topimage

2019-11

燃え尽きて残り火もないらしい - 2019.11.14 Thu

冬の空だ。朝から空っ風 が吹くが、それほど寒くはない。
23.1℃。ベランダは天然暖房でポカポカ。
昨日は偏頭痛がして、高いところへ上がれなかった。

おペケに照明器具をセットしてもらったのだが、
「やればできるじゃん」といったら、
「わたしだって、1人でやってきたんだからね」という。

それは、それは.........
女性の一人暮らしはそれくらいのことするんだな。
だから、ときどき自信過剰になるけど、知らんぷり。

それで、午後から鼻炎の薬をのんだのだ。
30分くらいすると効いてきて、後頭部のあたりが、
スーと軽くなるが、途端に眠い。

たまりかねて1時間ほど眠ったら、
軽い目眩もなくなった。
やれやれだな。

 191114-a1.jpg

ベランダが温いからしばらくいた。
あれぇ。発見したぞ。
去年のポインセチアの葉が赤くなり始めたよ。

あの、夏の外壁塗装のときに枯れて、
再生したが葉っぱが緑になって、捨てようとした。
緑は目に優しいからおいといても........... とおペケがいったのだ。

それから新芽がいくつかでて、
ここんとこの気温低下で、赤くなってきたのだね。
真っ赤にはならないだろうけれど、ごくろうさん。

ほんとかどうかは知らない。
植物って、それなりに手をかけてやると心が通じるっていう。
オレ、花を落とすときには必ずありがとうをいうよ。

いつも声かけして、枝を落としたりする。
それは、自然で遊んでたころから続けている。
別に特別なことではない。

 191114-a4.jpg

寒いな、と思ったら、居間の窓が開いていた。
「秋刀魚焼いたから、ちょっとごめんね」
煙がキッチンから流れてきていた。

1尾100円だったという。
たしか、去年が120円だった。
普通に獲れれば、このくらいの価格なんだな。

オレがタチウオ釣りにゆくころ。
その餌にするので秋刀魚を買ってくるが、
20年前とそんなに違いはない。

もっと前の40年くらいまえだって50円。
こうして考えてみると、卵とおなじで、
秋刀魚の値段ってあまり変わっていない。

 ←click

そういえば、釣り師は暮れになると「魚供養」をする。
釣って食べてしまった魚の供養だけれど、
「オレ、あんまり釣ってないけどな」とヘタクソがいう

「だってさ、魚釣れなくても餌だって殺めるだろ」
ま、そうなんだよな。気持ちの問題。
なんだかんだいって、忘年会兼ねて酒飲むだけだけれどね。
 
 
立憲民主党の蓮舫議員がこういったとか。
「あなたたちも桜の会を行っていた、とか。
 出席してたでしょ、とか。つまらない反応です」

え? 自分たちのはいいんだ。で、人のはダメ??
あれは民主党の時代のことです。
いまは立憲民主党なので知りません、っておいおい。

鳩山さんが総理のときは、
安倍総理より多くの人数を招いていたらしいとか。
いま6chで取り上げているMCもしっかりでていたとか。

なにやってんだか。
もっとマジメに審議することあるでしょ?
これって素直な国民の気持ちなのだけれどねぇ。

もういい加減にしてほしい。
なんのための国会議委員なのか。
酷いねぇ。

 181123-a2_2019111412001118a.jpg

さっき、twitterで柴犬の動画観ていて思い出した。
オレがNコロに乗ってたころ、うちにも芝犬がいたのだ。
こいつ、気ばかり強くてオレにもときどき反抗した。

でも、弱点があって、車に酔う。
そのくせ、海に連れていってほしいのだ。
「海にいくよ」というとうれしそうな顔する。

そのくせ、ドアを開けて、
「おいで.....」というと、ちょっと躊躇う。
で、走ってすぐに、ほんとうに情けなさそうな顔する。

オレに訴えるんだな。
「窓開けてぇ........... 」
窓をあけてやると、顔だけ外へだしている。

海に着いてリード解くと、砂浜に転がり、波と戯れて、
愉しくてしかたがないって顔して、走りまわる。
「帰るよ」っていうと聞こえないフリ。

「おいてくよ」と窓閉めるとしかたなく寄ってきて、
「入れッ......」と窓あけると逃げてゆく。
そんなこと2、3度してから、情けない顔して入ってくるんだ。

なんかしらん。
あいつの情けない顔を思い出したよ。
遙かなるむかしのこと。

 181118-a4_20191114120012070.jpg

テレビに、ギョギョってでてくるさかなクンっていう人は、
ほんとうにシアワセな人なんだろうな、って思う。
あの素っ頓狂な声で、うれしそうに跳ねるとき、それが伝わってくる。

