topimage

2017-03

食うがいちばんの愉しみ - 2017.03.30 Thu

春霞みなのか、大陸からのPM 2.5なのか。
どっちかはわからねども空は白っぽく、遠くは霞んでいる。
どうやら来週の月曜日あたりから、春めいてくるようだ。

あいかわらず、どんだけぇ.................. ていうほど眠るのだ。
起きてきて、口をすすぎ、コップ1杯の冷水を一気に飲む。
これで体内時計の今日がスタート。

ま、これしきで目が醒めるわけもない。
書斎のデスクに座って、しばらくは、ぼけぇぇ...................... のまま。
ご飯食べながら新聞小説を読み、やっと「オレ」が戻ってくる。

 17330-a2.jpg

昨日、アルバムを2頁つくってサーバーへ送ったのだが、
FTPがまったく受け付けなかった。
ヤフーのサーバーがなにかやってるんだろ、と今朝になって再送。

すんなりとアップできたので、ひと安心。
いわゆる「ホームページ」の概念が変わってきている。
つまりは、時代がPCから「スマホ」中心へ移っているからだね。

たぶん、あと少しで自分が頁をつくって、
レンタルサーバーへ送るって、システムはなくなるのじゃないかと思う。
携帯で撮る→インスタへ送る→それ見て盛り上がる、ってことだからねぇ。

オレだって、このパソコンが壊れて、次のパソコンになったら、
いまのサイトが維持できるかはわからない。
構築ソフトがないんだから....................

 「春の万葉の森公園] ←Click アルバム完成。

レンタル日記がなくなったという記事を書いた。
昨日は「レンタル掲示板」を探したが、これまた激減している。
動画がアップできるとなると、ほぼ有料。

自分の思うことができなくなった。
それはすなわち、過去のシステムに固執するからであって、
どこかで切り換えねばならん、ということかぇ。

 17327-m53.jpg

パトさんが呼ぶもんだから、テレビ「とくダネ」観てきた。
浜松を紹介していて30分のロス。
見たものなんとか、のパトさんには見せたくないんだな。

1万円の出世丼だろ。鰻の刺身だろ。
行こうよ、行こうよ、食べにィ..................
見たものなんとかフル発揮だもんな。

浜松注染の浴衣をやっていたけれど、これはものづくりの伝統。
現代に通じるアート性があって、
たしか、若い女性たちが後継しているはず。

大久保さんの浴衣よかったでしょ。
ただねぇ。ちと高い。
職人さんの手先が醸し出すカスタムだからねぇ。

 17330-a1.jpg
↑ 昨日の夕日

自転車がほしいな、って思いはじめている。
以前あったんだよな。アルミの折り畳みがねぇ。
引っ越しのときに生○創庫で売っちゃった。

引き取りが4000円だった。
けっこう元はいいものだったのだけれどね。
アブク銭はもたねぇなんぞと、Tシャツ5枚などを大人買い。

いまごろになって、歩く限界よりも、その先へいってみたくなった。
たとえば、うちの横の遊歩道をお城までゆきたいとか。
それで自転車がまたほしくなったのだな。

パトさんは、見たものなんとかで、
オレは宵越しのカネはもたねぇ、なんていっちゃって、
ダメだな、こりゃァ。カネは貯まらないや。

なんかヘンだけれど、2人ともに、
浪費へっちゃら大人買いと、ちまちまケチ感覚の両方があるんだね。
ま、いいじゃん。したいようにできるのがいちばん。

 17327-m51.jpg

オレもよく眠るけれどパトさんも、まァ、よく眠る。
主婦はオレより2時間はやく起きるからね。
その分は眠いんだっていう。

朝起きてきて、半分ぼけぇぇ............... としているうちに、
顔を洗い終わると、パトさんが仏壇の水を替えてくれ、
「いくわよ」と2人揃って挨拶するところから、1日が始まる。

