topimage

2018-06

どっちでもそれほど変わりはしない - 2018.06.02 Sat

体内時計が 早寝サイクルになってきた。
11時過ぎに辛抱たまらず寝てしまい、6時に目覚めた。
おペケはぐーすかぴー、起きて居間のカーテン開け放した。

ベランダへでたら、早朝のヒヤッとした空気が気持ちいい。
しばらくデッキチェアにいて、花たちと会話。
バラの2番花が咲き始め、サボタの花茎も伸びてきた。

バラに黄斑病と粉吹病がでていたので、病葉を落とし、
新芽のために無駄な枝を落として薬剤噴霧。
バラってのはアブラムシと病気との闘いだからねぇ。

樹勢があると根元から太い新芽が出てくる。
あんた頑張ったね、と褒めてやる。
喜んで、またイイ花を咲かせてくれるよ。

サボタ姫は、ギンさんの娘さんくらいの高齢だが、
今年も3つの花茎を伸ばしている。
シンデレラのような純白の一夜花が愉しみ。

 1862-a4.jpg 1862-aa3.jpg
 ↑ サボタJrは痛い

今日はイイ天気だよ。朝のうちは雲ひとつなかった。
ご飯食べ終わって外見たら、あら、夏の雲。
もくもくと綿飴みたいな雲が立ち上がってきた。

明日は月命日だから寺へゆくが、
明後日はフラワーパークの菖蒲園へいこうかと、
内弟子おペケに「どう?」っていうとイイネってことで決定。

天気予報をみた。曇り。
菖蒲の撮影は小雨くらいがちょうどいい。
晴天だと花が萎んでいる。

 1862-aa1.jpg 1862-aa2.jpg
 ↑ 今朝の空

歯医者へいった。下のブリッジが壊れたのだ。
ガリゴリやって仮歯をかぶせたが、どこやら痛くて噛めない。
夕餉は焼き肉だったけれど、こりゃァダメだ。

好きなものも歯がダメだと美味しくない。
1週間の我慢だな。
このあたりは、通りに出て見渡すとねぇ。

美容院と歯医者があっちにもこっちにもあって、
飽和状態なのだが、
オレたちがゆくところは混んでいる。

人気があるってことと上手がつながるかはわからない。
でも、前の住処のヤブんなかのセンセよりは、
治療したあとが長持ちしているのはたしかなのだな。
 
 ←click 

「ブリッジはいるまでやわらかいものにして.....」
カルビの焼き肉が噛めなかったので、
おペケにそういってお願いした。

「たとえばなに?」
「豆腐だとか..................」
「毎日、お豆腐?」

っていうわけにもいかない。なんか工夫しておくれ。
「油揚げ焼くとか?」
オレは狐か、っていいかけてやめた。

1861-a5.jpg 1861-a7.jpg
 ↑ 天使のハシゴ

何時頃だったか、ぼけぇぇ......................... と窓の外をみていた。
すると久しぶりの晴天の光を受けて、機体がキラリと光ったのだ。
「あ、ブルー................」

白い機体にブルーのンラインが見えた。
あれぇ、先週も、その前もきたのに??
で、松島でブルーを撮っているフォロワーさんのtwitterをみる。

1時間前に松島をでていた。
金曜日っていうのは、ブルーインパルスが動く。
明日は防府基地の航空祭のようで、浜松中継で移動していったのだ。

 1861-w1.jpg
 ↑ ブルーのあとにロクマル

昼からテレビ観ているが、8chはMCがウザいし、
6chはともすると偏向するし、4chはMCミヤネ氏が賑やかだし、
めまぐるしくチャンネル換え、ときどき居眠り。

ま、どこまわしても日大問題ばかりで、
もうイイ加減にしなよ、っていいたくなるが、
あれって視聴者の需要があってやってるのかねぇ。

で、某番組にネットライターなる人が出演してのいった言葉に、
紙媒体の記者の唖然とした顔がアップになった。
たぶん、思ったことはオレといっしょだったろうね。

彼らは1000万から、1500万の所得があるという。
ときにはテレビ観てるだけで記事書くらしいのにねぇ。
いいのかねぇ。これで???