テレ東の「テレビチャンピオン」という番組で、
最初に観たのは小学生だったと記憶しているけれど、これは違うみたいで、
魚全般の知識でチャンピオンになったのは、高校3年だったらしい。

たしか、いまは講師か助教で魚の学問に関わっているようだ。
好きなことのなかに、どっぷりいられるのは、
なによりもシアワセなのだな。オレはこれを知っている。

若いとき一緒に写真コンテストの常連だった人が、
いまは、写真家の先生といわれる立場になっていると聞いた。
あの情熱でカメラひと筋を貫いたのはご立派。さぞやシアワセだと思う。

食べているときの大食らいギャル曽根ママもそうだけれど、
ほんとに、好きで、好きで、
それに関わる仕事をしていられれば、そんなシアワセなことはない。

オレが釣りに首までどっぷりのとき、
釣りが大好きで、どっぷり浸かって、これで飯が食えたらいいなァと、
大勢の人がこう思っているのに気付いた。

で、実際に行動を起こした人もけっこういる。
が、成功した人は、ほんのひとにぎりのなかのひとにぎり。
ウキメーカーとして成功した知人がいたが、そりゃ苦労したらしい。

かく申すオレだって、
好きで好きでしかたのないことで、オマンマ食った人だけれど、
たしかに、愉しい。ふわふわと毎日が過ぎてゆく。

好きなことに、どっぷりつかっていられて夢みたいなもんだ。
だから、さかなクンのシアワセ感が、自分のことのように伝わってくる。
が、それゆえの悩みも苦しみもあるのだね。シアワセばかりじゃない。

ふわふわしてばかりもいられない。それで生計たてるとなるとね。
さかなクンは独身だったよね。
けれどお嫁さんは大変だよ。うちの亡き人とおなじでね。

ま、なにごとも、ほどほどに、趣味として楽しむのがいいんだなァ。
そのオレが、あの人亡くして、
まったく釣りにいかなくなったのだから、われながら不思議。

むかしの仲間が、「あの、おまえが.......」と絶句した。
そう、あの、オレが.......
釣りにゆく気がまったく失せたのだ。

婿殿に何十万かけたかわからない釣り具をそっくりくれてやったが、
自分でも意外なほどに執着がなかった。
釣ってきた魚を喜んで食べた人がいない。それが応えたのだ。

玄関のピンポンでとんできて、
嬉々としてクーラーボックス覗く人がいなくなったんだから、
もう、どうでもよくなったって、しかたないよねぇ。

おペケがいっしょにいってあげようか?
そういってくれたけれど、燃えてこなかった。
燃え尽きたんだ。もう、残り火もないらしいんだよ。

そういうもんらしい。
ほなあした.......................

