topimage

2018-02

ここいらへんで口にチャック - 2018.02.20 Tue

珍しく7時台に起きてきた。カメラリュックも準備OK.
天気予報が昨日より4℃温かくなるというから、
「それじゃァ、いかずにィ.......」ってことになったのだ。

目的は地は、春を探しに浜松フラワーパークへ。
いよいよ梅から河津桜へと、早春の絶好機となってきた。
家にすくんじゃいられない。

昨年は22日にフラワーパーク。2日にしだれ梅にいっている。
その2日に花川添いの河津桜満開だったし、
今日いってみれば寒さの影響もわかると思う。

 18220-a01.jpg

例年だと1月に一度行って、2月の梅の盛りにもう一度ゆくのだが、
なにせ寒過ぎたからねぇ。本年初となった。
ゆえに、前の晩に「てんちゃら............」を半分やっつけておいた。

  ←click

晩ご飯食べながらおペケがいった。
「なんで痩せないんだろうね、食べないのにィ」
なにもしてないけれど、それほど食べるわけじゃない。

おひとりさまのときより5kg over。
理由はちゃんとあるよ。その原因はおペケにもある。
その誘惑に乗っちゃうオレもオレだけれどさ。

昨日も買い物行ってきて、いった。
「チョコ買ってきた。食べる?」
お茶いれるね、っていわれると食べないわけにもいかねぇ。

要するに、おぺけが甘やかして、オレが甘えきってるんだな。
ま、せめても、チョコ3つのうち1つ戻した。
もはや、ダイエットだなんて、頭のどこにもないけれど、ま、いいじゃん。

「ローストビーフだから............」
なんかいつもより美味かった。ビーフも野菜もぜんぶ食べた。
食うもの我慢して、ぎすぎすしてるよりはニコニコがいいさ。

 18220-a2.jpg

いまオリンピックの陰で下火になっているが大相撲の件。
オレは暇人だから、タブレットでもニュース覗いてるわけだが、
いわゆるネット民って、真っ昼間でもコメ入れてるんだな。

そういう人たちってなに? いつも疑問に思う。
新しいニュースには間髪入れずに、コメントが入る。
で、あの人たちが世間の意見を代弁しているとは思わないね。

ネットでよく見かける言葉に「吐く」がある。
キモ過ぎて吐きそうだとか。
ま、子供を育てた大人ならば、そこは先刻ご承知。

お子ちゃまは、なにかと「吐く」んだ。
それが子供の体調変化の警告アラームでもあった。
それから長文が読めないって、頭の容量も少ないのか??

そのいわずもがなの幼児性? だったら、
吐かなくなってから、世間へモノ申したらどうだ って思う。
もっともニュース制作者だって、PV稼ぎの虚仮威しタイトルだけど。

なんでもいいからPVほしい。
こういう形でできた騒ぎなんて、けっして世論じゃない。
メディアがダメになったという。その通り。劣化甚だしい。

よってたかって、チョロチョロの火に油を注ぐ。
キリッと抑える言論がない。
ゆえに、だんだんと自分の周りが狭くなってゆく。

 18115-f3.jpg

終盤になって、遠州灘のメッコが採れているそうな。
あ、うなぎの稚魚のこと。
厳寒期から早春にかけて、遠州灘の波打ち際にたって網ですくうのだ。

台湾でも採れているというので、まだ採捕数が伸びそうだっていう。
すこしばかり採れても、うな重が安くなるわけじゃないが、
採れないと嘆くよりはいいニュースだな。

うなぎは絶滅危惧種だっていうけれど、ほんとのところはわからないのだ。
なにせ、昭和30年代になって、やっと産卵場所がわかったくらい。
オイらが子供の頃は、あの小川で一生過ごすと思ってた。

で、絶滅危機で捕獲制限したけれど、
各国ともに成魚利かず、絶滅に向かうんだって新聞記事を読んだ。
中国あたりに養殖のノウハウ教えて、自分の首締めたのは誰れだぇ??

