topimage

2019-01

あって邪魔なモノじゃないからなァ - 2019.01.13 Sun

いやァ、ド晴天。風もなし。
温とい。ぬくとい。あったかい。
いい成人の日になったねぇ。おめでとう。

 晴れ着の娘が
 歩を速めて
 舗道をゆく
 その先に
 倖せいっぱいあるといいね

この近所には美容院がいっぱいある。
着付けしてきたんだな。
いつだったか、雪の成人の日があったが、あれでは可哀想。

それにしても雨が降らない。水瓶は大丈夫かいな。
里山の向こうの南アルプスの前衛は、白くなっている。
アルプスに発する枝沢の水を集めて、天竜川が流れ下る。

浜松市は天竜川の水に頼っているわけだが、
その水源はなんと諏訪湖なんだな。
途中のいくつかの支流を集めて、あの大河天竜になる。

天竜区に秋葉神社がある。全国、火防の神さまの総社だが、
その本殿から足下を望むと、天竜川が大蛇のようにくねっている。
つまりは、暴れ天竜のつくった沖積平野。

 111102-ak30_20190113104129ac0.jpg

下流部に佐久間、秋葉、船明の3つのダムがある。
ま、このダムが電力を供給し、われわれがその恩恵を享受している。
が、生き物が生きる川としての存在は失った。

そればかりか、白砂青松の遠州灘の砂浜も失っている。
ひとつの文明を得るために多くのものを失った。
昭和から平成という時代はそういう時代でもあったのだ。

もうじき年号が変わる。
次の世代ってどうなるのか?
オレたちゃ消滅するけれどねぇ。

111102-ak11(1).jpg

Nikonのカメラにいつ変えたっけ?
料理撮影係としては、満足いく写真が撮れている。
これでもけっこう難しいよ。

皿の影入れないとか、テーブルのハレーション外すとか。
もちろん、料理が美味しく見えるのはいちばんだし、
これも、けっこう愉しいのだよ。

「できましたァ、撮ってください」
そういうお声がかかって、カメラもってとんでいく。
最近は注文が多い。

あァして、こうしてというから何枚も撮る。
おかげで料理写真の腕もあがってきた。
Nikonもマスターできたようだ。

 ←click 

SONYが最先端カメラを発表する。
カタログでは魅力的で使いたいと思うのだが、
どうにも、SONY クオリティーなるものが気になる。

この前のカメラもそうだが、なんだこれ、って故障だな。
それに当たってしまったものだから、拒否反応がある。
このNikonだって、ちょっと怪しいところがある。

 17130-a3_201901131121211e7.jpg

「大」という字は人を表す。
その上に空の位置を示す「一」を置いて、
これすなわち、広い宇宙を表す「天」である。

天は人の上にある。
季節のめぐりがさほどの狂いもなく、順調な収穫があれば天の恵み。
しかるに、最近はそうばかりではない。

大雨が続いたって、大寒波がきたって、これをとめることはできない。
つまり、天とは喧嘩にならないからねぇ。
天に唾すれば自分の顔に落ちる。

だから、むかしの人は、行い正しくして天の恵みをいただいた。
お天道様の下に出て恥ずかしくない行いを心がけよ。そういったのだ。
これは、おのれで恥を知るという自制の念である。

