topimage

2019-06

あとで読むからね。よいしょーッと - 2019.06.18 Tue

いっぺん起きてきた、それで 時間聞いて また寝た。
眠れない、ま、いいか、と居間へゆく。
え? 9時40分じゃないか。

「さっき何時といった?」
「9時だよ」
オレが寝ぼけていたらしい。

居間側の窓もシートを張ってしまったから、空が見えない。
昨夜はストロベリームーンだっていうが、
見ることはできないから駐車場まで下りていった。

おペケは満月だから、財布もっていって、
いつも通りに、お月さんを中へ取り込むおまじないをする。
キレイなお月さんが出ていた。

ま、鬱陶しい。あと15日ほどの我慢。
工事は下塗りが終わって、本塗装にかかるところ。
足場が取れるのは、7月12日の予定。

 19618-a1.jpg
 ↑ ストロベリームーン

イカの塩辛が大好き。
とくに舞阪港の源馬の塩辛が好きだなァ。
いまは減塩しているからしかたがない。

毎晩ビール飲む頃は、ポテトチップスに、
源馬の塩辛ちょっとのせて、
おつまみに、これさえあれば365日でもよかった。

「塩辛くいてぇなー」といったらば、
おペケが仙台産の甘塩塩辛を買ってきてくれた。
しばらく食べてないから美味いのなんの。

 ←click

なんのなんの、なんのようこ。
「それくらいでやめにしてぇ.............. 」
過ぎたるはなんとやら。ハイ、やめましたァ。

 19618-f2.jpg

岩屋防衛大臣が官邸の反対を押し切って日韓防衛相会談を行った。
政府は時期尚早としていた。非公式会談を決心したのは誰か?
自民党の宇都議員が質問した。

これに対して「私が判断した」と岩屋防衛大臣は答えた。
これで、国防部長官とにこやかに握手する写真が出て、
韓国では政治的決着が図られたかのような報道がなされたのだ。

不注意だったという見識は? との宇都議員の問いに。
「全くございません」って、おいおい。
開いた口がふさがらないってこのこと。それ以上は書かない。

テレビも新聞も報道しない。
ネットがあるから、こういう報道がある。
ま、ほかにもあちらと親しい議員が蠢いているようだ。

アジア情勢は激変している。ほんと。
香港、尖閣、韓国の親北化等々、それを見ようともせず、
なにも変わらない国会議員は要らない。ほんとにそう思う。

 19618-f1.jpg

高齢者が事故を起こす。
「また高齢者が..............」と報道が見出しを立てる。
またもや高齢者がァ、と昨日も2件あった。

数字的にいったら、高齢者だけが突出して多いわけではない。
するとやほーNews あたりのコメ民が、
高齢者から運転免許を取り上げろ............ ってほざく。

ま、誰でも年取るこたァ逃げられんのだぞ、とオレが独り言いう。
「なんでいまは多いんだろ?」とおペケ。
「むかしの年寄りはでて歩かなかったからだ」とオレ。

出て行かざるを得ない理由が多いんだ。
そういう社会になっちまったんだ。
どこへいってもシニアばっかりだもんな。

ふたむかしまえの日本は働くことが美徳とされて、
老人ですら、せかせかと、どこへいくやら急いでたもんだ。
それが元気の証しだっていう迷信があったのかもしれない。

ちかごろだって、
体を動かすことが美徳であるという風潮すらある。
やれメタポだとか、大きなお世話だわィな。

 19618-ff1.jpg

いまもむかしも離合集散は人の世の常。
オレ、これはイヤってほど知ってる。
縁があって人は出会い、その縁が切れて離れてゆく。

(えにし) とはそういうもの。
いくつかの縁に恵まれ、
そしていまは、そっと離れて見守る人もいる。

オレねぇ、そういうものには淡々としている。
去る人追わず。それを貫く。
だって、しかたがない。そういうものだから......

人世には星の数ほどの出会いがあり、そして別離がある。
いつのまにか、そういうものだと、達観してしまったのかなァ。
とにかく、オレから後は追わない。

そりゃァ、その間際は、じたばたし、狼狽え、
なにかに縋り、泣き、笑い、いろいろあるのはいたしかたない。
それが生きてゆくってことであるからねぇ。

その試練で人は成長するんだ。
が、個々人がどんなに試練を経験し、学んでも、
それは、その人だけのもの。この世の試練は連綿と繰り返される。

人とはそういうもの。
このごろになってようやく、
わかってきたような気がしないでもない。←どっちだ?

