topimage

2018-05

世間の片隅でひっそり生きる - 2018.05.07 Mon

雨だよ。明日も雨。GWは晴れ だったからよしとしよう。
しとしと降ってるゥ。
五月雨と書きたいところだが、これも旧暦のズレがある。

旧暦5月だからね。ほんとは梅雨の雨だ。
さみだれ、さつきの水垂れだから、しとしと降る雨だな。
これを集めて、最上川の流れも速くなる。

 ひとひらの竹落ち葉して閑かなり

 束の間の富士の姿や五月晴れ

駄句ふたーつ。
竹はいまごろ落ち葉するので竹の秋という。
それから、梅雨の晴れ間に富士山がちょっとだけ顔をだした。

 1857-a1.jpg

8時から「RIZIN.10」を観ていた。
格闘技好きだけれど、なんか、没頭できなかった。
浅倉カンナちゃんは強かった。

あれだけ身長差があると腕十字がきかないんだな。
耐えちゃうのを初めてみたが、勝ってよかった。
試合終わって、前回負けたREINAが再戦申し入れたがやんわり拒否。

REINAはキックボシングだし、
MMA (総合格闘技)をこなしてからでないと、
タックルされてら、また失神して負けるよ。

堀口恭司の4秒KO。
30連勝の那須川天心に「やろうや」といってたが、
これ観たいねぇ。

 d7fb9421.jpg

お昼に柏餅食べた。
これが出来の悪い柏餅で、葉っぱがくっついて剥がれない。
せっかちのオレはイライラしながらも、わりと簡単に剥がした。

さすがのおペケも、イライラがつのってか、ヒス寸前。
なんか、途中で破れちゃって、ぐちゃぐちゃ、美味そうにはみえない。
せっかちのオレのほうが上手ってなに?

 ←click 

むかしから草餅が好き。
ヨモギの香りのするのがねぇ。
いまどきのは、昨日のもそうだが、草色していても香りがしない。

「草餅するからヨモギとっといで.......」
ってバァちゃんのつくる柏餅は美味かったァ。
赤いのもあったね、コーリャンっていっても知らないか。

そういえば、最近は鯉のぼりを見かけない。
この界隈では1軒もみなかった。
5月の風に、矢車がカラカラと鳴っていたのにねぇ。

 c2e11a21.jpg

さて、月曜日。
別にどーてこたないが、月曜日。
なにが月曜日だって、人がすくないっていう。

毎日が日曜日族になるってぇと、
なにも混んでる日にいかなくてもっていうのが原則基本。
いつでもゆけるんだからねぇ。

だけど、こう思う爺ィ婆はオレだけじゃないとみえ、
こういう連休あとにはシニアで混み合うから、なんのことはない。
ま、他人のことはいえないな。

さんざん書いたけれどねぇ。
おひとりさまになったとき、いちばん感じたのが、
居場所がないってこと。あえていきたかねぇ....... と思ったのだ。

これは自意識だけの問題かも知れない。
あの頃のオレには、喧噪のなかにいて1人がけっこうきつかった。
いま、おペケがいるが、彼女はさっさと1人でゆく。

「たまには一緒にゆく?」というけれど、
即座に「イヤだ」というから、それもいわなくなった。
1人のほうがはやくていいよ、っていう。

で、1人だと「ちょっと迷って........」というフレーズが、よくでてくる。
別にそれほど迷ってはいないのだが、
要するに、自分の意思決定するまでの脳内会話なのだな。

 「これ、どうしようか?」
 「そうね、入れておけばいいんじゃない」
 「うん、そうするか」

2人だと、この相互肯定があるから、決めやすいけれど、
自分に問うて、ちょっとだけ迷って、
「どうする?」って脳内会話があって「そうだな」と決める。

これが独り身の「間」っていうものだね。
2人だとああでもないこうでもないの会話があって決定する。
それを愉しいと思うか、めんどくさいと思うか。

まァ、1人のほうがはやいよ、とおペケがいう。
たま〜〜〜に2人でいけばいいんじゃないか。
いまのところ、そんな具合。ってどーでもいいはなしか。

 dce038f8.jpg

いつだったか、ギョーカイの人と偶然会った。
「あんたさ、死んじゃったって噂だよ」って縁起でもない。
オレ、内心ではうまくやったなと思った。

それくらいに、見事に消えたってことだからね。
未練たらしく、でろでろ幽霊みたいに関わってるのが大キライ。
そんなもん、リタイアした途端にタダの爺ィだわい。

ほかの人はともかく、オレはそう思って、そうしたから、
「アイツちかごろ見ないね、死んだか」といわれて本望なんだ。
そのかたは、某印刷会社のいまは会長さん。

「まだだ現役、目の黒いうちは..........」だなんて生涯現役宣言。
ま、傍迷惑でなければいいが。
たまには、会社に寄ってよ、といわれたが生返事。いかない。

 干渉好きの老人ほど醜いものはない。

そう思うなァ。
いまの若い者は........... って言葉もいちばんいっちゃいけない。
そんなもん順繰りだわな。

 老人と暮らしていない若者が増えたのが、
 老人に対する思いやりがなくなった原因です。

 あいつらは老人の衰え方を日常的に、
 見てないから理解できないんです。

これは永六輔さんの遺された言葉。
たしかに...............
若者が老人の扱いをしらない。老人も若者の扱いをしらない。

嫌老社会という言葉があるそうな。イヤな言葉だが、これも現実。
つまり、若者が働いて税金を納め、それを老人が年金でもらい、
のうのうと暮らしていやがるって考え方。

一方では、その若者たちが老人になったら、
まともに年金だなんてもらえやしないんじゃないか。
そういう不安な思いもあるからねぇ。

少子化にどんどんなってゆくから、まるっきりの杞憂だとはいえない。
嫌老とはなんぞや??
つまりは格差社会なのだ。老人の間にだって格差がある。

ほんの一握りの富裕層がカネ握っている。
格下老人が増えてゆき、ますます格差社会は顕著になる。
年代格差も大きくなってゆく。

老人が、べらぼーめ、オレたちの働きでここまでしたんだ。
などといっても、通用はしない。
では八方塞がり、手はあるのか。ないんだろうな。

そのうち医療費値上げだよ。
ま、文句言わずに払うってことくらいか。
世間の片隅でひっそり生きるって情けないねぇ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する