topimage

2018-07

その値打ちを誰よりも知ってるゥ - 2018.07.23 Mon

いったってしょうーがないがあぢィ。いつまで続く??
デスクで31.5℃。ここいらが限界だな。たまらんち。
「エアコン入れてよー」とおペケに頼んだ。

いまどきの短パンは膝小僧隠れるくらいあるから、
太股までまくり揚げている。
あら? おペケまでまくり揚げてるでぇ。

パンツいっちょでもいいよ、って彼女はいうけれどねぇ。
オイら、案外とカッコつけしィだから、それはしない。
そのむかし横丁の縁台には、越中褌に甚平っていう爺ィちゃんいたよな。

あれ、涼しいと思うよ。いうなれば紐パンだものな。
でも、ときどき里芋ころりとはみ出ていた。
で、どうでもいいけど聞いてみた。

「あんた、紐パンはいたことあるか?」
「わたしは、ないなァ」

あれって涼しそうだよな。男用ってないんかねぇ。
うん、そういえばオイらが子供のころは、水泳は三角越中だった。
やはり、三角布に紐がついたヤツ。海パンじゃなかった。

上級生になると、六尺褌。赤フンじゃないよ。
カァちゃんが、お腹大きいときに巻いた祝田帯のサラシだよな。
端っこ口へくわえて股へ通し、腰にまいて.............

「あんた、 女子はなんで泳いだんだ?」
「ブルマかなァ」
しょーもないこといってるねぇ。

いっそ全裸でいたいような、酷暑の毎日。
みなさまも、工夫なされて、この暑さしのぎましょう。
お身体ご自愛くださいね。

 mm23_20180723093842f8f.jpg

昨日の夕方、なにかの番組で肉巻きをみたのだ。
それで提案した。「ベーコンある?」
「あるよ」っていうから「芯にするものは?」

「スナップエンドウでいいかな」
それで決まりだね。
なんかさ、目先かえないと食いたくない。

食いたくないなんぞというが、食べ始めたらもりもり食う。
食えなくなっちゃおしめーよ。
ま、そういったって、ほんのちょっとだけ。

 ←click 

「それぽっちじゃ、栄養失調になるゥ」とおペケが心配する。
大丈夫だって、これだけ蓄えがあるからさ。と、腹ぺちゃり。
といってもとんと減らないねぇ。増えないけれど減らない。

mm22_201807230938433bc.jpg

オイら的にはどうでもいいんだけれど、
資産3000億の社長が女優と、自家用ジェットでW杯観にいったそうな。
その写真をどこかにアップしたら、総批判だと。

ええやん、別にィ。
さんま氏もなにやらいったらしいが、そのなんだ。
むかしからいうじゃん。

 人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて死んじまえ

世間がなにやらいうのは嫉妬かぇ。
けれども、男の値打ちはここでわかるもんだ。
バッシング浴びてる彼女を、3000億社長がどうフォローするか?

 mm15_20180723103132dc0.jpg

最近、駄句がまったく浮かんでこない。
ま、創ろうとする気もない。
それはTV番組「プレパト」のせいかもしれない。

あの辛口センセのこてんぱん句評きいてると、なんか気が失せた。
ま、めんどくせー、って気になってしまう。
一応、歳時記は新しいのを買ったけれどねぇ。

小林一茶の生涯を記したものを昨日読んでいた。
このおかたは3人の妻を娶ったんだな。しかも晩年に。
俳句は飄々としているが、その生涯はなかなか。

 これがまあ つひの栖か 雪五尺  一茶

家督騒動でなにやらいろいろあって、
やっと郷里に戻り、最初の妻を迎えたのは52歳のとき、
24歳年下のきくであった。

一茶さん、そちらも豪のものであったという。
その記録を自ら残しているそうな。
それにしても凄い。

「八日 晴夕方一時雨 妻菊女帰 夜五交合」
「十一日 巳時より晴 寒夜雷雨 夜三交」
「十五日 夫婦月見 三交」

58歳で脳卒中に倒れが、それも交合中であったと伝わる。
性豪1位は在原業平といわれるが、
一茶さん、そっちのほうでも高名なのだ。

で、64歳で世を去るまでに、再々婚までした。
三人目の妻やおは、母屋が火事で焼け、土蔵で暮らすなか最期を看取った。
このかたの句と絶倫ぶりとのギャップが、オレはなんとも好き。

オレねぇ。一茶を好きなのはもうひとつ理由があって、
「継子一茶」であったからなのだ。
一茶を庇護したのは祖母かなであったという。

 18723-a3.jpg

まだ、おペケの存在を娘にはなしてなかった頃のこと。
買い物にときどき誘ってくれたのだが、
その車中で、めずらしくもこんなこといった。

「こんなになんでもで自分でできる人、なかなかないからね。
 いつまでも元気で自分でしてね」

まァ、その評価はありがたい。けれども.............
いつ、いおうかという段階だったので、お尻がこそばゆかった。
で、冗談めかして、ジャブを、ちょい、ちょい。

「酔狂な人がいたらどうする?」
「でも、それだけ自分でできるんだから、いらないよね?」

と、相手もさるもの、軽く上体そらして、
オレがくりだしたジャブをかわしたのだった。
で、続けて..........