 19618-ff1.jpg

令和の初日に写真館で撮った写真をおペケが観ている。
ず〜〜〜〜と観ている。
なにが、彼女の心の中を行き来するかはわからない。

わたしって、いざとなったら度胸があるのよ。
いつだったか、おペケがいった。
たしかに、ク○度胸の座った人ではある。

持ちマンションを売り、ここへきちゃうんだからね。
オレのために? いや、二人のために.......
ま、度胸は据わっている。

あとすこしで4年がが過ぎる。なんの違和感もない。
ま、ことさら、かまえることはないんだ。
支え合って、サードライフを生きてゆく。

愚痴をいいつつのシングルライフはたしかに暢気だった。
暢気でいいなァ、だれにも干渉されずゥ、ってのは、たしかにいった。
が、ほんとはやせ我慢でしかないからね。

あれま、いうこところっと違うじゃないか、ってか。
あのころからのリピーターさんに笑われるゥ。
でへぇぇ。って笑って誤魔化しておくか。

おペケとは、かれこれ6年になる。
その間は、彼女の存在は、ほんとこれっぽっちも、
おくびにもださなかった。

知っていたのは、
ともに辛いときを乗り越えてきたババフレさんだけ。
迎えるための環境を整える。これは、オレの当然の努めだ。

で、2人が腹を決めたGW過ぎ、
娘におそるおそる「こうしたい」と伝えた。
「あなたがいやならば、父は無理しない」という覚悟でね。

父と娘の絆は大切にしたい。これはオレのポリシー。
「わたしはいいよ」と娘が呆気なくいった。
これがなによりもうれしかった。

もう、隠すことはない。
ま、それなりの段取りはしたけれど、
二人の選択はなにも隠しておく必要はない。

それをみて、
それより2年前に再婚していたブロ友Kさんが、
カミングアウトした。思いがけない連鎖がうれしかった。

いっしょに暮らそうと決めてから1年がかかった。
オレたちには貴重な歳月だったが、無理したところはなにもない。
それが肝心なんだとおペケもわかってくれた。

オレ、愚図で、せっかちだけれど、肝心なところはしっかり固める。
ま、いちばんはおペケが、こんなめんどくさいヤツを、
理解してくれたからこそなのだけれどね。

おペケもたいしたもんだ。
よくぞ.........
あとで読むからね。よいしょーッと。アハ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

オヤジの背中が大きすぎたのだ - 2019.06.16 Sun

前の日に11時まで寝ていた反動で、眠くならない。
で、深夜1時半までなにやらと..........
そのわりに8時すぐに起きたから寝足りてはいるらしい。

足場のネット越しに見える空は青い。
梅雨の晴れ間だな。雨あがりの風がネットを揺らす。
気温は25.3℃、湿度84%。

「ちょうど眠るのにいい気温なのよ」
と、ここのところ朝が遅いおペケがいう。
うん、揃って寝坊助爺婆。

でもね。眠るは極楽。
眠っていられるものならば眠ればいいのだ。
存分眠って、起きたらきっとなにかいいことあるよ。

 70grande-004.jpg

カメラのストラップ選びで1日遊んだ。
マッチングのセンスだから、おペケの意見を参考にした。
なんかねぇ。もっともな意見で納得したり。

結局はシンプルイズベスト。
本革に鋲だとか一切ないのがいいと、これを選んだ。
カラーがグリージオという。

革製品小物メーカーのユリシーズの商品は高いが、
それだけのことはあるからね。
送料などで1万円をちょっと越えた。

おペケが「愉しいでしょ」という。
うん。愉しい。たまらなく愉しい。ほんとに。
遊ぶ道具をこうやって演出していく。

ストラップ選びだけで2日も遊んだ。
さて、次はなにして遊ぼ?
ノーテンキでいいな、と思うでしょ。そうなんだよね。

 19616-aa1.jpg

今現在のカウンターがこれ。
あと5000回転ちょっとで200万になる。
前回の100万回はNさんに「うなぎパイ」送ったんだな。

 c-1.jpg

そうすると100万hitが5年かかる。
たしか、このBlogの最初が2004年の10月1日だったから、
ここまでが15年か。

継続は力なり。
いつまでやれるかねぇ。
頑張ろう。とりあえず300万まで..........