そういやァ、うな重、しばらく食べてないねぇ。
なんぼ浜松でも、いまどきのうな重はちょいとって食いにはいけない。
うなぎの消費量日本一ではあるけれどね。

あのグルメレポーターって、なんとならんのか。
常套文句の「やわらかーーい」だの、「香ばしいィ...........」だのいうけれど、
ありゃひとつも伝わっちゃこない。

なんやらかんやらの屁理屈はいらん。
普通に食べて、普通にじんわりとシアワセ感わいてきて、
それが美味いっていうものなのだ。

食レポにも、たまに「なんだかな.............」て思う。
フツーってのに対しての、「なんだかな........」だから、
つまりは、フツゥ......... じゃないってところのニュアンスだな。

オレのいうことも、なんか屁理屈っぽいな。
オレね、いま日村さんのレポ好きだな。
ほんとうに美味そうに食べるよ。25日は静岡県熱海だよー。

 「バナナマンのせっかくグルメ」←click

 18115-f1.jpg

オイらのおひとりさまの最後のほうで、
電子レンジの ターンテーブルが、冬になるとまわりたがらなかった。
でね、手でまわして、弾みつけるとイヤイヤながらもまわった。

それが温かくなってくると、、イヤよイヤよとごねなくなる。
それが水道の水の温度と連動していたりして、おもしろかった。
にわか主夫でも台所に立つと、いろいろと季節の推移を感じたものだった。

電子レンジなくちゃ、食いしん坊ごんべ大いに困るのだが、
弾みつければ、まわるんだから、ま、いいやねって。
そうしたらいわれた。ババフレンドたちにね。

「カメラだの、レンズだのったら、ほいほい買うくせして、
 電子レンジくらい文句いってないで買ったらどう??」

ま、おっしゃる通りで...................
にわか主夫との感覚の間には、ビミョーな違いがあったらしく、
動けばいいじゃん。っていってるうちに完全に回転しなくなった。

で、温まるからいいじゃん。と、いって、とうとう愛想つかし。
基本的にアクティブ爺ィならばいいわけで、
カメラは、めんどくさがりごんべを動かす原動力なんでね。

新しいもの、手に入れて外へ飛び出してゆく。
電子レンジが新しくなっても、オイらが外へゆくとは思わない。
と、まァ、勝手なこといってたなァ。

それで、最初におペケと大型家電にいったとき、
ターンテーブルがしっかりとまわる電子レンジを買った。
だから、今年の極寒でもまわってるよ。

Blogでもそうだけれど、他人の不幸は蜜の味という。
それから、物見高いはどの世界でもいっしょ。
なんだ、なんだ、なんだって、すぐにアクセス増える。

電子レンジまわっているが、「てんちゃら.......」のアクセスは減ってる。
いい傾向だなと思うのだ。なんかあって、わっせわっせではしかたがない。
しょーもない、と愛想尽かしくらいでいいではないか。

いつもオレは思ってる。
シアワセってヤツは、自分がシアワセだって思えばシアワセなのだから、
いま、オレはこんなにシアワセなんだって、思ったほうが勝ち。

要はシアワセのスケールの問題で、上をみたらキリがない。
かといって下をみる必要はない。
ちっちゃなシアワセでいいと思えばいっぱいある。

おペケと顔見合わせて、にぃ........ と笑うだけでいい。
とりあえず今日もシアワセなんだって、思えればいい。
電子レンジのターンテーブルが、気持ちよくまわっているだけでもいい。

で、Bliogでも、おペケとの間でもそうだけれど、
あんまり立派なこといっちゃうと、あとがたいへんだからね。
ここいらへんで口にチャック。

え〜〜〜と行数はと?? だいたい足りたな。
それでは、張り切っていってくる。
ほなあした......................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

それなりにシアワセであればいい - 2018.02.18 Sun

薄青の空に 幾筋かの飛行機雲ができては崩れる。
つられてカメラもって外に出た。お、さぶゥ。
部屋のなかは、新しいエアコンが効いて温かいが、外は寒かった。

冷えているから、里山から南ア前衛までの山が見える。
冴えさえの富士山が、その左側にあるはずだが、
ちょうどその位置に高校の校舎があって見えないのが残念。

ここはいろいろな意味で気に入っているのだが、
富士山が校舎の影なのが唯一の不満。
お城の天守へ上がらないと見えないからねぇ。

 18218-a1.jpg

羽生選手の金メダルと宇野選手の銀を見ていた。
フィギアスケートファン歴は長いというおペケが狂喜感涙していた。
娘は行動するファンで、この2人はマニアックな話で盛り上がる。