「やってくれる人がいたら元の木阿弥、なんにもしないよね、たぶん」
「そうかな、半分ぐらいするかもしれないよ」

最後に娘が鋭いアッパーだしてきて、オイらよろめいた。
「けれど、相当にうるさいよね」
「...................」

見事に木阿弥さんにはなった。
ただし、あまりうるさくはないと思う。
手も出さなきゃ、口も出さない。足も出さずにどてぇ。

で、おペケがときどき聞きにくる。
どういう味付けがいいのか。
でも、口なんか、出すわけがない。文句はいわない。

「たまにはやってみる?」
「いえいえ、そんなだいそれたこと.............」
あなたさまが、つくってくれたもの、ありがたくいただくゥ。

その値打ちを誰よりも知ってるからね。
やらなくていい。それがどんなにシアワセなのか。
ありがとさま。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

オレ、9年かかってもヘン人だった - 2018.07.22 Sun

9時まで眠っていた。寝室の温度調整 がわかってきて、
快適に眠る。なんぼでも眠る。この際、電気料金無視。
救急車で運ばれて治療したら何万円もかかる。

エアコンのフル回転でも、せいぜい月2万円。どっちが???
と、どこかの記事にあったけれど、ほんとだね。
計算尽くじゃないけれど、そりゃァ快適なほうがいいよ。

今朝は案外と風が通っていたが、10時頃からとまった。
途端にでデスクでで32℃。
おーい、エアコンいれてぇ、と悲鳴あげた。

たまらんち。
遊歩道も人っ子ひとりいやしない。
灼熱だァ。

 18722-a3.jpg

のりこさん、ありがとう。
掲示板の書き込みしてくださった刺激がきっかけで、
昨夜はラテン音楽にどっぷり。大好きなんだね、これが。

パソコンにスピーカーシステムを接続している。
ま、1万円ちょっとの安物だが、最近の音源はYouTubeだとか、
iTunesが多いからこれで充分。

このクソ暑いのが、ぜんぶすっ飛んだって感じ。
レコードは一部だけもってきたんだ。プレーヤーは捨てちゃった。
再構築する気はあまりない。なのにレコードは捨てがたい。

そのなかに、トリオ・ロス・パンチョスがあった。
あのおっさんたち、よく日本公演したね、何度か聴きにいった。
このレコードも、ヤマハの2階の中古コーナーで買った記憶がある。

給料日にここで待ち合わせして、
中古のLP1枚選ぶのに1時間くらいかけて、それから晩飯食べて帰った。
貧乏所帯もったばかりの頃ね。

いちばん先の贅沢が2人のボーナス合わせて買ったステレオだった。
その頃にのめり込んでたのが、ラテン音楽。
けっこうマニアックな世界に踏み込んでしまったんだな。

2日ほどまえにBSで、ハワイアン特集があって、
バッキーさんだの、灰田さんだの、懐かしい映像見たばかり。
高木ブーさんが痩せちゃってね。本職のハワイアン歌ってた。

長さんだって、もとをいうとハワイアン出身だしね。
和製ラテンバンドは、そのあとのムード歌謡で、ほとんどそっちにいった。
クールファイブ、ロマンチカは一応ラテン系。

なんかねぇ、ビートルズ以前のこういうのに出くわすと、
ほんと、たまらんち。
ラテン特集あったら涙流して喜ぶよ。ほんと。

 「ラ・マラゲーニャ」 ←click そのままでBGM

 

いま、手洗いにゆくのにエアコン効いてる居間から廊下にでたら、
うわぁ〜〜〜ん、と熱気に襲われて、失神しそうになった。
ちょっと大袈裟だが、まァ、暑いのなんの、たまらんち。