 19616-f1.jpg

おとといが「なにもしないのがご馳走」の日だったから、
おペケがなにやら頑張っていた。
いい匂いがしてきた。ん? 煮物の匂いか。

塩分控えなさいとセンセはいうが、
薄塩でもうまく感じるってことは、要求してるんだな。
って、屁理屈だろうか?

 ←click 

久しぶりの赤魚の煮付けが美味かった。
マイワシも買ってあるからね。
あれのムニエルも楽しみだぞ。

たとえば、マイワシの素揚げに、甘酢のあんかけ。
たまにはオレの腕前みせるか。
って、くちだけぇ。

 19616-f3.jpg

ずいぶん前だけれどパソコンショップで、
背中にまわしたショルダーバックから見事な技で、
財布を抜き盗られたことがある。

レジへいって出そうとしてないわけだから、まず買い物できない。
それからカード会社への連絡がめんどっちィ。
幸いにも、まだ使われてはいなかったが、あれは泣きっ面に蜂。

それ以来、バッグは前か、脇におく。
財布は要るだけしかもっていかない。
それから、いちばん奥のジッパーの中に入れる。

オレ、むかしからバッグを買うのが好き。
いくつかあるのに、また欲しくなる人なのだ。
こういうところは、おペケもいっしょ。

ポイントがそこそこ貯まってきたしィ、とネットで見てた。
1枚革ショルダーが目について、いいな........... と思った。
歯医者さんで会った人が、いい色にこなれたショルダーもっていた。

見たものなんとか。
見たものが欲しくなるゥ。これはおペケといっしょ。
財布が温まる暇がないが、ま、もっていけるわけじゃなし。

それで、これとカメラストラップをみていたわけで、
これが今朝にはメールやらページアドでしつこい、しつこい。
どこのページへいってもでてくる。

これでもか、これでもかってね。
そういうシステムだからしかたがない。
いやならアドブロックを導入。

ヘソ曲がりの天の邪鬼には逆効果だけれど、
追っかけまわされて、ま、買っちゃうかって、
その気になる人が、1万人に1人いればアド効果はあるんだ。

それからまともな広告ならオプトアウトできる。
ちょっとめんどくさいけれど、
これをすれば、この広告の流れをシャットアウトできる。

 19616-f2.jpg

子は親の背中を見て育つ。
が、ある意味、子どもは勝手に育つものでもある。
オレたちはそうだった。

どこまでが親の責任なのかねぇ。
オレは、獅子のようになんべんも崖から落とされた。
おまえは跡継ぎだからといわれてね。

なんか理不尽だなと思いながらも従った。
けれども幸か不幸か、父親の会社を継ぐことはなかった。
オレが継ぐ前に倒産してしまったから..........

なんべんも崖から落ち、その度に谷底から這い上がってきた。
自分でしたことは自分で始末する。それを徹底して叩き込まれたのだ。
それだからこそ、自由におのれの将来を描き続けることができた。