 20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら

オレのヘソ曲がり一代はここからはじまった - 2019.11.12 Tue

今朝は木枯らし。冷たい風が吹く。
晩秋を通り越して冬だァ。デスクで22.3℃。
昨日の午後、にわかに北の空が暗くなったのだ。

そのうち雨が降ってきて、いやァ、寒かった。
竜巻注意報が出て、雷ゴロゴロ。
寒いよーといってたら、浜北区では雹が降ったそうな。

11月の浜松で道路が白くなるって異常だね。
寒いっていうわけだ。
夕方にはあがって、また温かくなった。

近所にクレーンが忙しなく上下して、棟上げちかい家がある。
最近は、餅投げもしなくなった。
子供のときは楽しみだったのにね。

地面に食べ物が落ちて不衛生だっていうらしい。
ひと頃は、餅がビニ袋にはいっていた。
なにせ、除夜の鐘がうるさいからやめろ、っていうご時世。

そういわれちゃうと、お寺さんもやめちゃうのだそうな。
これは現代病。ジコチューエゴだよな。
うるさいとは思うよ、正直いって。

でも、一年一度だからガマンする。
いっとき我慢すること知らないのかねぇ。
こんなことで、培ってきた文化が失せるなんて情けない。

 191112-m1.jpg

雨があがって、しばらくして、
虹でもでていないかなと、窓を開けたら、
電柱の上にお月さんがあった。

屋根の上にあるところを撮りたかった。
今日の夕方に、もう一度アタック。
そういえば、11月11日1時11分の時計の写真の件。

24時間でセットしてあるから、午後だと13時でアウト。
なんか、アイデア倒れだったぞ。
昨日は11.11だからポッキーの日だってぇ。

横にすると二の字二の字だから下駄の日かなと思ったら、
あにはからんや、下駄の日は7月22日。
下駄の寸法は七寸七分、22は二の字だっていう。

ちなみに今日は「洋服記念日」「皮膚の日」らしい。
「洋服記念日」は礼服が袴上下から洋装になった日で、
「皮膚の日」は語呂合わせ。

 _191112-a1.jpg

太刀魚の旨さに目覚めたおペケが、
今度は煮てみるといって、
また、太刀魚を買ってきたのだが、サイズがねぇ。

釣り師は太刀魚のサイズを指の幅でいう。
指3本幅とか、指4本だとか。
あまりにも細いのは白髪なのだ。

で、指3本くらいがいちばん美味しい。
4本となると脂がのりすぎて、腹周りはちと脂っぽい。
で、昨日のはやや太すぎた。

おペケがいう。
「あまり、タチウオって食べなかったかも.... 」
はい、お勉強。

 ←click

魚を美味く食べるって、実は難しい。
むかしは、魚屋が吟味して店頭にならべたが、
いまは、スーパーのパックだからね。

たしかに安いかも知れないが、
その価格差は、魚を美味しく食べるためのノウハウ、
吟味などの付加価値なんだな。

 _191112-a2.jpg

いまはすくなくなったが、
この「てんちゃら...........」を通じて、
まわりの女性たちとホンネで語る機会がわりとあった。

なぜか、男性はなかったし、あっても長く続かなかった。
あれってなんだろう。
男どうしって、あまり余計なことはいいあわないからか。

女性は語る。男性は黙する。
でも、人世を語るにおいて、世代の隔たり、
あるいは男女の隔たりは、あるようでないのだと思う。

むしろ、オレが女性たちに啓蒙されることが多かった。
それは、女性たちの隠しもった逞しさかもしれない。
母は強し、女は強し、寡婦もまた強し。

ま、陰ではちょっぴり弱いけれど..........
みんな、背負った人世のしがらみモノともせず、生きていた。]
ときには、男なんて他愛のないものだと思った。

男は支えを失って地面に転がらないと、それに気づかない。
ま、のほほん亭主のそのまんま、人生終われる人はいっぱいいる。
それはそれでシアワセだと思う。

けれども、そういうシアワセなおかたは、
そのシアワセすら気がつかない。
たぶん。

 191112-f1.jpg

オスカー・ワイルドがこういってる。
3回くらい繰り返して読むとなんとなく意味がわかる。
とくに男はね。

 すべての女性は、
 彼女の母親に似るようになる。
 それが女の悲劇だ。

 男は彼の母親の思い通りにならない。
 それが男の悲劇だ。

女性は母親に似る。たしかに.........
男は、その母親の傍からはやく逃れたいと思うらしい。
母親を知らないオレでも、なんとなくわかる。

つまり、妻の意のままになりたくないぞーって亭主の抵抗は、
いつまでたっても反抗期から抜けきれないでいる、男の性であった。
と、オイらは解釈したのだが、さて??

 191112-f2.jpg

オイらが暮らしていたおんぼろ学生アパートは、
雨が降るとどこやらから蛞蝓がでた。
名付けて、ずたぼろ青春なめくじ三畳間。

もとは、物置だったっていうカドの三畳間で、
隣は共同の炊事場だから、年中なんとなくじめじめ。
だから、ほかの部屋より1000円安かった。

朝晩の賄い付きで、3500円だったと思う。
ここに万年布団と先住者がおいてった座机ひとつ。
三畳だから足は座机んなか突っ込んで寝る。

最後のほうは微熱だして、うとろうとろの夢現。
その微熱がなにかはわかっていたが、バイトゆけないから、
カネなくなって、近所の路地奥の質屋へいく。

暖簾くぐると、鼻眼鏡のバァちゃんが上目遣いでこっちみて、
どうせ、おまえはロクなもん持っちゃこないんだから................
ってな顔して、帳場の向こうで、じろり。

3歳年上の彼女が買ってくれたスーツが出たり入ったりして、
バイトで買ったギターもおなじくいったりきたり、
挙げ句は両方とも流れちまった。

夜も更けて、切なげに膝小僧抱えて溜息つくんだ。
そのうちバイト先の麻雀屋の洗面所で喀血し、
やむなくTB病棟へゆくことになった。

もう、そのころの結核病棟はがら空きで、空きベットが目だった。
週に3日、スプレプトマイシンの注射を尻のほっぺに打つ。
すると、すぐに瞼が重くなり、2時間ほどは眠りこける。

することはないんだ。
注射打ってひたすら安静に寝ているだけ。
入ってすぐに雑菌吸い込み、40℃超える熱を出した。

ほら、重病人はいってきたぞ、と見にくるんだな。
みんな暇だからねぇ。
検痰の21日過ぎて新患部屋から2人部屋に移った。

そこには、おないどしの大学生がいた。
この彼がねぇ。
夜ごとに、死にたくないとピーピー泣くんだ。

そのうち粟粒結核ひどくなって、ほかの部屋へいった。
1人になったオレは窓開けて、外をぼけぇぇ......................
することないから、いつでも、ぼけぇぇ..................

