topimage

2018-04

たまには言葉にしないといかん - 2018.04.19 Thu

イイ天気。今週中は 晴れが続く 予報。雨は来週。
今日は気温が上がるとか。まだ、それほどにない。
静かで空の雲も動かず、春ゥゥって感じはある。

今朝方、脹ら脛が攣りかけ、いて、いて、いてぇ........................ と、
助けを求め、なんとか激痛から逃れた。
何時? まだ5時だから...................... で3時間眠った。

ここ最近はならなかった。
朝方の冷えで血行が悪くなるのが一因とか、塩分不足とか。
高血糖値だとか。ま、これではないかな。

モグラ叩きだからね。
こっちを治療すれば、その薬であっちが痛くなる。
あっちの薬のめば、こっちが痛くなる。

まァ、膝が痛いだとかは一切いわないから、それでよし。
腰は要注意だけれどね。
春ゥゥ.................. だから、歩きにいってこようかぇ。

 18419-a1.jpg

バタバタとロクマルの飛行音がするので、
カメラもって30分ほど遊んできた。
UH-60J 救難ヘリ。

昨年は悲しい出来事があったが、ここのところ訓練再開。
新しいカメラとバズーカの相性がよくて、
瞬時に決まるフォーカスが気持ちがいいのだ。

で、ちかいうちに、カワセミデビューする。
楽しみだねぇ。わくわくするぞ。
カワセミはいま繁殖期らしく、出現がすくないらしい。

18419-w5.jpg 18419-w2.jpg

おいなりさん、好きなんだな。
おひとりさまのときは、よく食べてたね。
ワサビ茎の入った「ワサビいなり」が好きだった。

昨夜はおペケが「おいなりさん」つくった。
好物はいちばんさきに食べる。
あら、食感が違った。なにこれ??

 ←click

料理は趣味だっていう。
もっとレパートリーほしいと頑張ってる。
オレは完食でそれに応える。

 18419-aa1.jpg

twitterに本文「天候回復」だけであげたら、
なぜかしらんが、自動的に中国語翻訳がついた。
それで、こういう結果になった。

Could not translate Tweet⇒ ツイートを翻訳できなかったってぇ。
ま、自動翻訳っていうのは、どこかおかしくて、
通販などは、この商品はどこから? って目安になる。

てにをはが微妙におかしかったら、自動翻訳の可能性あり。
国内を装っていても、到着日が異様に遅かったら、
どこかの大陸からくる可能性は充分にある。

最近の大陸ものは品物もそれほど悪くはないが、
もしものクレームのとき、連絡がスムースでないこともあって要注意。
最近は韓国製がかなり減ったね。

ま、ほとんどが、maid in 東南アジア。
カメラだって、部品はそのあたりで、組み立てだけ国内だとか。
先日買ったK-70だって、maid in Vietnamだった。

 18419-w1.jpg

人ってのはそれぞれ自分が基準だから、
自分の都合のいいこというし、その年齢なりに感じたこという。
ま、それは当然で、他人がとやかくいうことはない。

ときどきブログのタイトルでみかけるけれど、
還暦超えたらさァ大変って、泥鰌がでてきてこんにちはってな、
大上段振りかぶりの大袈裟なお人。

それをはるかに超えた連中だっているわけだから、
その人からみたら、なにを洟垂れ小僧がァなんだけれど、
そんなもん、その歳になってみなければ、わかるもんかいな。

そりゃァま、還暦超えたらそれなりの加齢を感じる。
年金生活への不安もあろうし、
これが65歳は65歳なり、65歳超えたらまたまたそれなり。

そして、古希を超えてもおんなじこった。
たぶん、米寿になってもおんなじだろうともうよ。
そういうもんだわさ。

そりゃァま、そうだ。60歳はひとつの区切りだからね。
オイらは64歳まで現役だった。もっといてくれぇ....... といわれてた。
あの会社には古希を超えた先輩もおいでになった。