それではそれで、シアワセだったと思うし、
自分の夢の実現ってものが、
並大抵ならぬ努力の向こうにあることも教えてくれた。

39歳で起業したとき、それを報告にゆくと、
わずかながらも出資をしてくれた。
要らないといったら、おまえの夢に加担したいといった。

3年経って、それを返しにいった。
いつになく酔いがはやく、
いつになく饒舌だったのを記憶している。

亡き人の父親も、まとまった額の出資をしてくれた。
これは、そのまま大事にしておき、
自分の初出版のときにお返しにいった。

すると、その本を30冊も買い、
「うちの婿が............ 」と親戚縁者に配ったと聞いた。
そのとき、オレの心のなかの氷河が溶けた。

若い頃は理由なき抵抗であった。
オレの行く手に立ちはだかっていた2人のオヤジの背中が、
大きすぎたのだ。ほんと。

両方のオヤジともに明治生まれの武骨な愛だった。
うちのオヤジは奔放な人だった。
オレにその血が流れている。感じたことはある。

そんなオレを包んでくれたのが亡き人だった。
余所の女性のところへは一度もいったことはなかったが、
暇があれば海へすっとんでいった。

が、これぽっちの文句もいわずにいかせてくれた。
オレを育んでくれた父親にも、オレを包んでくれたあの人にも、
大いなる感謝をしている。

母親にも感謝したいが、あまりにも接した時間が短かった。
そしていま、愛をそそいでくれるおペケにも感謝してる。
こうしてみると「ありがとう」っていわなきゃいけない人が多いな。

それってシアワセなことだと思う。
そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

オレの心が一人相撲する - 2019.06.15 Sat

ぼけぇぇ.................. として起きてきたのだよ。
「ハイ、こんにちは」とおペケがいった。ん??
もうお昼ですからね、ってなんぼ眠るん。

ほんとうに11時だった。
1時に寝た、だから10時間かァ、目が腐る。
「こんなに眠る爺ィさま知らん」って、ほんとや。

昨夜はねぇ。
いつもとちがって、夜中にカメラ弄ったり、
ネットでグッズを検索したり、深く、深く、楽しんでいた。

それで脳味噌疲れたんか。
やっぱり爺ィやん。
で、いまから朝昼かねてのご飯。

 19615-a2.jpg

それで、どういう風の吹きまわしかしらんが、
昨日の買い物についていったのだ。
最初にホームセンターで、洗剤やら、接着剤やら。

次に、お向かいのドラッグストアへいって、
おペケの化粧品やらなんやら、その次は隣のフードスーパー。
おなじ敷地だから便利ではある。

久しぶりについていったからね。
オレの好きなもの、次々とカゴへ放り込む。
で、最後はお決まりの弁当コーナーだよ。

 ←click 

それぞれ自分の好きなもの選んで、
今宵はおペケがなによりラクチン、手抜きのご馳走。
うん。鮭の西京漬焼きが美味かった。

 19615-a1.jpg

それで、カメラ店へ問い合わせていた下取り価格が出た。
カメラ一式2万円、レンズが1万円。
で、あと10万円はうちの財務相が決済してくれるそうな。

麻生財務相は、セメント会社の御曹司だから、
老後2000万円がどうのといっても庶民感覚はない。
あの発言は消費抑制効果があったという意見もあった。

つまり、40歳で貯金0だと、65歳までに2000万円貯めるには、
毎月6万以上貯蓄しないといけない計算になる。
これだと、キリキりツメツメ、消費抑制効果しかないだろが。

加えて、消費税あげるっていうから財布を紐は締める。
年寄りどころか、誰もがカネ使わんぞ。
消費低迷は当然のなりゆき。モノ買わん、景気は落ち込む。

役人以外に、メリットなんかあるのか。
それはさておき、うちの財務相も、
もと独身貴族ゆえみけっこうアマいのだ。

最初は月額お小遣いを半分にするといってが、
普段何にもつかうわけじゃなし、
いいわ、だしてあげるといいだして、おいおい大丈夫かぇ。

道楽の費用は自分の才覚でする。
これをオレは原則としてきたわけで、
これまでは、ずっとそうして通ってきた。

なにか欲しければバイトする。
いまは伝手がなくなってしまったが、オレのいたギョーカイは、
けっこういいバイト料くれたしね。

おひとりさまのときは1年に1度の自分へのご褒美。
これが女性の独身貴族ってどうだったんだろ?
普段はつつましくして、どかんと海外旅行へゆくとか。
 02_l.jpg 
で、このLimited カメラには手造り職人の技が入っていて、
奈良の墨の工房だとか、時計加工技術だとか、ウッド工房だとか。
関心のない人にはどうでもいいわけだが、とことん凝るからおもしろい。