オレのぼけぇぇ............ は21歳のあそこからはじまってる。
まァ、年期入ってるんだな。
しばらくして、ほかの部屋へいった学生はあっちへイっちゃった。

抗生物質できてからは、
あまり亡くなる人はいなかったけれど、余病を併発。
なんともはかないもんだって、21歳で、しんみりほろろ。

ここに1年半もいた。
なんかしらん世間を斜に見るようになっちまう。
オレのヘソ曲がり一代はここからはじまったんだな。

ま、そんなこたァ自慢にゃならない。
ほなあした.............

 20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら

これで笑えったって笑えやしない - 2019.11.08 Fri

イイ天気やねぇ。朝のうちは 無風。冬パターンだな。
午後になると空っ風の赤ちゃんがハイハイ始める。
左サイトの降雨予報みても、全国的にほとんど雲がない。

いつまで続くのか。
そういえば、この冬は1月まで暖かいそうな。
秋たんぽぽも咲いてるしね。秋蒲公英は冬温かし。

20時になるのを、わくわくして待っていた。
井上尚弥 vs ドネア WBSS バンタム級の決勝戦。
結果論でいうのではないが、簡単には勝てないと思っていた。

なにせ、相手はレジェンドとはいえ、五階級制覇の強者だ。
で、2回に井上選手が右目上をパンチカット。
早い回に倒すだろう、なんて予想はこれで消えたと思った。

で「ドネアが2人に見えた」と本人がいう状態となり、
ジャブは出ないし、いつもの井上選手らしくない動き。
9回には辛うじて、クリンチに逃げるシーンもあって、一進一退。

11回についに伝家の宝刀、左ボディが炸裂。
苦悶のドネアが膝を突いた。なんか、カウントが遅かったぞ。
レフリーは誰に忖度したのか。

ドネアいわく、
立っていられたが、次のパンチで仕留められる。
ここは膝ついて凌ごう。

それでも、フィリピンのレジェンドはさすがの闘いをみせ、
12回の終了ゴングで双方がファイトを称え合った。
ジャッジは、166-111、117−109、114-113で井上選手に栄冠。

ボクシング史上に残る名勝負だった。
モンスターといわれる井上尚弥の底が見えた試合。
ゆえに、さらなる進化が期待される。

 19118-aaa1.jpg

午後から隣のセンセにいって、
インフルエンザワクチンしようと思ったら、
まだ、ストックがないらしく、20日過ぎでの予約。

今年はおペケがやってくれるというから、すこしは安心。
2人で寝込んだらタイヘンだからね。
以前にいっぺんあるけれど、あれは悲惨だった。

3時から病院へいったのだが、薬局終わって帰ると4時半。
空が暗くて、あらら、もう、晩ご飯の支度ゥ? と、おペケが嘆く。
1日終わるのがはやいこと。だって、もう金曜日だもんな。

 ←click

で、夕食はオレのリクエストの「ワカサギ唐揚げ」だった。
おひとりさま時代のお得意料理。
甘酢掛けにしたりして、よくやったよな。

小魚はこれに限る。
多少の骨は二度揚げしたら苦にならないし、
頭から食べられるから、カルシューム補給にいい。

 19118-a2.jpg

今朝がた、30分かけてOSのバージョンアップした。
そうしたらレインボーがくるくるまわってばかりで、
さっぱり捗らず、待っていると眠くなる。

バージョンアップってね。いいことばかりはない。
ときどき改悪もあるみたいで、
あっち改良すればこっちがって、それは困る。

実は、いまMojava 15.14.6というOSをつかっていて、
10月に入って、Catarina 15.15.1がリリースされたけれど、
完全64bit移行で使えなくなるデバイスがあるからアップしていない。

加えて、itunesの進化形を備えたOSだし、
多くの不具合が指摘されてるから、あえてアップしなかった。
要するに、iphone提携、ipad一体化だから必要ない。

 19118-s2.jpg

なんにもしないめんどくさがりを増幅したのは、
ま、どうせ、誰もきやしないさ...................... ってな、
どーでもいいや感っていうか、あるいは開放感っていうか。

