topimage

2018-08

夏休みなのに真昼の公園に人影もなし - 2018.08.07 Tue

今朝は曇りのせいか、爽やかで涼しいと感じたが、
9時になったら30℃オーバーでエアコン入れた。
隣のセンセの検診日なので、書けるところまで書いてゆく。

オレは、半年にいっぺんのレントゲン、心電図、血液検査。
おペケは市の高齢者健康診断一式。
やるべきことやっとけば、日常的な身体の変化はわかる。

歩きたくもないって外の熱波だが、ま、しかたがない。
医者くらいはいかないとねぇ
昨日転んで打った右膝が痛い。骨ではなくて内側。

ま、あとで考えると4mくらいを3歩ですっ飛んだ。
それでもカメラは落としませんでした..... って、肉弾三銃士みたいな。
それってなに? 戦時中の絵本だから、中身は忘れた。

釣りでもそうなのだが、オレたちのやった磯釣りは、
瀬渡し船から岩礁へ飛び移るわけで、
その際には一切道具を持つな、が鉄則だった。

人っていうのは道具を持つと必ず落とすまいと本能的にかばう。
それでバランスを失って落水するってことは多い。
岩礁の上でも、ヤバいと思ったら手にしたものを放すのだ。

ま、これをいまごろ家の中で思い出すとは思わなかったが、
人間って、もったものを絶対にかばう性質があるから、
躓いたらもったものを放すって、意識しておいたほうがいいね。

 13924-f02.jpg

おペケが「さァて、頑張るぞー」とキッチンへ入った。
「アジの三枚おろしパックを買ってきたからフライにするね」
彼女も1人暮らしでは、あまりフライなんて揚げなかったそうな。

そりゃァそうだよね。男やもめはスーパーの惣菜に頼る。
女性の1人身は煮物たくさんしておいて、これを少しずつ食べる。
だから、めったにフライなんぞ揚げなかったらしい。

 ←click 

「どう?」っていうから「美味いよ」と答える。
「わたしも上手になったわ」
そうそう、石の上にも3年主婦。それなりにねぇ。

そういえば、オイらもアジはよく揚げたねぇ。
フライは、パン粉を付けたパックのヤツ。
それから三枚おろしパックは、片栗粉付けてムニエル。

小さな釣ってきた小アジは素揚げにした。
あれは美味かったなァ。
サッパ釣りにゆこうか。唐揚げ食べたいね。

 13924-f03.jpg

おペケが朝から顔を塗ったくってるから、
「あれぇ。今日は医者行くだけじゃないのか?」
「うふふ...........」てなんだ?

それには伏線がある。
オレが、起きてきて顔を洗い、髪を整えて居間にきたところ、
「朝からイイ男になっちゃってぇ」

「まだイケるよ」というから調子づいて、
「元カノに電話しょうか」
「たまには会っておいでよ」って余分なこという。

普段は、部屋のなか吹き抜ける風に乱されて、
アインシュタインみたいな天パ髪のまんま。
別に誰にみせるわけじゃなし、ってことでもじゃもじゃ。

で、鏡のなかの自分みて、医者ゆくのにひどいな、と髪なぜたのだ。
ま、わが家ではめずらしくはないジョークのやりとりがあって、
おペケも塗ったくったって次第。

そうだね。
2人とも、いつも忘れちゃいけない身だしなみ。
あ、2人ともは語弊がある。もじゃもじゃはオレだけだ。

暑くてそれどころじゃないけれど、お互いにこれが肝心。
そこいら転がって、屁こいてちゃ、オイら追い出される。
たまにはシャキッとしようかい。って隣へゆくだけじゃん。

 13925-f01.jpg

しばらくいってないが、この時期にいつもの河川敷公園にゆくと、
出水の跡が残っていて、枯れ草の類が雑草の根元に絡んでいたりする。
それが自然で、虫たちがでたりはいったり、鳥がきたり。