踏み外せば恥知らず。
みんな世間さまに恥ずかしくないように生きたのだ。
が、昨今はこのすべてのタガが外れた。

気象は異常がつづき、人の心は恥を忘れ、政は民を思わず。
オレはそのうちいなくなるけれど、この先どうなるんだ?
ねぇ。

 19113-a1.jpg

浜松では 厳しい寒さも秋葉さんまでという。
火伏せの神様、市内の秋葉神社へ、
正月のお飾りやらお札やら収めて焼くのが、1月28日。

余所だとどんど焼きらしいが、
オレたち街場育ちでは、これがなかったから、
秋葉さんへもってゆくのが毎年の習い。

オレたちがガキの頃も、ここらが寒のピーク。
秋葉さん過ぎるとぽかぽかあったかくて、
霜焼けかゆくてたまらん...... っていう季節になった。

雪にご苦労されている日本海側の方々には、
申し訳がないほどに、浜松は温暖な土地柄だから、
今日みたいに空っ風ないとほんと温かい。

2月の声を聞くと、もう、暖かくなるよって気になってしまう。
三寒四温がしばらく続き、その間に2度ほどの、
寒の戻りがあって、河津桜が咲けばもう春だからねぇ。

 1428-f01.jpg

最後の章だけれどネタがねぇ。
クロネコさんがレンズもってこないかと外みたり、
珈琲飲みながら新聞をぼゥゥ........ とみたり。

なんだ、また詐欺事件か。
静岡はお人よし、人を疑わないのか、被害が多い、
うまい話は眉にツバ。

とくに儲かるはなしは眉毛びしょびしょにして聞きなはれ。
儲け話が、そうそう、あるもんじゃない。
が、息子が、孫がァ、とやられると騙されちゃう。

この情に訴えるってのは、
儲け話の欲の皮突っ張るのとはちと違うけれど、
これほど世間を騒がしているのに、わがことは別なんだ。

まァねぇ。
それほど欲は掻かなくてもと思うけれどね。
あって邪魔なモノじゃないからなァ。

ましてや、年くってくると、
これの亡者になるお人もあるからねぇ。
なのに簡単に手放してしまう。困ったもんだ。

地方のお医者さんが、患者さんの高齢者から、
アンケートをとって「独居でも生活の満足度が高い」って、
一面を導きだしたというのだ。

ま、オレもおひとりさまのころ、さんざんいってきたこと。
当事者だった側からいえば、
半分はホントで、半分は強がりってところ。

貧乏人がボンビーでなにが悪い。
オレはこれでもシアワセだァ..... ってのとおんなじ。
どちらも開き直ってしまえば、暢気でいい。

結婚しない若い女性が1人がシアワセっていうのと、
もしかしていっしょかな。
やっぱり、半分はホント、半分は強がりなのか。

 ケンカする必要がない
 合わない人と過ごさなくていい
 時間はすべて自分のもの

え、他人と協調することがイヤで、
それをしないでジコチューでいることがシアワセだとでも?
なにをか況んや................

それに対して、独居高齢者の満足度だけれど、
「他人が思うほど不幸せだとは思っていないんだから.........」
これは、たしかにあるんだよ。ほんとに。

たとえば、独居に至るまでの煩わしさがある。
あんな思いをするならば、あたしゃ、一人がのんきでいい。
わがまま爺さんを看取ったならば、これくらはいう。

でも、つつがなく暮らせたら、
一人よりは2人がいいに決まってるんだ。
ま、このあたりが切ないところ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

キーボード叩くようになって漢字が増えた - 2018.12.25 Tue

今朝もイイ天気。隣のセンセ にいってこないと。
たぶん、途中で中断かな。あ、忙しィ。
待ち1時間、診察5分。それで通れるのがいい。

「何かかわったことは?」
「ありません」

ハイ、それじゃ、いつものお薬だしときます。
で、すんじゃううちは、達者な証し。
どこもいうことなしでね。

もう何年も降圧剤と抑コレステロールの薬を飲む。
数値はギリギリセーフ。
別に自覚はなし。一病息災。

 171215-a1_20181225100902e8d.jpg

終わったなァ。
あとは、エッセイページをぼちぼち整理。
なんか、自分で読んじゃう。

釣りがなくてなにがおのれの人世か。
ってな、はちゃめちゃの生き方していた頃のはなし。
たしかにね、朝駆け夜討ちってやつ。

だいたい深夜に移動しているから、なんかしらん、
やたらとおまわりさんに呼び止められたりして、
まァ、エピソードに事欠かないわけだ。

自分で面白がってまとめをやってる。
なかなか捗りませ〜〜〜ん。
ま、3月31日がリミットだから、まだある。

 「エッセイ集」←click

その釣りを、なんの未練もなくやめた。
もういいや、って思ったらきっぱり。
オレの性格だからしゃーない。

181225-r3.jpg

ときどき「ごはんめも」へのリンク忘れるんだね。
左サイドのメニューにはあるのだが、それがなかなか。
昨日も「め〜〜〜〜〜〜」と叱られた。(。-_-。)

