もなく生きて、
それでもって健康寿命日本一っていう。

例の歌舞伎役者と酷い別れの仕打ちされた崖っぷちタレント、
熊切あさ美さんもこの街出身なんだな。
オレね。彼女ががユニットでデビューした頃を知ってる。

同室スタッフの結婚式に招待されていったら、彼女がいて、
今度デビューしますって1曲歌った。
あ、そうか、あれが......... とあとで知ったのだ。

だから、あの歌舞伎役者との理不尽な別れようをみて、
可哀想にィ........ と身贔屓ながら腹立てていた。
ま、そのあとで、さばさばしてるように見せてる彼女に安堵した。

あのカップルのほうへのバッシング集中には、
大人げないけれども、ちょっとだけ溜飲下げたんだな。
そういえば砂羽さんも離婚したか。頑張れ、遠州女。

別に頑張らなくてもいい。
いい女なんだから、いまのまんまでシアワセつかんでほしい。
遠州女のいいところ見せてやれぇ。

って、TVに向かってエール送っといた。
浜松の人は明るいね、とおペケがいう。
雪降らないしね、空は年柄年中明るいしね。

 幸福は己れ自ら作るものであって、
 それ以外の幸福は存在しない。

これはトルストイの言葉。
その基準を自ら決めるのであれば、
他人を気にするこたァはない。

明るくて、屈託なくて、よく笑って、
よく食べて、大きな身体揺さぶって歩いてるって、
おペケがいつもいうのだ。

くよくよしないのがいちばんだな。
そうじゃないかぇ、皆の衆。ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

何度目かの月命日の朝は珈琲の香り - 2018.09.03 Mon

道路に雨のあと。てっぺんの雲 が綻びてきた。
天気予報見たら日中はマーク。
晴れるんだなと思ったら、ざァ......... と通り雨。

明日は大荒れ覚悟。伊勢湾台風とおなじコースだとか。
あれは生涯でも記憶に残る桁ハズレの台風だった。
それなりの心構えをしておこう。

朝のご挨拶に仏壇へいったら、
おペケが珈琲とケーキをあげてくれてあった。
ありがとな、いつも。今日はあの人の月命日だからね。

晴れると思ったらまた雨ではっきりしない。
お昼頃は大丈夫だと思うが、ま、これくらいが暑くなくていい。
昨夜も寝室では、空気が寒いくらいで窓閉めた。

 1893-a6.jpg
 ↑ とんがりが妖しい空を刺す

自衛隊機が飛んだから、それほど荒れないはず。
そういえば、昨日は日曜日なのに基地が賑やかだった。
T-4が東へ飛んでいったり、ブルーの中継があったり。

T-4がぐんぐん高度を上げてゆき、なにごとかと思ったら、
富士山静岡空港での災害訓練参加だっていう。
これは東南海地震に備えての大がかりな訓練なのだね。

それからブルーインパルスは、
南紀白浜空港の記念行事の展開で、往復ともに浜松基地で中継。
最近は西側で離発着するので、家では音ばかり。

浜松基地のエアフェスタは11月25日。
窓全開では寒いじゃんっていう季節なのだな。
今年は準備万端で楽しみだぞ。

500mmのバズカーレンズもあるし、2000mmもある。
昨年は雨で中止だったから、2年越しの思い。
イイ天気だといいね。

 1893-a7.jpg

おペケが寝てしまって1時間くらいは、
電気が付いているのは書斎だけ。
昨日もマウスもったまま、小一時間眠ってしまった。

半分朦朧として、寝室への廊下へ出たらいきなりでたのだ。
なにがって、手洗いからぬぅ〜〜とおペケがァ。
びっくらこいて、おらァ、眠気が覚めた。

別におペケが怖いわけじゃない。
予期せぬところに、ぬぅ〜〜とだからびっくらこく。
11時半だった。

 1893-a5.jpg

おペケが散歩途中の草むらで、手折ってきた七変化が、
やっと根付いたようで葉っぱに勢いが付いてきた。
外来種の雑草だから強いんだね。

それからポインセチアの類が、サボテンの鉢から芽生えた。
土を再生するから、タネや球根が混じっていると、
知らぬ間に芽が出てきて、せっかくだから育ててやるのだ。

これも背丈が25cmくらいになってうれしい。
「おとーちゃん上手だね」というから「愛だね」といったら、
「わたしには?」と反撃くらった。余分なことはいわないこと。