 「羽生選手 NHK実況」 ←click

そうしたら、将棋の羽生竜王が若きエースの藤井聡太五段に負けて、
手が震えたってニュースが入った。 
中学生で六段だからねぇ。こっちも凄い。

スケートの羽生 (はにゅう) が勝って、
将棋の羽生 (はぶ) が負けた。
あ、ややこし。

終わったタイミングで、すぐ下の妹から電話。
「テレビ見ていて遅くなったけれど、いまからお邪魔するね」
で、おペケが頂き物して喜んだ。

  ←click

遠州の切り干し大根が美味しかったと絶賛したものだから、
4袋ももらっちゃって大喜び。切り干し大根は遠州の空っ風がうんだ味覚。
オイらは、これが子供のときから苦手でねぇ。

バァちゃん料理で育ったから、こればっかり。
子供が好きな味覚じゃないもんな。
食べおうせないから「郷里へ送ってあげようかしらん」ってペケ子。

 18217-f2.jpg

さっきの富士山が見えないって話の続き。
ここにたどり着く前に、わりといい物件があったのだ。
5階でベランダが2方にある、気持ちよさそうな部屋があった。

オレは意地っぱりのへそ曲がりだし、閉所恐怖症だし、
ちょいデブだし、弱点だらけのいいとこないヤツだけれど、
高いところは平気で好きなんだな。

このマンションは市街地を見下ろせる崖の上だし、
高いところ好きにはいいなァと思った。
富士山も見えるし、海まで見える。が、あることに気付いた。

5階ってことはエレベーターなんだな。怖いんだな。
強度の閉所恐怖症のオレには、
1人でエレベーター乗るなんて拷問みたいなもんだ。

それで断念したが、いまでも、あそこに未練がある。
おペケはここが大好き。こんないいところはないという。
ま、それでいい。

 1728-ff24.jpg

昨日も午後からは強烈な空っ風になった。
日が差しこむソファーで、ぼけぇぇ................ と外を見ていた。
カラスの群れが塒へ帰ろうとするが、強風で進まない。

風が息ついた合間に必死にまえへ進む。
風上へ向かうボートのようにジグザクに進んでゆく。
頑張れや、と温々の部屋でエール送った。

「さっきなんかいったか」とおペケに聞いた。
ちかごろすぐに忘れる。おペケもなんだったか忘れていた。
「回線つながってからでいいよ」

あとで思いだすこともある。
まァ、オレたちには、差し迫ってすることもないから、
めんどうだからあとまわし............. ですませられる。

「そのうち、生きてるのがめんどくさくなるかな」
「でもね、死んでしまおうってのもめんどくさいよ」
「なんにしてもめんどうだから、もうすこし適当でいくか」

罰当たりな会話だ。
差し迫って2人にいうことはない。
カラスほどでなくていい。ちょっとだけがんばろ。

 1728-ff17_201802181058587bd.jpg

妹と旦那さまが小一時間寄っていってくれた。
で、妹がエアコンの温気を避けるのだ。
おっと、温気ムンムンがキライなのは、わが家のDNAらしいぞ。

「このころ、旦那さまがやさしいのですよ」とおペケがいう。
そうなのだ、オレは近頃やさしい。
ほんとは、オレってやさしい人なんだ。

「私のいうことはなんにも聞いてくれなかった」
とうけれど、そうじゃないんだな。
3年経って、この家庭の経済などの見通しがわかったからだ。

いつも書くけれど、若いときのようには突っ走れない。
見極めて、抑えるべきは抑えるのがオレの思惑。
パートナーが突っ走る性格だから、ひと言いってスタートを抑えただけだ。

高齢者破産が話題になって久しい。
なぜ、順風満帆の生活を送っていたはずの家庭が破産してしまうのか。
停年まえの40代、50代は人世のピークなんだな。

それは経済的にもいちばんのてっぺんにいるわけだ。
家も建てたし、子供達も大学だした。
なにひとつ、破綻する理由なんぞないように思う。

長く務めたサラリーマンであれば、それなりの退職金もあるはず。
ある記事は、そこに潜むリスクを指摘していた。
順風満帆であったからこそ、人はてっぺんの生活を続けたがるものだ。

