topimage

2017-04

挙げ句の果てはこうなった - 2017.04.01 Sat

どうやら昨夜来の はあがったが、曇ったまま。
なんともはっきりしないが、朝風呂入ったから、
ぼけぇぇ.......... もほんのすこし。

なんで朝風呂かというと、昨夜の炬燵で2人とも眠りこけてしまい、
ま、いいや、明日の朝で............... になってしまったからだ。
シャワーですますってのには、まだすこしはやい。

さっぱりしてどこかへゆきたいけれどねぇ。
そういえば、今日は焼津の姪御さんもくるのだが、
どうも天気がはっきりしないなァ。

曇りだけれど駅前のアクトタワーがはっきり見えている。
PM 2.5が雨で流されたかもしれない。
北側の里山は煙っているのだが、あれは雲か、霞みか。

 花冷えやコメ洗う水の冷たくて

なんていってたのだな。
炊事してると、水の冷たさで季節の推移がわかった。
いまは、おかげさまで.........

 いつの間にうとろうとろと春炬燵

 1741-a2.jpg

4月になった。亡き人の祥月命日がくる。
深くは考えない。未だに胸に隅が痛くなるからね。
春とはいえ、なんか小寒くて、それが心をも冷やすのだ。

で、桜がちらほら咲き始めたっていう。
墓参りに、3日の命日にゆくだろ。そのあとに浜松城まで歩くか?
いいね、いいね、パトさん喜んでるが、オレちょっと心配。

ま、成り行きだな。
まだ、桜も満開とはいえないだろうし.............
なんだ、なんだ。歩きたくないだけじゃん。

 1649-hc03_201704011024078ca.jpg
 
これは去年の4月9日の浜松城天守閣の桜。
ちょうどだな。その頃でいいか。
フラワーパークの桜とチューリップは欠かせないしね。

ゆくところはいっぱいある。
春は心の隅っこに悲しみがあるけれど、それを覆う愉しさがある。
それに救われるね。だから思いきり遊ぶ。

 気の迷い包み込んで春おぼろ

 1458-ue14.jpg

世間でバァちゃんッこを三文安いという。
で、オレは当人なんで、
なんでオレが三文安いのだ? との疑問を持ち続けてきた

おおかたの世間の見解は、甘やかされて躾ができていないとみるらしい。
これが、三文安の甘えん坊だというのだが、
バァちゃんっこがいっても説得力ないが、これは絶対に違うね。

そりゃァ考えが浅いんじゃないか.........
と、バァちゃんッこ本人が抵抗したってわかりっこない。
オイらの立場だと、周囲の思い過ごしが多分にあると考えてる。

オレはオレなり、幼いときから、
バァちゃんとの絆にずいぶんと葛藤してきた。
のほほん育ってきたあんたらには、まァ、気がつくめぇ....... ってね。

実は、母親と子供の間にはない絆が、
育てるバァちゃんにも、育てられるオレのほうにもあって、
それは「三文安」という単純さではない。

ま、理解してはもらえないだろうから、
これ以上はやめとく。
ただ、パトさんは見破ってるけれどね。

 1741-a1.jpg

オレはバァちゃんの大きなオッパイに、5歳までぶら下がっていた。
だから、三文どころか、一両くらい安いのかもしれない。
これがあるから母を知らずとも、素直に育ったのだともいえる。

「おまえ、おっぱいでるか?」
「大きなお世話だい」

母の愛は偉大だっていうよね。
な〜〜〜〜〜に祖母の愛もまた偉大なんだ。
ここには偉大なる母性にプラスして婆性があるゥ。

不憫な思いをさせてはならない。
自分が招いただけに、そう思う強い婆性があるんだ。
これがすなわち、バァちゃんの愛ってもの。

が、あるとき幼いながらも、気がつく。
これが世間の母親との関係ではないってね。
バァちゃんはバァちゃんであって、カァちゃんではないってね。

幼心に葛藤がわく。
他人よりはやく反抗期がくるのだ。
母の愛でのほほん育ったら、絶対に生まれてはこない感受性だろう。

すると、オレがぶら下がってたものはなんなんだ?
オッパイに対しての愛憎の坩堝にはまっていく。
これはお釈迦様でも気がつくめぇ................. だろうな。

 17331-a5.jpg

そういう感情はバァちゃんの側にもあるはず。たぶん。
この子を母から引き離した不憫さが、
バァちゃんの胸のなかには山のようにあるんだ。

だからねぇ。バァちゃんが思い余ってだろうな。
理不尽な叱られ方をした記憶がある。
「おまえなんかいらない」って放り出されて泣いたって...........

我が子への思いよりも強い。
なんとか埋めてやりたいという愛だよね。
母性と婆性あわせての愛情は、三文どころじゃない。

千両箱にも値する。
オレが、母は知らずともシアワセだったと思う所以だな。
ただし、我が儘は我が儘なのだ。

バァちゃんの葛藤が遺した愛の変形したもの。
これが三文安の正体かもしれない。
ただ単に、躾がなんてもんじゃない。深いんだな。

で、なんだりかんだりあって大人になった。
まずは、女性の好みが年上になった。
ま、これはバァちゃんっこの必然だと思うよ。

同世代のネーちゃんじゃモノ足りない。
もっと成熟したものを求める。
けれども、年下扱いされるのはイヤなんだな。

 「年上好きの男性の心理」 ←Click

ま、当たらずとも遠からず。
葛藤する分だけ精神年齢は高いかもしれない。
が、庇護して欲しい甘えももっている。

ま、簡単にいえばめんどくさいんだ。
だから、年上か、年上的な要素をもっていないと、
こんなヤツとは付き合いきれない。

それから、バァちゃんの大きなオッパイにぶら下がってたから、
巨乳好きになるかと思ったら、あにはからんや、
手のひらにすっぽりとおさまるような、ちっパイが好き。

でかっくて御しがたいのはイヤなんだろうね。
千両箱の愛のなかでもがいて葛藤していた三文安ごんべ、
どこでどう屈折してか、挙げ句の果てはこうなった。

つまり、三つ子の魂って一生を左右する。
ゆめゆめ疎かに考えてはならぬぞよ。ってことだが、
ま、ここへくるのは終着駅のちかい人ばかりか。

え、違う? ごめんね。
ほなあした..........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

   

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する