忘れてもいいように、
リンクバナーをメニューの上にもってきたのでよろしくゥ。
なるべく忘れないように。

 ←click 

さてと、小さなケーキひとつ。
おペケも女性でござい、ってなんかやりたい。
いつもいうが、うちは曹洞宗で............

そういえばweb某所でみたのだが、
若いお寺の住職が、幼い子供にせがまれて、
クリスマスリーを買ってきたのだとか。まぁねぇ。

これもtwitterで見たのだけれど、
アーメンとは「ごもっとも」という意味だとか。
お説教のあとに「ごもっともー」と唱和するってことか。

すると、現代後解釈すると「そだねー」っていうのだが、
キリスト教のかたにしかられそう。
なにせうちは曹洞宗なんでごかんべん。

 141222-f1_20181225105751d65.jpg

新聞に、1億円をオレオレ詐欺でとられたとのニュース。
その金額がタンス預金っていうのも凄い。
裁判訴訟の詐欺だけれど、ひっかかちゃうんだねぇ。

テレビで「年寄りはカネはきだせぇ」と詐欺犯がいってた。
そっちがいうことかってこと。大きなお世話だ。
これだけが頼りだ。はなすもんかってぇの。

でねぇ。自転車がほしいな、って思いはじめている。
以前あったんだよな。アルミの折り畳みがねぇ。
引っ越しのときに生○創庫で売っちゃった。

引き取りが4000円だった。
けっこう元はいいものだったのだな。
アブク銭はもたねぇなんぞと、Tシャツ5枚などを大人買い。

いまごろになって、歩く限界よりも、その先へいってみたくなった。
たとえば、うちの横の遊歩道をお城までゆきたいとか。
それで自転車がまたほしくなったのだ。

で、はなしは元に戻る。
おペケは、見たものなんとかで、オレは宵越しのカネはもたねぇ派。
なんていっちゃって、カネは貯まらないや。

なんかヘンだけれど、2人ともに、浪費へっちゃら大人買い、
一方では、ちまちまケチ感覚の両方がある。
ま、いいじゃん。どうせあっちへはもっていけない。

 141228-ue02_20181225110753098.jpg

オレねぇ。わりと往生際はいい。
こだわりはスパッと捨てる。それは子供の頃からなのだ。
いつしか学んだ自分を護る術でもある。

だから、人の縁でもそうなんだな。
オレにはオレなりの琴線がある。これが弾いたら未練は捨てる。
それがオレのやり方だっていって貫いてきた。

グズグズしているより先へいこう。
先にはいいことあるかもしれない。そう思って生きてきた。
これは、たぶん、バァちゃんの教えだったのだな。

ダメだこりゃ、と思ったら、躊躇わずに先へ踏み出す。
だから,ときどき、はやとちりする。
失わなくていいものを手放したりする。なんべんもあった。

でも、いつまでも関わっていて、
被るかもしれないマイナス要素を、そこで断ったと思えばいい。
ま、人の情は、それほどに割り切れるもんじゃないけれど。

人を信じるってことは、縁を淘汰することでもある。
もう、ここまできたら、ええかっこしィするこたァない。
来たるもの拒まず、去るものを追わず。

周囲がだんだん寂しくなるけれど、それでいいんだ。
もう、自分のまわりの輪は拡げなくていい。
そう思うけれどいかが?