でも、どこかで限界は感じるんだ。
オレが育てたスタッフの能力が、自分に近づいてきたときとか。
それに対して自分の衰えを感じたときは決定的だな。

オレ、ええかっこしィだから、襤褸がでないうちにと退いた。
で、その日から自分が仕上げてきたモノを一切振り返らなかった。
彼らは彼らのポリシーでやればいい。

冷淡なほどにすっぱりと関わりを絶った。
未練の欠片もなかったのは、自分でも不思議なくらい。
オレの手を離れたら、そんなもん知ったことか。これだな。

 18419-w3.jpg

あ、加齢のはなしだったね。
オレは、自分の変換辞書から、この字句を削除したんだな。
加齢はいらない。オレたち、実は「華麗なる年代」なんだからね。

 華麗とは?
 はなやかで美しいこと。はでやかな こと。
 また、そのさま。

おまえねぇ。
浮いたか提灯でいいねぇ。憂いはないのか?
ないねぇ。おかげさまでぇ。

誰かさんにいわれたけれど、
そんな憂いなんてものは、自分から招きこむんだな。
ないと思えばないッ。

浮いたか提灯けっこう。
けっこう、けっこう、こけこっこっこう。
けっこう毛だらけ、猫灰だらけ。

あんまり言い過ぎると、なにかのときに、
それみたことかといわれるから、これ以上はやめとくけどね。
ま、要は気持ちの持ちようでってことだな。

人の世なんて上を見ればキリがない。
下を見たってしょーがない。
自分の日々を存分に生きればそれでよし。

気持ちが華やかならばオッケィじゃないか。
そうだ、そうだ。っておペケがいってるからね。
ぞれで万事よし。

 人生って難しいねぇ。
 たしかに..,...... 
 もういいよ、といったって、まだ続いているしィ。

 人世って深いねぇ。
 たしかに........ 
 この期に及んでも、底がまったくみえやしないしィ。

これは、オイら語録だけれど、わが敬愛する開高健さんは、
人生で一番難しいことはなんですか、と問われて、
「人生、人生そのもの」と答えられている。

 人を愛すること 愛されること、
 そのどちらも、同じくらい難しい。
 愛することの質、量とも、同じように難しい。
 なかなかできない。

この言葉を、かれこれ30年も心の隅においてきた。
いかに己がシアワセであるために生きるか、
これを思ってきた。

オレがシアワセだと思わなければ、
パートナーをシアワセにできるわけがない。
不器用なオレがいった。

 傍にいてくれてよかったと思うよ。

おペケの顔がぱっと輝いた。
たまには言葉にしないといかん。
テレくさいけれどね。

そそうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

 

がちゃ割れの鍋にできすぎ閉じ蓋 - 2018.04.17 Tue

曇りだ。夜になって雨、明日の昼まで降るらしい。
暗いのは鬱陶しいけれどしかたがない。
今朝も早起きだよ。どうして??

だいたい12時までは、なんだかんだしているが、
昨夜はそれまでもたなかった。
パソコンデスクで知らない間に項垂れてた。

晩ご飯食べてから、
おペケのパソコンへセキュリティソフト入れ、
それがよさそうだから、自分のMacにもインストール。

アンインストールするのに簡単になった。
長押しするとアプリが震え、そこで X 押すだけ。
ま、これでセキュリティはより安心になった。

知らない間に入り込むマルウエアの阻止と、広告カットのアドブロ。
できれば、不要なもの掃除するクリーンソフト。
まァ、この3つをクリアしておけば、通常は安心できる。

それが終わったら眠くなって、
マウス握ったまま、うとろうとろ。
こりゃいかんと、ベッドへいってバタンキュ。

 18417-r1.jpg
 ↑ 姪御さんのおみやげ

11時に、おペケがいそいそと出かけていった。
それで、テレビのまえで、いい気持ちで眠ってると電話で、
「いまから帰るゥ、ご飯買っていっていい?」というのが4時。

電車で1時間ほどの焼津市に、彼女の姪御さんがいる。
駅で出会ってお昼をいっしょして、デパートへいき、
普段用のショルダーがくたびれたからと買い、ついでに弁当。

2人で帰ってきて、おペケの着られなくなった衣装を、
1袋もらって姪御さんが帰った。
半日いないわけだが、たまには独りも暢気でいいわぇ。

たしか、4、5日まえにも??
デパートへいったような気がするけどねぇ。アハ。
ま、いいやな。

 ←click

なので、またまたデパ地下弁当だけれど、こういうのが好き。
おひとりさま9年間の1/5くらいは弁当で、
生きてきたっていうと、大袈裟か?? だからね、手抜きも歓迎。

