topimage

2020-09

無為のようでいて、けっして無為でない - 2020.07.27 Mon

朝の内は小雨で寒いくらい。いまは上がっている。
昨夜も涼しかった。よく眠れ......... なかった。珍しく。
お茶を飲み過ぎたかな。デリケートだねぇ。

昨日宵までの雨の激しかったこと。
前の住処だった東区は、河川が警戒水位になって避難勧告。
その最中に免許センターから帰ってきたおペケ。

テストはペケでなかったものの、そこは方向音痴のおペケ。
どこかで反対に曲がったのだな。
雨は激しく降って、ここはどこ? 状態になったらしい。

そのうち道路が冠水してきて、前を走る車は1台もなし。
さすがに危機感感じて、ラーメン屋の駐車場に避難したっていう。
そこからカーナビのいうとおりに帰ってきた。

「いつもゆく公園のほうだね」
って、どこへいったんだ?
だから「疲れたァ....... 」といって寝るのは早かった。

次は、8月7日に自動車学校で講習と実車テスト。
その予約もできたので、
なんとか免許更新で、ごくろうさん。

 29727-a1.jpg

「DASH村」ってテレビ番組好きなんだよね。
なんか終わるっていう話があるが、
続けて欲しいと思う唯一の番組なんだけれどな。

TOKIOから長瀬さんが抜ける。
それで、城島親分の社長で会社になるらしいが残るのは3人。
それじゃDashはできないな。

ジャニの若手が代わったって、福島からの蓄積があって、
おっさんたちがなんやかやするのが面白いんだからなァ。
あれのなにがおもしろいかということ。

大人たちがアウトドアでやりたかったこと、
思いきりやってるから観るんだ。
リーダー城島氏を自分に置き換えて観てたりするんだ。

この点では、よゐこ濱口クンの「とったどー」よりは、
憧れ度が上だし、技術的にもはるか上。
ま、オレもあれにちかいことやってきたわけだからね。

 20727-a2.jpg

そのDASH村で、昨夜は食用蛙を捕って食べていた。
アメリカウシガエル。オレたちは食用カエルが詰まって、
「ショックゥ」と呼んでいた。

つまりは、食用として輸入して養殖していたものが、
全国に拡散といういつものパターンだ。
これにオマケが付いて蛙のエサに輸入したのがアメリカザリガニ。

両方とも、ほぼ全国に拡がった外来種。
食用蛙は、オレたちの子供のときには、どこの水溜まりにもいた。
ものすごく繁殖して、あちこちでぐぉぉ〜〜んと鳴いていた。

これを捕るのは難しい。逃げ足がはやいんだ。
ただ、好奇心が強いのか、赤いウキには反応して飛びついてきた。
だから、赤いウキの下に引っかけ針をつけて釣る。

さすがに食べはしなかったので味はわからない。
一流シェフが手がければ美味いらしい。
ザリガニは茹でてから煮るとけっこう美味しかった。

 

フランス料理っていうのは、
カタツムリは食べるし、カエルは食べるし、
けっこうゲテモノという感覚はある。

日本人はクジラを食べるし、イルカも食べてきた。
オレは両方食べたことがあるが、正直いって、
イルカの真っ黒い肉は美味いとは思わなかった。

けれども、外国人からこういうもの食べるから、
あんたら野蛮だっていわれるのは、お門違いだし、大きなお世話。
犬を食べる国があるし、カンガルーを食べる国もある。

それは、その国々の食文化なのだから、外国人が自分たちのモラルで、
余所の国の文化をとやかくいうのは、お節介でしかない。
世界的なモラルがそれぞれの国に浸透して淘汰されればいいのだ。