 1622-mk31.jpg

いまも、手洗いにいってきて、マウス握って、
ありゃ、次にどこへもっていくのか、忘れてしまってるゥ。
とりあえず、マウスポインタがうろうろしてるうち、あ、そうか、と思い出す。

ま、こういうのが日常茶飯だから、気にはしない。
一日に100億くらいの細胞が頓死しているっていうのだ。
おいおい、ごんべの脳細胞なくなっちゃう、とはならないそうな。

あれだよ、ほら、あれ、あれ.......
どっちかがこうなったら、うちでは2人で思いだすことにしてる。
思い出す努力をすると、その何割かは復活するという。

面倒な、などと脳細胞放置はだめ。
思い出す努力はしておかなくてはいかんのだ。
ま、決定的なのは漢字忘れだねぇ。

ワープロからパソコへ、キーボード叩くようになって30年だろ。
文字変換もますます便利になって,漢字がもう書けない。
こんな形だったというまでは憶えているが、これでは書けるわけがない

それに加えて、ド忘れどんどん増えていくから、
あれだよ、ほら、あれ、あれ......... なんてねぇ。
ただし、実際には逆現象が起きているよ。

変換が簡単になってから、
日本人の文章に漢字が多くなっているってのも皮肉。
読みさえわかれば打てるのだから、そりゃァ、増えるよなァ。

むかしから衰えは、ハメなんとか............ という。
歯も、目も、衰えが50歳過ぎた頃に、
ガタガタと急坂転げ落ちるようにきたんだな。

これが、還暦赤ちゃんこ過ぎて古希ともなると、
一旦停止するんだね。
その次にきたときは、ぜんぶなくなるゥ。

残るひとつか?
男の終焉は赤い玉が出るって昔からいうんだ。
男の終焉赤い玉伝説というヤツ。

これねぇ。赤い玉をみたって人を聞いたことがない。
むかし、パチンコの打ち止めに赤い玉がでたらしいのだ。
これから伝説が生まれたってはなし。

てなことで、隣のセンセにいってくる。
ほなあした..........

20takakura_201812251138192eb.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

酒なくてなにがおのれのって.... - 2018.12.18 Tue

ぼけぇぇ.................. としていたら9時過ぎだ。
ま、のんびりいこうぜ。
雲が東へむかって、けっこうな速さで流れてゆく。

上空は風が吹いているようだが、今朝は空っ風はない。
遠州は赤石颪という。南アルプスの前衛が赤石山脈。
日本列島の尾根を越えた風の通り道だ。

だいたい10時頃になると風が吹き始める。
雪は降らないし、この風がなかったら暖かいのにねぇ。
それでも弱くなったと思う。

オレたちが子供のころは、風上に向かって、
身体を斜めにして歩いてたからねぇ。
耳朶は霜焼けで膨らんでいた。

あれって栄養状態なんだろうか。
いまの子供は霜焼けにならないからね。
ほっぺが真っ赤な子は見かけない。

 171222-mk44_20181218094240c38.jpg 171221-mk04_20181218094239036.jpg

去年だったかしらん。
おペケが、こっちのスーパーでハタハタを見つけて、
喜んで買ってきて、鍋にしたのだ。

本人は久しぶりだから喜んで食べていたのだが、
オレにあの腹子の食感と生臭さが、なんとも未体験なもので、
美味いとはいいがたかったのだ。

で、今回は新鮮なものを送ってもらったので、
おそるおそる食べたのだが、まったく違っていた。
つまり、魚は新鮮さで味が変わる。

前回のオレの中の不評をくつかえすに足りる味だった。
秋田の名誉のためにいっとく。
新鮮だったからたいして美味かった。

 ←click 

もしも、オレがハタハタをイヤだといったら......
おペケが、そう気遣ってエビフライを用意してくれた。
両方ペロリと食べちゃったから、食い過ぎだねぇ。

 171221-mk02.jpg

8年前の暮れにこんなこと書いていた。
なんだか、ちっとも進歩がないぞ。
ま、いまさら進歩もないもんだだが............