昨年暮れの弱ったおペケなんてみたくない。
オイら放っておいてでてゆける元気溌剌の復活がいいねぇ。
これでないと、おペケがおペケらしくない。

 18417-a3.jpg

内弟子と写真撮りにゆくようになって愉しい。
好奇心もてぇ......... とオレがいうものだから、足が遅いのだ。
なにかをいっしょうけんめい探してる。

これはこれでいいのだが、せっかちお師匠はイライラ。
で、早くおいで........... とはいわない。
ベンチで休んで座って待っている。目を摘んじゃいけない。

すると、たま〜〜〜に、
せっかちオイらの見つけられなかったもの撮ってくる。
その場ではいわない。なんか意地悪が芽生えた。

ときにオレが悔しがるのをニヤニヤ笑ってるゥ。
実は、これが大切なんだ。
おなじもの撮ったってしかたがない、って感情の芽生え。

ときにオレが本気で悔しがる。
ときには悔しがったフリをしてみせる。
これが彼女の感性を磨くんだな。

 18417-a1.jpg

今朝も台所にいて、スズメの「チュン、チュン」を聞き、
「スズメ鳴いてるよー」とオイらを呼んだ。
どれどれとカメラもってゆき、電線で遊ぶスズメを撮ってきた。

普段から、こういう目でいること。
これが大事なんだな。
写真っていう目でみることがね。

いまの内弟子は、
おッ!! っていいときと、なんだこれ? のときの落差が激しい。
本人も、ロケーションがいいと、構図を見つけやすいといってる。

当然だね。
ともすればイージーになりかねないのだが、
ちょっとだけ、日常視角から換えてみる努力を忘れないってこと。

ま、なんだかんだいっても、所詮は自己満足のアマチュア写真。
それでも果てはない。努力するのみ。
その努力結果の感想を伝えながら、内弟子を褒めてあげる。

オレもひそかに内弟子からも学んでいるんだし、
感性はそれぞれ違うのだから、ハッとすることもあるんだ。
ありがとうな、弟子になってくれて。おかげで愉しい。

 18417-a2.jpg

楽観主義のオレは、多少は悩むこともあるけれど、
最後は「なるようにしかならん」そう思って、
ちゃんちゃんでおしまい。

オレの人世、それで通ってきちゃったから、
いつでもええからべぇ。
なるようになると、楽観しているゆえ大胆なことする。

大胆にでても、なんとかなると思って、なんとかなる。
傍からみたらいい気なもんだ。
これを楽天主義というか、イイ加減というか。

早いもんで、ここへパトさんが越してきて、3年。
で、そのことは、ええからべぇじゃない。
根まわしに1年かけた。

妹がいつだったかいってくれた。
「おペケさんが、きてくれてよかったァ...........」
してやったり。ま、そういうことは地道に根固めする。

自分のことは、ええからべぇでもいい。
が、おペケが居心地いい環境をつくっておくのはオレの役割。
そりゃァあたりまえ。

それが一周まわって、これから先の、オレのラクチンに繋がる。
この算盤勘定だけしとけばいい。
オレの人世においては、それほど特別のことではない。

決断したら、あんまり深くは考えない。
まァ、なるようにしかならん。
オレの運がまだあったなら、なんとかなっていくべ。

家康公は岐路に立ったときこういった。
天が余を必要とするならば、生かすであろう。
わが行いが、民のためになるか、世のためになるかは天がこころ。

これが心底にあれば天が判断する。
「厭離穢土 欣求浄土」
若き日の家康公が大樹寺和尚に諭された言葉だ。

オイらがごときが、そんな大それたことは思わないけれど、
このはなし、オレがためにならねば、どこかで詰まる。
成り行き進むならば、それはオレが定めだってね。

そう思うことにしている。
相手のあることは、あまりええからべぇでも困る。
ところが類は共を呼ぶっていう。

そこはそれ、まァ、よくしたもんで、
これまたけっこう大胆な生き方してきたおペケと、
これまた出会うんだから、ええからべぇ人世もおもしろい。

まァ、わりと奔放にも生きてきたから、
オレたちの晩年にはふさわしいかもしれないな。
割れ鍋に綴じ蓋とはよくいったもの。

オレはがちゃ割れの鍋。