 20727-f3.jpg

マークトウェインさんは「トムソーヤーの冒険」を書いた人。
彼の遺した言葉はしばしば真理をつく。
下の言葉なんて、ネットにだって、そのまま当てはまる。

 なにもいわないでいて、
 人々にあなたは馬鹿じゃないと思わせるほうが、
 なにかをいって、全部疑いを晴らそうとするより、
 まだましというものじゃないのか。

あいつ、バッカじゃないのか。
そういわれて、へらへら笑ってるのは、多少の修業が要るよ。
でもね。そのように動じなくなると、これがまた愉しい。

ネットには、暗黙の不可侵ルールがある。
ま、あったというのが現状かもしれない。
いつのまにか、なんでもありになっているからねぇ。

踏み込んではいけない心のバリアを承知していて、
そのように振る舞っていると、
ネットが愉しくなるのだと、オレはいつも思っている。

かくいう、オレの場合だって、
妻の死という衝撃がハートをがんがんと叩き続けたので、
心情はめずらしくも、ヴァーチャルのなかのリアルだった。

が、しかし...........
それで、おまえはすべてを晒していたかと、問われれば、
むにゃむにゃ、むにゃむにゃ、ではあるのだ。

やっぱり、素っ裸にはなれない。
それは、己がハートをしっかり守るためでもあり、
他の人と、ヴァーチャルな海を愉しく泳ぐ術でもあると思う。

ヴァーチャルな海に漂うものを、
全部背負っていたら溺れてしまいかねない。
そんなもの背負って溺れるのは アホらしいではないか。

 20727-f2.jpg

また、曇って きたァ。めまぐるしく天気が変わるな。
どこかへカメラもってゆきたいって気はある。
「夜の街クラスター」だからフラワーパークくらいならいいかねぇ。

一方で、ムリするこたァない、って気もある。
元気はあるけれどねぇ、これがやる気に結び付くかというと、なかなか。
なかなか............... ってなんだい?

これって気力なんだろうな。老人は特にね。
やる気ってぇのは、気紛れの最たるものだから..............
突然に、エンジンかかると、暑いさなかに飛び出していったりする.

ま、このクソ暑いのにィ.............. とか、
コロナだよ、やめときな................. なんて思ったらテコでも動かない。
これが、なかなか......... っていうヤツだ。

「いい天気だよ、どこかへいこうよ」なんていわれても、
オレの返事は、はなはだ曖昧模糊としている。
だいたい、「思い立ったらいつでもゆける」ってのは魔法の言葉なんだ。

いつもたとえにだすけれど、父親が退職したとき、
「あァ、これで毎日釣りにいけるゥ」て、どこまで続くか、やってみたのだね。
21日目に、早朝のいまにも降りそうな空をみて思ったんだと。

「思い立ったらいつでもゆける、今日でなくてもいい」ってね。
つまり、今日でなくてもいいじゃん.............. となったら、
次は、ま、いいか、いつでも............. になって、あとはおって知るべし。

オレ、リタイアしたら、いちばんやりたかったのが、
ぼけぇぇ......................... と空見上げていることだった。
あちらの映画によくでてくるシーン。

何人かのお年寄りがデッキチェアに座って、なにをするでもなく、
ぼけぇぇ...................... と座っている。
あれがいい。一丁上がりでいいんじゃないか。

この国のシニアたちは、リタイアしてまでも、
なにかすることないかって動きまわる。
ぼけぇぇ.............. は無為のようでいて、けっして無為でない。

ちなみに、オレは Facebook をやってない。
理由はある。簡単なこと。
なにをいまさら、過去とつながらなければならんのか?

リタイアしてせっかく断てたものを?
オレの場合は、あれはあれで、もう要らないもの。
せっかくの、ぼけぇぇ................. が味気なくなる。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

 20chaplin_20190104115545e01.gif
 にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

ポッチンしてくださるとうれしいです !! 
今日は8位です。
戻りは、ランキングの「天真爛漫ちゃらぽら」をクリックで。



ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


http://www.photobb.net/bbs.cgi?id=12045 ⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら
⬅️tumbir Blog 一日一写 はこちら