 来年の目標は?
 とくになし、もっと、もっと、
 のんべんだらりちゃらんぽらん。

 大した欲もなく、
 日々是愉しく過ごせればいうことなし。

たしかに、のんべんだらりんの度合いは進んだな。
日々愉しいっていうのは、99%くらいはある。
これといった憂いはないから,それなりのシアワセ。

来年か? 別に思うことはない。
もっと、のんべんだらり、ちゃらんぽらん。
たいした欲はない。

年の瀬をよいこらしょっとまたいで、
どこやらから、ゴーンと除夜の鐘の音聞こえたら2019年。
ま、単なる昨日のつづきと思えばどーてこたァない。

 171222-mk37_2018121810272126a.jpg

大酒飲みの遺伝子がオレには伝わらなかったから、
飲むことは飲むが、それほどの酒飲みではない。
ま、よくいうたしなむ程度っていうヤツ。

オレがヤモメになったばかりのころ、独り暮らしの先輩が、
お酒飲むとき、眠剤のむとき、火の用心はもちろんのこと、
眠っていいようにしてから飲むんだよ、と教えてくれた。

そういえば、江利チエミさんもそうだったしねぇ。
寂しさゆえに飲む酒で、一人寂しく旅発ってゆくなんて、
絶対にイヤだと思ったから、酒に逃げることは抑えた。

世間には、それでも抜き差しならない人が案外多いもの。
酒に溺れる、眠剤に頼る。
それだけは意思の力で避けようと思った。

でもねぇ。人って脆いものさ。
オレに、独り暮らしの注意点を教えてくれたお方が、
情緒不安定でいつの間にか周辺から消えちまった。

 171222-mk33_20181218094243b22.jpg

そのころに帯状疱疹になって、
頭のてっぺん半分が神経痛できりきり痛み、
よせばいいのに、その最中にビール飲んだのだ。

そうしたら、なんでこんなにっていうほどに悪酔いした。
たった缶ビール1本なのに、と慌てて薬の能書き読んでみたら、
アルコールに過剰反応する可能性がある、と書いてあった。

それ以降、ちょいちょいと、これが出る。
そうなると、今日は気分いいから、
ちょいと1本というわけにはいかなくなった。

アルコールに反応するかは、飲んでみなきゃわからない。
ほろっと気持ちよくなるか、逆に気持ちわるくなるか、
呑んでみなきゃってのは、飲みたいって気持ちも失せる。

掛かりつけセンセに聞いてみたが、
薬の反応なのか、アレルギーの関わりなのかわからないといい、
飲まなくてすむなら、飲まないほうが............... って返事。

幸いに、酒なくてなにがおのれのって、
ほどの呑ん兵衛の遺伝子はなかったからね。
飲みたくなっても我慢していたら、やがて、どーでもよくなった。

それゆえに、あの人失って2年間ってものは、
意識して一滴たりとも飲まなかった。
酒に逃げれば、酒に溺れる。そう、思ったからだ。

それで、自分自身でもういいだろうと、
アルコール解禁してみたらこの始末だからねぇ。
ま、呑まなくたっていいや。

飲まないって決めたら飲まない。
意地っ張りだから、隣でおペケ飲んでても要らない。
たまーにひとくちくれっていうくらい。

いまどきは、男性20歳代の飲酒が減っていて、
女性40歳代の飲酒が増えているそうな。
そうそう、忘年会に若い社員はいやいや出てゆくらしい。

なので、忘年会にどうしてもでなきゃいかんのなら、
勤務時間内にやってくれとはなにをか況んや。
世の中かわったもので.............

