topimage

2017-08

ほんのちょっと必要なだけ - 2017.08.23 Wed

宵のうちに北西の方角の、湧き上がった雲の向こうで、
稲光が頻発していたので、なんとか写真撮ろうと、
30分ほど粘ったが、きれいに捉えたものはなかった。

夜中に、またゴロゴロとくるかと思ったが、
静かで涼しくて、寝坊助には快適な夜になった。
パトさんによると、朝方降ったらしく道路が濡れていたとか。

明けて今日は36℃の予想だが、いまのところ涼しい。
じわじわと熱気がきそうな気配はある。
日照がないと作物の値段もあがるからねぇ。

 17823-a03.jpg

雷鳴るヮ、通り雨降るヮ。
これ、日本の空かっていうくらい。
列島が亜熱帯になったんだ、と実感する。

いまもご飯食べながらテレビ観ていたら、
どこぞの花火大会の河川敷が激しい雨で、超ヤバって状態で、
雷落ちる、水浸し、で中止になったというはなし。

今までの常識は一度リセットしないといけないようだ。
川などの治水が追いつけず、想定外ってのがますます増える。
原点に戻って自分の命は自分で守るってことだな。

 17823-a1.jpg

またデスクまわりの造作変えたが、ま、このへんかな。
新しいMacに必要なソフトを入れてゆく。
WOWOWのオンデマンドが観られるようにした。

となると、いい音のスピーカーが欲しいし、
で、結局は旧Macがデスクから外れた。
こんなもんかな。

簡単に画像処理できる無料ソフトはないかと探すのだが、
1ヶ月だけフリーとかそんなのばかり。
で、Fotorというのを探してきたが、有料オススメが頻発。

ぜんぶ英語だからヘンなところclickしたら課金されちゃう。
Photoshopはいったら、これも削除。
深夜1時まで、のんべんだりんサボ脳を叱咤して作業した。

あまりのことに知恵熱出る寸前だけれど、
なんとか理解して、スキルがついてゆけるのはうれしいね。
呆けてるようで、まだ呆けてないぞ。

 17822-m2.jpg

ええからべぇなおひとりさま料理やってたころのメニューを、
パトさんがときどきしてくれる。それはそれなりうれしい。
この人は、ええからべぇというか、インスタントはしなかったお人。

オイらはといえば、
イイ加減でもなんでも食えりゃいいって発想だけでやってた。
これがなぜかといえば、セオリー知らないからだな。

エラそうにこんなこと嘯いてたヮ。
「掟破りのイイ加減は、コロンブスの卵である」なんてね。
アハ、いい気なもんだ。

「まさか、あんたに教わるとはねぇ」とある人がいった。
「ごんべに教わっちゃ、主婦の沽券にかかわるのかぇ?」
って憎まれ口いったら、しばらくこなかった。

口は災いの元。余分なこといっちゃいけない。
ただし、たったひとり、健気だって涙流してくれた人がいる。
そう、パトさんだな。

 17822-m3.jpg

最近はパトさんが運転に慣れたから、
食品の買い物は一人でゆくのでオレはついてゆかない。
たまに、ホームセンターの帰りなんぞに寄るだけ。

で、総菜見ると食べたくなるのだ。
おひとりさま9年の後遺症というか、ノスタルジアというか。
パトさんも承知してるから、好きなもん選べという。

パトさんラクチン、オイら喜ぶってわけだ。
ビバ !! 浜松の総菜文化だな。
総菜が充実しているってことで、これにオレは助けられたァ。

つまり、女性が働くんだな。
福井だったか、富山だったかもそうだったよね。
夕食はてっとりばやく総菜ですますって文化がある。

浜松餃子が有名になったが、
あれだってそのなかの1つにすぎない。
カァちゃん働く。トーちゃんだっておんなじ。

トヨタの祖、豊田佐吉翁だし、ヤマハの山葉寅楠さんだし、
ご存じ本田宗一郎さんだし、テレビの父高柳健次郎さんだしね。
この土地は偉大な先輩を輩出している。

それに続けってな、気概はトーちゃんももってる。
石橋落ちてたって、自分でみてこにゃ、
渡れるかどうかわかるか........... ってトーちゃんも頑張るゥ。

 やりもせんでわかるか

これは本田さんの言葉だが、
浜松の「やらまいか精神」はここにある。
それを支えるのがカァちゃんの働きなんだな。

 17822-m4.jpg

隣のマンション屋上のアンテナで、
カラスがくぐもった声で、グァ、グァ................ と鳴く。
夫婦鴉の片割れは、もう一つ向こうのビルにいるんだな。

しばらく2羽のやりとりみていた。
そばに飛んでいった。雄か雌かわからんが素っ気なくするんだ。
で、ちょい、ちょい、とつついて気を惹こうとする。

カラスのつがいって、案外細やかな愛情表現するね。
頭脳はかなりいいということだし、
いま風の仲がいい若夫婦みたいだね。

そうしたら、もう一つ向こうから1羽が飛んできて、
ちょいちょいと触れあって、いっしょに飛んでった。
え、どうなってるの? 不倫だったのかい?

 ときどき嫉妬をしない結婚生活なんて
 ひどく味気ないわ。

 でも、嫉妬はステーキにかける塩のようなもの。
 ほんのちょっと必要なだけ。

かのマリリン・モンローの言葉。
かつて不倫は文化だといった俳優がある。
オレは子供の立場でそれを否定する。

父親は、オレの実母と別れるときに、
「嫁の代わりはいくらでもあるが、親の代わりはない」
と、名台詞をはいたそうな。

父親の名誉のためにいっとくと、
バァちゃんと実母はともに気が強くて折り合い悪かった。
そのための別離だったけどね。

子の立場にしてみりゃ、冗談じゃない。
嫁の代わりは、たしかにあるかもしれないが、
かけがえのない実の親を失った子への配慮が、これっぽっちもない。

 あいつに不憫な思いをさせた。
 おまえが、その埋め合わせをしてやってくれないか。

亡き人が嫁いできたときにそういって頭下げたらしい。
いわれた人も父親がなくなるまで、胸に秘めて一言もいわなかった。
オレは、それを知って.................

不倫したけりゃすればいいんだ。
どれだけのもの、家族にあたえるか。とくに子供にね。
ずっと背負っていくが、どう償うかは、その家庭の問題。

やいの、やいの、ゲスなテレビや週刊誌が、しつこく追う。
自業自得とはいえ、当の家庭に与えるダメージ考えりゃ、
まったくもって余計なお世話。家庭の傷に塩をなすりつけている。

パパラッチだなんて、自慢できる商売じゃないねぇ。
オレは、そんな週刊読みたかァないが、
まァ、こんなことばっかりで世も末だと思わんでもない。

そうじゃないかえ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する