 ←click 

おペケの愛は夕餉のテーブル。
たいしたものなくとも、美味しくいただく。
「美味かった」「ありがとう」は忘れない。

 nikon900_20180903092113496.jpg

新しいカメラが愉しい。
だいたいマスターできたので撮りまくる。
なにかがつかめてくる。

 「NIKON COOLPIX P900 Report」←click 興味おありでしたらどうぞ !!

フードやフィルターも配達されて、あとは予備電池。
革ケースも購入したが、これはChinapostなので遅い。
最近の通販の注意事項なのだが、納期の遅いものは中国製。

つまり、これがなにかというと、中国から日本へ船便なのだ。
とんでもない遅いものは2ヶ月もかかる。
運よく航空便だと10日くらい。この注文は13日配達。

どこで見分けるか。
納期が10日以上であれば、海外発送だと思っていい。
会社名、店舗名がそれらしい。

多少は中国クオリティはあるが、それを承知ならば、
価格はかなり低いので2000円くらいまでなら買っていい。
31日発送済みのメールはきたが、さて13に届くか?

 1893-a3_20180903092757048.jpg

絶頂で リタイア する、あるいは惜しまれて退く。
これが男のなかでは、カッコイイとの思い込みがある。
オレも、脱サラして以降は、いつも引き際を考えていた。

大橋巨泉氏がそういってセミリタイアし、
上岡龍太郎氏が絶頂期に身を退いた。
あれを見て、「ええな。オレもそうしよ..........」と思ったのだ。

ま、ええご身分や........... っていうのが正直な感想。
で、自分がそうしようとしたら、それなりの覚悟がいる。
そりゃま、ぶらさがってまで、いたかァない。

これは、男の真情としてもっているが、
ちょっとだけいうと、連れ合いの思惑無視のわがままと、
それを押し切って納得させる甲斐性とが要るんだ。

これを無視したら、ただの我が儘はちゃめちゃ親爺。
そういうめんどうなものをクリアしなければいけない。
だから、エラそうにいったって、まっとうできる人は、ほんの一握り。

なんとしても、人の3倍くらい頑張らなァ、そんなことはできない。
オレは図らずも連れ合いの病気で、起業した会社を離れ、
55歳を超えたところで、その実現に踏み切った。

幸いにもキャリアを買ってくれる会社があり、
年俸契約に切り換え、おのれの働きぶりの評価で、
いただくものを決めるというシビアな仕事を、64歳までした。

苦労して起ち上げた会社を離れたのだが、案外と未練はなかった。
あれってなんだろう。やるだけはやったとの充実感か。
あれで、よかったかは自分でもわからない。

ただ、心臓の力が尽きる数時間前に、
「わたしのために、会社をやめてくれてありがとう」
と、いってくれたから、誰がなんといおうとあれでよかったのだ。

ま、何十年ものサラリーマン生活を勤め上げての定年退職と、
どっちがどっちなんて、だれも決められはしない。
人生いろいろ............... 生き様もいろいろ。

とはいっても、ここには妻という存在がある。
どんなに亭主がイキがったって、連れ合いの協力がなかったら、
それは実現しないし、してはならないことかもしれない。

あの人は、一生懸命に支えてくれた。
で、その支えに報いるために、オレ自身も64歳まで働いた。
そして、ご苦労さま、という言葉とともにリタイアした。

さて、ここからは第3の人世としよう。
オレとおまえのな.........
と、3ヶ月に1度くらいの旅行をした。

「もう、愉しいねぇ、頑張ってきてよかったねぇ」
あの笑顔は忘れない。
なのに、それは1年半しか続かなかった。悔しかった。

あの人は「ごめんね、ごめんね...........」が口癖だった。
オレの思い、悔しさを察して詫びたのだ。
で、そこから3年で、あの人の心臓は力尽きた。

今日は、あの人の月命日。
ちょっとだけ思い出して書かせてもらった。
いまから丘の上にいってくる。

いま、いちばんシアワセだと感じること。
こういうめんどうさい思いをすべてひっくるめて、
オレっていうヤツと寄り添ってくれるおペケがいることだ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