だから、今月中は受注期間で、7月末が納期。
わくわくしながら待つわけだ。
昨夜は、ストラップに凝ってみようかと検索した。

手造り革製品というとイタリア。
これも受注生産なので、できあがりが7月。
実用と凝り具合と値段。この比較が愉しいねぇ。たまらん。

いま気になっているのが ↓ これ。
男のダンディって、さりげない粋だよね。
ま、持つ人のセンス。それを選ぶのが愉しいなァ。

 615_20190615134244505.jpg

「愉しく暮らしましょ」
これがおペケのくちぐせだ。
ま、それにこれッぽちも異存はない。

わくわくして暮らす。
これはおペケもオレもいっしょだね。
こういうのだ。

 あと何年もゴルフができるわけではない。
 今年と来年だと思っている。

せいぜい2回か3回、思いきりコースでプレーして、
もう、それでいいわ。というのにも異存はない。
それをかなえてあげたい。

オレも、今度でたぶんカメラ道楽も終わり、
あとは、2人で愉しく、そして慎ましく遊ぶ。
年齢に添った愉しさがあるはず。

 19615-a4.jpg

子供のときに「トムソーヤーの冒険」を読んでから、
ずっとマークトゥインさんが好き。
この小説家は、いいことってる、いい言葉を遺している。

 幻想をなくしてはいけない。
 もしなくしてしまったら、あなたは存在してはいても、
 生きるのをやめたも同然だ。

オレは幻想、妄想の好きな子供だった。
そのまんま大人になったかもしれない。
未だに、稚気痴気ばんばん、それほどの恥気はないからねぇ。

 私がこれまで思い悩んだことのうち、
 98パーセントは取り越し苦労だった。

これも、その通りだな。
一晩中まんじりもせず、悩みに悩んだって、
朝になって、窓から差す光りのなかではアホかって思う。

 19615-a3.jpg

猫舌猫体のオレだが、カフェイン にも弱い。
あ、まだある、女性に弱い、人情に弱いてのはおいといて、
亡き人にもおペケにもいわれるのだ

1杯で入れる珈琲はおいしくないのよ。
 あなたが飲めたらねぇ.......

朝だけ冷たい珈琲を飲む。
猫舌だから一年中が冷珈だよ。
1杯を3時間くらいかけて飲むんだな。

夜になって「たまには付き合うか」なんて飲んじゃうと、
オレの瞼に羊が10.000匹通過したって、
お目々ぱっちりで眠れやしない。

「てんちゃら.......」が終わりかけた、この時間になると、
居間からいい匂いがしてくる。
おペケの煎れる珈琲のねぇ。飲みたいなという気持ちにはなる。

けれども飲めない。
カフェインが過剰に入ると自律神経のバランスが崩れる。
どこかがチリチリして、ふらふら。

でねぇ、おひとりさまになっての当初は、
体の芯に残ったずたずたおんぼろろの疲れのまえに、
夜になって珈琲飲んだって、羊が10匹くらいで眠れた。

いま思えば、心身ともに尋常ではなかった。
心身ずたぼろ雑巾のオレに、カフェインも太刀打ちできなかったのだ。
やがて、どん底から這い出るとともにカフェインにも弱くなった。

おふたりさまも4年になる。
満たされているからこそ、
また、もっと満たされたいってのも出てくる。

一方で、いや、いや、この満足感でいいのだと、
オレの心が一人相撲する。
ま、煩悩に果てはないってことだな。

どうしたら愉しく生きられるか。
ときどきおペケの思うことを聞く。なるほどと思うこともある。
聞くというか、思いに向かい合うか、これだけだっていい。

そりゃァ違うよってこともある。
だが、それ以上は考えないことにする。
めんどくさいから、ぐ〜〜すか眠ってしまう。

朝になったら、新しいシアワセがあるかもしれない。
そう思えることはシアワセだっていう。
お気楽トンボだねぇ。ほんと。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