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

santa_20181216104453050.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

ぜんぶ気負いを抜いて呆けちゃう - 2018.12.12 Wed

雨だァ。外は灰色だァ。寒くはない。
でもエアコン入ってる。
北の書斎でも22℃に保たれる。このほうがいい。

自衛隊の練習機は飛んでるから、雨はあがるんだな。
すると空っ風が吹く。冬のパターンだ。
昨日あたりもベランダの洗濯物が大騒ぎしている。 

あれだけもみくちゃになったら、疲れてしまう。
オレのシャツがかわいそう。
それで、見かねて中に取り込んだ。

不思議なもので、空っ風が吹き始めたらスズメが1羽もいない。
どこかの風当たりのない、静かなところへ引っ越したか。
だから、今朝あたりの窓の外はなにもない。

 181212-a2.jpg 181212-a3.jpg

故郷の味っていいもんだよ。
オレも故郷離れて暮らしたときは、シラスご飯を、
食べるだけのために東名高速を走ったからね。

おペケが、秋田名物ハタハタを焼いた。
「うまい.......... 」って食べている。
その美味さの半分は郷愁という味なんだな。

 ←click

オレの分はちょっと余計に焼いてもらう。
水分の多い魚だね。
だから水分とばしてもらう。

 141110-asa6_201812120936396c4.jpg

おペケもそうだけれど、おばさんって大胆だ。
ネットしてても、わりと危機感がない。
はっきり いえば無謀なのだけれどね。

実は、怖いもの知らずで果敢にパソコン操作する人は、
上達も早いけれど、罠にもはまりやすい。
でも、怖がっていては進歩のないのも事実だ。

オレなんぞは,
最初のパソコンはわけわからぬ不良動作でダメにした。
なんて、これっぽっちも自慢にゃならないか。

いまどきは、手口が巧妙だから、
ま、君子危うきに近寄らず............... ってことだ。
でも、そこを自分のスキルで突破するからおもしろいってこともある。

マイノリティMacにはウィルスも少ない。
が、ないわけではない。
マルウエアはあちこちに転がってる。

セキュリティをガチガチに固めても面白くない。
最近はポップはとめられても、ページ飛ばしはおおかた避けられない。
だから、いまどき好奇心だけってのはヤバいのだ。

 1327-g02_20181212100234ae1.jpg

昨日、Fierfoxがおかしくなって、
マシンを再起動したらなんかしらん直っていて、
けれどもアドオンがトンだから、入れなおしていた。

広告を表示しないアドブロックは、
無広告になれてしまうと、なくては通れない。
できるかぎり余分なものは排除する。

ついでにブックマークの整理していたら、
AVページが入っていて、なんだったろうと覗いて、
あ、これかと削除した。

去年の夏だったか、
週刊誌2誌が取り上げた無料AVサイトがあった。
シニア向けに安心して観られるなんぞという提灯記事だな。

で、よくもそんな記事載せるなと思った記憶がある。
当然ながら、好奇心の塊のオレは観にいった。たしかに凄かった。
けれども、よく考えてみればアドが少なすぎた。

そのうちなんか仕掛けがでるぞ。エロ爺ィさんひっかかるぞ。
で、10月くらいに、ぼちぼち怪しくなった。
昨日覗いてみたら、けっこう仕掛があったのだ。

「あなたのパソコンにウイルスが........」
このPOPが頻繁に出るし、微妙なクリック操作がいる仕掛がある。
こいつはウイルス祖父血が入ってると、ピピッと警告音が鳴る。
で、ポップはいま観ているページの裏。

ページをずらして、X で即削除。
そのポップページの誘導に乗ってどこかを、
クリックしなければいい。

この微妙なクリック操作というのは、
的確にポインターしないと、ほかのアドページへ飛ばされる。
なので、せめて「シークレットウインドウ」を活用のこと。

もう中途半端スキルのシニアには手に負えないのだ。
なるほどねぇ。わるさも進化するって、
なんか納得しながら削除した次第。

ま、あの種のサイトに安心なんてないんだ。
やっぱり君子危うきに近寄らず............... が最善。
週刊誌もいい加減なものだねぇ。ほんと。

そういえば、最近の週刊誌の新聞広告みてると、
なんか内容がほぼシニア向けだね。
若年層の情報収集はネットだから、そうするしかないか。

 141110-b01_20181212093638a9c.jpg

そうか、あと20日を切ったのか。
去年の大晦日は? って、まったく忘れちゃってるゥ。
オレ格闘技、おペケは紅白歌合戦。

大晦日は居間と炬燵の行き別れ。
ま、どーてこたァない。
そのうちテレビ観るのに疲れて、うとろうとろ。

最初の年はかなり気負ってたと思うよ。
1人で頑張ってきた気負いもある。
この人をシアワセにしなくちゃいけないって気負いもある。

それは、両手に余る悔いの上にあるオレのシアワセへの気負い。
気負いってのはすなわち不安だ。
ぶっちゃけたはなしが.................