反省しても直らなきゃ猿にも劣る - 2018.09.02 Sun

台風はだいぶ西寄りになったようで、直撃上陸は消えた。
影響が出るのは4日らしい。今朝は穏やか。
昨夜は竜巻警報が出ていて、雷もあったし、雨も降った。

巨大な竜巻が遠州灘上で起きたという目撃もあったらしい。
台風と前線南下で天候が不安定なようだ。
明日は、命日詣りの日だが、予報では天気がよさそう。

明け方は涼しいのを通り越して寒かった。
布団にくるまっていて、朦朧としながらも窓を閉めにいった。
さすがに9月という気がしたね。

 1892-aa1.jpg
 ↑ 今朝の空

体操のパワハラ案件だけれど、
高須クリニックの院長が、宮川選手の支援を名乗ってでた。
高須院長の男気というか、正義感というか。

塚原副会長もおとなげがないねぇ。
20歳だっけ? 若い選手相手に勝つだとか、戦うだとか。
傍からみると、なにやってるの? という感じ。

録音があるって無断で録ってたわけで、
引き抜きがひと筋縄でいかない予想のうえで、録ってたのか。
オカネを使っても戦うといったよね。

それならばと、高須院長の出ってことになってしまった。
ほかの人たち、池谷氏もいってたね。
自分の関わる体操クラブへの強引な勧誘はあったという。

そのへんからでたパワハラだと世間はみているわけで、
戦うのなんの、見苦しいこといってないで、
さっさと辞任して、新しい風を送り込むべきだね

ま、えてして、こういうタイプはやめない。
塚原跳びってよく聞いたのだが、これでは晩節を汚す。
選手ファーストであるべきなんて、あたりまえのことじゃないか。

 1892-a5.jpg

昨日の「ごはんめも」のアクセスが少ないのに気付いた。
あ、オレが、こっちへリード文書くのを忘れたんだ。
ごめん、ごめん、とブログ主に謝った。

 ←click 

あの、みなさん。左サイドの真ん中へんに、
「ばんごはん」のバナーがあるので、そちらからもどうぞ。
なにせ、忘れんぼ。ちょくちょく忘れるので........

 18891-1.jpg 1891-2.jpg

 1891-3.jpg 1891-4.jpg

NIKON COOLPIX P-900が届いた。
箱を開けてみての第一印象は「でかい 」だった。
2000mmでこのでかさ、SONYよりもひとまわり大きい。

3000mmだと、さらにふたまわり大きいわけで、
これは普通には扱えないわ、というのが素直な印象。
ムリをせずにP-900にしておいて正解だな。P-1000だったらもて余す。

アクセサリー入れて50.000円ですんだから、まずは納得。
箱開けて設定してみての初ニコンの印象は、
「なんて素っ気ないんだ !!」だったね。

造りもなんともシンプル。設定も余分なものはなし。
うちはNIKONだからね、コンデジなんてこんなものだよ、
と暗にいってるみたい。

そこいくと、SONYは至れり尽くせり。
レンズもシャープだし、カールツァイスは素晴らしい。
ただし、SONYクオリティで壊れる。

今朝になって試し撮り。
2000mmは、正直言って捉えにくい。
よほど身体を支えていないとフレームアウトしてしまう。

これが3000mmになったら??
ちょっとムリ。オレのキライな三脚がいる。
ま、高級おもちゃだな。

1892-a1.jpg

所詮、人と人の交差は妥協であるのだ。
妥協するならば とことん妥協してしまえばいい。
ヘンに自我をいれるからややこしくなる。

 自分が他人にしてほしいと思うことを、
 他人にも同じようにしてやるべきではない。
 その人の好みが自分と一致するとは限らないからだ。
              ....... バーナード・ショー........