これはネットなんだから.......... たしかかにそういった。
自分のポジションをどう考えているのか。
メディアの一端担うって矜持の欠片も感じられなかった。

そのテレビもちかごろ劣化していて、
某局なんぞは、ネットのフェーク記事たしかめせず転用して、
何度も恥を掻いているのに改善がない。

ネットニュースっていうのも紛らわしい見出しが多くて、
つられて読んでみたら中身すかすか。
読んでた時間返せよ、ってのもずいぶんとある。

それで、ああいう記事に、昼間からネット粘着民のコメントがつく。
そのなんだりかんだりが炎上して膨れあがり、
これが世論という衣を着て、社会の隅っこを動かしたりする。

ネットライターは記事のPVあがればいんだっていう。
反応なんて気にしなきゃいいんですよ.......... といい切った。
当のライターはITバブルくらいの意識しかないのか。

貴乃花親方問題のとき、これが世論だとネットが吠えた。
連日大入り満員にする高齢者相撲ファンは悪の片棒担ぎだといった。
こういう歪なもので世論であるわけがない。

たとえば、炎上してCM撤回したり、芸能人を追い詰めたり。
ああいう記事の、そうした反応が世論かってことだな。
もっと既存メデイアにしっかりして欲しいけれど、これがまた劣化中。

 titl62-2.jpg

ふぇっくしょ〜〜〜ん。
どっかで、オイらの噂してるんとちゃうか?
っていったらおペケが、うふふと笑った。

「おたまさんとこで、名前だけでてましたよ」ってね。
ま、この「てんちゃら...........」を通じて、
いろんなおかたと知り合いになったもんだァ。

これねぇ。
ブログっていうものの初期のほうが和気藹々としてたね。
尖った景色なんて、まったくなかったもんな。

オレ、あるSNSのカメラオフ会なるもので、
リアルにお会いしたブロガーさんは何人かあるものの、
それほどにバーチャルからでたことはない。

ただし、コメ欄やskypeを通じて、
まわりの女性たちとホンネで語る機会が多くなったのはたしかだ。
なぜか男性はというと、ホンネが出づらくて長続きしなかった。

ま、人世を語るにおいて、世代の隔たり、
あるいは男女の隔たりはあるようでいてない。
むしろ、オレが女性たちに啓蒙されることが多かった。

みんな、背負った人世のしがらみモノともせず、逞しく生きているのだ。
とくに女性は強い。男なんて他愛のないものだ、と思った。
男は支え失って地面に転がらないと、人世の機微をみようともしない。

のほほん亭主のそのまんま、それで終われる人は世間に溢れてる。
それはそれでシアワセものなんだ。
こんなもん、なにも知らずにあっちへゆくのがいちばんいい。

 ごんべよ、逞しく生きろ、この先ながいぞ。
 それゆけ、やれゆけ、どっこいしょ。

大勢の女性たちが、情けないオイらの背中を押してくれた。
いろいろな境遇に生きておいでの女性たちと知り合いになって、
泣き虫ごんべ、いつも励まされて立ち直ってきたのだ。

そのまァ、たまには、
泣き虫ごんべが無意識のうちに励まし、てなこともあって、
おペケとの出会いも、そんななかにあった。

すべては、亡き人が取り持ってくれた縁だと、思っている。
オレがすったもんだぎったんばこんしていたから、
みなさんが「なんだこいつゥ」と立ち寄ってくださったわけで...........

えにしって、知らぬ間につながっているもの。
ひょんなことからつながるもの。
人世っておもろいねぇ。

 結婚するものも仕合わせだし、
 しないものも仕合わせだ。
 どっちにも人間としての喜びがある。 

         ........... 武者小路実篤 ............

どっちを選ぶのか?
ってどっちでもいいのだな。
それほど変わりはしない。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい



 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する