topimage

2018-05

糟糠の妻をときめかせる? - 2018.05.08 Tue

雨は降って いない。曇りだ。予報だと午後からまた雨。
明日の夜半まで雨が残るようだ。まるで梅雨のよう。
今年の梅雨ははやい、というような予報もある。

梅雨ってのがいちばん苦手だな。
雨がしとしと..................... は憂鬱になる。
オレ、蛞蝓が嫌い。この季節にでてくるからねぇ。

珈琲片手に、ぼけぇぇ...................... としていた。
テレビでは、あいかわらずTOKIO。
ひょっと思ったのだ。46歳っていやァ、おっさんだよな。

アイドルっていう年齢じゃない。
30歳過ぎたら、アーチスト。
事務所だってそれなりの処遇すべき、つまり大人としてね。

どこかに、甘えがあるんじゃないか。
いままで通り握り潰すつもりがそうはいかなかった。
そこにはどの局も触れない。

 1858-a1.jpg

キーボード叩くのに椅子の背もたれへ、
思いきり猫が背伸びしたように、伸びきって書いてる。
これがマウス操作もラクチン。

で、最近はキーボードのミスタッチが多いね。
なんじゃい、これはってのを打ってるぞ。
ATOKの語彙記憶にだいぶ助けられてし、打つ速さは半減。

むかしは、おとーさんは音だけ聞いてればプロ並みと、
パソコン教室の講師やってた娘にいわれもんだ。
音だけってのは指使いが我流だからだ。

それはさておき、細かい字がほとんど読めない。
いちいち起き上がってゆく。
ひょっとして眼鏡が合わなくなったか。

眼鏡屋が、調整においでくださいってDMをくれる。
検眼したら? たぶん、新しいのに換えたほうが........... っていうだろ。
もう、この眼鏡も3年だからね。

オレの目ン玉に合った眼鏡はざっと6万円。
そうそう換えられない。
それで、このまえテレビで観たのだ。

チェーン眼鏡店はなぜ維持できるか??
番組では、あれは高齢者でもってるんだってはなし。
平均が5万円だと。それで2年サイクルで換える。

だから顧客管理サービスよくして、
高齢者を放さなければやっていけるっていう。
オレだけじゃない、高い眼鏡買ってるんだな、皆の衆、

 f5738777.jpg

「できましたァ」と声がかかる。
するとカメラもってのこのこ書斎からでてゆく。
料理写真担当はオレだからね。

だいぶ上手に撮るようになった。
皿の色柄でテーブルの明るさが変わったりする。
なかなか、美味しそうに撮るのはタイヘン。

 ←click 

おペケの「ばんごはん」へ拍手をくださる。
本人は単純だから、あれで喜んで料理の本を何冊も買ってくる。
そのおかげで、夕餉が充実するんだから、ありがたいこと。

 7ea5bc09のコピー

毎朝ご飯食べ終わって血圧測る。
今朝は112〜65だった。
最近はこれくらいで安定しているよ。

オレの男料理と比べたら、かなり薄味だし、
バランスを考えてくれているので、その成果だと思う。
だいたいが、濃いめの味が好きな人。

自分で料理すれば、どうしても自分の嗜好に合わせる。
醤油どばどば、砂糖たっぷり。
そりゃァま、自分が美味いって基準は充たしているけれどねぇ。

掛かりつけセンセの忠告なんぞは、へえ、へぇ......... というだけ。
なので薄味に慣れるのに多少の時間はかかったが、
この血圧数値をみれば、文句いわずにしたがうのだな。

美味しかったよ。
その言葉を忘れず添えるよ。
自分でやらなくていいのだから、それくらいはいわなくちゃ。

 cbdf6cc2.jpg

夫婦は空気みたいなもんだっていう。
ほんとかな?
空気じゃ、駄目なのじゃないか。

お互いの存在を認めあい、慈しみ合わなくちゃ.........
っていうけれど、毎日傍にいるから、次第におろそかになる。
なっちゃいけないけれど、なる。

ま、かけがえのない月日だな。オレたちはね。
そのリスクも承知ではある。
もっと、今日一緒にいられることを大事にしなきゃ。

空気みたいなもん。
ま、そういう半分はテレじゃないかぇ?
な~~~んも感じなかったら、そりゃ鈍感過ぎる。

 39ec7580のコピー

だけどねぇ。
世に糟糠の妻をときめかせる亭主ってどれだけいることか。
ねぇ。

そこいらに転がって、屁こいてちゃ、
もはや、ときめきの欠片もありゃしないよ。
だから、べたべたでなくてもいい。

月曜日のBS7、21:00から、
日本に長くすむ外国人さん紹介番組がある。
これが好きで、毎週欠かさずに観る。

昨日はチェコからきて皮膚科のセンセやってる女性だった。
「オイ、おやじィ」って呼ぶんだな。
旦那さまは役人を停年退職で、診療所のサポートしている。

文通で知り合い、50年連れ添って、いまは一見かかァ天下。
飄々とした旦那さまとの掛け合いが素敵だった。
けっこう感動ものだったが、横の椅子でおペケはクビ項垂れてた。

「終わったよ」と起こしたら、寝坊助がいった。
「はやく起こしてよ」
エンディングの曲が好きだって、そんなもん知らん。

オレたちは人世の年輪はもっている。
けれども、いっしょの年輪はたかだか3年だからね。
やっと馴染んできたところ。

「もう寝なさいよ」といったら、
「まだ10時だよ」と自分のパソコン開いた。
オレはWOWOWでボクシング観ている。

静かだなと思ったら

マウス握ったまま、また眠ってた。
「ベッドへいったら...........」

なんかしらん、2人とも居眠ってばかりいるようだが、
実はそうなのだ。
こんな日常でいいんだ。

オレもおペケも思っている。
シアワセってヤツは、
自分たちがシアワセだって思えばシアワセなのだ。

いま、オレたちはこんなにシアワセなんだって思えればいい。
「シアワセだよ、こんなに............」
おペケがそういってくれればオレだってシアワセ。

 人はおおむね自分で思うほどには幸福でも不幸でもない。
 肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ。

こういったのはロマン・ロラン。
そうだね。飽きてはいけない。望むことだ。
ま、望みすぎずほどほどにね。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する