が、なんらかのアクシデントがあれば、
その生活は一変しかねない。
そこに現代社会のリスクが潜んでいる。

たとえば、どちらかの病気であったり、
住宅ローンの片棒を任せた息子の会社の倒産であったり、
なにかのアクシデントがあれば、たちまち貯蓄を切り崩すハメになる。

そんなことが??
誰しも思うのだが、誰にもないとはいえない。
それにちかいことを、オレは亡き妻の病気で経験したのだからね。

切り崩しはじめた蓄えの減るスピードたるや新幹線並み。
オレが、この家庭の運営を慎重にみていたのは、その経験による。
で、優しくなったかはわからない。

見通しはついた。
だから、おペケの要望も聞いてあげられるようになっただけなのだ。
ま、人世はいろいろ、家庭の形もいろいろ。

こればっかりは「めんどくさい」とはいってられない。
するべきことはする。
男は考えておくべきことは、黙って考えている。

所詮感じるシアワセの形もろいろ。
他人のことは他人のこと。
オレはオレたちが、それなりにシアワセであればいいわけだ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

思わず「せんべい」じゃないんだからって - 2018.02.17 Sat

空の南半分 は曇り、北から晴れてきている。
ぼけぇぇ......................... と起きて、歯ブラシ持ったら、
右肩がグキッとなって、いてててぇ................. もったもの落とした。

なんとまァ、五十肩かしらん?? オレって若いねぇ。
なんて悠長なことはいってられない。右手があがらないよ。
いてぇぇ、というのが聞こえて、おペケがとんできた。

「なんかする?」
「どうにもならんよ」

珈琲カップは?? もてた。上へ揚げなきゃいい。
え、これじゃカメラもてないじゃないか。
「お〜〜い、湿布貼ってぇ..............」

なぜか、この家には湿布薬がたくさんある。
あそこが痛いといってもらい、こっちが痛いといってもらう。
あ、オレじゃないよ おペケだよ。

キーボードはたたける。
とりあえず「てんちゃら.........」はなんとかなる。
トホホホスタートの日だな。

 18217-a1.jpg

それで、昨日なんかやったかな。
考えてみたって、な〜〜〜〜〜んもしなかった。
おペケはATM いったり、化粧品買ったり、昨日も大忙し。

帰りにガソリンスタンド寄って、注油して、洗車して、
2時間あまりで帰ってきた。ごくろうさん。
洗車機は乗ったままなので、おペケの担当になっている。

閉所恐怖症のオレにはブラシのトンネルは苦手なのでねぇ。
「このまえ、いつガソリン入れたっけ??」
「たぶん、入院するまえ..........」

「え、半年まえかァ」
このハイブリッド車はよく走る。
60km巡航では電気で走るから、燃費はすこぶるいい。

急なアクセル踏み込みはエンジンストップ。
追突防止がある。バックはカメラで確認できる。
ま、人の衰えは、こういう車でカバーしないとね。

 1728-fp25.jpg

今日の写真は、昨年の2月8日に浜松フラワーパークで撮影。
来週は、温かい日にひとっ走りいこうか、と決めている。
梅は見頃だと思うよ。

いまの時期の浜松フラワーパークは入園料500円。
で、買い物券500円をもらえる。
実質0円なわけだが園内で、その500円を使うから売店が忙しい。

いつもはそれで、大温室の売店で軽食とったりする。
花鉢買ったりして、結局は財布からお足し。
500円が得なのかどうかわからないシステムだな。

ま、理事長の企画勝ちってことだろうね。
梅と菜の花とチューリップ、早春を愉しんでこよう。
そのまえに、五十肩治さないとカメラもてない。

でも、湿布貼るとスヤスヤはたしかに気持ちいいけれど、
あれってけっこう寒いんだな。
アハ、どうする??