もったいないくらいの蓋ではあるけれど、
それがシアワセと感じてくれたなら、それだけでいい。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

 

ストレス溜めちゃいけない - 2018.04.16 Mon

穏やかな 朝だ。雲は多いが明るい。
荒れた週末だったから、ホッとする。
案外と寒い。窓開けたら太股が冷えて冷たくなった。

ぼけぇぇ................................ と30分ほど。
今朝はなんの刺激もないから、このまま眠ってしまいそう。
なにも浮かんでこない。

早寝したから早く起きてきたが、ぼけぇぇ................. が長いな。
カラスが騒ぐ。あ、そうだ。ゴミの日だ。
よく知ってるねぇ。アンテナの上から集積所うかがってる。

 18416-a1.jpg

ここのところ基地が静かだな。
年度替わりで訓練プログラムが変わるのかしらん。
エンジンふかす音が聞こえない。

今年の「エアフェスタ浜松 2018」は11月25日と遅いんだな。
ブルーインパルスのスケジュールも発表された。
家中の窓開放では寒いぞ。

今年はバズーカレンズも買ったし、対応カメラも買った。
撮影態勢は万全。
昨年の天候は最悪。今年はいい天気にしたいねぇ。

 18416-s1.jpg

昨夜のボクシング、あと味悪し。
比嘉の敗戦はあきらかに具志堅会長の管理ミス。
16戦無敗王者であっても、前回の試合から2ヶ月しかない。

減量に失敗して、日本人選手初の重量オーバーやらかし、
モチベーション最悪だし、試合はしたものの、
コーナへ戻って座れないほどの疲労困憊だった。

以前、辰吉選手がいってたが、座ったらもう立てないって状態だな。
ま、1年間くらいの活動停止処分はあるだろうから、
この間に気持ちを立て直して、階級上げての復帰を待ちたい。

具志堅に次ぐ沖縄の逸材には違いないのだから、捲土重来に期待。
どうも具志堅さんは、自分の頃の価値観を押しつけてはいないか。
あれほどストイックでなくてもいい気がする。

それにしても、昨夜あたりはWタイトルマッチだったのだから、
TV的にどうしても比嘉戦をしなければならなかったわけでもない。
あんなにダメージを負う試合をしなればならなかったのか?

これはネリの重量オーバーでも問題になったこと。
違約金払ってでも、試合を中止とすべきではないのか。
あと味が悪いというのは、このあたり。

次の試合の村田戦は、おペケパソコンの迷惑ソフト削除しながらで、
あまりみていなかったが、KOで決着ついてよかった。
最強王者ゴロフキンとの挑戦に言及したが、実現すれば応援したい。

 18416-s2.jpg

その迷惑ソフトなのだが、Microsoftの更新を装って、
インストールさせようとするわけで、おペケは有料? で気付いた。
それをアンインストールするわけだが、Macひと筋のオレにはわからん。

で、手順を検索しつつ、アンインストールした。
Google choromeを使ってほしいのだが、
慣れているIEのほうがいいという。困ったもんだ。

 Boost PC pro 2018 ←要注意  [関連記事]←click

 18416-s4.jpg

宅急便で、中国からのお土産が届いた。
カシミアのスカーフとマフラーとお茶が3つ。
そのむかし、中国からの留学生をおペケが面倒みたそうな。

で、時代はめぐって、その娘さんが日本へ留学したのだね。
なので、今回は会えないけれど、
お土産を送りますとの電話がきて、品物がさっき届いた。

なんかうれしそうだな。
情けは人のためならず。日本のママは面倒見がいいからねぇ。
そのうち、母娘で訪ねてくれるという。楽しみにしている。

 18416-aa3.jpg

姪御さんと駅で会うとかで、おペケがでかけた。
ま、別にどーてことはない。
どこへでもお行き、ってオイら寛大だからね。

おなじ県内の姪御さんが、ときどききてくれて、
ストレス発散させてくれる。ありがたいことで...........
ちょっとおしゃれして街中へでてゆく。女性には必要なこと。