亡き人をを大事にしてくれることは、オレにはうれしい。
それが自然にでてくる、パトさんの素直な心が安心感を育む。

ほんとうにありがとうね。
めったにいわない礼をいったら、「あたりまえ」といってくれた。
でも、ティッシュとってたから、感謝の気持ちが通じたか。

 17327-m18.jpg

台所からいいニオイがしてきたァ。
お昼つくってる気配を察知して、早く食べようよ、と腹の虫が騒ぐ。
そういやァ、ひとりのときも、いつも”おあばばぁーズ”に笑われたな。

「ごんべは食うがいちばんの愉しみだからなァ」とね。
「違うわぃ」っていいたかったけれど、ま、それも事実だから、反論なし。
いまだって、あんまりかわっちゃいない。

食うを満たす。
これは手っ取り早い欲望を満たす方法だからねぇ。
「あ、食ったァ........」といわなきゃダメだから、いつも腹いっぱい。

だから、オレは腹八分目ができない犬みたいなヤツなんだな。
「もう、それ以上食べちゃダメッ」
そういう人もいささか甘くて、はなはだ心許ない自己抑制のみ。

だいたいが、バァちゃんっこは三文安い... っていう、
祖母の溺愛で育ったから、基本的に自己抑制は利かないという人だという。
これに反論はあるけれど、ま、この際はどーでもいい。

いつだったか、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観ていて思った。
オイらたちの育ったのは、あの横町のなかだからねぇ。
東京五輪に向けての表の顔と、まだ戦後を引きずった部分とが混在していた。

ましてや、オレんところは、
父親の会社が倒産して仕送り途絶えたから、ピーピーと貧乏鳥が啼くんだ。
だから、肝心の学業はいったり、いかなかったり。

アパートは蛞蝓のでる三畳間。これが朝晩の2食賄いつきで4.500円だった。
ただし、朝も晩も魚肉ソーセージの炒めもの。
よくもまァ、管理人のオバチャン、臆面もなく同じものだすよなっていう。

必然的に、魚肉ソーゼジは嫌いになり、未だに食べていないのだ。
だからねぇ、バイト料が入れば定食屋へいく。
白身魚のフライ定食が100円だった。

ごはんはおカミさんの好意で大盛り。
兄さん、がんばってるからね。そういって、てんこもり。
最後はソースかけてかっこんでた。

そうなんだね。
東京五輪直前で、あっちこっち掘り返してるから、
工事現場のバイトはあって、突貫工事の現場へいくと時給がいい。

つるっぱし振るか、ダダダダッてやつ。
1週間もいけば、けっこうな羽振りとなった。
オカネがはいると、まず、ガード下のトリスバーで痛飲する。

もう、弱いクセに、思いっきり飲むから、
最後はほとんど意識がない。どう帰ったのか憶えていない。
酔い潰れて、隣の酔っ払い女に絡まれて、外にでろって大喧嘩した。

けれども軽くいなされて、挙げ句は介抱されてしまい、
どこがどうなったか、まったく記憶がなくて、
朝になって目覚めたら、そのひとのアパートにいた。

そのひとは3歳年上で3年間つきあった。
若いころのオレはマザコンで、年上の人に惹かれたのだけれど、
そのクセ束縛されるのが嫌い。世話をやかれ過ぎると逃げたくなるのだ。

あなたのためよ.............. なんていわれると、もう重い。
うるせーと反抗して飛び出す。
だから、別れたり、くっついたり。焼けぼっくいに火つけたり消したり。

オカネなくなってね、ひもじくなると、ついつい電話する。
そうすると、そのひともいそいそと現れたりする。
そのころ、しばしば蛞蝓三畳間で、微熱だして寝ていてバイトもいけなかった。

微熱に潤んだ目で天井のシミを見あげながら、
肺を結核菌が冒していくのを感じていたんだなァ。
オレ、どうなるのかな? この先ってね。

道路工事はムリになったから麻雀屋のバイト見つけ、
窓の下通る安保反対デモも他人事で、そこの洗面所で洗面器いっぱい喀血した。
オイらのずたぼろ青春譜のひとこま、たまには思い出す。

いろいろあったから、いまがシアワセ。
そういうもんだ。
ほなあした....................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

   
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する