犬も暑いんだよな。 人間より弱いらしい。
6匹だったか、車に放置して死なせ人がいた。
死骸を並べて写真に撮って、SNSにあげるなんておかしい。

ま、それから先は書かないけれど命をなんと思っているのか。
って、世間が怒っている。
いろいろな人がいるものですな。

 ←click 

「お昼どうする?」
「つけ麺か、パンか?」
「そりゃァ、つけ麺だーな」

おかげさまで食欲はある。
腹減って、食べたい気持ちはいっぱいあって、
食べはじめると、なんか、それ以上食べたくない。

「あっさりでいいよ」といっている。
「そのほうがむつかしいよ」っておペケがいう。
昨夜の冷やし味噌汁は美味かった。

 17720-a1_20180722105400e28.jpg

「エコノミー症候群になるよ」
オレの御席にぐたァ、ハマりこんで動こうとしないから、
おペケがそういう。

「ラジオ体操しよう」といわれ、
第一体操だけやって、へなちょこは、どたァ。
これだけで、汗びっしょり。

汗掻くことはやりたくない。
今朝は、いきなり32℃だけれど、なんか身体が軽いのだ。
9時間も眠ったからか。

いつになったら気温が下がるんだ。たまらんち。
そこいらへんで、タフガイごんべに戻りたいけれど、ぐたァ。
ガーデンパークのヒマワリ撮りにいけるかしらん。

そのわりに夏痩せしないね。その兆候もないね。
生活のリズムのなかでの、ベスト体重があるような気がする。
1ヶ月ぶりくらいに体重におそるおそる乗った。

あれぇ、増えていなかった。
ただし、ここから先は、かなりの努力が必要だし、
はたまた、キープするにも、それなりの努力が必要なのだ。

ま、根が怠けもんだからね、オレ、そこから先の努力はしない。
隣の小太りのセンセがいってたよ。
別に健康であれば、ムリすることないってぇ。

この前、ショッピングモールの入り口のガラスに、
写ったわが姿を見てぎょっとはしたけれど、
ま、いいか、これくらいなら...... ってのが、怠けもんの解釈。

それで、今朝もじゃもじゃ頭に、あ、アツいから天パはもじゃもじゃ。
櫛入れて発見したのだけれど、白髪に黒い部分が増えていた。
これって、どういう意味かなァ?

 17820-a4_201807221054022c2.jpg

一夜にして.......... なんていうと、
またまた、この大法螺吹きがァ................. っていわれる。
突然の1人になって、狼狽えての挙げ句に鏡見たらってこと。

頭髪が一夜で真っ白になるなんて、そんなに経験できることじゃない。
また、人間それだけのショックを受けて、
尋常でいられるものでもないのだ。案外と脆いんだよねぇ。

あの直後の、一日の時間の進行がどう考えてもヘンだった。
暗闇がイヤでイヤで、家中の電気つけてないと落ち着けなかった。
その闇に得体のしれぬものが潜んでいて、オレを引き込みそうだった。

隙を見せたらいかん。引き込まれる。
いつも身構えて、甲冑に身を固めて、しゃっちょこばってた。
これが、四十九日まで続き、なぜか聴覚が麻痺してしまった。

ヘンならヘンでヘンなままに生きてりゃいいのだ。
そう開きなおるまでに、要した歳月がかれこれ2年だからねぇ。
それくらいかかった。

だから、いまでもヘンなままだろうと思う。たぶん。
けれども、9年もこうして通れば、
ヘンはヘンなりに、オレ流ができあがってくるもんだ。

ま、どっちへ転んでも、自分自身が納得すればいい。
これを、誰かに納得してもらうのは至難の技かもしれない。
いま思うと、これはただの開きなおりだけれどねぇ。

オレは意地っ張りだから、
ずたぼろ雑巾になってるくせに片意地張って構えていたと思う。
なんか、おまえって異常だよっていわれたてたもんな。

「おとーさんは普通じゃない」と娘にもいわれた。
ああいうのって、本人だけが、わかっていないのだ。
たった1人おペケは、そんなヤツをわかろうとしてくれた。

で、ねぇ。
さっきも書いたが、髪の毛の側面と後ろが黒くなってきた。
これの、すべて因は「ちゃらんぽらん」にあり。

日々をシアワセだと思うことにあり。
違うかしらん??
人間って、複雑なようで単純なんだと思う。

あんたって、ヘンな人だねぇ、と何度かいわれた。
ま、それほど大きく逸脱してるとは思わないが、
どこかで、世間の枠にはまりきれないところが、あるかもしれない。

そのむかしの大むかし、子供が生まれて万止むを得ず、
父親が顧問していた会社に潜り込み、サラリーマンをやったのだが、
あの16年の苦痛ってなかったものねぇ。

いつしかハミ出して、
浜崎伝助をそのまま地でゆく、釣り馬鹿サラリーマンになった。
ハマちゃんは、相棒のスーさんが社長だからいいんだ。

現実のオレはそうもいかず、ま、生涯いるつもりがないもんだから、
風当たりは強くても、どこ吹く風のとんでも社員でいられた。
いつ飛び出すかって、そればかり考えていたねぇ。

そしたら、希望退職者を募るというはなしが、
向こうから飛び込んできて、
起業資金付きで脱サラできたって、これもオレの運。

そのとき39歳。それから先は愉しいのなんの。
ボンビーだろうが、そんなもん、まったく気にならない。
精神的な充実ってものは、なにものにも勝る。

そこには、支えてくれる人の存在ってものがあった。
あなたのシアワセは私のシアワセといい、黙ってついてきてくれた。
あの人の支援があったからこそ、オレの夢は果たせたのだ。

