topimage

2017-10

お花畑はそのせいだっていう - 2017.10.08 Sun

週末は雨の予報だったが、昨日も今日も晴れ。
寒い1日だったが、明けてやや気温があがって、24.3℃。
Tシャツ短パンは来年5月までタンスのなか。

夏の間は朝の血圧も122-70だとか低いのだが、
今朝あたりで132-73になっていて、たしか隣のセンセが、
寒くなると血管が収縮するから心配要らないといってたような?

日曜日の朝は静かだ。
朝のうちは下の道路の渋滞もないし、
昨夜は2人ともよく眠ったからご機嫌いいしねぇ。

この週末は3連休なんだな。
で、それが終わっての来週末はいよいよだ。
浜松エアフェスタ 20017' だよ。

背景が曇りの灰色の空だと機体が映えない。
いまから空を見上げて、エアフェスタの写真写りを心配している。
去年は土曜日の予行が晴れ、日曜日本番は曇りだった。

先週も、T−4練習機が9機で編隊飛行の練習したり、F-4が現れたり、
F-2がいつくるかと、ま、いろいろと盛り上げてくれるのだな。
スカッと晴れてほしい。

現時点での来週末は曇りの予報。
ま、今日だって3日前には雨予報だったから、わかりゃしない。
たのむわァ............ とうちの晴れおんなにいった。

パト最強晴れおんな大明神が、
わたしにおまかせぇ.................... というのだが、さて?
なんか、いまからわくわくするゥ。

金曜日にはブルーもくるからね。
ちょっと寒いのだが、窓をあけてあるよ。
飛行音をキャッチするためにね。カメラもスタンバイ。

 16b-07.jpg 16bb-09.jpg
 ↑ 去年のブルー

おひとりさま生活が5年くらい経ったころ、しみじみ感じたのだ。
人間って素晴らしい。生きるための順応が優れてるってね。
ぐーたらなオレが、とりあえずは生きているんだからな、って思った。

ま、オレにとって、食べるということは、
大袈裟にいえば、生きていくなかで、かなりのウエィトだった。
生きていく........... だなんていうと、切羽詰まって聞こえるかもしれない。

が、リタイア独居爺ィの人世でなにが愉しいかっていえば、
とりあえずは、食うことだかんな。
その食うことに、つくるって愉しみが加わっていったのだ。

人間ってのはなせばなる。
ていうか、やらなきゃしゃーないものはやる。
そういうふうにできている。

この順応ができなければ人間やめるしかない。
だから、そのギリギリでみんな立ち直る。
神さまは、そう造りたもうたのだ。

いま、パトさんが料理してくれる。
で、毎日のひとくち、ひとくちが美味いのだね。
あの8年余があったればこそだと思う。

 17108-a5.jpg

ご飯あとに、オレの定位置ソファーにだらりん寝そべって、
カメラの調整していたら、なんかしらん足の先が写ってたよ。
ここへどでんとしていると、ま、動かない。

あァ、めんどくせぇ........ って生活を8年もすると、
いつしかアバウトになってくるので、
意識してどこかにブレーカーを設定しないといけない。

いくら怠けもんの神さまと懇ろにしていても、
ずるずるべったりだと、アバウトに塗れてゴミ屋敷になりかねない。
ブレーキこしらえるのは、メンタルなほうの自意識なのだね。

怠けもんは怠けもんなり、ここまではって線を引かないと制御できない。
が、身体ってのは、そりゃァもう、すぐに慣れるんだ。
いい案配に身体の奥のほうの自衛本能が覚醒する。

1人になって最初の冬なんぞは悲惨だった。
夜中に布団が落っこちて、身体縮こまって震えて目が覚めた。
鼻ぐしゅぐしゅ風邪を何回も何回もひいて、めげていた。

これって「布団かけてくれる人がいない現象」だった。
布団が落っこちて、毛布の端っこにくるまって、
身体が冷え切ってから目が覚める。

自分の身体が反射して、自衛することに慣れていない。
それが2年目にはしっかりと身体が順応していた。
ま、たまーに喉が痛くなるくらいはあってもね。

甘ったれていられなければ、自分が強くなるものだ。
オレ、それに気がついて、
なるほど、人間ってたいしたもんだと、ひとり感心していた。

 161020-gp36_20171008100803430.jpg

そもそも人間には.......... というか,
生き物にはこういう能力が備わっているのだな。
いまどきは、便利さにかまけてそういう能力を退化させているだけ。

前にも書いたが、食品賞味期限に頼りきってしまい、
見た目や、ニオイや、舌先で、食べ物の安全度を知る能力も、
いつの間にか退化しているよね。

あれは、いうなれば業者のためのものだろ?
食べる側に、見分ける能力あれば、廃棄食物はもっと減る。
日本が廃棄する食料は世界一だそうな。

政府データによると、年間1900万トンの食品廃棄物が出ていて、
これは世界の7000万人が1年間食べていける量だというんだねぇ。
おカネにするとなんと11兆円だそうな。

で、まだ食べられるのに、消費期限切れで捨てられてしまうもの、
いわゆる食品ロスが500万トンから900万トンもあるらしい。
なにをか況んや。

うちのバァちゃんあたりは、ニオイかいでみて、ん?
なめてみて、舌先ピリッとくるが、これっくらいいいだろうと、
食べてもなんともなかった。ま、身体も順応していたんだ。

 161020-gp27_20171008102657e83.jpg

それはさておき、オレがそうだったように、
人は窮すれば、その能力をちょっとだけ復活させるんだ。
案ずることはない。

が、人間の適応能力は退化するのもはやいねぇ。
依存度だとか、意欲減退なんてものは、あっというまに元へ戻るゥ。
ほんとだよ。笑っちゃうよ。

どこかに潜んでいた「なにもしなくていい」ってのが、
すぐさま復活して、本来の怠けもんの、
なんてたって、ぐーたらが愉しいってのも加わってる

パトさんはパトさんで、
オレが「美味い........」っていう言葉が心地いいわけで、
しゃかりき頑張ってくれるから、オレのしゃしゃり出る幕はない。

これもまた、負のほうかもしれないが人間の適応能力。
いまある環境に自分を乗せて、毎日が愉しいよ......... って、
思わせていくテクニックなんだな。え、ものはいいようだって??

オレの扱いがパトさんもわかってきた。
これは亡き人とのはなし、
「来世であんたにであったら、また、一緒にいたい」

オレいつだったか、そういったんだな。
そうしたら、しばらく考えていて、
「ま、いいヮ」ってなんかなげやりな返事したんだね。

この、しばらく考えての間はなんだったろう。
こんなめんどくさい人なんて..........
そういう思いがちらァ................. と浮かんだんだなろうね、きっと。

パトさんにも聞いた。
即座に「もちろん、若いうちに会いたいねぇ」ってのも納得。
それも妥当な返事だな。

オレみたいなヘンジンを好いてくれたんだし、
オレの扱い方一切取説なくとも、できるだろうしね。
だからもう一度あんたでいい。オレの思いはこれだけれどね。

で、ありゃ.........
オレはどっちと会うんだろ、って、ちょっと戸惑った。
そうしたらね。

「来世ってね、記憶はリセットされるんだよ」
あ、そうなってるのか。待てよ?
それだったら前世の縁なんてわかりゃしないじゃないか。

なんだかねぇ。
あちらのことは、いってみなけりゃわからん。
いったら帰ってきた人はいないしィ。

お花畑歩いてたってのはよく聞くはなし。
死ぬ間際に苦痛を感じさせない物質が脳から大量にでるらしい。
お花畑はそのせいだっていうからね。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する