 ←click

「いっしょにゆく?」
「ゆかない........」

おペケにはストレス発散でも、オレにはフラストレーション。
ついてゆくほど野暮じゃない。
家でカメラいじっていたほうがいいね。アハ。

 18415-f4.jpg

ストレスってのは溜めちゃいけない。
これでGW終わって、五月病の季節だよね。
研修のなんのと慌ただしく4月を過ぎ、連休終えたらぼけぇぇ........

これに限らず、なんとかロスってのはいろいろとある。
世のおとーさんたちのリタイアロスってのは、
本人気付いてなくてもあるんだな。

これはねぇ。
それを迎えるカミさんにもあるらしい。
オレは64歳まで会社へいってたのだが、それでもねぇ。

 あのうるさいのがねぇ。
 毎日いるんだよ。
 ほんと、いやんなっちゃう........

まさか、こんな本音を聞くとは思わなかったのでショック受けた。
でも、亭主元気で留守がいいだし、
だいたいが1ヶ月に3日ほどほどしか帰ってこない人だった。

それが毎日いるとなると「いやんなっちゃう........」のもわからんでもない。
これに、これこれの退職金持ってきただろうが。
なんの文句があるゥなんて、いばられたら最悪だよな。

リタイアロスってのは、双方にあるようだ。
オイらの場合は「大腸過敏趣症候群」になった。
なにかというとお腹が痛くなる、これに悩やまされた。

つまりは、自律神経失調症なのだが、
自律神経を司るのは腸なのだそうで、これが失調を来す。
それでレントゲンでブレて写るくらいに激しく蠕動していた。

腸自体が傷めないために水分を分泌するんだそうな。
それが溜まると激しい腹痛と便意に襲われる。
これってねぇ。たまらないよ。外へゆくとなるんだからね。

リタイアして、遊ぶことが愉しくてたまらないのに、これだった。
なんでぇな、遊んでてストレスか?
仕事人間がすべてを開放したのに、こんなになるなんて...........

大学病院で診てもらった。
それまで張り詰めていた支えがなくなって、逆のストレスを抱え込んだのだ。
人間のメカニズムってデリケートだね。

3年も苦しんで、最後は友人の鍼灸院に相談して治るきっかけをつかんだ。
それからしばらくは忘れていたんだ。
が、あの人が倒れたとき、もう腸を絞り出すようなこれに一夜中襲われた。

あれはオレの崩壊の始まりだった。
いまはほとんどないが、ときおり、思い出したように単発的症状が出る。
ストレス溜めちゃいけないね。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

 

