topimage

2018-07

オレのなかでは J・Dは不滅だね - 2018.07.06 Fri

地デジ 電波が途切れて、テレビが映らなくなった。
いやァ、さきほどの雨は凄かった。100mさきが見えない。
写真撮ったら、ただのピンボケだったくらい。

市内の天竜区、北区に避難勧告がでている。
田圃の冠水あとの稲が心配だねぇ。
ここ高台はテレビが映らないだけだが.............

雲の中にいる感じだから蒸す。
気温は27.4℃、湿度は90%以上。
梅雨前線は、真上にある。日曜日までは居座るようで雨の毎日。

窓を開けられないから、ムシムシ。
たまりかねて、エアコンで除湿かけた。
このままじゃ、カビが生えてしまう。←どこに。

もう、どこで降るやらわからない。
おペケの親友が先日郷里秋田へ帰ったんだっていう。
それまでに経験のない雨が降っていたらしい。

ほんとうに変わってきている。
警報が出て、ご注意くださいっていったって、
身ひとつで逃げるしかないものね。

ご注意くださいって、考え方を換えることなのだ。
そういう日本列島になってしまったのだからねぇ。
もうすこし防災関連の準備しとかなくちゃ。

え? オームの松本死刑囚の刑執行だってぇ。
未曾有のテロ事件、多くの被害関係者の辛い思いが、
これで拭えるわけではないが、ひとつの区切り。

テレビ見ていたら、エアコンの除湿がエラい効いて、
寒くなったぞーって、一事停止。
部屋の空気がひやっとして気持ちいい。

 120830-md04_201807060856491c1.jpg

水槽のなかのメダコが元気いい。
5尾いたのに相次いで天国へいってしまい、
彼だけのひとりぼっちになって1年経った。

なんか健気でねぇ。
ちょっと前のオレを見てるようでねぇ。
相棒買ってきてあげようと思うが、このままがいいかしらん。

増えると環境変わるから、寿命縮めたら可哀想。
もうすこし見守るかな。
頑張れやァ、メダコ。

 1875-s4.jpg

3時頃からおペケがキッチンへこもった。
このマンションは築30年なので、キッチンは別。
ここへくるまえに、アイランドキッチンというのを見た。

カウンター越しに居間が見える「今風」だったが、
今風はいいけれども、なんとなく狭かった。
おペケが、なにやってるのか見えない。それも愉しみだな。

 ←click 

アジのフライだった。
さくっとして美味しかった。
それで「われながら上手になったなァ」と婆ァ画自賛だな。

ほんと、上手に揚げるようになった。
「うまいぞよ」と揚げ物好き爺ィが絶賛して、
笑顔が溢れて、いい夕餉だったね。

おペケはもっと並べたいらしい。
食べ切れないから減らしていいよ、とオレがいう。
それはほんとだし、手間も省ける。

手間省いて、ゲームやってたって、居眠りしてたっていい。
のんびりする時間が彼女にあったほうがいい。
そう思うのだが、この人はなんかしらん動きたがる。

 1875-s2.jpg
 ↑シクラメンの雨しずく

天皇陛下のお身体が心配だが、
近日中に静岡県西部をおたずねになる予定。
奥浜名湖へは、皇太子時代にご家族で避暑においでになった。

五味半島というちっちゃ岬があって、いまもプリンス岬という。
ここの別荘に何日か逗留されて、奥浜名湖の夏を愉しまれた。
これを何年か続けられたと思う。

オレの親友だった警部補は、そのころだ若い巡査で、
この管轄に勤務だったから、当時の皇太子さまが泳ぐというと、
警備でいっしょに泳いだってはなし。

「そんな経験できないよ」といった憶えがある。
和船の櫓を漕がれたり、奥浜名湖を満喫されたご様子。
美智子さまがおきれいで溌剌とされていた。

 「昭和44年 皇太子さまご一家奥浜名湖の休日」←click

懐かしい動画だねぇ。
駅ビルになるまえの浜松駅だなんて、撮ってあるんだね。
いい物を見せて貰った感じ。

あの水泳を愉しまれたプリンス岬へはおいでになるんだろうか。
あの辺りはなにも変わってはいない。
ここの街道を通られるなら、おペケといっしょにお迎えにいこう。

 1875-s1.jpg

クローゼット開けるとよそ行きのジーンズが、
6本吊り下がってるけれど、いまはむにゃむにゃ。
ま、手っ取り早くいえば穿けない。

エドゥインにしてもリーバスにしても、
穿いていて腰まわりに安心感がある。
穿くほどに、洗うほどに、アルジの腰に馴染むんだな。

3年穿いたってビクともしてないし、大好きなのだ。
いつだったか、麻生さんが総理のとき2万円くれたよね。
あれに足して、レアもの買ったのだが、いまクローゼットのこやし。

しかたないから、ユニクロの伸びるヤツ穿いてるが、
やっぱり男はこんなんじゃダメ。
六尺褌みたいにキリッと腰まわり閉めて穿かなきゃ。

20歳頃だったか、初めてアメ横でシーンズ買ったのだ。
もうすこしすると国産ジーンズがでるって黎明期だったが、
オレが最初に買ったのはアメリカの古着だった。

もちろん、日本人にあわせたサイズなんてない。
アメリカで作業かなんかに穿いてた古着ってわけだよね。
膝のあたりに白いペンキがついていた。

あ、J・Dだよな。
「理由なき抵抗」みて憧れた。それで早速ジーンズ穿いた。
裏地がチェックのナイロンジャンパーきてたね。

で、もうすこし経って再びアメ横にゆき、
殿山泰司さんみたいな、ビリケン禿げ頭のオヤジに能書き聞いて、
古着でないアメリカもの買ってリサイズしてもらった。

当時の帰省は、せいぜいが準急、夜行列車は超満員だった。
新幹線?? まだない。
だから、連結のところに新聞紙敷いて尻下ろす。

これもジーンズだからできることで、
一張羅ジーンズで、どこ往くにもこればかり穿いてるから、
破れた膝小僧抱えて、ガタンゴトン揺られて眠ってた。

それで、実家に寄ったら、妹が膝小僧の破れたのを、
みつけて言葉を呑んだ。
「そんなにビンボーなの?」ってね。

まさか、その何十年かあとに、
この破れジーンズがオジャレになろうとは........
オシャカサマでも、あ、気がつくめぇ、だな。

先日書いたアイビールックもそうだけれど、流行ってのは繰り返す。
というか、意図的にそういう風にもってゆくんだろうな。
ジーンズも、途中で裾広のパンタロンになったりした。

いまはまたマンボ・ウーの頃のように細いけれど、
オレはスタンダードのストレートがいい。
アイビーとおなじようにオレのなかでは J・Dは不滅だからね。

雨が息ついたかな、窓開けよう。
ほなあした............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい



 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する