で、あの人を失ったとき、オレは狼狽えた。
なんでぇ? オレの人世にはこの先もおまえが必要なんだよ。
頭のなかの回路が、きな臭いニオイでショートした。

9年かかってもヘン人だったと思う。
そのヘンなヤツをわかろうとしてくれた人がいた。
オレって、そういうめぐり合わせをもっている。

ありがたいって思う。
なんか、オレって寄っかかり人世だが、
めぐり合わせにも、もちろん、おペケにも感謝している。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

他人の心へは入っていくことはできない - 2018.07.20 Fri

いやァ、よく眠った。寝室の除湿29℃がぴったし
もう、出口の見つからない酷暑だからね。
自衛手段の工夫をしなければ、こっちがまいってしまう。

だから頻繁にお茶を飲む。
ほんとは塩分控えないといけないが、自然塩を皿にいれておいて、
お茶受けに指先付けてなめる。

暑いと感じたらすぐさまエアコン入れる。外出は夕方にする。
今朝は風があるのでエアコン入れずに、
書斎のデスクで30.9℃だからなんとか凌げている。

身体がベタベタしてきたら、いつでもシャワーする。
さっぱりすると気持ちもかわるよ。
おペケとふたーり、なんとか凌がないとねぇ。

あ、そういえば、2016年の都市部健康寿命が発表され、
浜松市が3期連続で1位だそうな。
男性 73.19歳、女性 76.19歳と男女とも1位。

道理で爺ィ婆が多いはずだなんていっちゃいけない。
オレたちも、そのうちだからな。
合併にムリして、面積は2位だから健康保険料は高いよ。

だからといって、山間部を要らないというわけにはいかない。
ま、みんなで長生きするだにィよ。
気候よし、食い物よし、人柄よし、みんなで長生きするだァね。

 18720-a1.jpg

本日、一の丑の日。今年は8月1日に二の丑がある。
酉の市に二の酉、三の酉があるのといっしょ。
で、今朝の新聞折り込みも、うなぎ、うなぎ、うなぎ。

浜名湖ウナギの1尾が地元スーパーでも、
ピ○ゴが、150gで2580円+税、ビ○グが200gで2480円+税。
で、中国産が200gが980円+税だそうな。

それで熊本だっけ? うなぎが余ってるらしい。
高いから受注がないんだっていう。
生産者だって、稚魚高騰でこういう価格にせざるを得ない。

高けりゃ売れない。
どうすりゃいいのさ思案橋だーな。
「どうする?」っておペケいうから、「食えないぇ」

「中国産でもいいんじゃない」
「う〜〜〜ん」
価格に負けて中国産食べたんじゃな。大いに悩む。

 ←click 

「とりあえず今夜はなんにする?」
食欲あるが、思い浮かばなかったぞ。
「冷やし中華の麺があるけど.................」

「それぇ........」
ってわけで、昨夜はご飯なし。冷やし中華が美味かった。
こう暑くちゃ、うなぎでなくとも、これでいい。

 18720-a2.jpg

オレってヤツは本質的にものぐさなんだと思う。
なにもせずに通れれば、一日中でもぼぅぅ...... としていたい。
ただなにもせず窓の外をいく雲を見てすごしたい。

根が怠けもんなのだと自覚はしている。
ただし、朝方は「てんちゃら........」をやっつけ、もとい書き、
写真ブログをアップしてと、怠けもんにしては、けっこうマメ。

ここなのだよ。
興味のあるものは熱中する。
凝り屋でもあるから、熱中度はトコトンのトンでもある。

で、興味薄れると簡単に放り出してしまう。
いうなれば、熱しやすく醒めやすい。
ま、遠州男の最も遠州男らしいところをしっかりともっている。

いい換えると、常に前を向いてゆく。
飽きっぽいんじゃない。見極めついたら前へ進む。
本田宗一郎さんがこういった。

 やりもせんでわかるか......................