ま、そういうことなんだよ。
へそ曲がりのオレには、これがよくわかる。
他人の思いの押しつけは、ありがた迷惑だからねぇ。

今朝もご飯あとでおペケに怒られた。
「あなたは、人の言うことを聞かない」ってね。
どうもそうらしい。反省。

反省は猿でもする。
反省しても、直らなきゃ猿にも劣る。
ええからべぇでも聞かなきゃ。

 1892-a2.jpg
 ↑ 夜景試し撮り

財布のなかに、諭吉さんが1人で寂しそう。
ま、空っぽだって、普段オレの財布をあけるこたァない。
だからいいのだが、次はなにを買おうかねぇ。

いいじゃないか。
それがアクティブ爺ィになるならばねぇ。
秋は愉しいよ。

今月半ばには彼岸花が咲く。
それからコスモスだね。
この夏の灼熱で引きこもりだったから外へゆく。

あ、そうだ、次はSONYを修理に出そう。
このカメラは手ぶれ装置が2回も壊れたが、
いろいろと捨てがたいからねぇ。

 1892-a6.jpg 1892-a4_20180902104632df3.jpg
 ↑ 試し撮り

あれぇ。日曜日なのに練習機が飛ぶぞ。
このあいだのイベントが台風で中止になったから、
今日やってるのかな。たぶん、そうだ。

基地の街だから意識はしていない。
子供のときから頭の上をブルーインパルスも飛んでた。
沖縄だけじゃない。分担がしている。

さきほども、電信柱の間を、
のそーと大きなAWACSが飛んでいった。
これはボーイング767だから、旅客機とおんなじ。

機材積んで160トンもあるやつが、
のっそりと屋根掠めて飛んでゆく。
背中へレーダー背負った早期警戒という任務をみっている。

領土侵犯の不審機がないかと、
背中のレーダーでフルタイムの警戒にあたっている。
本土の空を野放しにはできない。

カメラもて、されば開かれん。
新しいカメラで追ってみた。フレームアウトで撮れなかった。
もうすこし研究しないといけない。

こういうのは、めんどくさいっていわないんだな。
おペケの「おペケ写真部」の更新がしばらくないので、
「サボテン撮りなよ」と促した。

師匠からいわせると腕が鈍っている。
半年もカメラもってないからな。
台風過ぎたら動こうな。公園ランチの再開だよ。

今日はアクセサリーが届く。
愉しいね。
ほなあした.................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

苦しくても何でも熱い人生を選ぶ - 2018.09.01 Sat

くもりだ。来週の水曜日までマークはない。
昨夜も南のほうで稲光と雷鳴がした、
おペケはへんな人で稲光が好きだから、窓に張り付いて見ていた。

知らぬ間に雨が降ったようで、網戸に雨粒が付いていた。
ひと雨くると涼しくなる。28.5℃、湿度は87%.。
残暑はあまり続かないと、お天気キャスターがいってた。

さてと.................
ことさら、さてといわなくても9月に入った。
なんか待望の秋というか。

暑さはうんざり。もういらん。
っていったら外は激しい雨。おーい、降り込んだぞ。
西向きの窓へ飛んでいった。畳1畳が濡れていた。

今日はこういうの、繰り返しかな。
雲が低い。所々が黒く垂れ込めている。
アメダス見てきた。これから前線の雲の塊がくる。

 1891-a1.jpg

晩ご飯のあとに、のほほんと、
オレの御席の椅子に深々と座っていると、
いつの間にか眠ってる。

これがたまらなくシアワセ。
おペケは1時間くらいしてから隣へ収まる。
ややあって話しかけても返事しない。傾いて眠ってるゥ。

 木陰に座って
 涼を楽しむことができるのは

 誰かがずっと昔に
 その木を植えてくれたからだ

そうなのだな。
あのツライときを抜け出したからこそ、
いま、のほほんとしていられる。シアワセがわかる。

 1492-mk03_20180901100927005.jpg

一昨日、発注したカメラとアクセサリー一式が、
昨日発送されたが、最近はいろいろあって、
翌日配達とはらないので、明日の宅配になりそうだ。

値段の張るもので、店舗に馴染みのない場合、
今回だと価格コムの最安値店舗で買ってるので、代引きで買う。
信用しないわけではないが、応対ぶりがわからないのでね。

いつも買う店舗とでは価格に6.000円の差があったのでしかたない。
わからないようにしているが、発送が1週間かかる店舗は、
中国からである場合が多くて、クオリティでやや問題がある。