ま、そういうものだな。
おひとりさまに慣れてくるとねぇ。
この誰にも支配されないっていうのは、たしかにラクチン。

なにせ、これを8年半やって、
その分のめんどくせーを断捨離しまくって、ここにいる。
けれどまえにも増して、なんにもしなくなった。

してくれる人がいる分、なんにもしないで通れる。
オレって、シアワセだなァ、
ってますますモノグサ横着になってゆくわぇ。

 191180rr5.jpg

やほー・ニュースによると、
新国立競技場の工事によって182人分の人骨がでてきたそうな。
なんでも江戸時代の墓地だったとか。

夜は墓場で運動会、ゲ、ゲ、ゲゲのゲ♪って秀逸なコメが、
入っていたけれど、それはおいといて、
当時の人の暮らしぶりを知る貴重な研究材になるらしい。

土壇場へきてマラソンが札幌だとか、いろいろある。
別に真夏に開催しなければいいものを、IOCのmoneyの都合だからね。
都市で開催っていうのに、矛盾がでてきているようだ。

そのうち、五輪を受けるところがなくなりはしないか。
オカネがかかりすぎる。
もっと柔軟にしないとねぇ。

NHK大河ドラマ「いだてん」をみている。
まーちゃんこと田畑政治氏が浜松出身てこともあるが、
あの時代にオレたちの人世スタートでもあったから共有できる。

 19118-rr6.jpg

年齢いくと、たしかに涙もろくなるんだな。
男なら黙って歯を食い縛れ...........
オレを育てたバァちゃんは、喧嘩して泣いて帰ってくることを許さなかった。

なので、負けて泣いても2軒くらい隣で涙を涸らして家に帰った。
もっとも体格だけはよかったからねぇ。
そのうち喧嘩が強くなって、同級生には敵なし。

ある日のこと、無謀にも4つ年上に挑んで勝ちそうになったら、
そいつに下駄で頭を殴られた。
このときばかりは、八幡様の境内で気絶したけれど、泣きはしなかった。

オレ、生涯にノックアウトされたのが2回ある。
この八幡様境内と、ボクシング練習生のときのスパのアッパーカット。
あれは、脳震盪を起こしているから痛くはない。

ぼわ〜〜〜ん、と気持ちイイ。
で、中学生からはガチ硬派で軟派野郎を毛嫌いしていた。
不良とケンカして、尻へナイフ刺されたこともある。

男は泣くな。歯を食いしばれ。
以来、亡き人との別れまで、大人の涙は2回くらいしか記憶がない。
ま、普通はそうだよね。

ただ、あの人が涙腺のセンボをもっていっちまったか、
それとも、単に涙もろくなるっていう爺ィ現象なのか?
そこんところがよくわからんけれど、ちかごろよく泣くんだ。

そのまた、おペケが涙もろくて、すぐにティッシュに手がゆく。
昨夜もなんだったか、テレビ観てうるうるしてたんだねぇ。
で、パソコンデスクのネタ帳には、涙って書いてある。

涙もろいのに比例して、忘れっぽくもなる。
たしかに、涙と書いてあるのだが、それがなんだったか、
いま、ぜんぶ忘れて、なんの役にもたたないっていう。

泣くという行為は、感情のガス抜きみたいなのもので、
反比例してキレることはすくなくなる。
だから、家庭円満のために努めて泣くべし。

いまどきの年寄りはキレやすいっていう。
たしかに、世の中に老人のクレーマーが多いらしい。
思うようにならんのだな、きっと。

いっちゃなんだけれど、
世間は敬老の精神を失ったがごときだし、お国は年金削るし、
消費税あげたし、そりゃまァ、キレたくもなるんだなァ。

これで笑えったって笑えやしないよ。
せいぜい涙落としてガス抜きするこった。
キレたって1円の得にもなりゃしない。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