けれど公園課の人たちがきて、
あっというまに雑草茫々が刈られてしまうのだが、
オレとしては、草茫々草いきれのなかのほうが好きだな。

虫たちがいっぱい潜んでいて、鳥が草の実を拾い、
いろんな生き物の営みがそこにあって、イキイキとしている。
でもね、公園だからそうしてはおけない。

キレイになった散歩路を歩いてゆくと、
慌てて、きちきちバッタが跳んでゆくのだが、
横へ逃げればいいのに、こいつは先へ先へと跳んでゆくんだ。

 きちきちが慌てて歩むさきへとぶ  ごんべ

このまえ、冷房の効いた車で、公園の見える橋の上を通った。
この暑さでは、親水公園の池に入って遊ぶ子供たちの姿もなかった。
そうだよな、暑すぎる。今日は暦の上では立秋だそうな。

 13925-f03.jpg

隣のセンセは混んでいるので電話もらえることになった。
検査があるからちょっと早めにゆく。
暑いも暑いが、去年に比べて、夏が応える気がする。

そりゃァ、ま、ひとつ齢を重ねるのだから、それが当然かもしれない。
ましてや、年々アツくなるんだし。
この間も、たまには買い物いっしょにゆく? ってうからついてった。

オレね、スーパーのガンガン冷えが苦手。
店内はガンガン冷え、でてきたときの、うわァァと迫りくる暑さ。
あの落差はナイアガラの滝くらいあるな。

て、ナイアガラはいったことないけれど、日光華厳の滝は知ってる。
それで、そのあと車のエアコン全開だろ、いいわきゃない。
ぐったりと疲れるよ。遊びでは疲れないけれどね。

せっかちな性格もあるかもしれないが、
おひとりさまのころ、店内へ入ってでてくるまでが、だいたい40分。
しゃかしゃかとまわって、すたこらっさ.。それでも7000円は買ってる。

オレには、スーパーで買い物を愉しむっていう気持ちはない。
しゃーないってのが出発点だし、しゃーないから買い物にもゆく。
しゃーないから台所にも立つってね。

でね、おペケに聞いてみた。
女性ってのはなんで時間がかかるんだ? そんなに愉しめるのか? って。
「見識広めるんだね」っていった。それで...........

あそこにこういうものがある。
なるほど、ああいうものがある。
そういうのをみておくのよ。

「みてどうするんだ?」
「だから、あれでこういうものつくろうかって......」
なるほどと納得した。主婦は主夫と違うんだな。

主夫もどきっていうか。
すくなくとも、せっかっちなオレとは、脳の構造が違うんだ。
これがほんとの主婦脳なんだな。

主夫もどきも最後には台所に立つことがキライじゃなかった。
が、所詮は「しゃーない料理」だからねぇ。
それが健気で、涙がでたっておペケはいうのだけれど、しゃーない料理。

人それぞれの「絶対的価値観」が違う。男と女でも違う。年齢でも変わる。
その均衡を保つことが難しいって、
古今東西の物語や、ことわざがさんざんいっている。

どう生きるかなんて、考えるとしちめんどくさい。
すくなくとも、オレたちは周囲の人に迷惑はかけないように、
2人でぐじゅぐじゅしてればいい。

 60歳代は、
 自分にはもう誤りを犯すだけの時間が残されていないから、
 密度の高いものにしなければならないのだ。
                   (ガルシア・マルケス)

 70歳代は、
 自分の余生がわかりはじめているから、残りの時間を、
 いい加減に過ごしても、それが悔いのない覚悟をしなければならない。
                          (ごんべ)

わけわかったような、わからないような。
ま、どうせ、わけわかめなら愉しいことだけ考えてるか。
めんどくさいことはあとまわし。

さて、隣のセンセへいってこよう。
検診だけはしておく。
めんどくさい、けれど検診しておけば安心。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............


20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する