カメラをもったらお互いがライバル - 2020.03.25 Wed

朝のうちは青空があったが、次第に曇ってきた。
風はなくそれほど寒くはない。隣のセンセにゆく。
時節柄、長くいたくないので、電話で予約して呼んでいただいた。

いつもだと1時近くだが、11時20分にお呼びがかかった。
待合室にはだれもいない。信じられないくらい空いているのだ。
これもコロナ現象なのかねぇ。

1時過ぎには看護師さんも早々に帰宅していった。
いつも大忙しの彼女たちだが、早く帰れていいねっていうが、
この地区に患者が出てくればリスクは大きい。

志村けんさんがコロナ陽性だそうで、まだまだ要注意だな。
おペケは来月の17日にゴルフがあるらしい。
どうしよう? という。

不特定多数の人が集まるところは、どこでどうなるかはわからない。
不要不急は自粛してほしいが、自分で決めておくれ。
あんたが、それだけの観念を持ってゆけばいい。

ゴルフ場も営業しているんだから、
それだけの対策はしているはずだが、なにもなくてあたりまえ。
オレに感染したら? ま、間違いなくイくからね。

糖尿病予備軍だし、高血圧だし。
だから、危機感もっていってくださいねってこと。
それがあるとないとでは、えらい違うと思う。

 120419-u09_20200325142722686.jpg

前回が検査だったので、結果をもらってきた。
昨年あたりの血糖値が105〜130という数値だったが、
今回93でセーフゾーンへ入った。

半年間にわたって、高野豆腐を食べてきた結果かは不明。
あれねぇ。あまりうまくはない。
だから、食べ続けるだけの根拠がない。

高野豆腐って、そもそも好きではない。
あの噛んだときにじゅると出てくる味がなんとも辛いのぅ。
劇的変化がないからやめるか。

 
  
普段はな〜〜〜んもしない。
が、いなければ、最低限のすることはする。
なんせ9年ちかくもやってきたんだから、やればできる。

自分でも、やればできるって思ってる。
やらないだけ。やるときはやる。
でも、考えてみれば、怠けもんだからいいんだよな。

これがさ、あァでもない、こうでもないと、
生半可にできて講釈ばっかり垂れていたんじゃ、
するほうもイヤになっちゃうよ。きっと。

なーんもせん。そのかわり文句もいわん。
これがよろしいようで。ハイ。
昨夜のサバ煮は美味かった。素直に美味いという。

なんか隠し味が入っていたそうで..........
それの効果にオレが気付き、美味いといえば、
おペケがにゃりと笑ってしてやったり。

 120419-u15_20200325142725d72.jpg

おペケと出会ってから、
いっしょに暮らそうか、それとも気儘に1人かってときに、
「迷っているうちが華よ」と外野がいった。

ごくちかいうちに、あんたは枯れてしまうんだから、
「これでおしまい」になるんだから...............
だったら、迷うことないじゃん、って後押ししてくれた。

口は悪いが、持つべきはカフカフ仲間なのだ。
そういう仲間も含めて、縁って不思議なものだよねぇ。
あれって偶然の一致じゃないと思う。

なるべくしてなるっていうか、定められたもの。
その流れに、楽観主義のオイらは乗っかってきた。
いままでの人世それ。

眠って起きれば明日がくる。
そのうちなんとなるだろーじゃ通れないが、なんとかはなる。
欲をかかなければね。

自分の殻に合わせたシアワセは必ずある。
そう思い込んで、ぐーすかぴーと眠り呆けることだ。
朝はだれにもくるから..................