誤魔化し上手は世渡り上手 - 2018.04.13 Fri

イイ天気だァ。新しいカメラ でどこかいってこよう。
書斎で20℃。寒くもなし。アツくもなし。
前日の午後に発注したカメラが10時に届いた。さっそく開箱。

おペケも覗き込んで箱を開ける。
ま、外観的には、まえのK-S2と似たようなもの。
S2はレンズ1本つけて11万円台だった。これは54600円。

コストパフォーマンスは充分。
電池が互換性あったから、すぐに外向けてシャッター押す。
速い、かなり合焦は速い。

このカメラ仕様の電磁シャッターレンズだったら、
どれだけ速いかと思ってしまう。次のターゲットは決まった。
500mmバズカーが使えたし、これも合焦が速い。

パソコンへ取り込んで画質みる。S2より確実に進歩している。
いやァ、S2ってなんだった? というくらい。
とりあえずは、手持ちレンズは使えた。

バラを撮ってみると、花片の質感がでてイイ雰囲気。
けれども傷みかけた変色まで捉えてしまい、
困ったな、こりゃァ。

 18412-01.jpg 18412-02.jpg

 18412-03.jpg 18412-04.jpg

るんるんして遊んでたら、
おペケが「いってきていい?」という。
「どこへ?」

「デパートへいってきたい」
そういえばしばらくいってないな。
ちょっとストレス溜まってきたかな、と空気は読んでいた。

「いいよ、いっといで........」
敵もさるもの。オイらがるんるんのところへいうんだからね。
ダメぇ、というわけがない。

「お気に入りのお皿を割ってしまった、アレがほしい」
「なんでもイイから買っておいで.........」
女性はあれでストレス解消になるんだからねぇ。
 
 ←click

お昼すぎにでていって「いまから帰る」って電話が5時。
20分ほどして大きな袋3つもって帰ってきた。
あれま、いっぱい買ってぇ。

「欲しかった黄色のお皿があったのよ」
「それだけじゃないだろ?」
ワイドパンツがでてきた。これだけ??