これなだけだ。
ま、成功すればそれも語録になるけれど、
そのかげで傍迷惑だけで終わる人は、掃いて捨てるほどいる。

 1492-mk12_20180720095400c4e.jpg

毎度おなじみの、マークトウェインさんの言葉だが、
これって真理だよな。
ネットにだって、そのまま当てはまる。

 なにもいわないでいて、
 人々にあなたは馬鹿じゃないと思わせるほうが、
 なにかをいって、全部疑いを晴らそうとするより、
 まだましというものじゃないのか。

あいつ、バッカじゃないのか。
そういわれて、へらへら笑ってるのには、多少の修業が要る。
でもね。動じなくなると、これがまた愉しいのだ。

ネットには、暗黙の不可侵ルールがある。
あったというのが現状かもしれない。
いつのまにか、なんでもありになったからねぇ。

踏み込んではいけない心のバリアを承知していて、
そのように振る舞っていると、
ネットが愉しくなるのだと、オレはいつも思っている。

まず、リアルとヴァーチャルの見極めが肝心だってこと。
だからといって、詮索する必要もないし、
その憶測をわざわざどこかに書いて暴くこともない。

大嘘だろうが、なんだろうが、
それがリアルだろうが、ヴァーチャルだろうが、
ま、はっきりいえば、どっちでもいいんだ。

 1492-mk11_2018072009461350f.jpg

かくいう、オイらの場合だって、
連れ合いの死という衝撃がハートをがんがんと叩き続けたので、
心情はめずらしくも、ヴァーチャルのなかのリアルだった。

が、しかし...........
それで、おまえはすべてをここに晒していたかと、
問われれば、むにゃむにゃ、むにゃむにゃ、ではあるのだ。

やっぱり、素っ裸にはなれない。
それが己のハートをしっかり守るためでもあり、
他の人と、ヴァーチャルな海を愉しく泳ぐ術でもあると思う。

ヴァーチャルな海に漂うものを、
全部背負っていたら溺れてしまいかねない。
そんなもの背負って溺れるのは アホらしいのだ。ほんと。

だから、おくびにも出さないで、
新しい生活への準備もすすめていたんだしね。
そりゃァま、心のなかには、なにがしかのモヤモヤはある。

読んでくださるみなさまへの申しわけなさはあった。
けれども、なにがオレたちのこれから先に必要であるのか。
そして、それをどうすれば守れるのか。

いまだからいえること。
なんといっても、リアルとヴァーチャルのなかで、
最優先すべきことは自分たちのこと。

ただし、それにおもねて、
だすべき時期になっても、ウソで固めることは、
守るべき人への気持ちに反することでもある。

おペケは「私のことはか書かなくてもいい」といった。
が、それはすべきじゃないと思った。
そして、ありのままを書きはじめて3年になった。

アクセス数はひところに比べたら200PVくらい減った。
それは問題ではない。
オレたちの「いま」に興味をもってくださる。ありがたいと思う。

それから、おペケもオレも、ほかのブログへの訪問も少なくなった。
基本的に、ヴァーチャルの海に、溺れかけた人がいても、
気にしながらも放っておけばいいのだ。

もうすこし、ましな言葉でいえば、見守っていればいい。
それがリアルであろうと、創作であろうと、深入りはしない。
そのお方が、なにを求めて衆目に晒しているのか。

そんなことはどーでもいい。
最終的には、自分で解決するしかないからのだからねぇ。
誰も他人の心へは入っていくことはできない。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

形骸化してれば屁の突っ張りにもならん - 2018.07.18 Wed

曇りだが空気は熱い。デスクで29.1℃。むわァとする。
湿度が70%なのが救われる。もっとももエアコン入ってるけれどね。
列島上空の2つの高気圧の重なりは解消されそうもない。

お昼の番組では6chの森さんの気象解説がわかりやすい。
ま、そのほかの話題は偏向がちだからみない。
8chの坂上さんMCの番組はしつこいゆえに、ときどき観る。

いい加減な幕引き許さないぞ、って日大関連のこれはこれで、
とことんやんなよって見守ってるが、ひな壇の芸人がくだらないねぇ。
ミスばかりの8chゆえ、こういうのがあってもいい。

お昼食べながらTV見ているが、だいたい、この時間帯で飽きてしまう。
2時からの4chはどうでもよくなってるね。
なので、ここからはWOWOWの映画観るのだが、不満がひとつ。

この時間帯は韓流ドラマをあっちでこっちでもやってる。
時代劇は観ることがあるが、ま、現代物は要らない。
それが理由でスターチャンネルに登録換えしようかと思う今日この頃。

昨日もほぼ終日エアコンがまわっていた。
冷房でしばらくまわし、冷えたところで除湿にする。この繰り返し。
ほんと、熱中症の危機感をもってるから、電気代の多少にはかえられない。

まっくろな雲が三方原台地で湧いて、それから下町へ下りてゆく。
これが ↓ の写真だけれどね。
わが家の上空へは、この雲がこない。ひと雨きたら涼しいのにィ。

右の写真のタワービルは21世紀にちなんで210m。
雨雲が垂れ込むと、180mくらいから上は雲のなか。
案外と曇って低いんだね。

 18718-a1.jpg 18718-a2.jpg

「そうめんでいい?」とおペケがいう。
暑くてまいってるけど食欲はある。
冷えたそうめんがおいしい。って、昼から食べ過ぎだな。

暑い、あついといいつつも、2人とも食欲は失わない。
よく食べるからねぇ。
もう、食べたくない........ なんていったら、おしめーよ。

 ←click 

夕餉は「ちょっと多いかな」とかいってたクセに丼飯ぺろり。
もりもり食う。もりもりは....... 動かない。
でも、どこも、いうことなければいいじゃないか。ねぇ。

 16725-gg21.jpg

そういえば、秋田在住のおペケ姉上が、
封書を1週間前に投函し、山口のいっこ上の姉上には、
中一日で届いたのに、静岡のおペケには配達されないのだ。

それで郵便局へ「これはなんですか?」と連絡入れたのが昨日の朝だった。
調べます、と連絡あって、夕方までに配達なし。
で、今朝ポストみたら配達されていた、ってどういうことだろう??

