topimage

2018-04

この年代の男って素直じゃない - 2018.04.03 Tue

昨日の浜松は25.6℃。今日はもっと温くなるっていう。
5月下旬の陽気ってどうゆうこっちゃ。
これで明日は10℃低くなるらしいから、調整タイヘン。

いまの時期は家の中より外が温かい。
郵便局へいってきたおペケが「もう、アツいよ」と帰ってきた。
ベランダにいたら、太陽が熱いくらい。

さすがにヒートテックのアンダーシャツは着ていらない。
例年はどうだったかというと、脱ぐのはもう少しあとだから、
半袖になったのだが、これでは夕方に寒いからねぇ。

どうすりゃいいのさ思案橋って陽気だね。
PMなのか、春霞なのか、里山白いベールのなか。
5Kmくらい離れた自衛隊滑走路の飛行機が見えないくらい。

だからなのか、今日はハンガークローズ。飛ばない。
オイらの頭ん中も霞んでいて、昨夜も鼻炎薬飲んだら宵のうちから眠い。
11時にはベッドだったけれど眠り浅いのか、夢ばかり見ていた。

それがまったく憶えてないってのも、なんだかなァだが、
ま、春はおぼろ、オレの頭もおぼろ。
おぼろおぼろで1日すぎれば、それでいい。

 14412-km22_201804031004068ce.jpg

普段使いのSONYのカメラの調子がおかいしのだ。
フォーカスが効かない。
これってSONY特有なのか、修理して2年、おなじ症状が出た。

手ぶれ防止装置が効かないのだ。
効かないどころか、震え症状がでるからピントが合わない。
前回は18.000円で本体の中枢アッセンブリぜんぶ交換してきた。

その交換には好感もてたが、こうはやくおなじ症状ではねぇ。
どうにもならない。もう1台買うかってまたぞろ..........
これで、おペケの料理ブログの写真撮ってる。

   ←click

ブログの料理なんての写真次第
美味しく見せる写真撮らなきゃ、写真担当の名が廃るって、
ほどのものではないが、かなり神経使って撮ってる。

なのに昨日も料理1品の写真が完全ピンボケ。
ちぢみの写真がブレブレのトホホホホ........... だった。
なんかオールインワンカメラを検討しなければいけない。

 14412-km28_20180403100408b4f.jpg

本日は亡き人の祥月命日。10年目とあいなった。
おペケが、あの人の好きだった珈琲を煎れて供えてくれる。
あとでお墓へゆくからね、と手をあわせた。

あの人はいなくなったけれど、オレの心の中にいる。
それをおペケが容認してくれて、オレが接するようにしてくれる。
ほんとうにありがたい。

オレが40年もいっしょに生きてきた事実は消せない。
その延長におペケがいてくれるのは感謝でしかないけれど、
ときどき、私は私だから............... と叱られる。

当然のことだ。
オレのええからべぇを素直に詫びる。
おペケの懐の深さに甘えてばかりではいけない。

 14412-km11_20180403102728b64.jpg

暖かくなって、ぼけぇぇ..............................
な~~~んの屈託もない。
だから書くこともな~~んにもない、アハ。

「しっかり、せーよ、おまえ」と、
己を、鞭打ち、鼓舞し、よろめきつつも、歩き始めたばかりのころ、
思うこと、書くこといっぱいあった。10年目だよね。

ちょっと前のことでも、頭のなかに浮かぶと、
脳味噌を、ぎゅっと締め付けられるような不快感があった。
いわゆるフラッシュバック。

軽いパニック障害だといわれ、
精神安定剤をセンセがだしてくれたが、めったに飲まなかった。
薬に頼るな、避けに頼るな。これは守り通した。

「てんちゃら......」の文章、支離滅裂。なにも見えていない。
だから「ダメだよ、こんなもの書いてちゃ...」と、
友人からこっぴどく叱られた。

けれども、これがあったから、ストレス発散していたのだ。
あまりに支離滅裂なところは削除した。
もう、あれの役目は終わったからね。

ちかごろ頭のお鉢をきりきり締め付けられるような、
孫悟空のワッカがなくなったし、
前進するために、脳味噌はつらいことを消していくらしい。

 14412-km21_20180403100409337.jpg

前に住処では窓際にベッドをおいていた。
そこから見る夜景が素晴らしかった。
これがあるから、ここを離れたくないって思っていた。

遠くに高層ビルの赤い灯が瞬いている。
市街地の夜景が広がっている。
それをベッドに寝ながらにして眺めていた。

ま、だいたいは、ほんの短いあいだだね。
きれいだなァ....... そう思っただけで、眠りに引き込まれてゆく。
この夜景を見て思いに耽る暇はなかった。

たぶん、10秒たたないうちに眠ってしまった。
なにかを深く考えようと思ったって眠くなるだけだから、
あるがまま、ベッドへ倒れ込んだ。

自分に素直であること。
これが、毎日愉しくやっていくコツだな、と悟っていたし、
それが毎日がシアワセであるための方便だと思い始めていた。

人間ってねぇ、けっこう、したたかなんだよ。
いつだったか、警部補になった親友が、そういった。
彼は、人間っていうもをいっぱいいっぱい見てきていた。

若い時は駅前交番にいて、日々の世間に接していたし、
本署にいってからも、警ら隊でパトカーに乗っていたからね。
人間の裏の裏に接していた。

人間往生こいたらなんでもできるっていう。
行き詰まって、にっちもさっちもいかず、困り果て、
そこで開きなおって奮起一番する悟りみたいな意味でもある。

往生こいて運を天にまかせとけぇや......... てこと。
ま、極楽浄土にいかなくたって、
開き直って気持を入れ替えたら、随分と楽になるものではある。

ま、それを往生というか、開き直りというか。
ものはいいようだが、ラクチンになるならどっちでもいい。
気の持ちようひとつ。

 1年目は無我夢中
 2年目は弾けた
 3年目は飄けた

 5年目過ぎたとき
 これでいいのかと
 思うくらい
 心のなかに
 なんにもなかった

 6年目過ぎたら?
 5年目と変わらなかった
 これがオレの
 生きるための方便なんだな
 きっと..........

 それで10年経った
 おペケが傍にいてくれる 
 オレの気持ちは
 あまり変わらない
 これでいいのかと思うくらい

そのままでいさせてくれるおペケがえらい。
オレには過ぎたる人くらい。
感謝している、ってわりに面と向かっていわないね。

この年代の男って素直じゃないのよ。
絶対口にしないね、って妹の1人がいったね。 
アハ、代弁してくれたからいいじゃないか。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する