 年齢というものには元来意味はない。
 若い生活をしている者は若いし、
 老いた生活をしているものは老いている。

井上靖さんの言葉。
その通りだーな。
まだまだ先があると思うか、もう先がないと思うかだ。

ほんと、すべては気分の問題。
ボケないようにだとか、後ろむいてちゃ、ほんとにボケるゥ。
まえ向いてりゃ、古希なんて洟垂れ小僧だィ。

 120419-u12_20200325142723186.jpg

おペケのも入れて、いま現役のカメラが5台。
ま、別にこれ以上は欲しくはない。
だってねぇ。いかに新し物好きでも近頃は高すぎだもんな。

最高のカメラもっても所詮は自己満足だろ。
それほど、撮った写真が変わるわけではないしィ。
腕前が同じだから、オレはいいカメラ持ってると思うだけ。

まァ、いまので充分。
宝籤当たったら500万円分カメラ買っていいよ、というけれど、
まァ、まァ、夢のまた夢。

で、PENTAXはこの秋に新型カメラがでるはずなのだが、
うんともすんといわないな。
この我が道を往くって頑固なところが好き。

だから10万円おくれ。なるべく早くおくれぇ。
いろいろなこというんだな。
高所得者にはやらんでいい。ナマポ受給者にやらんでいい。

なんのための給付金だ?
経済の後押し復興だろ。だったら、だれにもやればいい。
それで、それぞれが消費すればいい。

 120419-u08_20200325142720516.jpg

どこにでも、シニアアマカメラマンが何人かいらっしゃる。
桜の木の下で先客が三脚据えて頑張っている。
オレ、せかせかせかといって、カシャッ、カシャッでほかへいく。

そもそもの性格がせっかちではあるけれど、
写真なんてものは、常日頃から直感だと思っているから、
現場に出たら、じっくり三脚据えてなんてタイプじゃない。

オイらの取り柄なのか、記者の図々しさが残っているのか、
人見知りしないので、どなたにも声かけて仲良くなってしまう。
たまには、講釈たれるおかたもある。

そういうときも、へぇへぇとおうかがいしておく。
別に、逆らうこたァないやね。
気持ちよく講釈いい、気持ちよく遊べたら、それでシアワセ。

シニアのカップルが散歩していらっしゃる。
カップルで会話しながら、カメラを向けていらっしゃる。
以前は、正直いって羨ましかった。

いまは、内弟子おペケがいるから、愉しい。
いつだったか、フラワーパークで羨ましがられた。
「ご夫婦にみえなかった」といわれた。

え? じゃァ不倫カップルかなんか。
わりと、きゃッきゃッ.......... って遊んでるからね。
あ、子供に戻ってるんだ。それだ。

シニア世代が、ごく自然ないたわりを身につけるのは大賛成。
これからは、老人社会になる。
わざとらしくなく、ごく自然にお互いをいたわるのは、いい光景だね。

オレ、むかしから、女性にはフェミニストである。
だから、サポートをマメにするけれど、
亡き人の場合は、一緒にゆく散歩をいやがった。

なぜか、オレは足が速いのだ。
せかせか、すたこらさっさ、先にいく。
それで「はやくおいでよ......」と振り返って急かす。

おペケとの場合は、ぎったんばっこん。
追いついて、また、先にいって、また、追いついてぇ。
カメラをもっているから、お互いがライバル。

うちへ帰って現像のときに、
「あれぇ、これどこで撮った? いいじゃないか」
たまにそういうことあるから愉しい。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら


炬燵ずんぶりしたらすぐに眠ってしまう - 2020.02.27 Thu

キレイに 晴れている。ちと寒い。週末は寒の戻りとか。
はやいなァ。もう2月もおわりか。
オレたちの光陰は大気圏突入のロケットが如し。

って、毎月の月末にいっとりますが、
これで3月、桜が咲けば春爛漫なのだが、さて今年は?
新コロナ肺炎でフラワーパークの花フェスタがどうなるか。

昨夜観たニュースによると、浜松のイベント中止は200余件。
金額にして9億6000万円の損失だとか。
かきいれの春爛漫にお客さまこないんじゃねぇ。

いろいろ議論はあるけれど、武漢封鎖時に、
中国からの渡航禁止にしておけば、こうはならなかった。
かもと、思うけれどねぇ。

日韓の対応が鈍いから下火にならないと、
当の中国から批難される始末で、え? 火元はどこだァ....... ってはなし。
遊びにゆきたし、肺炎は怖し。

おペケは16日にゴルフコンペがあった。
出欠は本人に任せたのだが、昨日、友人に電話してやめたらしい。
ま、用心するにこしたことはない。

しかたないよ。耐えよう。
老人は罹患したらタイヘンだからね。
スーパーへいってきて「ねぇ、凄かったよー」とおペケ。

「なにが?」
「店員さんも、お客さんも全員がマスクしていたァ」
異様だったらしいけれど、ま、しばらくはこれ。

 20227-r1.jpg

「今年はお雛さん、ださないのか?」
「あ、わすれてたわ」ということで、
ささやかに雛さまがならび、三色団子があがっていた。

媼もむかしは女の子。
Gジジィといっしょで、このオババもいつまでもナニだからね。
で、夕飯食べていたら、妹がきた。

「お寿司つくったから....... 」
下の妹はスーパーで15年も巻き寿司をつくっていたらしい。
さすがプロの味だった。

 
 
「土曜日のお昼は私がおそばつくるから..... 」
ということで、土曜日はわが家でランチするらしい。
なんか愉しそうにやってるから、よしとする。

 18227-m14.jpg

おペケもオレも、どこかいってくるとめったやたらと眠い。
「なんだい、あれぽっちで疲れたんか..............」
といいつつも、出掛けたあとが眠いのに気づいてるゥ。

おこた恋しや................. とすべてのリモコン傍らにおいて、
炬燵ずんぶりしたらすぐに眠ってしまう。
眠るは極楽。2人とも、ま、よく眠るもんだ。