どこかで滞留していた。みつかって夜間に配達した。
けれども事情説明はない。ま、郵便局だからなァってことはある。
なんだかよくわからん。

わかったこはひとつ。
「どういうことですか?」と問い合わせたら出てくることもある。
っていうことだが、放っておいたらどうなる??

 15829-a2_20180718103945b83.jpg

静岡茶処に生まれながら、
お茶の味がさっぱりわからんヤツだが、
最近の深蒸し茶は美味しいと思う。

猫舌猫体のオイらは、熱いお茶が飲めないので、
真冬でも冷茶だし、慢性鼻炎だから、香りがわかりにくい。
ま、味が濃いとなんとかわかるくらい。

漬け物食わんし、お茶飲まんし、おまえなァ...........
と、と以前は大きなお世話をいわれたけれど、
これでもれっきとした日本人じゃわィ。

ちょっとだけ異端児だけれど、それほどイタんじゃいねぇ。
深蒸し茶ってのは、その名の通り蒸すのが特徴で、
煎るのと違ってカテキンなどの成分が壊れてはいないそうだ。

なので、茶碗の底の残る粉もぜんぶ飲む。これが身体にいいらしい。
おペケが姉上に送るのは「深蒸し茶」なのだな。
毎日○そ暑いから、お茶をせっせと飲む。こどみも残さず飲む。

遠州弁であると、この茶碗の底に沈殿しているさまを、
「こどんでいる」「こずんでいる」「こぞんでいる」と表現する。
隣接する愛知県東部の豊橋でもいうようだ。

しばしば古語が方便として残ることがあるので、これもそのひとつか。
但馬地方 (兵庫県) でも「こずむ」を使うらしいが、
これは混むなどの意でまったく意味が違う。

 13910-km10_20180718110656293.jpg

静岡県は廃藩置県で、静岡県、浜松県、伊豆県ができ、
のちにこれを合併させていまの静岡県になった。
なので、けっこう横に長いのだ。

浜松は先の方便でもふれたように、文化圏は名古屋寄りなのはたしか。
豊橋の方便は「のんだらりん」で、なんとかだのん、
なんとかだら、なんとかやりんという。

浜松は、なんとかだらー、なんとかだにー、はいまに残る。
よくいう「なんとかずら」は遠州だけではなく、南信州でも聞く。
それで、浜松、静岡、伊豆がまとめられたが、いまも違和感はある。

東部の沼津は東京圏のつもりだし、西部の浜松は名古屋にちかい。
真ん中はしらんけれど、これが道州制になると、
浜松市は名古屋圏内となり、静岡市は関東圏のいちばん端っこ。

ま、道州制のほうが本来の文化圏になるわけで、
オレはこのほうがいいけれど、
ちかごろ誰もいわなくなってしまったのなぜ??

15830-a6_20180718103944b74.jpg

おひとりさまのときにやってた、ええからべぇ料理っていうのは、
アウトドア遊びのおかげであって、
山へいったり、渓流でキャンプして、やってた習慣から発生した。

それからスタートしたので、まるっきり初めてではなかった。
フライパンばかり使うから、新しいのが半年もたなかったね。
もっとも安物ばかりだったが............

オレたちが野外でやってたのはなんとかオーブンだとかを、
使ったりする西洋式のヤツとはだいぶ趣が違ってた。
焚き火で石焼いて鍋んなか放りこんだりするほうだからね。

どっちかといったら、マタギの爺ィちゃん直伝の味噌土手焼きって類い。
ちろちろ燃える焚き火で、キャンプファイヤーじゃないし、
深めのフライパン1丁背負ってゆけば、それで賄うという焚き火料理だな。

釣った魚を食べるだけ持ち帰り、それを串に刺して焼いたり、
腹に味噌詰めて焼いたり、肉などの河原を汚すものはもっていかない。
バーベキューはやらなかった。

なので、それほどレパートリーがあるわけじゃない。
そっと腹をを満たせればいい、ってことだった。
あの人失くして、悲しみのどん底でも腹が減ることを知った。

それで、やむなく引っ張り出したのが,
多少は馴染みのあるフライパンだったわけで、
オレの、やっつけ料理はここから始まったんだな。

なんとか9年弱をフライパン料理で生きてきたんだからたいしたもん。
我れながらそう思うよ。人間窮すればなんとでもする。
腹へったら、やらなしゃーないってことだからねぇ。誰でもできるゥ。