1728-ff01.jpg
 ↑ 浜松フラワーパークの菜の花畑

そーらでた。「五輪の陰で暴虐的な慣習」って。
韓国の犬肉を食べる文化を欧米メディアが批判だそうな。
オリンピックにかこつけて、絶対出ると思ったニュースだな、

まったくもって大きなお世話だ。
他国の食文化に、自分の国のスタンダードを押し付けないでほしい。
そりゃァま、犬は食べたくはないけれど、それは韓国の決めること。

若い人たちはペットとしての犬が普通になってきていて、
犬を食べる習慣はなくなってきているという。それでいいではないか。
欧米の食文化がけっして人類のスタンダードではない。

犬が可愛いから??
子牛だって、子羊だって、フォアグラのアヒルだって可愛いよ。
ま、そういうことだ。

自分たちの食文化はよくて、他国の文化を否定するなんて、
わざわざ、その国へきて、ダブスタでデモンストレーションする。
大きなお世話だね。ほんと。

 1728-fp10.jpg

昨夜もネットの裏道歩いていたら、ウイルス詐欺のページを踏んだ。
「あなたのアクセスしたページには3つのウイルスが........」
という警告ページがでる例のあれだね。

で、ウイルス感知ソフトは無言。
コイツのやり方は、こんな文言で脅してソフトを買わせる。
だから無視すればいい。だいたいは、ほかのページへゆける。

希に、そのページから抜け出せない仕掛もあるが、そんなときは強制終了。
そこに記載されたURLを踏まず、無視すればいいわけで、
もしも、これが表示されても脅威はないから知らんぷりでいい。

あるSNSで「パソコンお助けコミュ」をやっていたことがる。
そこで知ったのだが、案外と大胆なのがおばさまたち。
なんで、こんなの踏んじゃうの? てのがよくあったのだなァ。

よからぬところへ足踏みいれなければ踏まないようなもの。
あらァ、あなたもオスキだったのね......... というような。
つまりは、好奇心旺盛で、こういうお人はオイら好きだけれどね。

 1728-ff36_201802171032238c0.jpg

オイらが Gombessaというハンドルネーム名乗ったのは、
たぶん2002年頃だと思うが定かではない。
そのまえはshionagimaru だった。これはマイボートの船名。

もともとはCD無線のハンドルネームで、
浜名湖へ夜釣りに行って仲間たちと情報交信したり、
R1を走るトラックと交信していたのだ。

船名フルだと長いので、いつしかmaru さんになった。
で、Gombessaっていうハンネはカメラをはじめてからだ。
無線とネットを分けたかったのか。

Gombessaとは、生きてる化石シーラカンスが、
初めて捕獲されたコモロ島伝の現地名だった。
日本では、末広恭雄博士が捕獲して持ち帰っている。

オレはね。
それが油壺水族館で展示されたとき、3日続けて見にいった。
好きだったねぇ。あの鰭とも足ともつかぬものをもった姿がね。

その後に末広博士の娘さんが、
「ゴンベッサよ、永遠に」という本を書かれた。
このあたりでmaruからGombessaになったような気がする。

twitterでは、オイらが世界でいちばん早く名乗ったらしい。
twitter やSkype や Googleネームなどで、
後の人が使えなくて悔しがるってメールがきたりした。

全世界にはシーラカンス・ファンがけっこういるもんだね。
Gombessa girlというアメリカの女子高校生から、
ダイレクトメッセージがきたのだ。

翻訳したら、
先にとられてくやしいわ、あなたはシアワセなのよ...... ってね。
しばらくメール交換していておもしろかった。

そのあとも、
twitterで Gombessa japan ていう人にメッセもらったし、
Gombessa2というおかたもあった。

そうか、このハンネに誇りに思っていいんだな。
そう思うごんべでありましたァ。
で、Gombessa と書くにはスペルがめんどうだから、便宜上は「ごんべ」。

だから「ごんべがタネ撒きゃカラスがほじる」の、
権兵衛ではないので念のため。
ま、どっちでもいい。たいした問題じゃない。

ときどき「ごんべい」って「い」がついてるときがある。
思わず「せんべい」じゃないんだから......... とツッコミいれるが、
ま、どっちでもいい。

てなわけで、スケートのフリーみようか。
ほなあした...............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

とにかくもったいないと思うよ - 2018.02.15 Thu

空は明るい ミルク色だ。予報では午後から晴れ。
なんか、暖かい朝だよ。二度寝したら9時40分起床。
なんと9時間あまり眠って、ぼけぇぇ................... から醒めない。

しばらくそのまま。
あ、いそがしいのだ、今日も。こうしちゃいられない。
薬がないから、とりあえず隣のセンセだった。

ペケ子が入院した病院の最終検診を終え、
完治です.............. といわれて爽やかに帰ってきた。
突発性難聴、なぜか静岡県に多いらしく特定疾患になっている。