テレビでむかしのアイドルが帯状疱疹になったってはなし。
そのむかしのアイドルちゃんもいまや初老。
で、オイらが帯状疱疹やって、かれこれ10年になる。

オレたちはもう、あのころの体力じゃない。
免疫もこんなに低下しているのだ。
だからねぇ。自らの過信を戒めなくちゃいけない。

新型コロナ肺炎も恐れなくちゃいけない。
さいわいにも、365連休なんだから、
不要な外出はしない。って、怠けもんなだけか。

 18227-m11_202002271324149fe.jpg

オレの御定席の電動リクライニング椅子におペケが座って、
「いいなァ.........」という。ま、いいねぇ。
足乗せがでてきて、背もたれがリクライニングする。

ここに埋もれてるとすぐに眠くなる。
あまりにリラックスしすぎて身体が下の方へ滑っていって、
ガタンと前へ傾くから、なにごとかと目覚める。

「あ、びっくりしたァ」
おペケは腹かかえて笑うけれどね、ほんとびっくりする。
そこでヘソ出して眠ってるところ写真に撮られた。

で、おペケがふるさとの姪御さんにメールで送ったのだな。
その返信が「おじさまのお腹癒されるゥ」
って、オレはペットかぇ。

ペットといえば、近頃の猫や犬ってのは、
「らしからぬ」格好で寝たりするんだな。
オレみたいにヘソ天で四肢ひろげて、ドデンと寝てたりする。

それがまた可愛いィなんぞと...........
ま、それ以上はやめとくが、これって犬は犬の猫は猫の本分忘れてるな。
これは、種の保存上からいえばよろしくないはず。

防衛本能も捨て去って、人間の玩具化しているわけで、
人間はこの100年間に100種類以上の種を地球上から消した。
すべては人間のエゴなのだ。人間の都合なのだ。

さらに、犬猫ペットも玩具化して、本来の姿を奪っている。
でも、そんなこと、これっぽっちも考えたことないよね。
小さな命は尊いって言葉はよく耳にするけれど............

 18227-m05_20200227132415be2.jpg

オレって、遠州茶処に生まれながら、
お茶の味がさっぱりわからんヤツだが、
某所で買ってくる深蒸し茶は美味しいと思う。

猫舌猫体ごんべは、熱いお茶が飲めないので、真冬でも冷茶だし、
鼻炎を40年もやってると微妙な匂いがわからない。
なので、風味というか、そういうあじわいができないのだ。

漬け物食わんし、お茶飲まんし、おまえなァ...........
と、以前はよくいわれたなァ、これでもれっきとした日本人だわィ。
ちょっとだけ異端児だけれど、それほどイタんじゃいねぇ。

おひとりさまのときにやってた、ええからべぇ料理っていうのは、
アウトドア遊びのおかげであって、
山へいったり、渓流で寝たりして、やってた習慣から発生した。

ただ、オレたちのやってたのは、
なんとかオーブンだとかを使ったりする、西洋式のヤツとは、
だいぶ趣が違って、石焼いて鍋んなか放りこんだりするほうなのだ。

どっちかといったら、マタギの爺ィちゃん直伝の味噌土手焼とかね。
ちろちろ燃える焚き火で、キャンプファイヤーじゃないし、
深めのフライパン1丁背負って、それで賄うという、いわば焚き火料理。

あの人失くして、悲しみのどん底でも腹が減ることを知って、
やむなく引っ張り出したのが,多少は馴染みのあるフライパン。
オレの、やっつけ料理はここから始まったんだな。

料理もそうだけれど、何十年も写真撮ってるのに、
ほどほどは撮るが、それ以上にはならん。
ま、いくら撮ってもこんなもんだから、こんなもんでいいんだ。

わけわからんって? 本人もわけわからん。
もう、半世紀もまえのことだけれど、
1年ほど短期の写真講習ををうけた憶えがある。

多少はそれが身になってる部分はあるらしい。
ま、別にプロになる気持ちはなかった。
同級生たちは、けっこう野望をもっていたようだけれどね。

のちに零細貧乏ぎりぎり出版社を起ち上げたころ、
プロカメラマンをお願いする予算がなければ,自分で撮った。
なんか自信満々だったけれど、先輩にけちょんぱん。

商業写真のイロハから叩き込まれた。
中途半端にやってきたから始末が悪いって、
ちょっとばかりの自信を、ぜんぶ、吹っ飛ばされた。

が、これとても、自分でページをイメージして、
レイアウトするんだから、それに添った写真であればいい。
ま、本文の行数調整くらいのもの。

いま、その写真がいちばんの趣味だけれど、
たいして上手にはなっていないなァ、とつづく思う。
ま、いいんだ。こんなもんで。活力の足しになればいい。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら

石の上にも3年の普通レベル - 2020.01.28 Tue

曇り だけれど、一部に青空もある。明日から晴れ。
昨夜は木枯らしだった。どこかがガタガタ鳴っていた。
それで、今朝起きたら、こんな天気。山も雪の気配なし。

1週間は雨の予報だったよね。明日からずっと晴れ。
ま、じとじと降るよりはいいに決まってる。
それほど寒くもないしィ。

 木枯らしやくさめひとつして身を縮め  ごんべ

で、天気がよくなるなら、いつも池のある公園へいこか。
あそこは梅が咲くのがはやい。マンサクもあったし。
だいたい、24日の写真も出しきったしね。

オレはせっかち、おペケはぎりぎりにならないと支度しない人。
出掛けるときは、そりゃもうタイヘン。オレがイライラ。
身支度すませて見にいくと、鏡台のまえでバタバタやってたりね。

「まだァ、早くしてよ」
「あら、まだ5分あるゥ」

オレがイライラ。あっちいったり、こっちきたり。
結局は決めた時間に間にあってるんだから、
イライラするこたァないが、性格だからしゃーない。

いきたいと欲したときに、
「よし、いくッ」っていう即断即応は、
気儘なおひとりさまだったからできたって部分はある。

そのかわり、逆もあるわけで、
「往きたくない」って思ったらてこでも動かない。
要は「いくぞッ」て、発進力、行動力の問題なんだな。

だから、「それ、それ、それぇ......」とか、
「うわァ、うわァ、うわァ.........」とか、
おペケが煽ってくれれば、「ほい」と往く気になるってもんだ。

 20128-a3.jpg
 ↑ 今朝の空

池のある公園は北区の都田公園。
途中で買っていったサンドイッチを食べながら、
ぽかぽかの日差しのなかで、のほほんとランチする。

真ん中に猿沢の池があって、南向き斜面は風も当たらず、
日当たりがいいから暖かい。
だから、ここのベンチは冬でも居心地がいい。

しばらくお会いしていないが、
ここで会う先輩ご夫婦がおいでなった。
いつだったか、隣のベンチだったので、声かけてみた。

畑も田圃も引退したからねぇ。
こうしてお昼を食べにやってくるのが楽しみでぇ。
バァちゃんがそういってた。

 ←click 

ジィちゃんね。どんどん先に歩いてくるんだ。
コンビニの袋もったバァちゃん、ちょっとまがった腰に手をおいて、
そのあとを追ってくる。

で、南斜面の中腹の決まったベンチへ座って、仲睦まじくお昼ごはん。
バァちゃんが甲斐甲斐しくお世話するのが
独り身のオレには、なんか羨ましくて涙がでそうになった。

それで、おペケといくようになったが、
ここんとこ、先輩たちにお会いしていないんだ。
お元気でいてくれるといいな。

 20128-a1.jpg

この公園は歩く人も多いのだが、
あるときシロツメクサの花を撮ろうとして、
草の上に寝そべってカメラ構えていた。

ちょうど通りかかったご夫婦が声をかけてくださった。
「なんの写真を撮るんですか?」
「これを横アングルで撮ろうと思って....... 」

座り直すと、旦那さまは脳溢血かなんかの後遺症で、
足がちょっとご不自由のようで、奥さまがリハビリのサポート。
「この人も写真撮るのが好きなんですよ」

見上げるとご主人がなにかいってらっしゃる。
「リハビリをいっしょけんめいして写真撮りたい」
そういっていると奥さまが伝えてくださった。

ちかくのベンチに座ってモニターをみせてあげた。
この病気は涙もろくなるから、
瞳濡らして「頑張るゥ」とご主人がいった。

「そうですよ。次はカメラもってお会いしましょうね」
そういって握手した。
「ありがとうございました」と奥さま。

先日のフラワーパークであった中国カップルもそうだが、
公園って人と逢える愉しみがある。
行きずりであっても、知らない人と話すのは愉しい。

 20128-a6.jpg

「ほらァ、誰だっけ?」
「あ、わかってるけど、だれだっけ.........」
よくある爺ィと婆ァの会話ではあるなァ。

おペケもオレも、その人のイメージはは浮かんでるんだ。
だから、会話は成り立つんだし、
5分もしてから「思い出した、○○さんだよね」って。

だいたい思い出すのはオレ。
そもそも、人間は忘れる動物であるっていう。
1時間後には50%、1週間後には25%しか憶えていないのだそうな。

これは、脳自体の自己防衛ではないかと思うのだ。
だれがいったかって? オレだ。ってアテにならんか。
人間が生きてゆくってことは、日々かなりの物事がある。

なぜ、こんなに背負うんだっていうくらいに多くの思いもある。
ぜ〜〜〜んぶ憶えていたら、そりゃタイヘン。