テレビなんかの食事風景だと、大人が必ず手を合わせて、
いただきますゥ............. ってやるんだな。
オレたちの年代、すくなくともオレもおペケもやったことがない。

オレたちの時代だって学校給食はあった。
けれども、食べる前に手を合わせることはしなかった。
当番がいただきますゥといって唱和しただけだ。

GHQのお達しがあったとは聞いたこともないしねぇ。
なんで手を合わせるのか、って孫に聞いたことがある。
深くは考えたことがないらしい。

食べ物を作ってくださった皆さんに感謝するんじゃないですか。
とはいったけれど、それ、慣例にだけ残ってるんだよな?
だから、意味を聞かれてきょとんとした。

オレたちのガキの時代はことさらやらなくても、
日常的にいろいろなもへの感謝はあたりまえだったのだと思う。
感謝すべき人たちを知っていたといってもいい。

それぞれのお仕事をする大人たちに尊敬の念があった。
それから神社の鳥居の前では立ち止まって、ひょこんと頭下げたしね。
大人がお天道さま拝んでたり、お仏壇へご飯あげたり、神棚拝んだりが普通だった。

箸の持ち方しかり、テーブルへ肘ついてはいけませんだとか、
目上の人への口の利き方、礼の尽くし方って、いろいろうるさかった。
ごんべ下町育ちだから、悪戯したらとなりのオバちゃんに叱られた。

いま、そんなことしてごらんな。
うちのコになにするんですか、って近隣トラブル間違いないね。
うん。子供はみんなが育てたんだ。

いま、この小言をいう人がない。
新入社員がタメ口きくから叱ったら泣いたそうな。
親にも叱られたことがないのにってぇ。なにをか況んや。

つまり、家庭での日常にしつけがない。
感謝がない。あたりまえが罷り通る。
道徳の授業時間を増やすっていう問題じゃないな,たぶん。

手本になる大人なんだろうね。
それから、その大人の子どもへの接し方もある。
手を合わせたって、それが形骸化してれば、屁の突っ張りにもならない。

で、オイらが、ここでこんなこといったって、
これも屁の突っ張りにもならん。
いまの社会は、こうなってしまったのだからねぇ。

ま、うえるせぇ爺ィだっていわれるだけ。
そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

努力ってのは宝くじみたいなも - 2018.07.17 Tue

いやァ、寝苦しい 熱帯夜が 続く。 文句はいうまい。
被災地の方々は灼熱のなかで頑張っていらっしゃる。
今朝のtwitterに濁った流れの水で顔を洗う自衛隊員さんの写真があった。

ここの基地からも給水車をもっていっているようだが、
なぜ素直に、過酷な活動に「ごくろうさま」といえないのか。
なんか一部の人たちの言動が解せないのだ。

わが身はいろいろと工夫して、世間に迷惑をかけないように、この暑さを凌ぐ。
熱中症で搬送されたり、家の中で亡くなっていたり、けっこうある。
今朝あたりも、デスクの温度計はいきなり30℃オーバーだ。