多少の摩擦はあって当たりまえ - 2019.06.13 Thu

昨夜から咳き込んでしまったので、薬を飲んで眠り、
目が醒めたら、お昼という久々の大々眠り。
なんと11時間も眠ってしまったよ。

おかげで鼻炎と喉の具合はいいのだが、
まだちょっと眠気が残っていて、なにもしたくない。
買い物にゆく約束だったが、おペケにごめんした。

彼女は、ではゴルフの練習に........... とでかけ、
あ、そうだ、「てんちゃら......... 」書かなくちゃ。
で、オレは書斎へ。

でねぇ。さっきtwitterみていたら、
【PENTAX KP J Limited】が受注発売だっていう。
え、え、え。 なになに。

 1%でも、 
 熱烈に支持して愛してくれるユーザーが存在してくれるのなら、
 その人たちのために造ろう。

 【J Limited】←click

いやァ 煽るねぇ。物欲Maxだどー。
思わず発注してしまうよ。これ。
わが家の財務相に相談した。はなしは簡単についた。注文する。

そのかわり、古いカメラ1台とレンズ3本を売る。
おいといてもしかたがない。資金の半分をつくる。 
なんか愉しくなってきたえぇ。

 jlimited.jpg

そりゃま、長いこと日本海と太平洋で暮らすと、
その「美味いもん」の基準がちょっと違う。
けれども.美味いものは美味い。

だから1度食べれば通じる。
その違和感だって、大袈裟にいえばこれまでの蓄積というか、
おのおのの食い物の歴史だからね。

それを足して2で割って近づけていくんだな。
で、おペケもいつの間にか、それが美味いという。
朱に交わればなんとやら、郷にはいらば郷に従えだな。

 ←click 

うまいもん、つくる。
それがおペケのシアワセだし、それがわかってるから、
オレも近頃はちょっとなァ...... と思うシーンでも「うまい」という。

おひとりさまのええからべぇ料理のカリカリ豚肉。
おペケがやってくれる。
それで美味いという。ゆえにオレも美味い。

 19613-f1.jpg

やや小寒いがTシャツ短パン。
女性だってミニスカでいるでしょ。
膝から下はそれほど寒さを感じないのは男もいっしょ。

オレの足は筋肉パンパンに張っている。
緩みはない。これだけが自慢だな、
けれども脚力は、残念ながらやや落ちたように思う。

歩いても、膝も痛くないし、腰が痛いと思うこともない。
何時間歩いても、もうダメってことはなかったが、
最近は、最後のダメ押しが利かなくなった。これは感じる。

おペケがジムへゆこうという。
オレが抵抗している。
いまさら、きつい思いをしなくてもいい。

オレは若いと長距離選手だったし、
ボクシングジムへもいった。
なんかストイックに鍛えるのは、もういいやって感じ。

昨夜も、咳き込んで、咳き込んで、
吐きそうになって、苦しくて、
噎せながら洗面所にいき、がらがらぺぇ。

隣のベッドのおペケは、われ関せずのぐーすかぴ。
いつになくよく眠っていたね。
ま、気付かねば、起こすこともない。

なんとか落ち着いた。
いてくれるだけでも安心ということはある。
そういうもんだねぇ。

 19613-f3.jpg

オレには、抗生物質後遺症の難聴があるわけだが、
こういうのは、耳鼻科のセンセもわからぬ三半規管の不調があって、
なんかの折りに目眩がしたりする。

2年前におペケがやったメニエル症候群で3回倒れているが、
これには起因があって、そのうち2回はとんでもない荒天に船に乗って、
けちょんぱんに船酔いしているのだ。よせばいいのにねぇ。

バランスをとろうとして頑張る三半規管を酷使して、
その挙げ句に異常を来すって具合。
ま、船酔いには、とことんどうしようもなく弱いのだ。

だから、子供のときに憧れた戦闘機のパイロットには、
到底なれなかったわけで、
もしも、あの試験に合格したとしても、挫折していた。

F-35Aの墜落について、航空自利隊は、
空間識失調が原因のひとつであるとした。
おペケが入院しているとき、遠州灘に墜落したUH-60Jもそう。

簡単にいえば、
パイロットが、今現在どの姿勢で飛んでいるのか、
わからなくなってしまう。

平衡感覚というもの。
あれほど鍛えたパイロットでも陥ってしまうのだ。
長年悩まされてきたオレの辛さもこれだが、理解されない。

 19613-f2.jpg

ぼっち遊びも9年近くもやったから、
一人ででかけるのに抵抗はなく、ラクチンなのがよかった。
まァ、それに慣れてしまっていたのだ。

初めのうちは、亡き人に手を合わせ、
遊びにいってくるからね、よかったら肩の上にのっておいで、
などといっていたものだ。

いまおペケとでかけるのも愉しい。
そりゃァま、1人より2人が愉しいのはあたりまえ。
肩の上にいるのか、いないのか、わからない人よりはねぇ。

浜名湖わたる大橋の上で、
「うわァ、うわァ、うわァ.........」なんて、
助手席で喜んでくれれば愉しくないわけがない。

そういうおペケに感謝している。
そーとナイショでいうけれど、亡き人にこうしてあげたかったが、
これからだから........... というとき病に倒れてしまった。

