topimage

2017-05

女性は優しくなければいけない - 2017.05.20 Sat

二度寝したら9時だった。25℃だからTシャツでいい。
睡眠時間が7時間なのと9時間では、
起きてからの、ぼけぇぇ................. の度合いが違うのに気づいた。

7時にいっぺん起きてきた。
「はやいわよ、もう一度寝たら?」
そういわれて素直にベッドへ戻った。

睡眠9時間だと頭の隅のチリチリした部分がない。
いかにも寝足りたというか、ムリヤリ起きた感がないのだ。
寝坊助すてれんきょーは8時間以上眠らないとダメらしい。

 ima03_20170520094023149.jpg

夕方になって、オレ専用椅子とテーブルの搬入。
衝動買いだったが、ここへ落ち着いてみると、
「いいなァ」とパトさんがいう。

気に入るのがなによりだからね。
今日の昼間に炬燵をあげて、こっちへ移動。
ついでに書斎もちょっと模様替え。

もう1台のパソコンスペースをつくらねばならない。
狭くなってしまうので、そのまえに押し入れの片付けだな。
押し込んであるおひとりさま残滓をぜんぶ捨てる。

 ima04.jpg

自分のことを爺ィというけれど、これもまァ、間違いではなくなった。
60歳そこそこでも盛んに爺ィといったが、
あの頃は真性爺ィではないって思ってるからねぇ。

で、いまや本物の爺ィだから、実態ということが一致した。
ここにも、ひとつの往生があるのだな。
なんかしらん。まだ爺ィじゃねぇぞ......... が吹っ切れる。

まだ爺ィじゃねぇぞってときは、婆ァちゃんと手をつなぎはしない。
なーに1人でしゃかしゃか歩けるわい。
おまえの手助けなんぞいらん。

これがねぇ。
このあいだ腰を痛めてからは、すっと寄り添ってくれて、
それに躊躇いなく手を差し出すんだから........

 17519-f2.jpg

熟女という言葉がある。
それで、熟女とおばさんとどう違うんだ??
そんな疑問がふと浮かんのだ。

ブログのシニアカテゴリーでも、
ほぼ「おばさん」と自分のことをいってるからね。

検索してみた。
熟女っていうのは褒め言葉なんだそうな。
すると、おばさんってのは対極の意味になるんだろうな。

ま、自分で婆ァだとはいいたくないからおばさんという。
そこへゆくと爺ィは自分をおじさんとはいわない。
オレなんぞは、おのれの爺ィとしての仕上がりに満足だからね。

 17519-f1.jpg

ま、40歳代の男性のイメージは、
簡単にいっちまえば、女を感じられない年上の女性は、
みんなおばさんだということらしいよ。

で、オレくらいになるとそれなりの考えがある。
熟女のさらに、その上には熟々女があるわけだが、
点々とると、ほら「淑女」になるだろ。

淑女というイメージには、
素晴らしい女性がいらっしゃるんだな。
どなたがとはいわないけれど............

すくなくとも、そういうおかたは、
けっしてご自分のことを、「おばさん」とはおっしゃらない。
ね、そうだろ。

還暦すぎて、おばさんはないってオレは思ってる。
じゃァ、なんて呼ぶんだ??
それはむにゃむにゃ................ ご自分で模索なさいな。

どなたかが、こういってるよ。
「自分のことを女子と自称する女性は、まず熟女には入りませんね」
これとおんなじだぞ。

うちにいる人は「淑女」なんて柄じゃない。
爺ィに付き合ってくれる婆ァだけれど、
ま、オレみたいな、ええからべぇ爺ィにはお似合いだァね。

 17519-f4.jpg

いまは亡き、立川談志師匠はこういったそうな。
彼独特のいいまわしなんだね。
あの人の毒舌の根底には、いつも優しさがひそんでいた。

 おんなってぇのは、もともと強いんだ。
 だから、ことさら優しくするこたァない。

これは納得するよ。
女は強い。弱いようでいて強い。
いいかたわるいけれど、強かでもあるねぇ。

「男は優しくなければ 生きていく資格がない」
レイモンド・ チャンドラーというハードボイルド作家がこういった。
どこかのCMのキャッチになった。

ハードなタフガイの隠しもつ優しさに女性はイチコロんだな
やっぱりヒーローは松田優作で、
風吹ジュンがそれに惚れるおんな。

オレは愚図だから、
どちらかといえば母性本能くすぐるタイプでね。
大藪春彦のタフガイに憧れていても、ああはなれない。

ただし、いまだかつて女性に手をあげたことはない。
どんな状態であっても、
女性に暴力ふるうのはサイテイだと思ってる。

いまどきは女性がどんどん強くなる。
が、男を男とも思わぬように扱う女性は好きではないねぇ。
女性は優しくなければいけない。

だからこそ、男たるもの女性に優しくしなければならないのだが、
だからといって、いまどきの優しいだけっていう男も、
好きにはなれないのだねぇ。

それで、この年齢になるっていうと、
力が弱った爺ィがしやかりきってのも、みっともないと思うのだ。
年輪が感じられないとね。

ま、人世いろいろなれども、
いかに晩年を穏やかにすごすかっていうのは、
いろいろあった人世の総仕上げだからねぇ。

 一番幸せなのは、
 幸福なんて特別必要でないと悟ることです。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

   

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する