窓からは熱波がくる。
まっくろな雲が北の方から流れてきた。
その下は降ってるらしいのだが、やや離れて通過した。あとが余計に暑い。

 18717-a1.jpg

グリーンランドの氷河崩壊をTVニュースで何回かみた。
カナダや中国も豪雨で鉄砲水が起きている。
地球規模でなにかが起きている。これは事実。

地球という星が、なんらかの変動期に入った。
「70年ここで暮らしてきたけど、こんなことはなかった」という。
それが起きる。そういう気象が起き始めている。

「こんなはずがない」
「想定もしなかった」
そういう声を何度も何度も聞いた。

観念を変えなければならない。
これを今回の災害で強く感じたのだね。
いつまでも、このままが続くわけがない。これを肝に銘じておこう。

 18716-rr1.jpg

結局のところ、一日中エアコンがまわっていた。
こまめに冷房にしたり、除湿にしたりして、
部屋の中にいればなんとか凌げる。

「買い物どうしようかな」
あまりの暑さにおペケが迷っていたから、
「あるものでいいよ」

夕方になって多少は下がるかと思ったが、暑いまま。
「ま、行ってくるヮ」
すぐちかくだけれど、車でゆく。歩かないほうがいい。

 ←click 

駐車場まで荷物をもちにいった。
おペケが1回では持ちきれない。
部屋へ戻ったら青息吐息でしばらくへたり込む。

咲かせて、咲かせて、桃色吐息♪ だなんて、遠い日。
肩で息して「あついのー」と額拭う。
「お惣菜でごめんねぇ」っていう。

なんの、なんの、なんのよーこ。
ごくろうさま。

 18716-f3.jpg

オレが、ええからべぇなおひとりさま料理やってたときの、
メニューをおペケがときどきしてくれる。
それはそれなりうれしい。何品かがおペケのレパートリーになった。

あの頃はねぇ。ま、ええからべぇ。
ちゃちゃーとできて、食えりゃいいって発想だけでやってた。
なぜかといえば、料理そのもののセオリーを知らない。

「掟破りのええからべぇは、コロンブスの卵である」
オレ、エラそうにこんなこと嘯いてたヮ。
たしかに、そういうこともあった。セオリー知らずの怖い物なし。

それで、たまにはベテラン主婦たちをして、
「ほう、なかなかやるじゃん.......」て、
いわしめるのだから、たいしたもんだったね。

「あんたに教わるとはねぇ」ってね。
オレに教わっちゃ、主婦の沽券にかかわるのかぇ??
って憎まれ口いったら、怒っちゃった。口は災いのもと。

そのなかで、たったひとり、健気だって涙流してくれた人がいる。
アハ。そう、おペケだな。
その涙が、赤い糸の端にポトッと落ちた。

 18716-f1.jpg

ちかごろは「ほんと、なーんにもしないね」とおペケがいう。
ほんとなーんにもしない。
最低限しか動かない。汗掻くのはイヤだ。

なんにもしないめんどくさがりを増幅したのは、
ま、どうせ、誰もきやしないさ...................... ってな、
どーでもいいや感っていうか、あるいは開放感っていうか。

あ、おひとりさまのころね。
この誰にも支配されないっていうのは、たしかにラクチン。
だから、鰥夫は3日やったらやめられないっていう。

なにせ、これを8年半やったんだからね。
で、その分のめんどくせーを断捨離しまくって、
本来のマメなオレに戻ったつもりだったが.............

まえよりなんにもしなくなった。
してくれる人がいる分、なんにもしないで通れる。
オレって、シアワセだなァ、ってますますモノグサ横着になった。

 18716-f4.jpg

今日は「いなりの日」だそうな。17日だからね。
ま、だいたい、ナニナニの日っていうのはゴロあわせが多い。
「なすびの日」っていうのはわからないな。

8月1日はオッパイの日で、その翌日8月2日ははパンツの日。
8月31日が野菜の日って、ゴロ合わせばかり。
ゴロといえば、歌手の野口五郎さんは岐阜の出身。

彼がふるさとで見上げていた野口五郎岳が芸名の由来。
長野、富山県境にある北アルプス中央部にあり、標高2924m。
山頂部の花崗岩の風化した岩をゴーロと呼び、そこからきている。

しゃらくさいが、昭和41年から使ってきたペンネームを剛という。
ほんとうはタケシだが、ゴウと呼ばれることが多い。
ツヨシはめったにない。

僕たち男の子♪ Go!! Go !! 以来、カッコいいといわれることもあった。
が、タケシと呼ばれることがうれしい。
わが敬愛した小説家、開高健はケンではなくて、タケシ"であるがゆえ。

郷ひろみといっしょであるよりも、
この小説家と同名であることのほうが、なんぼかうれしい。
ま、人間些細なことで喜ぶものではある。

ほんとのほんとは、男の子が生まれた時に付けようと思った名前。
ま、一人っ子は女の子だったから、自分のペンネームにした。
ビートたけしは北野武であるから字は違う。

彼の生き様も好きだね。
テレを隠すために、ハチャメチャを演じる。
オレにもそんなところがある。

わっしょい、わっしょい。
ハシャイでしまって日が暮れて、
祭りがすんだそのあとは、1人残ってしょんぼり。

後の祭りよってぇ。
ひばりさんの歌だけれど、この空しさはさんざん味わったな。
あれは、おひとりさまの感慨。

 日本人もまたたいした精力と規模で、
 自然の破壊にいそしんでいる。

 日本の田には小川の小ブナも夕焼けの赤トンボもいず、
 草むらの恋人たちは耳もとに蜜バチの唸りを聞けないでいる。

 日本の田は稲こそ生えているが、もう自然ではなくて、
 化学粉末ですみずみまで殺菌された屋根のない工場となってしまった。

こんな開髙健語録がある。
かの、釣り好きな小説家が亡くなったのは、平成元年。
いま、このような災害が続出する日本をみて、なんというだろうか。

 努力ってのは宝くじみたいなものだよ。
 買っても当たるかどうかはわからないけど、
 買わなきゃ当たらない。

これはビートたけし語録。
そうだな。努力ってそういうものだ。
努力しなけりゃ、報われるってこともない。

テキトーになんかやってるように見させて、
裏でなみなみならぬ努力を重ねるって人、けっこう多いのだ。
テキトーな部分だけみてちゃいけないね。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する