 20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら

なにかを手中にするとなにかを失う - 2019.11.01 Fri

さて、11月。今年もあと2ヶ月になったわぇ。
光陰矢のごとし。
オレたち老人は大気圏突入の隕石がごとし。

おペケがカレンダー破りながらいった。
11月3〜4日はまた休み。
「日曜日が文化の日だから........ 」

それ聞いて「休みばっかりじゃん」と365連休の爺ィがいう。
こんな休みばっかりで世の中まわるのかねぇ。
そう、ブラックなギョーカイにいた爺ィは思うのだよ。

最後にいた会社は隔週刊誌を出版していた。
日数勝負だから休んじゃいられない。
ま、若いスタッフ休ませても、オレはいつも会社だな。

いまの時代だったらどうするんだろ?
老婆心ながらそう思った。
製造業だってそうだろうな。ラクチンはいいけれど。

カレンダーがあと2枚。
浜松基地広報館へいって、
来年のブルーインパルスのカレンダー買ってこよう。

 19730-su3_2019110109385985b.jpg

去年の今頃はYahoo!のジオが廃止だってので、
サーバー引っ越しで、しこしこデーター弄っていたんだな。
たしか暮れも押し詰まってから終わった。

来年度の契約でオカネ払えってきたから、振り込んだ。
100GB契約だからあと80GBくらい残っている。
生涯かかっても遣いおうせない。

それでWorldpressでブログつくろうかと思って、
やりはじめたが、めんどくさい。
やれないことはないが、とにかくめんどくさい。やめた。

そうなんだな。
最近はアタックする気持ちが退化している。
めんどくさいことは回避したがる。

ま、納税はしっかり年金天引きだから、
めんどくさくても世間に不義理はないけれどね。
ケケケケ................ って、久しぶりに怠けもんの神さんでてきたゎ。

 19730-su1_20191101095554f34.jpg

大阪の妹のお土産「八つ橋」があって、
おペケが買ってきた味噌饅頭とモナカがあって、
「おやつにする?」っていうからねぇ。

夕方になっても腹がへったという感覚がない。
遅くていいよ、とぎりぎりのばして、
食卓座ったら、なんとか普通に食べるのが不思議。

それで、ご飯はふるさと農家直送の「あきたこまち」ときて、
いやァ、腹へらないどころか、ぺろりと食べた。
干物と肉じゃが、これまた、たまらんちゃ。

  ←click

下向くと不快だから、ふんぞり返っている。
なのでキーボードのミスタイプが多い。

 19731-y2_201911010955558e6.jpg

つい先日、マーク・トウェインの言葉を記憶だけで、
書いてしまったが、メモがでてきたから正く書いておく。
ちょっと長かったね。

 我々が虹をみても、
 未開人のような敬虔な気持ちになることはない。
 それは、虹はどうしてできるか知っているからだ。

 我々は、そうしたものを詮索することによって、
 獲得したものとおなじだけのものを失っている。

現代人は、なにかを手中にするとなにかを失う。
世の中は、そういう仕掛けになっている。
便利さを得て失ったものは多い。

人類は、この100年間に驚異的な社会的進歩を遂げたのだが、
それと同等のものを、この地球上から消し去ってもいるのだ。
これが愚かな行為であると、とっくに気づいているのに制止がきかない。

 181123-aa1_20191101111139c6c.jpg

こっちへ越してきてから5kg増えている。
となりのセンセも、それ以上増えなきゃイイですよ、
って、アマいしねぇ。

前の住処のセンセは厳しかったァ。
やれメタボ。それメタボ。どっこいメタボ。
妹たちにも誰もいない。オレだけ。

たった1人をのぞいて肥満はいなかった。
爺ィちゃんは痩身だったし、
父親も太っていた姿はみたことがなかった。

そう、たった1人のDNAが、この身に伝わったんだなァ。
バァちゃんは18貫というから80kgちかくか。
妹がいった。背も大きかったよねぇって。

オレはいつも、でっかいお尻に隠れていたから
背丈の記憶は薄いが、160cmはあったんじゃないかっていう。
明治の女で160はたしかにでかい。

ジィちゃんも背は高かったよ。
とすると、オレの170cmは、もっとあってもいいな。
その超でっかいパイオツにぶらさがってオレは育った。

おっぱいから肥満の遺伝子が伝わったわけじゃないだろうが、
オレは受け継いでしまったんだな。
オレをあんなに可愛がって、育ててくれたんだ。

その遺伝子を慈しむ気持ちはある。
いいじゃないか、腹くらい少々でかくたってぇ。
どすこいだァ。

 18115-af3_20191101111138213.jpg

初めてホームページをつくったころは、
ホームページ作成ソフトがなかったから、HTMLの手書きだった。
タグ辞典を見ながら、指定を書いていったのだね。

なんて、エラそうにいってるけれど、
娘がセンセで「さっきいったじゃない、もう忘れてぇ..... 」なんて、
イライラしたセンセに叱られてばかりいた。

1999年か。たった3ページのホームページをつくった。
2年くらい経って、やっとMacにPage millというソフトができて、
ま、なんでもやってくれるから、感激したものだった。

たとえ、わずかでもスキルがあるのは、そういう経緯があるからなのだ。
もちろん、ピポパポポパ... と音がするダイアル接続だったし、
少しでも、ネットしている時間が長いと請求書見て、びっくりこいた。