だから一定量しか脳味噌のなかにおいとかないんだな。

オーバーフローになったら、どんどん溢れさせて、捨てちまう。
溢れ出しそうになって、フチにひっかかって、
それでも気になるのが、深夜に発する寝言なんだと思う。

なかには、寝ぼけてガバッと起き、
なにやら、もっともらしく喋ってバタッと眠る。
アハ、これは、ちょっとまえの仕事人間のオレだったゎ。

20128-a5.jpg

ずいぶんまえだけれど、ガーデンパークのコスモス畑で、
オレがいつものように、べちゃっと地面に正座して、
カメラ構えてたら、オバちゃんカメラマンから声がかかった。

「どうして、そこへ座るんですか?」
「ほかに座ってる人がいないからです」

あの、オバちゃんカメラマン、わかっただろうか。
だれもが普通に立って撮ったアングルばかりだと、
座って撮ったローアングルは、ちょっと変わっている。

これを新鮮というか。奇をてらっただけというか。
ま、腕前次第だけれど、自分自身に新鮮ならいいと思う。
少なくとも、立って撮った人に「あ」といってもらえる。

最近は、バリアングルビューっていう、
液晶画面が自由自在になったから、
正座したり、寝転がったりしなくてすむようになった。

おかげさまでジーンズ汚さないで帰る。
なぜ、膝をつくかといったら、
誰もそうしていないから............. でしかない。

内弟子おペケも、石の上にも3年過ぎたから、
彼女の写真を現像しながら「普通のレベル」になったなと思う。
普通というのは、「意識して写真を撮る」という意味でね。

このレベルだと、実にもってどんぐりの背比べ。
ここから抜け出して一歩先んじるには、
師匠に「あ」といわせる回数を増やすこと。

そのためには、
膝ついたり、寝転がったりまではしなくても、
そういう見る目ができるってことが大切。

オレとごんたクンで撮影にゆく」。
「ご飯食べてきてね.........」とおペケがいうのだが、
だいたいは食べずに帰ってくる。

夢中になったら腹はすかない。
同行する回数が増えて多少は理解したみたいだが?
ま、女性は食べることも好きだからねぇ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら

温かくて河津桜が咲きそうだ - 2020.01.11 Sat

イイ天気 だけれどねぇ。鼻はぐしゅぐしゅ地獄だし。
鼻かむとハクション5連発だし、さ、殺せってな。
ぐるじぃ〜〜のだよ。もう、イヤ。

気分変えてどこかいってきたい。
この「気分」ってヤツが鼻炎には案外効く。
外出るとくしゃみがでなかったり、洟水停まったり。

それで調べてみたけれど、
フラワーパークの菜の花とチューリップのコラボは、
10日くらいはやいかな、と思う。

そういえば、福寿草と節分草がひっそりと咲くし、
バラ園南側の緋寒桜も咲くしねぇ。
そう、早咲きの梅がひらくのは月末かな。

あ、愉しいな。もうすぐ春だな。
そう思ってれば、鼻はぐしゅぐしゅ地獄もすこしは和らぐか。
だいたい当地は節分過ぎたら春だからね。

 77mm.jpg

キャノンもニコンも新型カメラを発表したけれど、
わがペンタックスはうんともすんとも。
ま、今年のうちには新型でるらしいけれど、先は見えない。

userって焦れるんだな。なんか情報があれば待つ。
けれど、待てなかったら他のメーカーへ乗り換えるかも。
オイらもここ3日ばかり迷った。

ま、別に新しいテクノロジーへの好奇心だけだから、
いまの2台で充分なんだな。不満があるわけじゃない。
それで3日愉しんだ。迷うのも愉しいんだよ。

ま、とりあえず半年以内に発売されそうにないから、
いちばん欲しかったレンズを買っておくかって結論。
これがねぇ。高いんだ。

中古品の美品で62.800円。
ただし、ここにキャッシュレス還元サービス5%がついてる。
これがどういうものか理解できなかったから、調べてみた。

amazonの場合は、その還元表示商品をカーゴにいれると、
その時点で請求金額が5%引きになる。
消費税が半分になるわけだから、−3000円は大きいね。

 62800円×0.95=59660円

って、これに釣られてポチっちゃったぃ。
あ、春が待ち遠しい。
春よ、こい。春よ、こい。ごんちゃんが待ってるよ。

 20110-m2.jpg 20110-m1.jpg

昨夜もご飯たべながら、2人で大笑いして、
明日の「てんちゃら............」のネタができたじゃないといった。
で、いま書こうとしたら、それをすっかり忘れていた。