なので、夕餉は「デパ地下弁当」だった。
色とりどりで美味かった。
おペケにも、オイらにも、いい1日だったな。

 18413-aa1.jpg 18413-aa2.jpg
 ↑ K-70 試し撮り

過去ログみてたら、この写真がでてきた。
大根と豆腐で味噌田楽をつくってるからねぇ。
オレって凄い。天才かァ。っていってるよ、臆面もなくゥ。

 オレがつくって、
 オレが食う。
 田楽だけに手前味噌。
 自己満しなきゃ、
 やってらんねぇ。アハ。

な〜〜んちゃってねぇ。
この味噌は、古刹方広寺門前で買ってきた、五平餅の甘い味噌。
なんか食いたくなったね。

 r001.jpg

去年の紅葉は、直虎ブームで混むからっていかなかった。
おペケがいきたいね、っていう。
味噌と厚揚げ買いにいってこようか。

門前に豆腐屋さんがあって、
ここのレトロな厚揚げが、昭和そのままの道具での手造り。
売り切れでなかったら、おから1袋のおまけ付き。

あそこの新緑もよかったね。
羅漢坂の木漏れ日のなかにいると、心が洗われるような気がする。
いきたいな。K-70もってぇ。

 18413-a8_201804130914155c7.jpg
 ↑夜景 試し撮り

少年法を云々するつもりはない。
けれども、先輩を射殺した巡査 (19) に理不尽を感じる。
名前を報道しないことに......... ではないよ。

そういう保護しなければならない年代の者にだね。
拳銃を持たせるってことに......... なのだ。
先輩の指導に「もうムリ」といって撃ったとか。

なんか、やりきれないもの感じるのはオレだけか?
五月病というのがあるよね。
新しい職場についてGW終わると、いきたくないっていう。

うちの下孫は、この春に某大企業傘下の会社に就職した。
幹部候補生として、親会社の現場から実習だそうな。
オイらのDNAが濃いから、頑張ると思う。

 18313-aa4_201804130956543d6.jpg

誰でもそうなんだと思う。
ほんと、人の心には、2つも、3つも、
ひょっとしたら、もっと多くの自分がいるんだ。

別に多重人格だなんて引っ張りださなくてもね。
それを、怠けもんの神さんだの、
居眠り妖怪でぃだのとたとえているだけのこと。

人間の心なんて妖怪屋敷。
物欲の妖怪、悲しみの妖怪、寂しがらせの妖怪などなど。
数えあげたらいくつもの妖怪が、このオレのなかにも棲んでいる。

オイらは、あの狼狽のなかでそれを自覚した。
「わたしにはいない」っていい切れる人がいるだろうか。
これは、自分のなかの、また違う自分。

ちょっと隙を見せるとね。
それぞれ担当の妖怪が、へ、まいど、おおきに...............
そういって、しゃしゃり出てくるんだねぇ。

以前は、そんなにテレビを観るヤツではなかった。
が、いまはよく観るねぇ。
だいたいはお笑い番組観て、たいしておかしくもないのに笑ってる。

以前は深夜までテレビを観ていて、
疲れ果ててベッドへ転がり込んだのだ。
あれは余分なことを考えない、という逃避だった。

いま、テレビはうとろうとろと眠りに引き込まれるためにある。
適当な音があるから眠れるのだ。
そのときに気を利かしてテレビ切ってごらんな。

観てたのニィ。
そういって目を醒ますからねぇ。
眠ってたクセにね。

人は誰もが心に穴ぼこもっていると思う。
深いか浅いかの違いはあってもね。
それを、どう、誤魔化すか。人それぞれの方法がある。

誤魔化し上手は世渡り上手。
妖怪屋敷は、心のからくり、夢芝居。
え、わけわからん? 書いた本人もわからん。

そんなイイ加減な、とおっしゃいますな。
ここまできたからには、なにごとも夢芝居。
ま、ええからべぇがよろしいようで.............

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

 

なんか付録がいっぱいついていた - 2018.04.09 Mon

春寒や、ってあとがでてこないが、寒いんだな。
書斎で17.2℃だから、エアコンまわってる。
ぼけぇぇ.............................. と起きてきた。

「ニュースだよッ」とおペケがいう。
大谷選手が12奪三振ってすげぇーな、いっぺんに目が醒めた。
まさにスーパースター。ケガしないように頑張ってぇ。

それで居間に座っちゃったから、小一時間テレビ観てしまった。
炬燵といっしょ、エアコンはいってるとアツい、消すと寒い。
どうすりゃいいのさ思案橋な季節。

  ←click

めでたくもありめでたくもなし。
誕生日なんてのは、ここまでくると冥土の旅の一里塚。
夕餉は料亭のデリバリ仕出し弁当だった。

ま、おペケにも、なんにもせんでええディ.......... ってのを、
つくってあげて、ちょっとだけビール飲むっていう、
ささやかな夕餉なんだな。誕生日だってもこれで充分だ。

オレ、この前いつビール飲んだかな?
美味かったの、なんの。毎日飲みたくなっちゃう。
ダメ、ダメぇ。プリン体はダメ。

以前、センセに聞いたんだ。
「70%カットのビールなら飲んでも??」ってね。
そうしたら「30 %でも残ってる」って非情な答えであった。

以来控えているから普段は飲みたいとは思わない。
でも、たまに飲むと美味くてたまらない。
ま、がまん、がまん、がまん。三度も書いちゃったァ。

 1849-rr2.jpg

3年くらいだと思うが、お寺の隣に住んだことがある。
小学校2年から6年までだから、わんぱく小僧のまっ盛りに、
あの家に住んだのは、オレにとってすばらしいこと。

だってね、東に1段西に2段の大きな畑があって、裏は竹藪だし、遊び放題。
あ、書きたいのはそれじゃなかった。
その隣の寺でオイらの誕生日には「花祭り」をやるんだ。

本堂のまえにお釈迦さまをおき、
杓で甘茶をかけるという花祭りがあって、一緒にゆくガキ仲間に、
おまえの誕生日いいよな....... といわれた憶えがある。

お釈迦様は七歩あゆんで右手で天をさし、左手で地を挿して、
天上天下唯我独尊といったそうだが、
オレ、同じ日に生まれたけれど、ま、煩悩多き只のひと。

この日に生まれたから賢くなくちゃいけないと、
バァちゃんにプレッシャーかけられてからは、余所へいって、
お釈迦さまと生まれた日がおんなじなんて、絶対にいわなかった。