少なくてもNTTに3万円くらい払っていたからねぇ。
2001年の秋にADSLになって、速いこともさることながら、
常時接続に、定額の接続料という革命みたいなことになった。

いまは、光接続、光電話となって、
ピポパポポパ......... からみたら別世界。
あの、おひとりさまだって、どれだけ助けになったか。

たぶん、いま、ネットがなくなったら、
オレは、退屈死するだろうね。
ありがたい、こっちゃ。

いま情報に疎い人を情弱という。
つまり、情報弱者。
もはや、既存のテレビ、新聞は信用するに足りない。

それは自らが、そういう状態をつくってしまったからだ。
たとえば、先日の河野防衛大臣の「雨男発言」の速報扱い。
言葉の切りとりによって、貶めようとする報道にほかならない。

公共放送のNHKでさえ、恣意的な番組構成によって、
偏った情報操作をするのだから、もはや信用するに値しない。
真実を書かないマスコミに存在意義はないといえる。

たとえば、愛知トリエンナーレ展で、
慰安婦像の展示は報道されたが、
昭和天皇の侮辱動画の展示物の存在を、マスコミは一切報じていない。

ネットに溢れる情報がすべて正しいわけではないが、
すくなくとも、隠された情報を多くの人が知ることができる。
それを認めないのは既存メデイアだけではないのか。

しかるにNHKは、
「真実の報道をが出来るのはわれわれだけだ」という意味のことを、
番組内でいって失笑をかっている。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

 20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら

火のない炬燵は余計に寒いもの - 2019.10.30 Wed

イイ天気。穏やかな朝 だ。23.4℃。
そろそろ「小春日和」を使ってもいいかな。
旧暦の晩秋から初冬へかけての穏やかな日のこと。

ほんとの早春につかっては間違いなのだが、
ある調査によると42%の人が勘違いしているそうな。
いまはSNSなどの普及で、ある意味では活字復活なのだ。

ところが日本の言葉っていうのは、形容が多岐にわたり、
奥ゆかしさもあるけれど、勘違いしやすい。
鬼の首とったように間違い指摘することもないが、恥ずかしい。

昨夜のtwitterでは「半年ROMれ」がパズっていた。
つまり「半年ROMれ」のハッシュタグをつけたレスが続いていた。
これがなにかというと、ネットのルールの問題。

 Read only memory.
 和製語で、直訳すれば読むだけのメモリー。

むかしは、いきなりネットに潜り込んで、
ルール違反をしたりすると「半年ROMれ」といわれたものだ。
自治厨ってのがいて、叱られる。

わけわからんこというと、おまえは厨坊か、といわれた。
これは、中学生かといわれたわけで、
当時としたら、けっこうな屈辱だった。

が、半年も読むだけでいると、おのずとルールがわかってくる。
ルールをわきまえてから参加してこい、ってことなのだ。
いまはどうかというと、いきなり見ず知らずの人に罵倒される。

言葉もそうだけれど、こういう秩序を知ることも、
必要なのだが「興味ないことは知らんぷり」っていうのが、
いまの世の中だから、いうだけ無駄なのかねぇ。

 191030-a6.jpg

このマシン(パソコン)も2年使ったかな。
今月に入ってmacOS 10.15 Catalinaがリリースされたが、
今回はすぐにインストしてはいない。

けっこう多くの不具合報告がなされているからだ。
このOSからは完全64bit化された。
いま、このマシンに32bitのソフトは入っていないはず。

けれども、あまりにも不具合が多いとインストを躊躇う。
めんどくさいからね。対応するのがね。
このままだって、それほどの不都合はない。

とかいってたら、マシンがパグって、パスをぜんぶ吹っ飛ばした。
またなにやかやトラブって、半日以上かかって復旧させた。
あ、しんど............. なれど、われながらよーやる。

ま、20年のキャリアはダテじゃないけれど、
こんなもんは経験知の積み重ねだっていっても、
ここまで進化してくると関連性がさっぱりわからん。

むかしは設定をぜんぶ飛ばして、
リストアなんてよくやってたけれど、あれは、
データ量が圧倒的にすくなかったからできたのだな。

 191030-a8.jpg

てなわケで、知恵熱なんかしらんけれど、頭が痛い。
たまりかねて、昨日午後に偏頭痛の薬を飲んだ。
ところが、これが作用してか、下を向くと目眩がする。

最近はでなかったが、不定愁訴。
抗生物質の服用後に、自律神経ずたずたになり、
病院で検査したって原因の不明な身体不調に陥るのだ。

これで苦労したのだけれど、こういう障害ってのは、
おおまかにいえば薬害、その影響は目に見えないわけで、
そういうのを認めなかったむかしは、世間的にも苦労したのだねぇ

それが、いまでも季節の変わり目に現れる。
自律神経失調だから、安定剤を飲むしかない。
アレルギーの薬でも、一時的に症状はおさまる。

 ←click

それでおペケが、美味いものでもつくるからねと、
早くから台所に入って、なにやらしている。
オレ、中途半端に体調崩すと食欲が出るって人なのだ。

なんかヘンだけれど、むかしからそうなのだ。
子供のときに風邪ひいたりすると、バァちゃんが優しくて、
おまえの好きなものつくってやるから、元気になれって.........