かれこれ10年の通販を愉しんでいるといろいろあるからね。
中国クオリティってのは、縫製がいびつだったり、成形が雑だったり、
日本人感覚だと難ありの場合もあって、気にする人はやめたほうがいい。

おペケも、イ○ンの食品通販を始めたが、
自力でやっているので、昨日も何度かサポートへ電話して、
けっこう長い間聞いていた。ま、自分ですれば覚える。

重いもの、かさばるものは、価格がおなじだから運んでもらう。
ま、これからの高齢者は大いに活用すべし。
運搬のかたがお気の毒というけれど、あちらはお仕事。

 14917-fp11_20180901100929863.jpg

9月って好きだなァ。つまり、秋のはじまり。
昨日もおペケが「日が短くなったね」というが、
それも秋のひとつ。

このまま秋とはならんだろうが、台風模様のお天気で、
涼しくて、汗のひとつもかかぬことに、戸惑いすら覚える。
9月も末になると彼岸花だね。

 秋入日しばらく染めし寺座敷 汀女

さらっとこういう情景が詠めたらなァ、と思う。
思ったところで詮無いないが、
オイらの頭揺さぶった拍子に、コロッとでてこないかしらん。

 新しき歳時記買いし汀女の忌 ごんべ

これは昨年の秋に創った駄句。
俳人、中村汀女さんの忌は9月20日。
朝顔に釣瓶とられて...... のこの方の句が好き。

 14917-ff07.jpg

振り返ると脱サラしてからの25年間ってのは、
メリハリあって、いい人世だったと自分では思っている。
頑張るときはとことん頑張る。これがあると充実する。

人間は寝ないでも頑張れるものだ。
やるだけのことをやりきる。
そのかわりに、力を抜くときはとことん抜く。

もう、ちんたら、ちんたら。
それを自分の意志でコントロールしてきた。
これは、サラリーマンしてたら、味わえないんだろうと思う。

人はマグロのように、生涯かけて全力疾走してばかりはいられない。
ここ一番だけ、死にものぐるいになれればいいのだ。
普段は、面白おかしくちゃらんぽらん。

 14917-fp24.jpg

だけど、そんなもん、どーてこたァない。
大きな顔していうことでもない。
これはオイらの自己満足に過ぎない。

落ちこぼれないよう務めあげて、ほどほどの退職金をもらう。
これがさ、オイらの性にはあわなかっただけなんだから、
やっぱりハミダシもんか。

ま、どっちでもいい。
頑張ったでぇ、なんていったって所詮は自己満足。
自分の周囲だけにいっときゃいい。

おペケも、おんなじように頑張った人だから、
オレのいうことは半分くらい通じる。
わからないことがあるとすれば、男と女の違い。

だけど亭主がこれだと、連れ合いはタイヘンだよ。
なーに、元の卓袱台ひとつに戻りゃいい、
こういってくれた人に恩返しの半分もできなかった、それが悔しい。

それで、サラリーマンの愚痴聞いてたりすると、
ちょっとだけ腹が立つこともある。
じたばたするねぇ、埃がたたァ。と、いいたくもなる。

まァ、こんなこと、ほざいているものだから、
ときどき、こてんぱんの集中攻撃受ける。
でねぇ、しかたないから打ちのめされたフリする。

おまえの考え独善的で一人よがり、えらそうにいうなって、
フツーに勤め上げた人にいわれても、
オレ、これで通ってきちゃったんだからねぇ。いまさら......

いうこと論理的だから、
オレ、ぐーともいえずに黙ってる。へぇ、その通り。
彼らの論理は、世間フツーの論理。

あとで後ろ向いて舌だしてりゃいい。
ハミダシには、ハミダシの屁理屈がある。
でも、黙ってる。逆らわない。いや、逆らえない。

 もう一回、
 人生をやり直せたとしても、
 苦しくても何でも、
 熱い人生を選ぶ。

ビートたけし語録だけどね。
オレもそう思ってるよ。
自己満足でいいから、自分で決めた道を歩みたい。

そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

天気予報

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい



 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する