あの甘茶なるもの、甘味料のすくない時代にあっても、
独特の甘みで、あまり美味しいとは思わなかった。
ググってみたら、アマチャやアマチャヅルを煎じたものらしい。

うん、たしかに、そんな味だったなァ。
お釈迦さまに頭をぺこりと一つ下げ、和尚さまに甘茶をいただく。
素直だったよね、むかしの子供っていうのはね。

1847-f3.jpg

オレの誕生日っていうのは、亡き人の命日の直後だから、
花散る季節ってのは、ずっと悲しみの連鎖だった。
あの人が倒れた時間を1人で越すことができなかった時期もある。

skype仲間がビデオ通信で誕生日宴会やってくれ、
オイらのそんな日をいっしょに過ごしてくれたのだ。
やさしい仲間たちだったねぇ。

で、いまは、おペケがいるから思い出しても、
胸がキュンと締め付けられることはない。
そのときどき支えてくださる人がいる。ありがたいことだ。

 音もなく花散る朝やはしづま忌  ごんべ

1849-rr1.jpg

いくつになったかって??
アハ。さっき足の指と手の指ぜんぶ使って............
って、このネタは昨日使っちゃったな。

 ごんべ爺ィの誕生日なり花祭  ごんべ

幼いころ、わが家の祝い事は、いつでも「ちらし寿司」だった。
バァちゃんが大きな寿司桶で白いご飯を冷やす。
それをわくわくしながら見てるんだ。

「ほら、ぼけぇとしてないで、これで煽ってぇ..........」
て、大きな渋団扇を渡されるゥ。
そのうち金糸玉子とおぼろが乗ってぇ.......... なつかし。

おひとりさまの頃の8日の過去ログ見たら、
なになに? ちらし寿司と、カツオの刺身と、アサリ鍋と、
缶ビール1本か。あら、やってるじゃん。

  春宵にほろ酔いなり誕生日  ごんべ

1848-f2.jpg

そのむかし、うちの横を走っていた軽便機関車は、
雨が降ると車輪が滑るから、線路に砂を撒いて坂を登っていった。
もう、半世紀以上も前の光景だけれど、音が記憶に残っている。

その線路跡の遊歩道がいまの住処の横にある。
なんか、それを思うと始めと終わりがつながるのだ。
オイらも、辛くなると、余計に頑張りたくなるへそ曲がり。

 ときどき
 押しつぶされそうになる
 なにもしたくなくなる
 なんだ坂、こんな坂
 踏ん張るけれど
 ちかごろ馬力がへってきたから
 車輪が滑る

4月の寒さってイヤだな。
なぜかセンチメンタルになる。
この寒さが心へ隙間風を吹き込むんだな。

オレは、ゆえあって バァちゃんに育てられた。
その、猫っかわいがりしてくれるバァちゃんが、
オレのカァちゃんじゃないって、いくつのときかに気がついた。

幼子が感じ取るんだ。子供って親が思うより賢いもの。
そういう微妙な感情ももっているもの。
そのときから、母恋しという感情をずっと背負いつづけている。

だからね、オレはどんなことがあっても、
自分の子供にはオレとおなじ思いはさせない、と誓ったのは当然。
それをまっとうした。それをオレ自身が誇りに思っている。

親の都合は、子供の都合ではない。
親の都合を、子供に一生背負わせてはいけない。
こんなのあたりまえ。

それで、おペケのことを娘にいうときも、ヘンにこだわっていた。
「あんたがイヤならよすよ」とアラフィの娘にいった。
「私は別にかまわないよ」とあっけない返事だった。

その瞬間に、オレが背負っていたものが消えた。
けっこう重かったんだな。
でも、貫いてよかったという自己満足はある。

いわゆる熟年といわれる年代は、まさに人世の熟すとき。
それまで、夫も妻も頑張ってきて、
それを爛熟させる年代というか、時期だと思う。

しかるに、その人世の爛熟期を、ほんのすこししか、
味わえなかったオレはというか、味あわせられなかったオレは、
先立たれた寂寥感に、なんか付録がいっぱいついていた。

考えてみると、幼いときからの寂寥感もそこに混じっていて、
伴侶失って「なんだ、またかよ..........」っていう、
またしてもオレに与えられた試練に、理不尽なものさえ感じてた。

オイらの好き放題を支援してくれた伴侶への感謝と、
さァ、これから返そうという気持ちの不発が、ぼっちの寂しさを、
倍増させて、ただただ悔しいって思ったのだ。

おペケは、そんなややこしいヤツのところへきてくれた。
オレのそういう面倒くさいところを、すんなりと、許容してくれた。
ほんとうにありがたいと思う。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する