それかもしれないね。
で、エビの唐揚げは大好きで、タイミングよく、
やってくれたから、頭痛いのにいっぱい食べちゃった。

 191030-s1.jpg

妹たち2婆が午後からくるという。
秋の姉妹会で熱海にいってきたらしい。
おペケも誘われていたが、帰省があっていかなかった。

さっきから押し入れ開けて、なにかごそごそにやってるよ。
気温は23℃から上がらない。さぶィんだよね。
炬燵布団だそうかと思って....................

かといって、いまの時期は炬燵の布団に足入れると、
火のない炬燵は余計に寒いものだし、
スイッチ入れていちばん弱くするが、そうすると熱いんだな。

 足いれると熱いし
 出れば寒いいまどきの炬燵
 あっという間に
 今年も
 あと2ヶ月ちょっと

そうなんだな。
いい日和りの角部屋で、何ヶ月ぶりかで炬燵の座椅子。
足伸ばしたらすぐに眠くなったァ。

 191030-s2.jpg

たぶん11月になると高齢者運転免許講習のハガキがくる。
とりあえずは、もう1回受けておこうと思う。
たしかに、記憶力減退を感じる。ボケが侵攻してるしねぇ。

講習会で記憶力のテストがある。
1枚のパネルに4つの絵が書いてある。これを4枚。4x4で16コ。
意地悪くほかの講習を挟んでおいて、さて、なんの絵だったか?

前回は7つくらいまでは順調だった。
それからあとは真っ白だった。あれぇ........
えぇ !! オレってこんなか??

正直いって、かなりのショックだったわィな。
あれから3年だぞ。もっと酷いぞ、きっと。
で、次にヒントをみて書きなさいのテストがあった。

こっちだと全問書けたのだが、大袈裟じゃなくて愕然とした。
こりゃァ、ヤバイぜぇ。3年前にこれだからね。
あまりにも、普段がのんべんだらりん過ぎるから、脳がサボってるぅ。

ぼけぇぇ....... 空ゆく雲をみあげて、
なんっていっちゃいられないんだ。ほんとは.........
と、まァ、ショックのあまりにそのときは思ったのだ。

それでも免許証を強制返還させられるわけじゃなし、
ま、心地よく毎日過ごしてりゃいいんだって、開き直り。
実技は、教官に褒められた。

クセはあるけれど、反射神経は衰えていません。
ま、過信は禁物だけれどね。
そりゃァま、クセもつくわぇ。

10代で自動二輪免許とって以来半世紀以上乗ってるわけで、
50歳代半ばまで、GT5速車に乗ってた。
スポーツタイプで、「深夜に伊豆まで突っ走る。

東名高速を1時間10分、天城峠抜けて下田まで2時間弱。
峠の七曲がりをヒール & トーで駆け抜ける。
ま、いうなれば深夜の中年珍走族。

なんでたって、走り屋に理由なんてないんだ。
走るのが面白いから、だるい車には乗らない。
オレがブルバードSSSで、相棒ごんたクンがスカイラインGT。

いまじゃ2人とも軽自動車とことこ、とことこ。
排ガス規制前の車はよく走った。
ツインキャブだとか、DOHCだとかかんとか、レスポンスよかったなァ。

で、50歳半ば、車検で下取り査定したら、とんでもなく安い。
なんで? といったら、いまどきマニュアル車なんて需要ないので.......
といわれて、初めてオートマにした。

そうしたらラクチンでねぇ。
なんでいままで重たいクラッチ踏んでたんだろ?
バカみたいと思った。

いまは臆病になった。
これはイイことだと思う。
高齢者運転講習を受けるようになってからの、自信過剰はいかん。

慎重に、丁寧に、よーく見て運転しなくてはね。
いつまで運転できるやら、でもないと不便。
とくに地方では、公共交通だけじゃ動けない。

そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

 20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

ほかのブログへはこちらからどうぞ!!


⬅️コメントをどうぞ。
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️アルバム スライドショーはこちら

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する