ずっと支えてくれた人に、
お返しをすることができなかった悔しさ。
それをずっと抱いている。

そういう思いを知ったうえで、
おペケが喜んでくれるのは、オレにはありがたい。
草葉の陰で喜んでくれているはず、とおペケがいってくれる。

最近、2人は喧嘩しない。喧嘩までいかなくなった。
オレとおペケのの想いやら、こだわりやらがいっぱいあって、
そういうのの擦り合わせがすんだのかもしれない。

そりゃァま、ここまで生きてくると、お互いにある。
で、そういうのを抑え込むのか、とことんわかり合うのかってこと。
あとのほうを選んだから、多少の摩擦はあって当たりまえ。

出し切っちゃったかどうかはわからないが、
あんまし擦り合わせしなくなったから、
おおかたはすんだんじゃないか、と思っている。

若い人ってのは、底がスタートで築いていくんだ。
それがめんどくさいって、おひとりさまが増えてるらしいが、
オレたちはお互いが築いたものの擦り合わせ。

物は断捨離した。
ただ、心の中に抱いている思いは簡単に捨てられない。
やっぱり3年はかかる。

今朝あたりも、ふと目覚めて、寝返りして、
隣のベッドをみた。いない。
さッ........ と全身の血が引いてゆく。

あの...................
ひとりぼっちになったときのトラウマが、
一瞬、フラッシュバック。

「どこいったァ..........」
「いるよ、もうお昼だよー」

で、行数埋まったかな、じゃ、このへんで。
ほなあした...............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

もっともっと優しくなるつもりではいる - 2019.06.12 Wed

外が見えない から玄関でて、あれぇ、晴れてるゥ。
え? 今月いっぱいこれなの。あ、鬱陶しい。
愚痴ってもしょうがないけれどね。

予報では今日明日は晴れだ。
週末はまた雨。
よし。紫陽花撮りにでもいってこようか。

気温25.4℃、湿度85%。
暑くもなし、寒くもなし。よく眠れること。
二度寝したら、9時半までぐっすりこんこん。

どっちかといえば小寒いから、エアコンも出番なし。 
なんたって、来月は7月。当地はお盆だからね。
そうそう、不動産屋といっしょに、ここを見にきたのが今頃だゎ。

カギ渡しが6月末だった。
なんか、イイ天気だったのを憶えている。
早いもんだねぇ。

 DSCN6627.jpg

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

これは、一世を風靡した俵万智さんの短歌。
しらべてみたら、これが1987年だったらしい。
忘れもしない。

1987年はわが弱小出版社の雑誌が創刊した年。
なんかの見出しで、サラダ記念日をパロった記憶がある。
遙かなるむかしになったねぇ。

で、7月10日におペケがここへ越してきた。
ゆえに、オレたちのは「くっつき記念日」でもある。
おペケの荷物がきたのが10日、オレのが15日。

あれからまるっと4年経ったんだねぇ。
おペケの料理も、オレのほうへ歩み寄ってくれて、
なんの不満もない。

 ←click 

で、キッチンからイイ匂いがしてきた。
この匂いははアレだな。
途端に腹が減ってきた。このところ腹減り。

アレってなに?
たいしたもんじゃない。
「ばんごはん」へひっぱってひっぱってという作戦なだけ。

 19612-ff2.jpg

先月は臨時収入もあってレンズ2本も買ったのだが、
まだ、ちょっとばかし財布の中身がァ..................
残っているから、amazonみたりしているのだ。

