topimage

2018-03

どうなってゆくのか予測もつかない - 2018.03.02 Fri

穏やかな朝 になった。アツくて目覚めたよ。
寝具が冬のままだが、春布団に換えるのはまだ早いかな。
夕方になって空が黒くなったが、荒れることもなかったようだ。

青空が広がっている。来週の月、火は雨の予報。
春は雨が多いからしかたがない。
菜種梅雨なんてのもあるし、冬型気圧配置の転換期だからね。

春は三寒四温。
春には、暖かい日が続いては寒の戻りがあって、
これを繰り返して本格的な春に近づいていく。

その周期を「三寒四温」という。
早春の頃には大陸から移動性高気圧が下りてきて、これが通過すると、
天気はいいが、上空に大陸の冷たい空気を運んくるから冷え込みはきつい。

低気圧が通過するときは雨模様となるが、気温は暖かい。
寒い日と暖かい日が交互にくるのが3月なのだ。
西高東低のバランスが崩れかかったときに、春の嵐がある。

大陸高気圧が弱くなって引き下がったところへ、
南海上で発達した低気圧が吹き込んで春の嵐になる。
まさに、冬と春の気圧配置の鬩ぎ合い。

「四月雷は日照りのもと」
この場合の4月は旧暦であるが、この時期に雷が鳴るということは、
早めに夏型の気圧配置になるってこと。

雨が少ない夏になることが多いという。
けっこう、こういう天気の市井の言い伝えは多いのだが、
いまでは一般の人の口にはあがらなくなった。

 1832-a1.jpg

なんかすっきりしなかった。
昨夜の山中選手のボクシングのこと。
勝って引退したかっただろうが、2回TKOで敗戦の引退。

相手は「人として失格」と山中さんがいったらしい。
ま、ルールあってのスポーツだから、それは認めよう。
狡い最低のヤツだとは思う。

どっちみち、上の階級へ鞍替えするつもりで、
バンタム王座への固執はなかったらしい。
計量リミットをうわまわって、王座を剥奪され手も予定の行動か。

山中さんは、これに向かって身体を絞ってきたのだから、ほんとアンフェア。
当日は、ネリ60.1kg 山中59.2kgと数字の上では大差がないが、
ボクシングを知っている人ならば、これが互角でないことはわかる。

計量オーバーに対する罰則がないのだ。
どっちみち階級を上げるのだから、昨夜のファイトマネーは、
ネリにとっての行きがけの駄賃っていうヤツ。

本来は試合を中止にすべきなのだが、
テレビの放映権だとかが絡むし、カネが動くからやらざるを得ない。
なんかすっきりしないのはこの点なのだな。

亀まんなか vs 内藤戦以来のすっきりしないボクシングだった。
神の左をもった山中選手は、ネリとの2つの不運な試合を重ねて終わった。
山中ファンとしては、なんとも切ない気持ちでいる。

おつかれさま。
でも、あの負けざまは力の衰えであったのは否めない。
やらなくてもよかったのに............ って気持ちが残る。

 18227-mm26_20180302100744df0.jpg

気分を切り替えよう。
昨夜はカレーだった。いつものレトルトじゃなくて、
おペケがごとごと煮込んだヤツ。

  ←click

それで、オレはカレーライスにソースをかけるんだな。
どうして? といわれましてもですな。
遙かなるバァちゃんのつくる「うどん粉カレー」からの習わし。

その中濃ソースを加えると酸味が効いて、オレ的には美味しくなる。
いまは「トリイのソース」なんだね。
これは浜松の創業大正年間という地ソース。

これの甘みと酸味が加わって、おペケのカレーが余計に美味しくなった。
「やってごらんよ」
半信半疑のおペケが「あら、ほんとだ」っていった。

 18227-mm30_201803021029598d2.jpg

このあいだの都田公園散策は内弟子ペケ子に、
「望遠レンズを使いなよ」と勧めた。
しばらくして、ピントがまったく合わないという。

「いっぺん教えて、あとはやって憶えれぇって、
 女性はムリなんだからねぇ」

アハ。
そうなんだな。突発難聴から半年カメラをもたず、
教えたことぜんぶ忘れていたわいな。

こうして、ああして、こうなったらシャッター押す。
もういっぺんおさらいしたら、ピントが合った。
ま、女性はメカに弱いっていう。

ほかに憶えることいっぱいあるからな。
カメラ操作より芋の煮えどき知ってるほうがいいもんな。
そういうこっちゃ。

 18227-m33.jpg

孤独を愛することができるということは、
自分を愛することができるということなのだ。
と、どこかの哲学者が書いたのを読んだことがる。

思春期の頃から一人でいるのが好きだったし、
それが、たいしてつらいとも思わなくなかったけれど、
これは多分に強がりであって、誰かといっしょにいたいのが本心でもあった。

まァ、所詮、人間ってものはこういうものなのだ。
もう矛盾に塗れて生きているのだからねぇ。
所詮折り合いと妥協の産物が人世というものなのかもしれない。

だから、どこで折り合うか。
だから、どこで妥協するかの線引き。
その繰り返し、繰り返しで生きている。

オレは、いつの間にやら一人でいる術には長けていた。
ゆえに、めんどくさいヤツなのだと自分でもしっている。
ゆえに、傍にいてくれるおペケにはいつも感謝している。

ものごとすべてには、初めがあって 終わりがある。
無常観を語ろうとは思わないが
なるようにしかならんだろうと、なぜか達観している。

ひとりでいた9年間で覚えたこと。
自分の感情ちょっと抑えておけば、それでまーるくおさまる。
ならば、それでいいではないかってこと。

妥協点がみえてきたのだな。
けっこう、人間ってしぶといからね。
したたかだからね。

 孤独であって
 充実している
 そういうのが人間だ

これは岡本太郎さん。
孤と狸のの連れ添いもまた妥協と折り合いの探り合い。
お互いが充実するためには、探り合わなければいけない。

ちょっと抑えるだけで案外とラクチンでもある。
へぇへぇ、さよでぇ.........
と、なんでも聞いてりゃいいか、と思っている。

こういう馴れ合いが、連れ添うって関わりを深めていく。
それは知ってるよ。
なんせ、オイら、二度目なんでねぇ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する