完治する訳ではないから、兆候に気を付けて暮らさなければいけない。
このはなし、「あら、私もやったのよ」とよく聞くのだ。
アラフォーあたりでもなるらしいから要注意だね。

突然に耳が聞こえなくなる。目眩がする。吐き気がする。
躊躇することなく、救急車を依頼したほうがいい。
聴力は48時間すぎると回復しないことがあるらしいからね。

 18215-a4.jpg

で、ペケ子待望の全自動食器洗い器の設置が終わった。
水道を接続しなけらばいけないし、コンセントもいるから、
ちょっとした工事だった。

「ちょっとみてぇ...........」というから見にいった。でぇ。
「あんたらしくないね」
そう、かなりのスペースをあけたから、小物類が散らかっている。

「だからホームセンターへいってくれる?」
「ありゃァ................」
どういうのがいいか、ネットで下調べした。

「ステンレスの.............................」とかなんとか。
ハイ、ハイ。
今日もなんだりかんだり忙しそうだよ。

  ←click

おペケが病院の帰りにスーパーへ寄って、
バレンタインのチョコを3つだけ買ってきてくれた。
要らないとはいったが、義理もなにもほかにくれる人はないもんな。

1829-mk57.jpg

カーリング観ていた。あれ、けっこうおもしろい。
で、不思議に思った。あの靴は滑っているがエッジがあるわけじゃない。
どうなってるんだろ? 調べてみた。

利き足で蹴るから反対の足の靴底にテフロンの板が張ってあるそうな。
なるほどね。そういえば重心をそっちへ乗せている。
滑っちゃまずいときはカバーをするんだっていう。

今度そういうつもりでみてみよう。
カーリングってのは、駆け引きの妙だな。
あれは、おはじきだよ。相手を弾いて自分の石を残す。

そういえば、オレはスキーはやらなかった。
ウインタースポーツは、スピードスケートだった。
というのも、あの当時は富士五湖の山中湖も精進湖も完全凍結した。

広々とした自然のなかで思い切り滑るってのが愉しかったな。
スポーツ店の夜行バスが何台もでたのだ。その添乗お兄さんのバイトしてた。
で、女子高生にモテたってなしはおいといて................

 1829-mk60.jpg

なんだりかんだり、いろんな意味で、
平昌オリンピックが盛り上がっているではないか。
テレビもネットもオリンピック一色って感じがいいなァ。

スポーツ紙のメダル届かずとかの見出しはイヤミだけれど、
線湯たちは、あの過酷な強風や寒さの環境のなかで、
頑張っているのだから、素直に応援してあげたいと思う。

なによりもオリンピックのおかげで、
例の貴乃花親方問題がまったくでないのがいいねぇ。
このまま、あのはなしは消えてくれたっていい。

どこの世界に、その体制のなかにいながらして、
ルール無視のああいう手段で体制批判をする人があろうか。
やりかたに違和感がある。

あれでは駄々っ子でしかない。
それから立川志らくっていう噺家は、貴乃花親方擁護で喝采を得たが
最後に揺らいで、ホンネがでて、「なんだィ、便乗かぇ」って。

あそこまでするならば、出ていって自分の思いを築けばいいのだ。
ま、それがニュースにでてこないのがいい。
人の噂も七十五日、ま、世間はすぐに忘れるからさ。

 1829-mk59.jpg

そのむかしの 八百屋ってのは、屋号を書いた前掛けして、
「大根安いよォ.............」などと、
おやっさんが威勢のいい呼び込みしていたもんだな。

魚屋だって、店先に新鮮な魚が並んでいて、
「今朝の仕入れだよ、活きがいいよ」って、
ねじり鉢巻きのおっちゃんが、その場でおろしてくれたんだ。

こういう街の八百屋さんも魚屋さんも、
なにが看板かっていやァ、これすなわち世間の「信用」だった。
あそこのものは安心して食べられる。これがなによりのウリだった。

「ちょいと、ちょいと、聞いてよ。
 こないだ買った八百ごんのキュウリ傷んでたよ」
井戸端会議でこんなこといわれたら、瞬く間に間に広がって商売あがったり。

けれども、この「信用」がウリの個人の店は、
大きなスーパーに飲み込まれて次々と店仕舞いしてしまった。
それから小規模のスーパーもおなじ運命にあった。

まだ、この界隈は家が密集しているので、こうした小売り店がある。
でも、その店のクオリティだすためか、高級化の傾向がある。
吟味したものをおく。それなりに高いってことだな。