「おーい、なんだっけ?」
って、聞いたらおペケも忘れていた。
ま、2人忘れるほど他愛のないことだからどーでもいいか。

メモしときゃいいじゃない、そういうけれど、
忘れるようなこたァ、忘れちまえばいいんだな。
皆様にお聞かせするほどのことでもない。

 ←click 

「すき焼き、どうしよう?」
おペケが聞きにきた。
「あんたの思うとおりでいい」と答える。

いちいち聞かなくたっていいのだ。
最近のオレはオレ、文句いわない。
「聞いておけばクレームないじゃない」ってのも一理ある。

 20111-a2.jpg

居間に陽が燦々と入る。
3時頃までは温かい。エアコン要らない。
スキー場に雪がないんだってね。

おペケの友人は冬だけスキー場にアルバイトにゆく。
いまのところ出勤するけれど、仕事がないんだっていう。
このまま終わるとは思えないが、暖冬予報はアタリ。

積雪がないため緊急融資なんてニュースもある。
豪雪も困りもんだが、降らないのも困る。
雨もそうだが、両極端っていうのがね。

どこかで、河津桜が何輪か咲いてるらしい。
この暖かさじゃね。 
さもあらん。

 171226-f1_20200111121021236.jpg

満月の夜に財布を開けて、お月さんを入れる仕草をすると、
オカネが入ってくるんだって、おペケが必ずやる。
で、宝籤当たったら最高級カメラ一式買ってくれるという。

ま、あまり期待はしてないが、
ほら、満月だよー、いっといで.............
っていうぐらいの支援はする。

ほかに、オカネがはいってくるアテはないし。
安倍さんがナン兆円か、どこやらへバラ撒いたとしても、
年金が増えるこたァないからねぇ。

昨夜もやっていた。
ベランダでて、真上のお月さんを見上げて、
オマジナイしていたら、なんか気配を感じたそうな。

そうしたら、隣の1ルームマンションの若い衆が、
なんかヘンなバァちゃんがオマジナイしてるって、
二度見して、凝視していたって、まァ、大笑い。

 171226-f2_202001111210227a1.jpg

オレ、アネモネが好きなんだね。
まえの住まいの出窓にもずっとアネモネがあった。
大輪の花がゴージャスで、けっこう次々と咲くんだね。

写真映えがする花だから、カメランとして好きかもしれない。
撮っていて飽かない花ってあまりない。
キレイな花は凝って撮らなくてもいい。素直に撮る。

おペケにいった。
花に心があるって知ってるか。
そうらしいね。

ほんとかどうかは知らないよ。
植物は会話する、っていう人が花好きにはいる。
オレは咲き終わって、必ず「ありがとう」っていうんだな。

「おひとりさまの独り言じゃなかったの?」
おペケがそういう。ま、それもあるか。
スピリチュアルには関心はないけれど、ありがとうはいう。

撮り終わっていう。花を落とすときもいう。
こんなに愉しませてくれたんだもの。
それに「ありがとう」というのはあたりまえなこと。

山や海で遊んできたけれど、いつも朝は太陽に一礼していた。
ごくあたりまえに自然を敬う気持ちだ。
これが山脈や大海原をまえにすると、出てくる。

たぶん、人間がもつ素直な心だと思う。
けっして征服するだとか、制覇するだとか。
そういう不遜な感情の接しかたではなかった。

遊ばせてもらう、というつもりだった。
だけどそうでない人もいる。
某峠で富士山を撮るのに邪魔だと、希少樹木の枝を伐ったり。

ある所であったはなしだけれど、花を手折って、
自分の都合いい所に挿して、撮ったあとに路傍へ捨てたという。
それを、見かねたほかの人が咎めた。

すると、「道端の花だ、どうでもいい」といい放ち、
「おまえんちの花か」とくってかかったそうな。
そんな形で撮った写真が愉しいか? そう批難する。

でも、そういう人に、そういう心はないんだな。たぶん。
爺ィになってからは、見てもいわない。余計に不快になる。
自分自身がしないように気を付けるだけ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

 20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

【雲の動き】

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく










   


   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

略してごんべ

Author:略してごんべ
「Gombessa」
スペルが面倒だから
「略してごんべ」

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する