2年目だって気負いはあった。その気負いの分だけ喧嘩した。
だいぶ、溶けて流れて、のーへだけれどね。
オレだって男だもの、さァ、頑張らねばって思う。

で、どこかで気付いた。
そうシャカリキにならんでも、いいじゃないか。
オレよりも、おペケ優先しとけばいいんだってねぇ。

そうしたら頑張らなくなったし、
ぜんぶとはいわないけれど、妥協するようになったし、
途端に摺り合わせ、つまりは喧嘩がなくなった。

来年は、もっともっと鈍感になる。
な〜〜〜〜〜〜〜んもしないから、よろしく。
もっともっと、のんべんだりんちゃらんぽらん。

ぜんぶ気負いを抜いちゃう。
ぼけちゃうぞ。
ラクチンだろうな、本人はね。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20yusaku_20181209112508faf.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

しばらくガマンすればすむことだ - 2018.12.10 Mon

寒かったァ。8時すぎなのに、デスクで16℃。
エアコン入れてもらった。30分で2℃あがった。
冷たい珈琲が胃に染みわたる。年中、冷珈だからねぇ。

昨日はパソコンもって炬燵にいった。
転送ポッチンしておいて、テレビを観る。
送っている間が退屈ではないので、仕事がはかどった。

けれども姿勢にムリがあるので、夜になったら腰が痛い。
で、夜中にパソコン戻しておいた。
先週は、ポッチンしながら「日本国紀」を読了した。

通史とうことで、それほど新鮮さはなかった。
ただし、戦後の自虐史の経緯はそのものずばりだったから、
いわゆるリベラル派が嫌みいいたいのはわかる。

GHQがどのように日本を弱体化させたか。
それに乗じて、自分の国を貶す人たちがどうして出てきたのか。
若い人たちが読んで真実を知ってほしいと思う。

百田尚樹氏はこのページのために神武天皇からの通史を書いたのだ。
「私たちは何者なのか............... 」
日本人の自覚をもつのに右も左もない。誇りを捨ててはならない。

 737_1.jpg 736_1_20181210100204722.jpg

おペケが故郷へ三ヶ日みかんを送ったから、
そのお返しが届くわけだけだけれど、
昨日は中身ぜんぶが自家製漬け物という荷物が届いた。

オレは写真撮りながら、漏れてくるニオイにのけぞったね。
うーわァ、いまだかって、わが家に、
これほどの漬け物が存在したことがあっただろうか。

なんともいえない気持ちであるけれど、
ま、おペケの胃袋へぜんぶはいってしまうまでガマン。
そのかわり食べたら半径50cm以内に近づくな、と宣言した。

 ←click
 
故郷は遠くにあって思ふもの。
故郷の味にシアワセを感じるならば、すべてを拒否はすまい。
漬け物キライのオレがしばらくガマンすればすむことだ。

 181210-r5.jpg

男っていうのは、カッコつけたがるからねぇ。
絶頂で身を退きたいだとか、
ぶらさがってまで、いたかァない......... っていうのだ。

こういうのを男の真情としてもっているが、
ちょっとだけいうと、それを押し通すにはそれなり覚悟がいる。
おのれ1人でこれたわけもないのだから..........