だから、どうかというと、
普段はスーパ−でパックもの買うのはいたしかたないのだな。
で、さっきの信用の問題だよね。

こりゃ大丈夫かいな、とパックひっくり返していちいち能書き読み、
買い手が判断する世のなかにあいなった。
それでも、昨今はあくどい偽装があったりするからねぇ。

それで、頼りにするのは、賞味期限だったり、産地だったり。
売る方も期限過ぎれば廃棄処分にするしかないが、
その廃棄したはずのものが、裏流通してたりするのだ。

たしかに、売るほうも買うほうも「もったいない」と思う。
けれども流通の側の信用の「食品管理」があるから、
この狭間で悩ましいほど膨大な量の食品が捨てられるのだ。

オレたちの世代はもったいないと思う。
さすがに、戦後のひもじい思いをした世代は減っているが、
食べられるものなら捨てなくてもいい、と思う。

現代の知恵でなんか工夫はないのものだろうか。
見せかけで騙すのではなくて、ほんとに食材を維持する方法がね。
とにかく「もったいない」と思う。

食うってのは、人間のいちばんの根本の問題。
こんな飽食の時代はいつまでも続きはしないと思う。
いつかっていうか、それほど遠くない日にこのしっぺはえしがくる。

この寒さで野菜が高い。で、買い控える。
その逆でキャベツなんぞ、採れすぎたら出荷調整して潰したりする。
なんか矛盾してるよなァ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

そのまえにおのれを顧みるべし - 2018.02.12 Mon

温々ふとんから 離れたくない朝だった。
昨夜はふと目覚めたら、パソコンデスクで眠っていて、
こりゃいかんとヒーター消して、ベッドへいったのが1時過ぎ。

寒くないようにヒーター傍におき、温々としていたら、
いつ眠りに落ちたのか、この境がわからない。
これがまァ、うたた寝の極楽。

そういえば、おひとりさまの頃は、そのまま炬燵に滑り落ち、
傍らの毛布をかき寄せて、朝まで眠り惚けるのも再々のことだった。
ま、いまはベッドへゆく。

ベッドへ潜り込んで、電気毛布のほのかな温みにくるまれて、
ばたんきゅ、と眠りに引きずり込まれる。
膝小僧抱いて暖めることもないから、ま、シアワセ。

1人で寝るときにゃよーって、たしかに膝小僧が寒いんだ。
けれども、おなごを抱くようによーって、
膝小僧抱え込んでいたんじゃ、ロクな夢は見やしない。

指先温まって、足が伸びて、ようやく眠れるんだ。
オイら、なんかしらん、人世の3分の1をはからずも、
1人寝だったから、おときさんの歌の嘘はよーく知ってる。

 18212-a1.jpg
 ↑ 今朝の空

オレの髪は 襟足くるくると天パだからね。
伸びてきて鬱陶しくなると、ペケお抱え美容師にに切ってもらう。
ま、多少の不揃いはカールしちゃってわからない。

はなはだラクチンな髪なんだが、
オレ自身は、若いときから毛先がカールしてるのがイヤだった。
おペケは、このハネてるのがカワユイとかいうけれどねぇ。

爺ィの襟先カールがカワユイでもあるまいと、
ばっさり2cm切ってくれえ................. といったら、
あ、切りすぎたァって、お抱え美容師。

それで襟足スースー寒い。
うちんなかでマフラー巻いてるが、
伸びる頃には温かくなるかぇ?

  ←click

浜名湖海苔の味噌汁が大好きなのだ。
生海苔を入れるだけだが、
そりゃァもう、あったま〜〜〜るゥ。

 1829-mk24.jpg

お昼を食べ ながら、朝ドラ「わろてんか」を見る。
が、これをしばしば忘れるのだな。
「お昼食べるか?」というと、あれぇ、終わってるゥ。

このドラマは、いったんハケた役なのに、また復活するんだな。
リリコなんて女義太夫やって、女優やって、こんどは漫才師。
そのクセ、なんか尻切れトンボで消えちゃったりする。

震災でであった母親がいつの間にかいない。
大騒ぎして連れてきた泥鰌すくいの、
おねぇちゃんたちはどこいったんだろうね?