PENTAXのLimited lens 2本買って、
いまさらだが、写真の考え方が変わった。
なので、毎日、暇さえあればレンズのレポート読んでる。

この模索しているカメラグッズで、なにかを積極的に撮る。
そのアクションが刺激になればいいではないか。
ま、いつもの言い訳だけれどね。

この紫陽花は、お蔵入りさせたK-7で撮ったもの。
もう、この機種は10年になるのだねぇ。
ただ、フィルム時代からのロートルには捨てがたい。

コイツは名機でねぇ。
中古でみたら、さすがの名機も8年経つと25.000円なのだな。
そっち買おうか。いまさら? と迷っている。

ただの郷愁だけではないと思うが、
ガチガチのデジタル化に儚き抵抗するような、
そんな風情を感じるのだ。

いまオールドレンズに人気がある。
さきほど触れたデジタル化への抵抗というか、
そういう気持ちの表れなのだろうか。

 19612-ff3.jpg

ときおり、鍵コメで「おまえの主張は違うよ」だとか、
「その解釈はこうだよ」とかのご意見をいただく。
ほかのかたのご意見伺って、わがフリを糺せるのはありがたい。

物事はいいっ放しではいけない。
オレは、モノを書いていつもそう思う。
間違いは、間違いだから、素直に改めるべきだ。

 触れあいは
 ふれ愛
 相手を
 思んばかる
 ところに生じる

こういうご意見を誹謗中傷ととる向きもある。
どこまでを誹謗中傷とするかは、その人の心のゆとり次第。
心の置き場所次第ではないのか。

モノは書くけれど、
他人になにかいわれたくないとなれば、
誹謗中傷としてしまう範囲はぐっと広がるわけだ。

いまは少なくなったが、
まわりのブロガーたちとホンネで語ることがしょっちゅうあった。
これは自分を成長させる。

人世を語るにおいて、世代の隔たり、
あるいは男女の隔たりは、あるようでいてないものだ。
素直にそう思った。

自己を見詰め直すという意味では、
まわりに啓発されている部分がかなり多いといっていい。
人は自分だけでは生きられない。

 19612-ff1.jpg
 
とくに女性は、失礼ながら強い。
背負った人世のしがらみモノともせず、逞しく生きている。
男だなんて、カラ威張りだけで他愛のないものだと痛感した。

人という字の片一方、支えを失ったら狼狽えるだけ。
支え失って、地面に転がって、
やっと人世伴侶のありがたみがわかる。

のほほん亭主のそのまんま終われる人は、
そりゃ、シアワセもんだと思う。
ま、世間には、そのまんま終わる人もごまんといる。

 モノは考えよう
 あと20年生きるとしたら
 前向いていかないと
 自縛の底へ
 転がり落ちてしまう

カフカフ仲間の女性たちが、
ごんべよ、逞しく生きろ、この先ながいぞ、それゆけ、やれゆけ。
背中を押してくれたこともあって、いまのオレがある。

それぞれ落ち着いて、いまは現れもしないけれど、
感謝しているし、ぜんぶお見通しだから頭が上がらない。
ほんとにお世話になったのだ。

 おんなってぇのは、もともと強いんだ。
 だから、ことさら優しくするこたァない。

立川談志語録にこういうのがある。
彼独特のいいまわしなんだね。
あの人の毒舌の根底には、いつも優しさがひそんでいた。

だから、未だに慕う人が多いのだな。
志らくがなんぼイキがっても、こうはいかない。
生き様のちがいなんだろうか。

一方では、こういった人もある。
「優しくなければ 生きていく資格がない」
レイモンド・ チャンドラーというハードボイルド作家だ。

ハードなタフガイの隠しもつ優しさに女性はイチコロ。
やっぱりヒーローは松田優作で、風吹ジュンが惚れるおんな。
って、これは昭和ロマン。

オレは、どんなに女性が強くなっても、
男を男とも思わぬように扱う女性は好きではない。
女性は優しくなければいけない。

だからこそ、男たるもの女性に優しくいてもらうため、
優しくしなければならない。
が、いまどきの優しいだけっていう男も、好きにはなれないねぇ。

でねぇ。
念力ぬけて洟水垂らした男がしやかりきってのも、
みっともないよな。

なのでオイら、ただいま、ほどほどに順応中。
ときどき、つっかえ、つっかえしながら、
もっと、もっと、もっと優しくなるつもりではいる。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





 1日1枚アップ !!

Counter

  total

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル















ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する