まずは連れ合いのの思惑無視のわがままと、
それを押し切って納得させるおのれの甲斐性とが要るのだな。
なんだかんだ、そういうめんどうなものをクリアしなければいけない。

だから、エラそうにいったって、
それをまっとうできる人は、ほんの一握り。
人の3倍くらい頑張らなければ、そんなことはできないと思う。

おまえはなしえたかと自問自答してみても、
残ったのは自己満足だけかもしれない。
燃え尽きるほど頑張った.......... という実感もそれほどないしィ。

ただし、きっちりと何十年ものサラリーマン生活を、
勤め上げての定年退職と、破れかぶれのオレと、
どっちがどっちなんて、誰も決められはしないのはたしかだ。

 18129-f2.jpg

オレは停年のない立場で64歳まで仕事した。
そのあともフリーランスでやったのだが、
思いがけず連れ合いが病に倒れたことで自然消滅した。

いま70歳まで働けという時代になろうとしている。
ま、職種によっては働けるとは思う。
60歳停年を機に老後を愉しむという環境はなくなる。

ほんとうにそうなのか。
だとしたら、それは過酷なものではないのか。
社会を支え、社会を動かす原動力となった末がこれでいいのか。

 70歳まで働いて、それほど年金貰わずに死ぬ。
 国はとるだけとって払いたくないだけか?

若い人がこういった。
人は働くためにだけ生れてきてきたのか。
そうでなはいだろう。

老人の尻ひっぱたくより、若い人たちが増えること。
現役の人たちの将来が明るいこと。
この施策がいちばん必要だと思うのが、まるで見えてこない。

 18129-f3.jpg

ジュビロ磐田が辛うじてJ1へぶら下がった。
名波監督は来期もやるそうな。
絶頂期のジュビロみてきたからホッとしつつ情けない。

スポーツ選手の退き際ってのは難しいと思う。
あくまでも進退は本人が決めることだし、その考えようだけれど、
カズさんやゴンさんのように燃え尽きたいのも理解できる。

ボロボロだよ、たぶん。
それでいてピッチに立つには、相当なメンタルの強さが要る。
好きだから............. なんて簡単なものじゃないよな。

オレは、他人の進退について、エラそうなことはいえない。
こういうものは、自分の美学であって、
他の人はどーでもいいことだから、いう立場にない。

けれども、未練たらたらはみっともないとは思っている。
だから、カンケーなくなったその日から、
自分のいた世界をキレイサッパリ忘れてしまった。

われながら呆れるほどにキレイサッパリ。
あいつ、死んだらしいよ..............
と、もといたギョーカイからの噂が流れてきた。

それでいいのだ。
ロートルは消えるべし。影響力なんてあるわけがない。
未練たらしいのはみっともない。

でも..................
シングルシニアが増えている。それは当然だな。
寿命が延びて高齢者が増えるんだからね。

いつだったかも、2人で婚活ドキュメントみていたのだが、
女性の求めるハードルがすこぶる高いんだよなァ。
どうして? そんなにィ、 該当者いるのか? っていうくらい。

あの基準だと、オレは即失格だよ。
財産があって、こうるさい眷属がなくてってさ。
爺ィ婆がそんな打算だけでいいのか? とおペケに聞いた.

そうしたら「現実はそうなんじゃない..........」という返事。
男性は日々のおさんどんが困る。女性は経済面の行く末が心配。
それがお互いに求められれば、それは1つの解決だからっていう。
 
男も女もいままでの延長を求める。
それが充たされれば、しちめんどくさいゴタクは要らない。
そういうものなのよ。

こんなボンビーなところへよくきてくださいましたッ。
結局、オレがそういうハメになったけれどね。
ま、なにがどうあれ、一人より二人がいいに決まってる。

心の整理がついて、銭勘定つりあいとれて、
それで、愉しく生きていけりゃ、それでイイんだな。
だから、高齢者だって思うように生きればいい。

これまでの概念にこだわることもなく、
生きたいように生きればいい。
それでないと、なんのために生きてきたのかわからん。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20yusaku_20181209112508faf.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

天気予報

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい



 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル



















ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する