ま、このご都合主義がおもしろいっていやァおもしろい。
おてんちゃんがいつまでも歳とらないしねぇ。
って、文句いいつつもトビトビで観てりゃせわーない。

 1829-mk18.jpg

そういえばねぇ。
柴咲コウさんが、今月の広報誌「はままつ」の表紙だった。
このかたユニークなのかしらん?

最近は、NHKの大河や朝ドラに出演すると、
各企業のCMに採用されるらしくて、よく観るんだな。
でも、柴咲コウさんは「直虎」主演あとでもあまりみないよね。

高橋一生さんが磔になるシーン。
柴咲コウさんが槍を奪って自ら引導を渡す。
政次の唇から血糊が垂れる。

あのシーンがいまも脳裏に残るけれど、
鶴瓶さんの旅番組みていたら、あれぇって、マイペースの人だった。
だんだん知ってくると、孤高の人らしくなんかオイら好きだね。

 1829-mk35.jpg

タイトルって のは惹句ともいって、人の目を惹くもの。
webニュース にもありがちだが、PV稼ぎで虚仮威しもいいとこってのが、
なきにしもあらず、といいたいがけっこうある。

虚仮っていうのは、仏教で外面と心の中が違うことだそうな。
ま、その程度の浅はかな考えじゃ、ってことらしい。
最近は「神対応」だとか、「なになにしすぎ」だとか。

Webニュースってのはタイトル短いから、とかく虚仮威し。
読んでみりゃァ、なんだい大袈裟なっていう。
あっち側の人がいってたよ。中身よりPVありゃァ、いいんだってね。

オイらの前職なんかも、見出しが勝負ってところがあったから理解できる。
そりゃァま、タイトル、見出しなんてのは、
いちばんの頭のひねりどころだったからねぇ。

いま? 劣化しちゃって、その片鱗もないねぇ、ざまァないや。
ま、ええからべぇですんません。
穴があったらずんぶり入りたいくらいなもので..............

 1829-mk17.jpg

いくら人の興味を 引くタイトルつけたって、
内容がムリコジの「なんだィ、これ」って文章であれば、
まさに虚仮威し。それでは共感は得られないはず。

それでも紙媒体には、書き手の矜持ってものがあった。
やっぱり文章は心なんだねぇ。
だから、自分を卑しめる文章は書いちゃいけないと、オイら戒めている。

文ってものは心を表すもの。
その評価は読んだ人が決めてくれる。
毎度おなじみ、マーク・トウェインさんがこういってるんだな。

 まずは事実をつかめ
 それから思うままに曲解せよ

事実をたいして知らぬままの勝手な解釈は、
人の心にとどかないんだと思う。
だから、そんなものばかりだと、いずれは信用を失うはず。 

ま、ブログの世界でもそうだと思う。
物事知ったうえで、自分の見解を述べるのであれば、
納得するものがあって、他所さまの共感を得られやすいんだな。

で、ここが肝心なところだけれど、
ときに反発を誘ってしまうのは、自らに因があるはず。
まずは、人を誹るまえに、おのれを顧みるべし。

すこしまえに、バカなことネットに晒して社会的に制裁受けた、
いわゆる「バカッター」なる人たちがいたが、あの人たちは最初こういった。
オレたち仲間のことに首突っ込むんじゃねぇ、ってね。

twitterなんぞの仲間うちに発信していたものを、余計なこといわれた。
そう思ったのだな。
俗にいうネットに発信すれば世界に通じているっていうじゃないか。

これをアマくみたのは否めない。
つまりは、ネットに発信した自分の言葉には、
それなりの、大袈裟にいえば社会的責任をもたないといけない。

余所から、余計なことを.......... とカッカするまえに、
いったことはいった分だけ返ってくるかも知れないって、
覚悟してから「記事を保存」をポッチンしたほうがいい。

これがブロガーの分別っていうものなんだけれどね。
ま、オイらも半分は隠居の身なれども、
こうやって大勢さまに読んでいただくからには心せねばならない。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
←メッセージはこちら
←コメントをどうぞ。

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する